無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「ナノテク」化粧品に注意!
前回お話した「ナノテク」のことが気になったので、珍しく続けて更新しています。

前回は、「ナノテク(ナノテクノロジー、ナノ技術)」を利用した日焼け止めは、紫外線吸収剤が入っていないものでも安全性に問題があるというお話をしました。 これまで日焼け止めに使われていた酸化チタンや酸化亜鉛は、マイクロサイズ(10-6 m:10のマイナス6乗メートル)で、人体にとってはほぼ無害であることが確認されています。 ところが、同じ酸化チタンや酸化亜鉛であっても、ナノサイズ(10-9 m:10のマイナス9乗メートル)にすると、安全性に関する研究が行われていないため、何らかのトラブルが起こる可能性があるのです。 ナノテク製品(ナノマテリアル)については、日本では厚生労働省などが調査を行っているようですが、はっきりとしたことは分かっていませんので、安全性が確認されるまでは避けた方がよさそうですね。

ところで、このナノテク、元々は半導体や医療の分野で発展した技術ですが、最も一般に普及しているのは、どうも化粧品のようです。 日焼け止め以外にも、ナノテクを使った化粧品には、こんなものがあります。
続きを読む>>

スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/27 22:40】 | スキンケア | コメント(7) |
エクササイズやマッサージを考える 2
食事でシワやたるみを改善

エクササイズやマッサージを考える 1 では、同じようにエクササイズやマッサージをしても、害になりやすい時期と、効果が高くなる時期があるというお話をしました。

  害になりやすい時期 → 肌に何かトラブルがある時
  効果が高くなる時期 → 肌に何もトラブルがない時

目の下のくまや、肌のくすみを解消させるためには、エクササイズやマッサージではなく、それぞれの原因を解消させ、休息と栄養が必要でした。

では、シワやたるみがある時はどうすればいいでしょうか? 


先ずは、下の動画を見て、シワやたるみができる仕組みを知ってください。 
(造りが雑ですみません)

シワやたるみは、主に紫外線A波が当たることで、一重項酸素という活性酸素が発生し、それによって真皮にあるコラーゲンが破壊されることが原因です。 「コラーゲンが減る」ことで、表皮が支えられなくなって、シワやたるみができるのです。 ですから、シワやたるみを改善させるために一番いいことは、先ずはコラーゲンを増やすことです。

エクササイズは、続けないと効果が保てないもの

シワやたるみを改善するものとして、もちろんエクササイズは有効です。 エクササイズによってシワやたるみが改善するのは、「筋肉に刺激を与えることで、筋肉が持つ表皮を支える力がアップし、シワやたるみが伸びる」からです。 特に顔の筋肉は、エクササイズの効果が出やすいため、効率よくエクササイズをすると、すぐにシワやたるみが解消します。

でも、私自身も以前経に験がありますが、エクササイズを続けなければ、数日~数週間後には元に戻ってしまうのです。 ということは、エクササイズは即効性の効果があっても、根本的な改善にはなっていないということになります。 筋肉は、使わないと退化するものなので、たるんだ表皮を支えるためにはエクササイズを続けなければならないのです。

ということは、シワやたるみを根本から改善するには、
コラーゲンを増やすしか方法はありません。


コラーゲンを増やす方法は、表皮にも真皮にも嬉しいコラーゲンを増やそう! で、お話したように、

 ① コラーゲンを食べる ~部品を摂る~
 ② ビタミンCを摂る ~部品を作る~
 ③ α-リノレン酸やセレンを摂る ~部品を出す~


この3つが重要です。 この中で、①のコラーゲンは、肉や魚などの動物性食品に含まれています。 人間はもちろん、動物は、コラーゲンを使って体の構造を保っています。 ですから、動物の肉を食べることは、コラーゲンをそのまま食べていることになります。 

特にコラーゲンを多く含むのは、動物の肝臓(動物の種類に関わらず)や、鶏の手羽先です。 さらに、魚の皮にも多く含まれています。 焼き魚などを食べる時、皮を残す人はいませんか? 皮のすぐ下には、コラーゲンがたっぷり含まれています。 絶対に魚の皮は残さないようにしましょう!(でも、あまりにも焦げてしまっている場合は、コゲの部分がよくないため、避けた方がいいです)

そしてコラーゲンに加えて、ビタミンCα-リノレン酸セレンも必ず摂るようにしましょう。 これら全てが揃わなければ、コラーゲンを順調に増やすことはできません!

