無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
肌のくすみをやっつける 2
活性酸素の害から細胞膜を守る

肌のくすみをやっつける 1 で、くすみの原因には2種類あることをお話しました。
 ① 血液循環が悪い
 ② 肌の細胞の細胞膜が酸化する

今回は、②について詳しくお話していきます。

体が温まって血液の流れがよくなっても改善しないくすみは、実は肌の細胞の細胞膜の酸化が原因です。 細胞膜は何からできているかご存知ですか? 意外かもしれませんが、実は脂質からできています

ダイエットの敵といわれている、あの脂質です。 摂りすぎると肥満につながるといわれていますが、必要な脂質もあるのです

脂質にはいくつか種類があるのですが、細胞膜を作っているのは、脂肪酸、その中でも不飽和脂肪酸という脂質です。 この脂質が酸化することが、くすみの原因になるのです。

例えば、天ぷら油の成分は脂肪酸です。 加熱したり、鍋の中で放置したりすることでどんどん酸化して変色していきますね。 同じように細胞膜の脂肪酸が変色すると、肌の色はくすんだ色に変わります。 これがくすみの正体です。

しかし、直接空気に触れるのは角質の一番外側の部分ですね。 角質が一番外側にたどり着いてから剥がれ落ちるまでは数日しかないため、この間に酸化しても目でみてわかるほどではありません。

問題は、肌の内側で細胞膜が酸化してしまうことにあるのです。 そうなると、肌の表面にたどり着いた時には既に細胞膜の色が変色しているのです。

肌の内側で細胞膜を酸化させるものは、実は活性酸素です。 紫外線に当たることで発生する活性酸素、ヒドロキシラジカルは、細胞膜にある脂肪酸を『過酸化』といって、ひどく酸化させてしまいます。 それも1個や2個ではなく、細胞膜の脂肪酸の多くを一瞬にして過酸化させてしまう強力な力をもっています。

過酸化してしまった脂質は、とてもタチが悪くなります。 茶褐色に変色するだけでなく、普通の油のようなさらさら感はなく、粘りが出てくるため、細胞膜の柔らかさが失われ、細胞内の老廃物やコラーゲンなどの分泌も悪くなってしまいます。

肌の過酸化を防ぐためには、紫外線を防ぐことと、ヒドロキシラジカルを作らせないことが一番です。 そのためには、セレンを充分摂り、できてしまったヒドロキシラジカルを分解するためビタミンE、Cを積極的に摂りましょう。

そして、睡眠中に分泌される『メラトニン』というホルモンは、活性酸素をやっつける力があるとお話しましたが、さらに過酸化してしまった脂肪酸を元に戻す力も持っています。 睡眠のリズムを安定させることでも、肌のくすみは改善できるのです。


~今日のポイント~
 肌のくすみの原因のもう1つは、細胞膜の『過酸化』。 細胞膜の『過酸化』を防ぐには、紫外線を防ぎ、セレン、ビタミンE、Cを充分摂り、睡眠のリズムを安定させてメラトニンを分泌させましょう。


脂質には種類があって、大きく分けると脂肪酸とコレステロールに分かれます。 そして、脂肪酸はさらに、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。

不飽和脂肪酸という脂肪酸は、細胞膜に柔らかさを作ってくれる、とても重要な脂肪酸です。 良質な細胞膜を作るために最もよい脂肪酸は、α-リノレン酸やDHA、EPAなどの脂肪酸です。 ですから、しそ油や青身の魚を食べることは、肌にとって、とてもいいことなのです。

しかし、これらの脂質は体の中では過酸化されやすいため、セレンやビタミンE、ビタミンCを積極的に摂る必要があります

飽和脂肪酸や過酸化脂肪酸は、細胞膜を硬くしてしまいます。 また、摂りすぎると蓄積されるものですから、肌やダイエットのためにはできるだけ控えた方がいいでしょう。

参考文献
 脂質の科学
 5訂増補 食品成分表2006
 活性酸素・フリーラジカルのすべて


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/24 10:59】 | くすみ・目の下のクマ | トラックバック(0) | コメント(0) |
肌のくすみをやっつける 1
角質が薄くなると、『くすみ』やすくなる 

くすみや肌の凹凸を無くしたい で、肌のくすみや凸凹を無くすために角質を取ることは、逆効果になるというお話をしました。 では、どうすれば『くすみ』や『凸凹』はなくなるのでしょうか? まずはくすみの原因から探っていきます。

