無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
炭水化物を制限すると、にきびが改善?
しつこいにきびに悩んでいる方は、試す価値あり?

大人になってできるにきびの原因は、角質が肥大する元となる『皮膚バリアの破壊』が原因でした(にきび予防に一番大切なこと)。 ですから、にきびを予防するためにも、にきびを増やさないためにも、ぬるま湯洗顔をすることが重要でしたね。

これに加えて、皮脂の分泌が活発であっても、にきびができる原因となります。 皮脂の分泌が活発となるのも、皮膚バリアの破壊が原因の場合はありますが、他にも男性ホルモンや気温も関係していました(皮脂の分泌をコントロールしよう 1)。 そのため、寒くなってくると皮脂の分泌が穏やかになるため、にきびに悩む方は少なくなるかと思います。

ちょっと季節外れなのですが、2007年の4月に発表された、オーストラリア人男性を対象に行われた、にきびを改善するための食事についての研究報告があります。 簡単に言うと、炭水化物を制限するにきびが改善するということです。 覚えておいていただければ、夏にしつこいにきびに悩まされた時にいいかもしれません。


- - -<研究>- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 にきびを持つオーストラリア人男性43人を、ランダムに2つのグループに分け、それぞれのグループで、以下のように食事内容を変えました。

① 血糖値を上げにくい、低血糖負荷食(low glycemic-load diet)
② 血糖値を上げやすい、高血糖負荷食(High glycemic-load diet)

各グループは、このような食事を12週間続け、どちらの食事内容が「にきびの改善」に効果があるかを調べました。

その結果、① 血糖値を上げにくい、低血糖負荷食 のグループで、にきびの改善率は、21.9%、一方② 血糖値を上げやすい、高血糖負荷食のグループでのにきびの改善率は、13.8%でした。 

低血糖負荷食を摂ったグループの方が、にきびの改善率が高かったことから、「血糖値を上げにくい、低血糖負荷食」は、にきびを改善させるために有効ではないかと考えられます。

The effect of a high-protein, low glycemic-load diet versus a conventional, high glycemic-load diet on biochemical parameters associated with acne vulgaris: a randomized, investigator-masked, controlled trial. J Am Acad Dermatol. 2007 Aug;57(2):247-56. Epub 2007 Apr 19.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

血糖値を上げにくい、低血糖負荷食って?

血糖値とは、血液中のグルコース濃度のことです。 食事で、白ご飯などの炭水化物(デンプンや糖)を食べると、小腸でグルコースという糖に分解されます。 このグルコースが血液中に取り込まれることで、血糖値が上昇します。

血糖値を上昇させない食事のことを「低血糖負荷食」といいます。 簡単に言うと、食品中に、グルコースの元となる炭水化物が少ない食事です。

炭水化物が少ない食事とは、タンパク質や脂質の多い食事ということです。 といっても、にきびを改善するためには、いくら低血糖負荷食であっても、脂質の多い食事は適していません。

今回、なぜ炭水化物が少ない食事をしたのかというと、皮脂の成分は、主にグルコースから作られているからです。 

血液中のグルコースを減らす → 皮脂の原料が減る → 皮脂の分泌が減る → にきびが改善する

という効果を狙って行われた研究です。 しかし、食事に脂質が多くても皮脂が増える原因となることから、この場合の炭水化物が少ない食事(低血糖負荷食)は、タンパク質の多い食事ということです。 (素肌のために栄養講座 第11回で、低血糖負荷食についてもお話しています。 興味のある方は、メルマガに登録してみてくださいね。)

しつこいにきびに悩んでいる人は、試す価値あり?

今回の研究は、オーストラリア人男性を対象に行われているため、日本人女性が試して効果があるかどうかはわかりません。 でも、しつこいにきびに悩んでいる人は、食事でも改善が可能だということで、試してみてもいいかもしれませんね。

手軽にできる、低血糖負荷食

できるだけ炭水化物を減らし、高タンパクな食事をするのもいいのですけど、それでは血糖値が上がりにくいのでお腹が空きやすくなってしまいます。 それに、厳密にやりすぎると嫌になってしまうため、続きません。 そこでお勧めは、糖やでんぷん質(炭水化物)の多いものを、『たくさん』または、『急激に食べない』ことです。

糖の多いもの→清涼飲料水、砂糖の入ったお菓子
(対策)少しの甘いものを、ゆっくり食べる

デンプン質の多いもの→穀類、豆類、種実類、いも類
(対策)消化・吸収をゆっくりにするため、『繊維質』を一緒に摂る。
    穀類は、精製していないものを食べる。 ご飯を炊く時、雑穀や麦を混ぜる。
    ジャガイモやサツマイモを料理に使う時、皮を剥かずに食べる。
    ゆっくり、よく噛んで食べる。


こうすると、普段の食事も簡単に低血糖負荷食になります。 しつこいにきびで悩んでいる方は、試してみてはどうでしょうか?


