無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
美肌の敵 4 / お酒の飲みすぎに注意!
美肌のためにも休肝日 

今の季節、歓迎会やお花見などで、お酒を飲む機会が多くありますね。 お酒を飲むとストレスが発散できるなど、いいことがたくさんあるのですが、悪いこともあります。 これは、美肌作りの鉄則 でいうところの、『悪いもの』なので、遠ざけることが大切ですね。

お酒を飲むことで起こる悪い効果

お酒には、エタノールという物質が入っているのは皆さんご存知ですね。 エタノールは、体にとってはエネルギー源なので、体の中に入るとすぐに分解し、エネルギーを作り出そうとする仕組みが動き出します。

この時にメインになって働くのが、肝臓です。 飲酒をすると、エタノールを分解するために肝臓はフル回転します。 量が少ない間は問題ないのですが、飲酒量が増えてくると、飲みすぎると困ったことが起こります。

1. エネルギーを作り出す力が低下する

エタノールを分解する時には、エタノールの分解酵素と一緒にナイアシンが働くため、飲酒量が増えるとかなりの量のナイアシンが使われてしまいます。

体の中でナイアシンが不足すると、他のビタミンB群が多くあっても、エネルギーを作り出す力が低下してしまうことになります。 ということは、エネルギーが作りにくくなってしまい、肌のターンオーバーが遅れる原因になります。 飲む量だけでなく、食事を摂らずにお酒を飲めば、ナイアシンの補給ができなくなるため、より顕著に現れるでしょうね。

2. アセトアルデヒドが悪さをする

エタノールが分解されると、最初にアセトアルデヒドという物質ができます。 この物質は、細胞の中のDNAに傷を作ってしまう力を持っています。 アセトアルデヒドは全身に分散するので、肌の細胞のDNAを傷つけてしまえば修復しなければならなくなるため、ターンオーバーが遅れてしまいます。

こうやってみると、飲みすぎは、主にターンオーバーを遅らせる原因になります。 これ以外にも、

 ・夜遅くまで飲むことで皮脂の分泌が盛んになる→にきびができやすい状態になる
 ・食べた炭水化物や脂肪をエネルギーとして利用しにくくなるので、脂肪として蓄積されやすくなる→太りやすくなる
 ・アルコールを分解する酵素は亜鉛酵素なので肝臓に亜鉛が集まってしまい、亜鉛を必要とする他の場所で亜鉛が欠乏する→ターンオーバーが遅れる


といったように、やはり飲みすぎは美肌の敵になるのです。 これらは『酔い』とは関係なく起こるものなので、ついつい見落とされてしまうことです。

休肝日を作る

アルコールを分解するためにフル回転した肝臓を、休ませる期間も重要です。 休む間もなくアルコールを分解し続けると、肝臓が疲れてしまい、分解する力が落ちてきます。

体質にもよりますが、完全にアルコールの影響を無くしてしまうためには、最低でも24時間は必要と言われています。 ということは、最低でも飲酒後丸1日は、お酒を飲まない方がいいのです。 

この期間が、一般的に言われている休肝日ですね。 でも本当は、24時間後に普段の状態に戻っただけ。 単にアルコールの分解作業が終了しただけなので、肝臓としては休憩を取ったことにはならないのです!

本当の意味での休肝日とは、この24時間に加えてもう24時間、飲酒をせずに休憩させることです。 ですから、飲酒ペースは3日に1回程度、週に2回のペースがいいですね。

最近の記事では、こんなものがあります。

やっぱり必要「休肝日」=酒量多すぎると効果なし、死亡率に差-厚労省研究班
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000096-jij-pol
<休肝日>多ければ死亡率低下 厚労省研究班
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070406-00000089-mai-soci

死亡率と言われても、あまり身近に感じないかもしれませんが、死ぬまでには至らなくても休肝日がなければ、アルコールの分解力が低下していくので、肌への悪影響も大きくなると考えられますね。

『週に2日程度』の『適量の飲酒』は、ストレス発散、特定の栄養素の吸収率の上昇、体温上昇による代謝アップなど、よい効果もあります。 自分の許容量を守って、休肝日を設けながら楽しくお酒を飲むことで、美肌の敵を遠ざけるようにしましょう。


~今日のポイント~
 お酒は美肌の敵ですが、食事と一緒に、適量を守って、休肝日を設けながら楽しく飲むことで、敵だけを効果的に遠ざけましょう。


参考文献
 細胞機能と代謝マップ I / 東京化学同人
 The CELL 細胞の分子生物学 / Newton Press
 3訂版 入門栄養学 / 培風館
 アナタの適度のアルコール摂取量は?
 (体重辺りどのくらいアルコールを飲むと、大体の排出される時間が計算できるおもしろいページです。これはあくまでの『エタノール』の分解なので、『アセトアルデヒド』に関しては個人差が大きくあります)
  http://www2.wbs.ne.jp/~melodies/arukoru-nao.htm


