無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
肌のたるみを改善する
紫外線を避けて、コラーゲンを増やす

顔の『たるみ』って、どうしてできるのでしょうか? 年齢とともにできるとはよく言われていますが、少なくとも私はそういう表現はあまり好きではありません。 たるみができるという『結果』には、必ず何か『原因』があるはずです。

『たるみ』は何が原因?

皮膚は、上からこういう構造をしています。
組織
(上から)
役割
表皮 ターンオーバーを繰り返して常に入れ替わることでダメージを小さくし、下の組織を守る
真皮 コラーゲン等を豊富に含み、クッションのようになって皮下組織を守る
皮下組織 皮下脂肪や筋肉

この中で、真皮にあるコラーゲンの量に、たるみの原因があります。

肌をベッドに例えると、マットレスの表面が表皮、中の弾力性を作っている部分が真皮、マットレスの台が皮下組織と考えられます。 ベッドの弾力性を作っているスプリング(コイル)が、コラーゲン、ベッドにはありませんが、スプリング同士をつなぐ『ゴム』のような存在が、エラスチンという、どちらも丈夫で弾力性のあるタンパク質です。 さらに、中に入っている綿は、コラーゲンが保っている水分にあたります。

ベッドが新品でスプリングが充分働いていると、子供でなくても上で跳ねたくなります。 でも、年月が経つごとに、中のスプリングが劣化してきて弾力があまりなくなり、綿がぺたんこになってきます。

こういう状態が、肌がたるんでいる状態です。 昔のような『弾力性』がないんですね。。 でも、肌はベッドと違って、常にスプリング部分のタンパク質が入れ替わります。 コラーゲンの入れ替わりはかなりゆっくりですが、それでも数ヶ月単位で入れ替わっているので、本当ならずっと新しい状態を保つことができます。

『たるみ』はこうやってできる

ずっと新しい状態を保つことができるのが肌本来の力ですが、ではなぜ『たるみ』ができるのでしょうか? その原因の1つが、紫外線です。 真皮は、上にある表皮によって紫外線から守られているのですが、紫外線A波という紫外線は、表皮を超えて真皮にまでたどり着きます。 そして紫外線A波が過酸化水素に当たることで、一重項酸素という活性酸素が発生し、これがコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質を壊してしまうのです。

紫外線に当たる量が少なければ、新しいコラーゲンを作る速さのほうが早いので肌がたるむことはありません。 しかし、毎日たくさんの紫外線に当たり、一重項酸素がどんどん発生すれば、コラーゲンを作る速さよりもコラーゲンが壊れる速さの方が早くなってしまい、真皮のコラーゲン量が減ってきます。
紫外線 コラーゲンを作る
スピード
真皮のコラーゲンの量
少ない 速い 増える
多い 速い 変わらない
少ない 遅い 変わらない
多い 遅い 減る

こうなってくると、肌の『張り』が無くなってきます。 この状態がさらに進んで、真皮が上の表皮を支えられなくなってくると、『シワ』ができてきます。 たるみとシワは同じようにしてできるのですが、初期がたるみ、たるみが悪化したのがシワです。

コラーゲンを増やす

たるみの原因は、コラーゲンの減少ですから、とにかくコラーゲンが減るスピードをゆっくりにさせることが大切です。 それにはやっぱり紫外線をとことん『避ける』ことが大切です。 それと同時に、肌の内側で一重項酸素のような活性酸素を発生させないことが大切です(紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法)。

そして、コラーゲンがどんどん作れる肌になる必要があります。 コラーゲンを作るためには、何よりも食事が大切です。 詳しく知りたい方は、表皮にも真皮にも嬉しいコラーゲンを増やそう! を読んでくださいね。

肌のたるみはシワに発展する嫌なものです。 たるみをシワにしないためにも、コラーゲンが増える肌を作りましょう!


~今日のポイント~
 肌の『たるみ』は、真皮のコラーゲン不足が原因です。 『たるみ』改善のためには、紫外線を体の内と外から防ぎ、コラーゲンがどんどん増える肌をつくりましょう。


コラーゲンは、弾力性を作るだけでなく、保水力も強いので、コラーゲンが多い真皮には、水分が豊富になります。 真皮層での水分は、実は、毛細血管からの栄養素の染み出しや、細胞が排出した老廃物のやりとりをするためにとても重要な存在です。 コラーゲンが豊富で、肌がプリプリだと、基底細胞に栄養が届きやすく、老廃物も溜まりにくくなっているので、マッサージ要らずの肌になっています。 

今、たるみ改善のためにマッサージをされている方もいるとは思いますが、肌が改善した後も同じようにしてマッサージをすると、せっかくの弾力性のある繊維が壊れてしまうこともあります(コラーゲンは物理的な強い刺激でも破壊されます)。 お肌がプリプリになったら、マッサージはやめるようにしましょう!

