無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
アレルギー症状は食事で改善
アレルギーの辛い症状は、油が原因

花粉が飛び始める季節には少し早いですが、今は子供のアレルギー性の喘息が多い時期ですし、ハウスダストは年中あるので、とてもやっかいです。 

『アレルギー症状』は、鼻水、咳、皮膚のかゆみ、下痢など色々ありますが、『アレルギー反応』は全て同じで、『体の中に入ってきた異物をやっつけるため抗体を作る』という働きが過剰になり、炎症反応に発展してしまった状態です。 この辛い炎症反応、実は、食べ物の中にも炎症を強く引き起こす原因になるものがあって、それらを頻繁に食べている人は、アレルギー症状が酷くなりやすくなってしまうのです。

その栄養素とは、ある種の脂肪酸です。 脂肪酸は、脂質の働き 1でもお話したように、脂質の1種で、動物や植物の脂肪組織に多く含まれています。 脂肪酸は、細胞膜を構成する成分として主に使われますが、体の中の様々な信号物質の原料としても使われています。

炎症反応をどんどん起こし、白血球などの免疫細胞をたくさん呼ぶための信号も、脂肪酸が原料です。 この信号の原料となる脂肪酸は、動物性脂肪に多く含まれているため、動物性脂肪をたくさん食べると、炎症を起こすための信号をたくさん作ってしまうようになります。 炎症が起こった時、この信号がたくさんあれば、軽い炎症で終わるはずが、酷い症状になってしまいます。

一方、これらの炎症をストップさせるための信号も存在していて、その原料は、植物性脂肪に含まれている、α-リノレン酸などです。 

よく、花粉症の時期には症状を抑えるために動物性タンパク質を控えて、魚や植物性タンパク質を食べましょうと言われますよね?  こ実はタンパク質が原因ではなく、炎症を起こす信号の原料になる脂質が原因だったのです。

アレルギーの辛い症状を持っている方は、アレルゲンを除くのも大切ですが、食事を見直してみてください。 きっと、食事で食べる動物性脂肪の量が多く、α-リノレン酸の量が少なくなっているはずです。 脂肪酸の摂り方を変えるだけでも、びくっくりするくらい症状は変わるんですよ。


~今日のポイント~
 アレルギー症状が酷い時は、動物性脂肪を控えて、α-リノレン酸を多く摂ろう



 炎症を起こすための信号の原料は、動物性脂肪に多く含まれている、アラキドン酸、リノール酸、γ-リノレン酸という脂肪酸です。 これらは植物性脂肪には割りと少なく、特に肉類、バター、牛乳に多く含まれています。 

これらはタンパク源としては優秀ですが、脂肪酸から見ると、あまりいいものではありません。 症状が酷い場合は、アレルゲンを避けるのと一緒にこれらを控えると、症状は緩和されるはずです。

α-リノレン酸は、炎症を起こすための信号を作らせない働きを持っています。 α-リノレン酸は、大豆や大豆製品(豆腐や豆乳)、しそ油やえごま油に多く含まれています。

そして、α-リノレン酸と同じような働きを持つのが、青身の魚に多く含まれている脂肪である、DHAやEPAです。 炎症が酷い時は、動物性脂肪を控え、これらの脂質を多く摂ると、症状が緩和されます。



スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:アトピー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/01/17 05:27】 | 病気 感染症 | トラックバック(0) | コメント(4) |
冬の風邪予防
今年はまだインフルエンザがあまり流行っていないみたいですが、去年も12月頃から流行りだしたんでそろそろでしょうか?
インフルエンザだけでなく、冬場の風邪のウイルスや細菌の特徴は、温度にあります。
何の温度かというと、実は、ウイルスや細菌には増殖しやすい温度というのがあって、冬場の感染症の原因になるウイルスや細菌は、増殖しやすい温度が低いのです。
冬に流行るんだから当然の話ですけれど、これが冬の感染症の大きな原因なんです。

冬は、外が寒いから体も冷えやすくて、また動きも鈍くなるから体温も下がりがちになります。
それでも下がるのは表面だけで、お腹の中の温度は大体38℃くらいんですけど、外気に接している喉は少し低くなって35℃以下になってしまうことが多々あります。
そうすると、ウイルスや細菌が喉で増殖しやすくなってしまい、感染症になる確率があがります。

もし、喉周りの体温が高く保てれば、ウイルスや細菌が増殖しにくくなるので確率は下がります。
昔から、気門といって、背中側の首の付け根部分を冷やしちゃだめ!って言われていましたけど、冬に背中側の首の付け根部分を暖めるのは、感染症予防に効果があったのです。
喉周辺を暖めるには、ネックウォーマーやハイネックのセーターなんかがいいですね。
最近はデザインがかわいいものも増えてきたし。
あと、背中側の首の付け根部分にカイロを当てて暖めるのも効果あります。
すぐに喉の温度を上げたいのなら、温かいお茶を飲むのもいいです。

そして、喉周辺の保温だけでなく、運動などによって体温が上がったら、今度は体全体の免疫力がアップします。
大体、体温が36.5~37℃辺りが、体の免疫系の細胞が一番よく働く温度なんで、寒い時は体を冷やさず、体温維持に努めましょう!

風邪を引いて寝込んでたら、仕事も遊びも勉強もできませんよね。
自分のやりたいことが充分できるように、冬はとにかく体を温めましょう。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:冷え性対策 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/01/10 23:23】 | 病気 感染症 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。