無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
よもやま話~『きれいになりたい』という思いの力に加えるもの~
思い+α

毎週日曜日は隔週でよもやま話をしています。 今週は、『きれいになりたい!』という強い思いを叶えるために必要なものについてです。

きれいになるためには、まずは、『きれいになりたい!』という気持ちを強く持つことが大切です。 人間の凄いところは、強い願いを実現することができるところです。 強く、強く願えば叶うことがたくさん出てくるのですから。

科学研究で、『プラセボ効果』というものがあります。 ヒトに対して薬としての影響のない、プラセボという偽薬(ぎやく)が、薬の代わりに使われる場合があります。 そして、それを偽薬だと知らずに薬だと信じ込む事で、何らかの改善がみられる事を『プラセボ効果』と言います。 

『薬を飲んでいる』事による精神的な安心感もありますが、これを飲めばよくなると『強く信じる』ことで、薬を飲んでいなくてもそれに近い効果を発揮させる場合があります。 特に、痛みや下痢、不眠などの症状にかなりの効果があるとも言われています。

また、プラセボは、薬の治療効果や栄養素の効果を実験的に明らかにするため、比較対照試験という試験でも使われます。 効果の低いものだと、プラセボとの差は小さいのですが、本当に効果のあるものになってくると、プラセボとの差は大きくなります。

それでは、ちょっとこじつけのようですが、『きれいになりたい!』という気持ちに加えるべきものは何でしょうか? それは、栄養です。 それも、体が必要とする量を続けて摂ることです。

同じくらい強い思いを持った人でも、栄養を摂る人と、摂らない人とでは、はっきりと差が出ます。 これは、栄養素はプラセボ効果ではないということを意味しています。

生物が生きていくには栄養が必要です。 それも、ただ摂ればいいのではなく、必要なだけ摂らなければ、長く元気に生きることはできません。 人間も生物ですから、やはり栄養が必要です。 

『きれいになりたい』という思いに栄養を加えることで、肌を元気に保ち続けることができます。 きれいになるためには、『きれいになりたい!』という強い気持ちに加えて、『体に必要な必須栄養素』を、必要なだけとり続けるということが大切なのです。



来週は、右側サイドバーに設置してあるアンケート結果について御報告します。 今回のアンケートは、『無性に食べたくなるものを教えてください!』です。 

体は、不足している栄養素が欲しくなるように、脳に働きかけています。 ですから、食べたくなるものを詳しく調べることで、あなたの体に何が不足しているかがわかってきます。 栄養素の不足が肌のトラブルとどう関わっているかを知るためのいい機会と思って、まだの方は、是非投票してくださいね!


☆☆メルマガ・『素肌のための栄養塾』入塾者募集中!!☆☆

 このサイトの総まとめとして、メルマガ・素肌のための栄養塾を開講することになりました! 詳しくは、こちらのページをご覧ください。

☆☆メルマガ第一号を読んでみる☆☆

 公開するのはこの第一号のみです。 実は昨日、きちんと告知をしないまま、夜10時過ぎに発行してしまいました。 せっかく入塾してくださったのに、タイミングが悪くてメールが受け取れなかった方、本当に申し訳ありませんでした! でも大丈夫です! 次回の講義から、メルマガ購読者さま限定で、バックナンバーを公開しまので、ちゃんと初回からの受講が可能です。 次回で、IDとパスワードをお知らせしますね。 こちらの塾でも皆さんとお会いできること、楽しみにしています!


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/18 17:36】 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
よもやま話~角質と花粉症皮膚炎の関係~
今回は、「花粉症皮膚炎」についてです。

今週から、日曜日のよもやま話は隔週に変わります。 次の週は、サイドバーに設置してあるアンケート結果について御報告していきたいと思っています。 アンケート内容は、2週間おきに変えていきますので、今回まだの方は是非投票してくださいね。

今一番タイムリーな話題は、花粉症です。 鼻水、鼻詰まりが酷く、目がごろごろするし、涙がぽろぽろ…。 職場では、夜もくしゃみで眠れない人がいて、心底大変だと思いました。

ところで最近は、こういう典型的なアレルギーの症状以外にも、顔や首に発疹やかゆみが出る等、花粉を吸い込む場所以外でもアレルギー症状が出るケースが増えているそうです。 一体なぜこんなことが起こるのでしょうか?

これには抗原(異物)と、抗体(異物をやっつける力)が関係しています。 免疫細胞が、体の中に入ってきた抗原を認識し、それに合った抗体を作り、やっつけることを『免疫応答』といいます。

入ってきた異物が、細菌やウイルスなどの増殖性を持つ『危険』なものだと判断すれば、場所に関わらず炎症を起こしてやっつけようとします。

一方、異物が花粉やほこりなどの、増殖性を持たない『危険度が低い』ものだと判断すれば、入ってきた場所から押し出すための反応が起こります。 鼻を詰まらせて中に入れないようにしたり、鼻水や涙を出すことで流し出そうとしたり、くしゃみや咳で押し出そうとしたり。 危険度が低いため、やっつける必要はない代わりに、体の中から出そうという働きが強くなります。