参考文献
 参考文献
 The CELL 細胞の分子生物学第4版 / Newton Press
 細胞機能と代謝マップ I / 東京化学同人
 活性酸素・フリーラジカルのすべて / 丸善株式会社
 脂質の科学 / 朝倉書店


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/05/09 08:08】 | たるみ、シワ | トラックバック(0) | コメント(2) |
表皮にも真皮にも嬉しいコラーゲンを増やそう!
プリプリ肌のための、食べるスキンケア 

肌のプリプリ感を作っているのは、皆さんがよくご存知の『コラーゲン』というタンパク質です。 皮膚には3つの組織があって、肌の美しさを作っているのが表皮と真皮です。

表皮 ターンオーバーをしてどんどん入れ替わる
    外からの影響を小さくして、下の組織を守る
真皮 毛細血管を豊富に持ち、表皮に栄養を与える(ほとんど入れ替わらない)
    表皮を下から支える

この2つのうち、コラーゲンを含んでいるのは、真皮です。 ここにコラーゲンがあると、肌に弾力感が出て、プリプリに見えるのです!

真皮にコラーゲンが多いと、肌が元気になる

コラーゲンは、弾力性を作るだけでなく、保水力も強いので、コラーゲンが多い真皮には、水分が豊富になります。 真皮層での水分は、実は、毛細血管からの栄養素の染み出しや、細胞が排出した老廃物のやりとりをするために重要な存在です。 ということは、コラーゲンが豊富で、肌がプリプリだと、基底細胞に栄養が届きやすく、老廃物も溜まりにくくなるんですね。 

栄養素が届きやすくなるということは、表皮のターンオーバーが活発になります。 また、老廃物が溜まりにくくなるということは、むくみが起こりにくくなり、血流もよくなります。 血流が良くなると、さらに栄養が届きやすくなるので、表皮にとってはとてもいい環境ですね!

真皮にコラーゲンがたくさんあると、見た目だけでなく、体の中の環境もいい証拠です! 肌にとっても体にとっても嬉しいコラーゲンを効果的に増やすためには、3つの方法があります。

コラーゲンを食べる ~部品を摂る~

食べるといっても、何か特別なサプリなどを利用する必要はありません! さらに、食事によって摂ったコラーゲンが、必ず肌のコラーゲンになるわけではないので、すぐに肌がプリプリになるようなものではありません。

コラーゲンは、肌の弾力性を作るだけでなく、動物の体や内臓の形を支えるための大切なタンパク質で、特に肝臓に多く含まれています。 ですから、お肉やレバー(レバーは鶏がお勧めです)を少し食べると、必要量を充分量摂ることができます

ビタミンCを摂る ~部品を作る~

真皮でコラーゲンを作る繊維芽細胞は、先ず、細胞の中でコラーゲンの部品を作ります。 この時に、ビタミンCが必要になります。 ビタミンCは、一度にたくさん摂っても排出されてしまいます。 効果的に摂る場合は、とにかくこまめに摂ることが重要です。 ビタミンCの多い野菜の選び方については、美容にいい、栄養価の高い野菜や果物の選び方 を参考にしてくださいね。

α-リノレン酸やセレンを摂る ~部品を出す~

細胞の中でつくったコラーゲンの部品は、細胞の外に出し、組み立ててやっとコラーゲンになります。 この時に重要なのが、繊維芽細胞の細胞膜の柔らかさです。 コラーゲンの部品はかなり大きなものなので、外に出すには細胞膜が柔らかくなければ難しいのです。 

細胞膜は、紫外線の影響によって発生するヒドロキシラジカルなどで過酸化されると、柔らかさを失ってしまいます。 そうなると、コラーゲンの部品を外に出すのが難しくなってしまうのです。ですから、細胞膜を柔らかくするためにα-リノレン酸やセレンが重要になってきます。

細胞膜が柔らかくなれば、コラーゲンの部品をどんどん外に出せるようになってきます。部品さえ外に出せれば、肌が少しずつプリプリになってきます。 プリプリ感を蘇らせたい人は、是非これらを積極的に食べてくださいね!


