無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ウォーキングで乾燥肌予防!
体温を36.5℃に維持するために、ウォーキングをしよう

10月も半分以上過ぎて、昼間の紫外線量もかなり減ってきました。 これから日増しに紫外線量が減っていくので、紫外線対策も少し緩めることができますね。 でも、こうやって紫外線量が減るということは、寒い季節が近づいてくるということで、今後は紫外線に変わって『寒さ』が肌の敵となってきます。

体温の低下は、体の全ての細胞の活動性がゆっくりになり、機能の低下を招きます。 もちろん、肌の細胞の働きも落ちます。 特に肌は、体の最も表面に位置していることから、体の中で一番寒さの影響を受けやすい場所です。

肌が冷えると、
 ① 皮脂の分泌が悪くなるため、肌バリアが壊れやすくなる
 ② 基底細胞の細胞分裂がゆっくりになることで、ターンオーバーが遅れる
 ③ 顆粒細胞でのセラミド合成がゆっくりになるため、分泌されるセラミドの量が減る

これら秋~冬の乾燥肌の大きな原因ですね。

これからの季節、紫外線の影響は小さくなり、シミやそばかす、シワなどは新たにできにくくなりますが、乾燥肌のトラブルが増えてきます。

体温を36.5℃に維持する

そこで重要なのが、体温を高く維持することです。 細胞が活発に活動できる良い体温は、36.5℃です。 日ごろから、体温を36.5℃に維持することで、肌の細胞の活動性が上がり、寒く、乾燥する冬でも、乾燥知らずの肌を保つことができるようになります。 この体温を維持するためにも、こまめに体温を測るようにしましょう。 そして、36.5℃以下であれば、体を動かして体温を上げる努力をしましょう。

体温を上げるためには、厚着をして「保温」をしてもだめです。 保温は、漢字そのままで、体温を保つことです。 体温を上げることではありませんね。 効率よく体温を上げるためには、筋肉を動かすことがよい方法です。 筋肉を動かすには、エネルギーが使われます。 エネルギーは、筋肉を動かす力となるだけでなく、一部が熱に変わります。 ですから、強い力で筋肉を大きく動かすほど、多くのエネルギーが使われるため、多くの熱が発生します。

熱の発生量 = 筋肉を動かす力 × 筋肉を動かす距離

立てっているだけ、座っているだけでも筋肉を使います。 しかし、筋肉を動かす距離がないため、熱は発生しません。 ストレッチやヨガも、筋肉を動かします。 しかし、どちらもゆっくりと体動かすものなので、筋肉を動かす力としてはとても小さく、たとえ体を大きく動かすストレッチやヨガであっても、熱を発散させる運動としては、適していません。 仕事の合間にするストレッチやヨガでは、体温を上げることはできないのです。

涼しい季節、寒い季節は、屋外でウォーキングをしよう

そこでお勧めなのは、ウォーキングです。 ウォーキングは、自分の体重を移動させる運動ですから、筋肉を動かす大きな力が必要です。 そして、手や足を動かす距離も大きいため、熱が発生しやすい運動です。 姿勢を正して歩くとさらに筋肉を動かすことになりますし、階段を昇ることは、重力に逆らうことになりますから、筋肉に負荷がかかりやすくなり、さらに熱が発生しやすくなります。

気温や元々の体温にもよりますが、5~10分も歩けば、体がぽかぽかしてきます。 こまめに体温を測って、36.5℃以下になっていると少し歩くようにすれば、体温を高く維持することができ、寒さが原因の乾燥肌の予防になります。

今の季節は、暑くもなく、それほど寒くもなく、紫外線量も少なく、ウォーキングをするにはもってこいの季節です。 季節の草木、花も多く、景色を見ながら歩くのは、なかなか楽しいものです。 最近、私も時間を見つけては、せっせとウォーキングをしています。 体が温まると、面白いことにいろんなアイディアが浮かんでくるので、メモとペンを必ず持って歩いています。 万歩計をつけて歩くと、どのくらい歩いたかが具体的に解って、なんだか楽しいですよ。

今の季節はまだ酷く乾燥する人は少ないと思いますが、これからくる寒い季節に向けて、体を動かす習慣を今からつけておくといいですね。 ウォーキングをして体温アップし、冬の乾燥肌を予防しましょう。


~今日のポイント~
 秋~冬の乾燥肌を予防するために、体温を36.5℃に維持しよう。 体温が低い時は、ウォーキングをしよう。


参考文献
 よくわかる生理学の基礎 / 佐久間康夫
 あたらしい皮膚科学 / 清水宏
 The CELL 細胞の分子生物学第4版 / Newton Press

ウォーキングは、食後2時間後からお腹が空いた時にすると、脂肪燃焼効果が高まるため、ダイエットにもいいですよ。 逆に、お腹がいっぱいの時に歩くと、胃や腸に集まらなければならない血液が全身に回ってしまうため、消化不良や吸収不良になる場合があります。

ウォーキングをするよりも短い時間で体温を上げたい場合は、「強い力で筋肉を大きく動かす」運動を短時間やってみましょう。 ラジオ体操は、かなりお勧めの運動です。 「ラジオ体操なんて~」…なんて思わず、試してみてください。 本気でやると、結構大変ですよ!