真皮にコラーゲンを増やすことができれば、
シワやたるみの改善のためには、
エクササイズが必ずしも必要ではありません。 


とはいえ、エクササイズが全く必要ないというわけではありません。 真皮に充分な量のコラーゲンがあっても、顔の筋肉をあまり使わない生活が続き、筋肉が退化すると、シワやたるみではなく、表情がぎこちなくなってくる場合があります。 鏡を見て、何もしていない時に顔のパーツが左右非対称になっている、口などを動かした時に左右非対称になるといったことが起こってきます。

これを解消するためには、エクササイズが有効です。 といっても、それほど特別なものである必要はありません。 食事をする時に良く噛むことで頬やあごの筋肉をしっかり動かし、大きな口をあけてよく笑い眉をよく動かして表情豊かに過ごすだけでも、充分なエクササイズになります。

さらに、顔の筋肉は、首や背中の筋肉とも繋がっています。 姿勢を正しく保ち、毎日30~60分程度のウォーキングをすることでも、顔の筋肉を鍛えることができます(歩くことは、背筋を使います)。 特別なものを取り入れるよりは、毎日の生活の中にエクササイズを上手く組み込むことで、効果的に筋肉を動かすことが大切です。 これに加えて、コラーゲンを増やす食事を毎日摂っていれば、素肌はもちろん、表情に自信がもてるようになるでしょう。 自分の表情に自信が持てるって、素敵なことですね!


~今日のポイント~
 シワやたるみの改善には、コラーゲンを増やす食事をすることが大切です。 表情のぎこちなさを改善し、表情に自信をつけるためには、よく噛む、大きな口を開けて笑う、眉を動かすなどのエクササイズが有効です。


参考文献
 5訂増補 食品成分表2007 / 女子栄養大学出版部
 よくわかる生理学の基礎 / 佐久間康夫
 あたらしい皮膚科学 / 清水宏

ご存知の方もいるかとは思いますが、最近、ニンテンドーDSで、面白いソフトが出ています。
「大人のDS 顔トレーニング」
フェイスニングをお勧めしたいのは、表情が硬い、表情が暗い、きれいな笑顔が作れない、怒っているわけでもないのに怒ったふうに見える、など表情の問題で悩みを抱えていらっしゃる方、口角が下がってきた、頬が下がってきた、など部位ごとに悩みを持っていらっしゃる方、血色やフェイスラインなど、見かけに問題を抱えていらっしゃる方々です。(サイトより)

これは、動画と音声ガイドで正しいフェイスニング(顔の筋肉を鍛えるトレーニング方法)が身に付くというソフトです。 表情のアンバランスが気になる方にはお勧めです。 面白そうなので、私も密かに欲しいなぁと思っています。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/09/03 18:06】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(8) |
エクササイズやマッサージを考える 1
エクササイズやマッサージは、いつやれば効果的?

顔のしわやたるみ、目の下のクマが気になる人の中には、エクササイズやマッサージをしている方は多いと思います。 最近の雑誌には、簡単なエクササイズやマッサージの方法が載っていないものの方が少なく、なんとなく「しなければならないもの」というイメージになっているような気がします。 そこで、今回は、顔のエクササイズやマッサージについて、考えてみます。

先ずは、エクササイズやマッサージが、どの程度効果がある? 何か悪い効果はある? という話をする前に、少し私が気になっていることについてお話したいと思います。

エクササイズやマッサージをしない方がいい時期がある!

