無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
美肌ホルモン・エストロゲン
また長い間お休みしてしまいました。今回は、お待たせしていたエストロゲンのお話です。以前、エストロゲンが乳がんの成長を促進するという話を少ししました。乳がんと関連があることから、エストロゲンが悪者のように考えられているようですが、悪いのはエストロゲンではありません。悪いのは、『変異原』と呼ばれる、細胞が持つ遺伝子を変化させることでがん化させるものを多く摂ることでした。変異原は、お酒や肉類(特にハムやベーコンなどの加工肉)、たばこなどに含まれていると考えられています。ですから、これらのような変異原を含むものを飲んだり食べたり吸ったりしなければ、エストロゲンが多く分泌されていても大きな問題はないのです。

エストロゲンは、ご存知の方も多いと思いますが、美肌作りのために欠かせないホルモンです。そして、妊娠出産にとって欠かせないホルモンの1つです。そのため、エストロゲンの話をする時には、月経の話が欠かせません。ですので、まずは月経周期の話から始めたいと思います。

女性ホルモン・エストロゲン&プロゲステロン

月経は、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが交互に分泌されることで起こります。
menstrualcycle
通常の月経周期は21~35日間で、卵胞期(前半)と黄体期(後半)に大きく分けることができます。卵胞期は月経1日目から始まり、約7~21日かけて子宮内膜を肥厚させると共に、卵巣にある20個ほどの卵胞(卵子が入った袋)の発育を開始させます。このうち大きく育った1個の卵胞が、エストロゲンを分泌し始め、他の卵胞は退化していきます。卵胞からエストロゲンの分泌量が十分増えると、卵胞が卵子を排出(排卵)します。

排卵後は、卵胞が変化して黄体になり、今度は黄体期が始まります。黄体は、プロゲステロンを分泌し始め、それによって子宮内膜はさらに肥厚していきます。黄体は、約14日間プロゲステロンを分泌し、受精していなければ分泌を終了して月経が起こります。

月経は、このサイクルの繰り返しです。このような月経周期を簡単に確認するためのものが、基礎体温です。基礎体温は、プロゲステロンの分泌によって体温が約0.5℃上昇する仕組みを利用したもので、黄体期の始まり(排卵)と終わり(月経)を知ることができます。

基礎体温で、肌の状態を知る

基礎体温は、一般に妊娠や避妊目的で利用するものと考えられていますが、実は自分の肌の状態を知るためにも利用することができます。基礎体温は、プロゲステロンの分泌による体温上昇を調べるものです。プロゲステロンは、エストロゲンが十分分泌されたあとに分泌されるホルモンですから、黄体期が始まる前、それも数日前が、最もエストロゲンの分泌量が増えると考えられるのです。

エストロゲンは、月経のリズムを作り、妊娠出産するため以外にも、女性の体への影響が大きいことが分かっています。

① 乳腺の細胞分裂を活発にするため、胸が大きくなる
② 肌の細胞分裂を活発にするため、ターンオーバーが活発に起こり、肌がきれいになる
③ 皮脂腺の働きを低下させるため、にきびや角栓ができにくくなる
④ 骨芽(こつが)細胞という、骨の破壊を進める細胞の働きを抑制することで、骨粗しょう症を防ぐ


基本的にどれも女性にとって嬉しい作用です。基礎体温をつけることで、このような嬉しい作用が大きくなる低温期(エストロゲンの分泌が活発な時期、卵胞期)を知ることができるようになります。この時期は、エストロゲンの影響でターンオーバーを活発にさせるための食事の効果が最も大きく現れると考えられます。ただし、皮脂腺の働きが低下するため、肌が乾燥しがちな方は、体を温めることで乾燥を防ぐようにしましょう。これから寒い季節になり、ただでさえ皮脂腺の働きが低下するので、特に体を冷やさないようにしましょう。

一方、排卵が起こり、高温期(プロゲステロンの分泌が活発な時期、黄体期)になってくると、今度は皮脂腺の活動が活発になってくるため、にきびや角栓といった毛穴のトラブルが起こりやすくなってきます。皮脂の分泌量を増やさないようにするためにも、睡眠のリズムを安定させる油っこいものや甘いものを控えることでトラブルを回避する必要が出てきます。

また、基礎体温の高温期の日数から、エストロゲンの分泌不足を知ることもできます。通常、プロゲステロンの分泌が活発な高温期は、ヒトの場合14日間であることが分かっています。これが短い場合、エストロゲンが十分分泌されていない可能性があります。プロゲステロンを分泌する黄体は、エストロゲンの分泌が不十分な場合、14日間プロゲステロンを分泌し続けることが難しくなります。ということは、高温期が短い場合、エストロゲンが十分分泌されていないことになり、肌へのよい影響が小さくなっていると考えられるのです。プロゲステロンの分泌不足は、妊娠を成立させにくくするため、美肌のためだけでなく、将来のためにもできるだけ早く知って、必要であれば何らかの治療を受けることが大切です。