階段の上り下りは、「重力に逆らう」という負荷がかかるため、ウォーキングよりも「強い力で筋肉を大きく動かす」運動になります。 階段の上り下りや、踏み台昇降を2~3分すると、すぐに体が温まってきます。 時間がない人や、外に出て行けない人にはお勧めです。 ただ、ウォーキングよりも強い運動になるので、普段運動をしない人や、足、腰にトラブルのある人は、ケガの原因になる可能性があるため、止めてくださいね。 ウォーキングよりも強い運動をする場合は、必ずご自分の体調を考えてからにしてくださいね。 いくら美肌のためとはいえ、体を壊してしまっては、元も子もありません。 充分注意して行ってくださいね。


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/10/19 06:42】 | 乾燥肌 | トラックバック(0) | コメント(7) |
敏感肌から脱出! / 皮膚バリアを働かせよう 2
生活改善、食事改善

皮膚バリアを働かせよう 1 では、正常な皮膚バリアの仕組みや働きについてお話ししました。 今回は、この皮膚バリアが壊れてしまった状態、乾燥肌や、いわゆる敏感肌についてです。

皮膚バリアが壊れた状態とは?

皮膚バリアの一番外側にあるのは皮脂と肌の常在菌ですが、これらは色々な原因で失われてしまいます。 主な原因は、石鹸や洗顔フォーム、クレンジング剤などの、皮脂を落とす洗顔です。 こすったり、油取り紙等で皮脂を吸着させたりしても、失われます。
皮膚バリアoff

皮脂が失われると、肌表面の蓋が無くなるためセラミド中の水分が蒸発していきます。 セラミドが乾燥すると、角質同士がくっつけなくなって部分的にはがれ、はがれたところが乾燥・変形することで凸凹になってきます。 すると、皮脂が分泌されてもきれいに行き渡ることができなくなり、乾燥が進み、角質が不均一にはがれ始めます。

こうなってしまうと、表面を覆う皮脂の層も、角質を満たす水分もどんどん減ってしまいます。 水も油も通さない皮膚バリアがうまく機能しなくなると、化学物質や微生物が侵入しやすくなってきます。

化学物質が入り込んで神経を刺激するとかゆみや痛みが出たり、刺激がなくても赤くなったりすることがあります。 この状態が、いわゆる敏感肌です。 微生物が侵入すると、水泡や炎症が起こるようになります。

乾燥肌や敏感肌を改善させるためのケア方法

乾燥肌や敏感肌の人は、皮脂や角質を落としすぎている、セラミドをたっぷり含んだ新しい角質が生まれにくくなっている(ターンオーバーがゆっくりになっている、ということですね)可能性があります。 この場合は、いくら保湿を頑張ってもなかなか改善されません。

実は、一度乾燥・変形してしまった角質は、後から水分を与えても元に戻ることはありません。 ですから、角質を乾燥させないことが何よりも大切なのです。 乾燥して変形してしまった角質は、自然にはがれていくのを待ちましょう。 スクラブなどで無理やりはがすと、元気な角質やセラミドまで削ってしまうことになります。

生活習慣と食事を改善する

角質を守るためには、ぬるま湯のみの洗顔を行った方がいいでしょう。 そして、肌には極力何もつけず、セラミドを増やすための食事をするのが得策です。

また、角質層は、紫外線の影響を小さくする力を持っているので、皮膚バリアの機能が落ちている時は、紫外線の影響も受けやすくなります。 当然、紫外線も可能な限り防いだほうがいいですね。 

でも、皮膚バリアがなければ、日焼け止めを塗ると刺激になり、敏感肌には辛い状況になってしまいます。 その時は、日焼け止めを塗らず、外出時はつばの広い帽子をかぶるなどして紫外線を避け食事によって体の内から紫外線予防するようにしましょう。

どちらか1つではなく、両方同時にする

一番よくないのは、どちらかだけにする、中途半端な改善です。 美肌作りの鉄則では、『いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける』ことがベストです。 いいものを摂るだけでも、悪いものを遠ざけるだけでも効果は半減、下手したら半減以下です。 両方を同時に行うことで、効果的に改善させていきましょう!