~今日のポイント~
 プリプリ感のある肌を作るためには、α-リノレン酸やセレンと、ビタミンCをこまめに摂って、コラーゲンを分泌しやすい細胞膜を作りましょう。


化粧水や美容液に「コラーゲン入り」の文字をよく見かけますが、何のためにコラーゲンが入っているかご存知ですか? コラーゲンは、とても大きなタンパク質なので、残念ながら表皮から染み込んで真皮にたどり着くことはありません。

コラーゲンは、水分をたくさん蓄える力がありましたね。 化粧品に入っているコラーゲンは、保湿剤としての目的でしかありません。 

参考文献
 The CELL 細胞の分子生物学第4版 / Newton Press
 細胞機能と代謝マップ I / 東京化学同人
 5訂増補 食品成分表2007 / 女子栄養大学出版部
 脂質の科学 / 朝倉書店



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/04/10 07:19】 | たるみ、シワ | トラックバック(0) | コメント(0) |
プリプリお肌の味方は コラーゲン
α-リノレン酸は、コラーゲンをたくさん作るために必須な油

肌のぷりぷり感を作っているのは、皆さんがよくご存知の『コラーゲン』というタンパク質です。 皮膚には2つの組織があって、肌を作り出すための部分を表皮、表皮を下から支える部分を真皮といいます。 真皮にコラーゲンがたくさんあれば、肌がぷりぷりになります

真皮にコラーゲンを増やす効果的な方法は、
① コラーゲンを食べる
② α-リノレン酸やセレンを多く摂る
です。

コラーゲンは、実は肌の弾力性を作るだけでなく、生き物、特に動物の体や内臓の形を支えるための大切なタンパク質で、特に肝臓に多く含まれています。 植物はコラーゲンをほとんど作りませんが、動物はコラーゲンを使って内臓を支え、体を作っているので、お肉やレバーを食べると充分量摂ることができます

コラーゲンはタンパク質なので、食べたら胃で消化されてばらばらになり、コラーゲンの材料として使われます。 コラーゲンの材料になるアミノ酸には1つだけ、特別なアミノ酸、ハイドロキシプロリンが入っています。 これを体の中で作る時に、ビタミンCが必要になります(ビタミンCは何に効く? 2 美容編)。 もちろん体の中でも作る事はできますが、①のようにコラーゲンを食べた方が体の中でビタミンCのムダ使いが減るので効果的です。

そしてもう1つ重要なことは、②のα-リノレン酸やセレンを多く摂ることです。

コラーゲンは、表皮を支えたり、内臓の形を支えるタンパク質なので、とても大きくしっかりしたタンパク質です。 真皮でコラーゲンを作っている繊維芽細胞という細胞は、コラーゲン全部を作るのは大変なので、コラーゲンの部品を作り、肌のプリプリ感を作るためにコラーゲンを細胞の外に出し、部品を組み立ててコラーゲンにしています。

そこで重要なのが、繊維芽細胞の細胞膜の柔らかさです。 コラーゲンの部品を外に出すには、細胞膜が柔らかくなければ難しいのです。 

しかし、繊維芽細胞の細胞膜が、美肌と活性酸素 2 でもお話したように、活性酸素の影響を受けると細胞膜が酸化してしまい、柔らかさを失ってしまいます。 そうなると、コラーゲンの部品を外に出すのが難しくなってしまうのです。ですから、ここでもセレンは重要になってくるんです。

では、既に酸化してしまっている場合は、どうしたらいいでしょうか? それを解消してくれるのが、α-リノレン酸という油です。 聞きなれない名前ですが、α-リノレン酸は、酸化した細胞膜を新しくして、柔らかさを与えてくれる油です。 

細胞膜が柔らかくなれば、コラーゲンの部品をどんどん外に出せるようになってきて、肌がプリプリになってきます。

真皮でコラーゲンをたくさん作るには、この2つの方法がとても効果があります。 プリプリ感を蘇らせたい人は、是非これらを積極的に食べてくださいね!

~今日のポイント~
 コラーゲンをたくさん出せる肌になるためには、コラーゲンを食べること、α-リノレン酸と、セレンを充分摂ることが効果的です。


α-リノレン酸は、とても重要な油で、アミノ酸に必須アミノ酸があるように、脂肪の中の必須脂肪酸です。 しそ油という油や、大豆、大豆製品に多く含まれています。 とても重要な油ですが、加熱すると効果が無くなってしまうので、しそ油はドレッシングに使ったり、加熱済みのものにかけるなどして食べてくださいね。

化粧水や美容液に「コラーゲン入り」の文字をよく見かけますが、何でコラーゲンが入っているか知っていますか? コラーゲンは、水分をたくさん蓄える力があるので、化粧品に入っているコラーゲンは、保湿剤としての効果しかないんです。 コラーゲンはとても大きなタンパク質なので、残念ながら、化粧品に入っているコラーゲンが肌の中にしみこむことはないんです。


参考文献
 The CELL 細胞の分子生物学第4版
 5訂増補 食品成分表2006
 脂質の科学



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/01/27 11:31】 | たるみ、シワ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。