基礎体温をつけると、排卵予定日や月経予定日を知ることができるだけでなく、自分の肌の状態を知ることができるようになるため、お勧めです。写真を撮る、人と会う予定がある場合は、高温期に入る前に予定を組むと、きれいに見せることができます。

ちなみに、上の基礎体温表は、私の基礎体温です。こんな感じで、低温期と高温期がはっきりして、高温期はきちんと14日間あります。確かに、排卵予定日の数日前は、肌の調子がいいと感じますし、月経予定日前になってくると、鼻が少しざらざらして、角栓が気になるようになります。肌がホルモンの影響を受けているのが分かって面白いので、基礎体温を測るのはお勧めです。

最近の基礎体温計はなかなか優秀で、短時間で体温を測ってくれます。アラーム機能もついているので、目覚まし時計としてセットして、目が覚めると口の中に入れ、数秒で記録できます。ですので、バタバタする朝でも特に支障はありません。私が使っている基礎体温計は、テルモの女性体温計「ウーマンドシー(C520)」です。エストロゲンの分泌が活発な時期を予想して、キラキラマークで表示してくれます。そのマークと肌の調子が一致するのが面白いです。

ところで、エストロゲンの話に欠かせないのが、イソフラボン類です。ご存知の方は多いと思いますが、大豆などに含まれているイソフラボン類には、弱いエストロゲン様の作用があることが分かっています。次回は、このイソフラボン類についてお話ししたいと思います。興味のある方は、次も読んでみてくださいね。


~今日のポイント~
 エストロゲンは、月経のリズムを作り妊娠出産するため以外に、美肌作りのためにも重要なホルモンです。エストロゲンの分泌状態を知るためには、基礎体温をつけることをお勧めします。


参考図書&サイト
 『よくわかる生理学の基礎』 佐久間康夫(監訳)
 テルモヘルスケア情報局

『月経がある』ということは、エストロゲンが多少なりとも分泌されている証拠です。妊娠中・授乳中以外で月経がない・月経不順である場合は、エストロゲンの分泌量が少ないことが予想されます。エストロゲンは、美肌作りのために欠かせないホルモンですから、先ずは月経周期を安定させることが重要です。


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/10/28 19:04】 | ホルモン | コメント(11) |
素肌のための栄養講座 12 『美容の大敵、亜鉛不足』
素肌のための栄養講座も、今回で終了です。
といっても、重要な栄養素がこれだけだという訳ではありません。

これまで、素肌のための栄養講座でお話してきた栄養素は、主に必須栄養素でした。
実は、この必須栄養素は、美肌を作るために最も重要なものです。
今後は、メルマガで紹介することができなかったビタミンE、カルシウム、食物繊維などについて、ブログの記事で紹介していきたいと思います。

そして、必須栄養素の次に重要なのが、脂質の摂り方です。
脂質については、2回目の講座で少し触れましたが、非常に重要なことですので、近いうちにもう一度詳しくお話したいと思います。

これら2点をきちんと抑えることで、肌の状態はかなり変化すると考えられます。
まずは、この2点に注意することをお勧めします。

そしてさらにステップアップする場合に知っていただきたいものが、たとえば、植物性食品に含まれているファイトケミカルや、発酵食品に含まれている特殊な栄養素などです。
これらは、人間の体の通常の代謝に必須ではありませんが、体の持つ機能を高めてくれる作用を持つものがあります。
たとえば、肌が再生する力を高める、紫外線の影響を受けにくくする、乾燥から肌を守るなどです。

美肌作りのためには、こういった特別なものが注目されやすいのですが、実はこれらの効果は、必須栄養素の効果に比べると、小さなものです。
ですので、これらについては先の2点をお話した上で、ご紹介したいと思います。

人間の体を車にたとえると、ガソリンに当たるものが、必須栄養素。
そして、エンジンオイルなどの、様々なオイルに当たるのが、脂質の摂り方。
さらに、ガソリンの添加剤に当たるものが、ファイトケミカルなどです。

車は、ガソリンやエンジンオイルなどのオイルがなければ、いくら添加物を使っても十分なパフォーマンスを発揮することはできません。
しかし、ガソリンやエンジンオイルなどが十分ある状態で、ガソリンの添加剤を利用すると、車のパフォーマンスはアップします。

これを人間の体、特に肌に置き換えて考えると、こうなります。
肌は、必須栄養素や脂質の摂り方が不十分な状態でファイトケミカルなどを多く摂っても、十分な機能を持つことができず、美しくなることは難しいものです。
しかし、必須栄養素や脂質の摂り方が十分な状態で、さらにファイトケミカルなどを摂ると、肌はさらに美しくなると考えられます。

重要なのは、必須栄養素を十分摂り、脂質の摂り方を改善することです。
そしてその上で、効果をアップさせる食品を摂ることが良いと考えられます。
長く引きずってしまって非常に申し訳ありませんが、とても重要なことですので、追ってお話していきたいと思います。