皆さんがエクササイズやマッサージをする時って、どういう時でしょうか? 「シワができた時」、「たるみが気になる時」、「目の下にクマができた時」、「むくみが気になる時」のような、『肌に何らかのトラブルが起こった時』のように思えます。 でも、トラブルが起こった時にマッサージをして、本当に肌が回復するのでしょうか?

ちょっと置き換えてみましょう

例えば、仕事や家事が大変で、疲れが溜まっている時、体力をつけるために運動をしますか? 体に疲れが溜まっている時に必要なのは、疲れないために体力をつけることではなく、『疲れの原因を改善すること(=仕事や家事の量を減らすこと)』、『休息』、『栄養』です。 逆に運動をしてしまうと、さらに体調が悪くなる原因になってしまいますね。

一方、体調がいい時に行う運動は、体力アップのためにとても効果的です。 充分休息の取れた体を動かす場合は、怪我も少なく、筋肉へのよい刺激になります。 上手く運動をすれば、効率よく体力がついていくでしょうね。

肌も同じです!

肌にトラブルがある状態は、「仕事や家事が大変で疲れが溜まっている」状態です。 そして、「体力をつけるために運動をする」ことは、エクササイズやマッサージをすることです。 肌にトラブルがある時は、肌は特に刺激に敏感になっています。 そのため、マッサージは、肌への刺激になりやすく、エクササイズも、筋肉の負担になる場合があります。

肌にトラブルがある時は、マッサージやエクササイズではなく、
加温・休息・栄養


肌にトラブルがある場合は、先ずは原因を改善しましょう。 
肌のトラブル 主な原因 栄養
シワ 紫外線 α-リノレン酸亜鉛ビタミンCコラーゲン
目の下のくま 血行不良   
シミ状のもの 紫外線 ビタミンC
(皮膚が薄いために、クマが目立ちやすい) 紫外線 α-リノレン酸亜鉛ビタミンCコラーゲン
たるみ 紫外線 α-リノレン酸亜鉛ビタミンCコラーゲン
むくみ 疲れ、冷え α-リノレン酸DHA、EPA

肌にとって最もよい休息は、肌に何も塗らないことです。 お化粧をしている場合は、しっかりクレンジングをし、肌に何もつけないようにしましょう。

肌に必要な栄養は、トラブルごとに様々です。 主なものを表に載せていますので、参考にしてくださいね。 食事によって体の中に入った栄養を肌に届けるため、肌に溜まった老廃物肝臓へ届けるためにも、とにかく血液の循環を良くすることが大切です。 暖かい湯船につかり、体を温めましょう。 そして、入浴後に適度な水分を摂り、横になるようにしましょう。 いつもより長く横になることが大切です。

ただ、肌のトラブルのうち、むくみが酷い場合は、マッサージは有効です。 ただ、気持ちがいいからと、力を入れすぎるのは肌への負担になりますので、特に「こすらない」ように注意してくださいね。 

エクササイズやマッサージは、体調が万全の時にする

では、むくみの解消以外の目的でのエクササイズやマッサージは、いつやれば一番効果が高いかというと、肌の調子が万全の時です。 乾燥も皮脂過剰などの肌のトラブルがない状態で行うと、表皮の働きが万全なため、刺激になりにくくなります(マッサージをする時は、適量のオイルを使うと、肌への物理的な刺激が小さくなります)。 普通、運動をする時は、調子がいい時にしますね。 顔のエクササイズやマッサージも、それと同じです。

エクササイズやマッサージは、肌にトラブルがある時の解消法というイメージがありますが、実は逆です。 トラブルがある時は、とにかく体を温め、休息と栄養を摂ることが必要です。

今回は、エクササイズやマッサージ全般の話でしたが、次回はシワやたるみを解消するためのエクササイズやマッサージについてお話しますね。


~今日のポイント~
 エクササイズやマッサージをする時は、肌の調子がいい時にしましょう。 調子の悪い時は、トラブルの元になる場合があります。


参考文献
 The CELL 細胞の分子生物学第4版 / Newton Press
 細胞機能と代謝マップ I / 東京化学同人
 脂質の科学 / 朝倉書店



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/08/31 22:26】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(4) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。