実はこれがアレルギー反応です。 つまり、アレルギーは、体の仕組みに備わっている『自分と自分以外の異物を認識し、それを押し出す力』が強く働いていることが原因です。

しかし、同じ『危険度が低い』異物でも、皮膚となると話は別です。 皮膚の場合は、角質層という肌のバリアを乗り越えて体の中に入ってしまっているため、とにかく『危険』と判断して、炎症を起こしてやっつけようとします。 だから、かゆみや痛みが出るのです。

仕事で、動物に免疫応答を起こさせることがあります。 普通、免疫応答は異物が入ってきた場所で起こります。 ですから、異物を注射する場合は、注射した場所で応答が起こります。 抗原を元に抗体を作る仕組みは、場所や異物の種類に関わらず共通していますが、異物をやっつける反応は、異物の種類や入ってきた場所によって変わってきます。

前置きが長くなりましたが、花粉症による皮膚炎は、目や鼻から入った花粉が肌で悪さをするのではなく、肌から花粉が入り込んでいる状態になっていると考えられるのです。

本来なら、角質は、皮脂とセラミドでしっかりとコーティングされて、花粉のような大きな異物を入らせないようにしています(細菌やウイルスに比べると、花粉は10倍以上大きいです)。 それなのに花粉症の皮膚炎が起こるのは、なぜでしょうか?

空気と接している目や鼻で症状が出るのは当然といえば当然ですが、肌に症状が出る場合は、角質を通って花粉が体の中に入り込んでいる可能性があります。 特に、体の中でむき出しになっているのが、顔の皮膚です。 顔の皮膚は、お化粧や石鹸やスクラブ洗顔などによって角質が薄くなりやすい場所です。

花粉症皮膚炎でお困りの方はもちろんですが、今は目鼻のみの症状の方も、予防のために肌の角質を是非とも強化したいものです。 角質の強化については、サイト内関連情報を是非ご覧くださいね。


参考文献
 あたらしい皮膚科学
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版
 
サイト内関連情報(角質関連)
 くすみや肌の凹凸を無くしたい
 乾燥肌を防ぐ洗顔方法
 保湿成分「セラミド」が増える肌になる



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/03/04 11:25】 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
よもやま話~美容とビタミン~
ビタミンは壊れやすく、酵素は壊れにくい

毎週日曜日は、研究室での実験と、実生活がリンクした時のことを書いていきます。 
今週は、「美容のためにはビタミンを毎日摂る必要がある」理由についてです。

私のやっている実験では、使わない日はないというくらい、酵素をよく使っています。 酵素は生き物の体の中で色々な働きをするタンパク質で、膨大な種類があり、『① 特定の物質とくっつく、② 働くための最適温度がある、③ 働くための最適pHがある』という共通の性質があることを、以前のよもやま話でお話しました。

それ以外にさらにもう1つの共通点があります。 それは、『酵素はタンパク質でできているため、簡単には壊れない』ということです。 酵素は壊れやすいイメージがありますが、実はビタミンよりもよっぽど壊れにくいものなのです。

酵素が壊れる条件は、最適温度よりも高い温度、酸やアルカリ、タンパク質分解酵素などの作用を受けることです。 実験では、酵素の反応を止めるために、温度をかけたり、硫酸などの酸を使ったりすることで酵素を壊します。 酵素は、こうやって手を加えなければ、なかなか壊れないのです。

体の中では発熱時やよっぽど体が冷えた時以外は、ほぼ一定の温度で、酵素が働きやすいpHに調整されています。 タンパク質分解酵素は、消化器官や肝臓、細胞の中のリソソームなどの、タンパク質の分解を行う決まった場所にあり、そこにあるタンパク質だけを壊す仕組みになっています。 ですから、体の中の酵素は、作られた後は必要がなくなるまで壊れることはないのです。 

そして酵素は、基質がある限り、働くことができるという特徴があるため、壊されるまでは何度でも使うことができます。

一方、ビタミンは、1回力を発揮すると構造が変わってしまうため、すぐに使えなくなってしまいます。 使えなくなれば壊されてしまうので、どんどん減っていきます。

これらのことから、私達が摂る栄養素には、たまには忘れてもいいものと、毎日摂った方がいいものがあるということになります。

酵素の原料となるタンパク質や金属は、たまに食事で摂れなくても、今ある酵素を壊さなければ、しばらくは使い続けることができるため、機能を保つことができます

一方、ビタミンは、使われることによってどんどん壊されるものなので、毎日摂り続けなければならなりません。 そして食事によって摂れなければ、ビタミンが関わっている機能はすぐに低下することになるのです。

美しい肌を保つために重要な酵素といえば、過酸化水素をやっつけてくれるグルタチオンペルオキシターゼですが、これも簡単に分解されるものではないため、1日タンパク質やセレンが不足したくらいではすぐに力が落ちるわけではありません。 しかし、ビタミンEやビタミンC、β-カロチンは、使えば使うほどにどんどん分解されていくものなので、補充し続ける必要があるのです。

つまり、肌の機能を保つためにも、ビタミンは毎日摂り続ける必要があるということです。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/02/18 11:58】 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。