それでは、最後の『素肌のための栄養講座』です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【2008/09/29 19:52】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(12) |
乳がんと美肌の関係
ブログを持っている友人が、書籍の紹介をしてくれたので、紹介させていただきますね。

 のぴょさま ⇒ ひとり言inほえほえWORLD
 Kanonママさま ⇒ kanonママ*blog
 
ありがとうございました!
もし、ブログで書籍を紹介して下さった方は、ご一報くださいね。
こういう形でこちらからリンクさせていただきます。

昨日、地元の書店に行って来ました。
東京や大阪などの都会と違ってこちらは少々(?)田舎ですので、発売日を少し過ぎてやっと、書籍が書店に並びました。
並んでいる著書を見て、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
苦労して書いた本が書店に並ぶって、こんなに嬉しいことだったのですね。
並ぶだけでなく、多くの方に手に取ってもらえると、もっと嬉しいです。
そして、乳がんや乳がんの再発を防ぐために、著書の内容を毎日の生活に取り入れていただければ、著者冥利に尽きるというものです。

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)
(2008/09/20)
大藪 友利子

商品詳細を見る


乳がんの特徴について、少し説明しますね。
乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンによって成長が促進されるがんです。
ですので、エストロゲンの分泌が盛んな35歳くらいから、乳がんになる女性が増え始めることが分かっています。
年齢を重ねるごとに発生率が上昇する通常のがんと違って、50~59歳でピークを迎え、エストロゲンの分泌量の低下と共に減少します。
仕事に家庭に忙しい、「病気になんかになっている暇なんてないわ!」という世代で発生率が高いというのが大きな特徴です。
(忙しい女性が乳がんになりやすい、という訳ではありませんよ!)

エストロゲンは、女性にとって非常に重要なホルモンです。
肌を瑞々しく保ったり、コラーゲンを増やしたりと美肌作りに関わっているだけでなく、妊娠や出産のためにも欠かせないホルモンです。
そんな重要なホルモンが、乳がんの成長を促進するというのですから、いいホルモンなのか、悪いホルモンなのか分からないように感じられます。

しかし、断言しておきます。
悪いのは、エストロゲンではありません。

エストロゲンは、『乳がんの成長を促進する作用を持つだけで、乳がんを発生させるものではない』 ということです。
ちょっと分かりにくいので説明しますね。

先ず、がんになるためには、2種類の要素が必要です。
『がんを発生させるもの(イニシエーター、変異原)』『がんの成長を促進するもの(プロモーター)』です。

『がんを発生させるもの』は、細胞が持つ遺伝子を変化させることでがん化させるものです。
一方、『がんの成長を促進するもの』は、遺伝子を変化させことでがん化させる作用はありませんが、活発に細胞分裂を起こすようにすることで、がんがどんどん増えていくようにするものです。

『がんを発生させるもの』を多く取っていると、がんになる危険性は上昇します。
加えて、『がんの成長を促進するもの』が体内にたくさんあれば、さらに危険が増します。
一方、『がんを発生させるもの』を避けていれば、『がんの成長を促進するもの』が体内にたくさんあっても、がんになる危険性はそれほど上昇しません。

これを乳がんに置き換えてみると、『乳がんを発生させるもの』を多く取ることに加えて、『がんの成長を促進するもの』であるエストロゲンが体内にたくさんあれば、乳がんになる危険が増します。
一方、『乳がんを発生させるもの』を避けていれば、エストロゲンが体内にたくさんあっても、乳がんになる危険性はそれほど上昇しません。
(完全に危険性がゼロにならないのは、まだ分かっていない『乳がんを発生させるもの』を、知らずに取り込んでいる可能性ががあるからです)
ということは、エストロゲンが悪いのではなく、『乳がんを発生させるもの』が悪いということになります。

実は、『乳がんを発生させるもの』は、毎日飲んだり、食べたり、吸ったりするものの中に入っています。
そういうものを飲んだり、食べたり、吸ったりしていると、乳がんが発生しやすくなるため、エストロゲンの分泌量の多い世代の女性は、乳がんが早く成長してしまう危険性が高くなる、ということです。
なんとなく想像できる方もいるかと思いますが、『乳がんを発生させるもの』は、お酒や肉類(特にハムやベーコンなどの加工肉)、たばこなどに含まれています。
(お酒については、まだはっきりとはしていません)

これらは、このブログでいうところの『美肌の敵』ですね。
『乳がんを発生させるもの』は、『美肌の敵』でもあるのです。
(逆は成り立たないものもあります)

ということは、美肌作りをするためには、乳がんにならないための生活をすることが重要だということです。
書籍には、お酒、肉類、たばこを合わせた13項目と乳がん検診について、まとめてあります。
美肌作りの一環として、乳がんにならないための生活について知っていただければ幸いです。

…と、宣伝ばかりになってしまいました。
すみません。

乳がんにも関連のあるエストロゲンについては、素肌のための栄養塾(次回が最終回です)をアップした後、記事にしたいと思います。
興味のある方は、また覗いてみてくださいね。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/24 07:46】 | 乳がん | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。