~今日のポイント~
 オーストラリアの男性を対象とした研究(ランダム化比較試験)で、にきびを改善するためには低血糖負荷食がよいことがわかりました。


参考文献
 にきび最前線 / 宮地良樹
 The effect of a high-protein, low glycemic-load diet versus a conventional, high glycemic-load diet on biochemical parameters associated with acne vulgaris: a randomized, investigator-masked, controlled trial. J Am Acad Dermatol. 2007 Aug;57(2):247-56. Epub 2007 Apr 19.


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/10/23 07:14】 | にきび・にきび痕 | トラックバック(0) | コメント(19) |
にきび予防に一番大切なこと
にきびの本当の原因は?
05-02.jpg

大人になってできるにきびは嫌なものですね。 痕がシミのようになってしまったり、凸凹になってしまったり。 大人にきびはとにかく痕ができやすいので、嫌な存在です。

ところで最近、にきびは角質肥大が原因だといわれています。 毛穴の入り口付近にある角質が肥大して厚くなることで皮脂がつまりやすくなり、にきびができると考えられていますが、では、角質が肥大する原因は何でしょうか?

角質肥大は、皮膚バリアの破壊が原因!

実は、角質肥大は、毛穴周辺の角質層にあるセラミドと皮脂などから成る『皮膚バリア』の破壊、これが角質を肥大させるための信号になってしまうのです! 角質肥大は、皮膚バリアが壊れてしまったため、角質を厚くさせて守ろうとしているだけの、言ってみれば肌が持つ2番目のバリアなのです。

ですから、にきびができる本当の原因は、こうですね。

 1.皮膚バリアが壊れて角質が厚くなる
 2.毛穴に皮脂が溜まる
 3.溜まった皮脂が、角質をさらに厚くする
 4.皮脂が出ていきにくくなり、さらに角質が厚くなる
 5.悪循環の結果、角栓ができる
 6.角栓の細菌(アクネ菌など)が集まり、増殖する
 7.炎症が起こる


毛穴に溜まった皮脂も、実は角質を肥大させるための信号になります。 こうした悪循環が起こることで皮脂が溜まり、にきびへと発展していきます。

にきびは、皮膚バリアの破壊が一番の原因

皮膚バリアが壊れる一番の原因は、何だと思いますか? それは、『こする』などの物理的刺激や、石鹸や洗顔フォーム、スクラブ等を用いた洗顔です。 にきび予防のために肌を清潔にしようと、丁寧に石鹸で洗顔することは、角質を削り、セラミドを減らすことになり、結果として皮膚バリアを壊すことになってしまいます。

皮脂中の必須脂肪酸の減少

ところで、皮脂の主な成分はオレイン酸にはやパルミトレイン酸ですが、リノール酸やα-リノレン酸などの必須脂肪酸も、少量だけど含まれています。 ごく少量ですが、これらの脂肪酸はとても重要な働きをしていて、リノール酸が減少すると、皮膚バリアが壊れやすくなる、α-リノレン酸が減少すると、角質角栓形成につながることが解っています。

リノール酸やα-リノレン酸は、私達の体では作ることができない必須脂肪酸です。 ですから、皮脂中のこれらの脂肪酸は、食事から摂らない限り増えることがありません。

普通の食事をしている限り、リノール酸が不足することはあまりないのですが、ダイエットのために油抜きの生活を長く続けると、不足することがあります。 一方、α-リノレン酸は、普通に食事をしていても不足する脂肪酸なので、毎日積極的に摂るようにしましょう。

にきびの原因となる角質肥大は、理由もなく勝手に起こるものではありません。 第2の皮膚バリア(肥大した角質)を作らないように、もともとある皮膚バリアを壊さないようにすることが、一番の予防になります。 

皮膚バリアを壊さないための洗顔方法は、ぬるま湯洗顔です。 にきび知らずの肌になるためには、まず洗顔方法を変えてみましょう! そして、食事でα-リノレン酸などの必須脂肪酸を十分摂ることも大切ですね。