サイト内リンク
 ぬるま湯洗顔の方法
 ターンオーバー
 セラミド
 肌と相性のいい油
 紫外線を避ける
 体の内と外から紫外線の影響を避ける
 予定している日焼けを予防する
 ビタミンE、C、β-カロチンの豊富な野菜 


~今日のポイント~
 敏感肌を改善するには、ぬるま湯洗顔をし、極力肌には何も塗らない(乾燥が酷い場合にのみ少量のオリーブオイル等をピンポイントでつけるようにしましょう)、そしてひたすら紫外線を避け、セラミドを増やすための食事と体の内から紫外線を防ぐ食事をしましょう。


皮膚バリアは、皮脂、角質、セラミド、皮膚の常在菌からできています。 1個欠けてもパワーダウンしてしまいます。

参考文献
 あたらしい皮膚科学 / 中山書店
 化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学 / 文光堂



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/05/12 05:13】 | 乾燥肌 | トラックバック(0) | コメント(3) |
セラミドたっぷりの肌になる!
セラミドの正体

4月は、暖かかったり寒かったりと、気温の変化が大きい時期なので、まだまだ肌は乾燥しやすいですね。 乾燥肌で悩んでいる人は、角質のセラミドが減っていることも原因かもしれません

保湿成分『セラミド』が増える肌になる でもお話ししましたが、セラミドとは、表皮にある角質細胞同士を繋ぎとめる『接着剤』のような働きをしています。 

さらにセラミドは、肌の奥からにじんでくる水分と混ざり合って乳液状になり、角質細胞の周りに水分を保つ働きを持っています。 角質に水分が豊富にあると、乾燥知らずの、しっとりとしたなめらかな肌になるのですが、そうなるためにはセラミドが角質層に豊富にあることが重要です。

セラミドは、脂質

セラミドは、脂肪酸にアミノ酸が結合してできた脂質です。 脂肪酸とアミノ酸という、体の中ではごくありふれたものから作られるものなので、特別な何かを食べる必要はありません。 ただ、そのありふれたものからセラミドを合成する過程では、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシンが必要になってきます。

この3種類のビタミンは、ビタミンB群 2 / ビタミンC、Eに次ぐ、美肌ビタミン でも出てきましたね! ビタミンCを復活させてくれるグルタチオンに関わるビタミンでしたが、セラミドの合成にも関わっています。 これらのビタミンが不足すると、セラミドが効率よく作れなくなってくるので、肌が乾燥しやすくなってしまいます。

セラミドを増やすポイントは、ターンオーバー

セラミドは、顆粒細胞によって作られます。 顆粒細胞は、成長の過程でセラミドを作っては、細胞の中にどんどん溜め込んでいきます。 そして、死んで角化細胞になるときにセラミドを分泌します。 

ということは、セラミドの多い肌を作るためには、ターンオーバーを活発に起こすことが重要ですね。 ターンオーバーは、顆粒細胞の下の方にある基底細胞が細胞分裂をすることで始まります。 細胞分裂をスムーズに起こすためには、亜鉛とα-リノレン酸、そして葉酸やビタミンB12が必要でしたね。 これらの栄養素は、毎日積極的に摂りましょう。

セラミドを無くさないための、ぬるま湯洗顔

こうやって、せっかく分泌したセラミドを失ってしまう場合があります。 それは、石鹸や洗顔フォーム、スクラブなどを用いた、角質を削る洗顔です。 セラミドは、角化細胞同士を繋ぎ止める働きを持っていましたね。 ですから、角質を削る洗顔をすると、一緒にはがれていってしまうのです!

セラミドは、肌を滑らかにし、充分な水分を保つ肌になるためには、とても重要な存在です。 削ってしまわないように、洗顔は必ずぬるま湯洗顔のみにしましょう。 ぬるま湯洗顔だけでは肌の汚れが落ちないと思っている方も多いと思いますが、日焼け止めやメイク以外の汚れは、全てぬるま湯洗顔で落とすことができます。 気になる方は、乾燥肌を防ぐ洗顔方法 を読んでくださいね!


~今日のポイント~
 セラミドたっぷりの肌になるには、亜鉛、ビタミンB2、B6、ナイアシン、α-リノレン酸を毎日摂りましょう。 そして、洗顔は、必ずぬるま湯洗顔のみにしましょう。


ビタミンB2、B6、ナイアシン、葉酸、ビタミンB12などの、ビタミンB群を多く含む食品は、肌のターンオーバーを積極的に起こす食事 / 今日の晩御飯に是非どうぞ! を参考にしてくださいね。

α-リノレン酸は、大豆や大豆製品、豆腐や豆乳などにも含まれていますが、しそ油やえごま油という油に特に多く含まれています。 加熱すると酸化しやすい油なんで、ドレッシングに使ったり、出来上がった焼き飯に混ぜたり、ラーメンや味噌汁に数滴垂らしても美味しいです。

バターやマーガリンの代わりにパンに塗ることで、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあります。 加熱調理をしない油には、是非しそ油を使ってくださいね!

亜鉛は、ほとんどの食品に含まれていますが、どれも含有量が少なく、1日に必要な量を食事で摂り入れることは難しい栄養素です。

貝のカキには、特にたくさんの亜鉛が含まれていますが、1日に必要な亜鉛を7粒のカキを毎日食べ続けなければなりません。 それはあまりにも無理な話ですので、食事以外に少量をサプリメントで補うのが得策です。

参考文献
 細胞機能と代謝マップ I / 東京化学同人
 あたらしい皮膚科学 / 中山書店
 5訂増補 食品成分表2007 / 女子栄養大学出版部



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/04/16 13:30】 | 乾燥肌 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。