肌の『くすみ』には2種類あります。
 ① 角質層が薄いため、血液循環が悪いのが見えやすい
 ② 肌の細胞の細胞膜の酸化


まずは、あなたのくすみの原因がどちらなのかを突き止める必要があります。 調べるのは簡単です。 お風呂から出た後、ほてりが冷めても体はまだ温かい状態で、顔色がくすんでいるかどうかを見てください。

体が温まっている状態でくすみがなければ、①が原因です。 毛細血管が通っているのは、実は基底細胞の下の部分です。 ですから、角質が薄くなると血管が見えやすくなります。

この場合のくすみの本来の原因は、血液循環が悪いということですが、角質に充分な厚みがあれば、くすんで見えることはあまりありません。 ですから、日ごろから体を冷やさないようにするのと同時に、角質に厚みを与えてあげる必要があります。

角質に厚みを作るには、まずはそれを削ってしまう石鹸洗顔、スクラブ洗顔をやめることが大切です。 肌の汚れは、ぬるま湯洗顔で充分落とす事ができます。 そして、良質な角質を作るには、基底細胞が細胞分裂して充分成長するために亜鉛やα-リノレン酸が必要です。

角質、それも良質な角質が増えるということは、肌の細胞が充分に成長してきた証拠ですから、くすみの改善以外にもとてもたくさんの利点があります。
 ・セラミドが増えるため、保水力がアップし、乾燥肌の改善に→仕組みを知る
 ・細菌や化学物質を肌の中に入らせないための皮膚バリア機能が上がる→仕組みを知る
 ・紫外線を跳ね返す力がアップするため、メラノサイトに届く紫外線の量が減り、しみやそばかすができにくくなる→仕組みを知る
 ・紫外線の影響を受けにくくなるため、コラーゲンが壊れにくくなる→仕組みを知る
 ・自然に剥がれやすい角質になるため、凸凹になりにくくなる


悪者にされがちな角質は、本当は肌の細胞がどれだけ充分に成長できているかを知る、重要な手がかりになっているのです。 角質に充分な厚みがあって美しければ、角質の下にある細胞はどれもとても元気で活発だということがわかります。 

ということはこの逆の場合、角質が薄く、くすんでいる場合は、その下の細胞も同じ状態だということです。 それが、体が温まって血液循環がよくなっている状態なのにまだくすんでいる②の状態です。 

角質のくろずみは、肌の細胞膜が酸化によってくすんでしまったのが原因です。 いくら大切な角質でも、酸化して色がくすんでしまったら、ちょっと嫌ですよね。 こうならないためには、酸化した細胞膜を元に戻す必要があります。 肌のくすみをやっつける 2に続きます。


~今日のポイント~
 くすみの原因の1つは、血液循環の悪さと角質層の薄さです。 改善させるには、体を冷やさないようにして、良質な角質を増やすことで角質層に厚みを持たせることが重要です


亜鉛は、全ての細胞が分裂する時と、成長するためにタンパク質を作る時に、絶対に必要な栄養素です。 最近、『味覚障害は亜鉛不足が原因』とよく言われるようになっていますが、角質が薄くなる等の肌のトラブルもの亜鉛不足の1つの症状です。 角質が薄くなっている時は、食事+αの亜鉛が必要な状態になっているので、サプリメントで少し補ってあげるといいですね。

α-リノレン酸は、脂質の働き 1でもお話したように、体を作るほとんどの細胞の細胞膜を作る原料です。 角質を増やすために基底細胞が細胞分裂をする時、細胞膜も一緒に増えるのですが、α-リノレン酸が足りないと質の落ちる細胞膜になってしまいます。 良質な細胞を作りたい時は、亜鉛とセットで摂ってくださいね。 α-リノレン酸は、緑黄色野菜や大豆や大豆製品、豆腐や豆乳などに含まれていますが、必須脂肪酸なのに極端に摂れていない脂肪酸です。

しそ油やえごま油という油には、特に多く含まれているので、これらを毎日積極的に摂り入れると十分摂れるようになります。 加熱すると酸化しやすい油なんで、できるだけ生で食べてください。 いくら肌に必要なものでも、酸化したものに効果はありません。 ドレッシングに使ったり、出来上がった焼き飯に混ぜたり、ラーメンや味噌汁に数滴垂らしても美味しいです。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版
 5訂増補 食品成分表2006



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/23 05:54】 | くすみ・目の下のクマ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。