~今日のポイント~
 にきびを予防するには、ぬるま湯洗顔をし、α-リノレン酸などの必須脂肪酸を摂ることが大切です。


リノール酸は、皮脂の重要な成分ですが、炎症を起こすホルモンの材料になるため、多く摂ると炎症が起こりやすくなってしまいます。 普通の食事をしていれば不足することはないので、摂り過ぎないようにしましょう。

参考文献
 あたらしい皮膚科学 / 中山書店
 にきび最前線 / メディカルレビュー社



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/05/02 06:52】 | にきび・にきび痕 | トラックバック(0) | コメント(2) |
凸凹にきび痕のためのスキンケア
食べるスキンケアと、角質を守るためのスキンケア

スクラブ洗顔が流行っていますね。 実際、凸凹になっているにきび痕を消すために、スクラブ洗顔を行っている方は多いと思います。 スクラブだと、肌が削れるので凸凹も滑らかになりそうですよね! でも、残念なことに、スクラブ洗顔でにきび痕が治ることはありません。

まずは、肌の凸凹を滑らかにしよう 1 / にきび痕 編 で、凸凹になったにきび痕のでき方と、肌のターンオーバー 2 / 変化する肌の細胞を育てよう で、肌の表面の構造について知ってください。 こうやって見ると、凸凹のにきび痕は、コラーゲンを多く含む真皮層が原因ですね。 

角質層より下の層が原因なのに、角質層しか削らないのですから、治るとはあまり考えられません。 角質層を削ることは、逆に乾燥肌や角栓などの、他のトラブルの原因になってしまいます。 ですから、どんなにマイルドなものでも、スクラブ洗顔はお勧めできません。

食べるスキンケア

にきび痕を無くすためのスキンケアで最も重要視していただきたいのは、『日々の食事』です。 スキンケアが肌を触ることだけだと思っていませんか? 肌に触れるだけがスキンケアではありません。

食事に気をつけるということは、体の内側からスキンケアをしていることです。 にきび痕を治すため、食事でするべきスキンケアは、にきびの炎症によって壊れたコラーゲンを復活させるため、『コラーゲンがたくさん作れる細胞を増やす』ことと、せっかく増やしたコラーゲンを紫外線の影響によって減らさないための、『紫外線の影響を小さくする』ための食事です。

プリプリお肌の味方は コラーゲン 
肌のターンオーバー 1 / 新しい細胞をどんどん作ろう 
美肌の敵 2 / 紫外線の影響を避ける 

角質を守るためのスキンケア

そして、次に大切なのが、角質を守るためのスキンケアです。 角質を守るためには、石鹸や洗顔フォーム、スクラブなどの利用を一切やめて、ぬるま湯洗顔にしましょう。 肌の汚れが気になるという方は、乾燥肌を防ぐ洗顔方法 を是非読んでくださいね。 肌の汚れと思っていたもののほとんどは、実は汚れではないんですよ!

角質を守ることは、多くのメリットがあります。 一番のメリットは、紫外線防御です。 角質層に充分な厚みがあれば、それだけで紫外線防御効果があります。 どんなに固くて厚い角質でも、絶対に無理やりはがさないようにしましょう。 くすみや肌の凹凸を無くしたい も合わせて読んでみてくださいね。

食べるスキンケアと角質を守るスキンケアは、必ずセットで! 

食べるスキンケアだけでは、せっかく柔らかくなった角質が石鹸洗顔などでどんどんはがれていってしまうため、逆にトラブルの多い肌になってしまいます。 角質を守るスキンケアだけでは、『肌の美しさ』はなかなか得られません。

どちらか一方では、効果は半減か半減以下です。 必ず両方セットで行ってくださいね!


~今日のポイント~
 凸凹のにきび痕を治すためには、スクラブ洗顔をはじめ、石鹸や洗顔フォームでの洗顔をやめましょう。 食べるスキンケアと、角質を守るためのスキンケアは、必ずセットで行いましょう。


角質は、意味もなく厚くなることはありません。 ちゃんと理由があって固く厚くなっています。

角質が固く厚くなる一番の理由は、角質層が薄くなることです。 刺激や紫外線の影響を受けやすくなっている状態では、下の組織を守るには充分ではありません。 それでは困るため、角質を固く厚くしていきます。 はがれて薄くなったから、固く厚くなることでしたの組織を守ろうとしているのです。 角質を柔らかくしたいのなら、先ずは削ることをやめましょう。 

参考文献
 あたらしい皮膚科学 / 中山書店
 にきび最前線 / メディカル レビュー社



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/04/09 06:15】 | にきび・にきび痕 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。