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/04/07 07:39】 | 肌の敵 | トラックバック(0) | コメント(2) |
美肌の敵 3 / ストレスの影響から肌を守る
『ストレス』を減らすのではなく、『ストレスの影響』を減らす

ストレスが原因の肌トラブルを防ぐ で、ストレスは肌トラブルの原因になるというお話をしました。 先日、カネボウ製薬が、『肌の状態、精神的ストレス、栄養の3つの要素の相互関係』について報告をしていましたね。

カネボウ製薬、シミとストレスの因果関係を解明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000022-fsi-ind

この報告によると、『ストレスが強くても、その影響を緩和するために必要な栄養素を摂っている人ほど、肌のトラブル、特にシミやシワの発生が抑えられている』とあります。 ここでもう一度、ストレスが体に与える影響について、お話しますね。

私達の体は、ストレスを受けると、緊張し、血流が悪くなります。 それを緩和させるために、副腎皮質ホルモンの一種『コルチゾル』というホルモンが分泌されます。 このホルモンは、血流をよくし、代謝をアップさせるという、とても重要なホルモンなのですが、実はこのホルモンが作られる時と分解される時には、過酸化水素がたくさん発生します。

発生した過酸化水素は、セレンを含むグルタチオンペルオキシターゼで速やかに分解されます(美容と活性酸素 1)。 ところが体内のセレンが不足していた場合、過酸化水素が、分解されるスピードよりも発生するスピードが速くなってしまいます。 この状態で紫外線に当たると、肌に悪い影響を与える活性酸素のヒドロキシラジカルや一重項酸素が発生しやすくなります。

ヒドロキシラジカルがメラノサイトを刺激すれば、シミができやすくなり、一重項酸素がコラーゲンを破壊すれば、シワやたるみの原因になります。 カネボウ製薬の結果はもちろん、くすみや毛穴の開きなどの原因にもなります

ヒドロキシラジカルや一重項酸素は、紫外線に当たることで発生するので、ストレスの多い人は、先ず紫外線の影響を避けることが大切です。 紫外線の影響を効果的に避けるためには、美肌の敵 2 / 紫外線の影響を避ける を読んでくださいね。

さらに、この『コルチゾル』というホルモンは、1日を通して分泌される量が変動します。 『昼間は多く、夜間は少ない』というリズムを持って分泌さます。 ですから、ストレスの多い人が夜遅くまでおきていると、ホルモンの量が少ないために血流が悪くなって体温が低くなりやすくなります。
そうすると、

 肌の細胞に栄養が届きにくくなる → ターンオーバーの周期が狂う
 体温が低下する → 免疫力が低下し、にきびなどのトラブルが起こる


といったようなことがおきやすくなります。 ストレスの強い人は、夜は早めに寝るということが大切ですね。

普通に暮らしていても大なり小なりストレスは出てきます。 うまく解消・発散できても、なかなか根本の原因を無くすことは難しい場合があります。 だからといって、簡単に肌のトラブルを受け入れるわけにはいきません。 ストレスに負けない美しい肌を作るためにも、紫外線を避け、セレンやビタミンE、C、β-カロチン、そして充分な睡眠を摂ることは重要になってきます。 今の季節にビタミンE、C、β-カロチンを多く含む食品については、紫外線対策に役立つ、肌にいい食べ物 / 3~4月編 を読んでくださいね。


~今日のポイント~
 ストレスの強い人は、肌をトラブルから守るため、紫外線の影響を避け、充分な睡眠をとりましょう。


ビタミンB群(B2、B6、ナイアシン)は、体の中でビタミンCを復活させてくれるグルタチオン(名前は似ていますが、グルタチオンペルオキシダーゼとは別物です)という物質の代謝に関わってくるビタミンです。 ビタミンCが復活できれば、ヒドロキシラジカルなどの消去に役立てることができるので、結果として、これらのビタミンを摂ることで、ストレスの影響によるシミの発生を緩和できるようになります。

参考文献
 細胞機能と代謝マップ I / 東京化学同人
 よくわかる生理学の基礎 / メディカル・サイエンス・インターナショナル
 活性酸素・フリーラジカルのすべて / 丸善株式会社



☆☆右側サイドバーで、アンケートを実施しています!!☆☆

今回のアンケートは、『無性に食べたくなるものを教えてください!』です。 体は、不足している栄養素が欲しくなるように、脳に働きかけています。 ですから、食べたくなるものを詳しく調べることで、あなたの体に何が不足しているかがわかってきます。 栄養素の不足が肌のトラブルとどう関わっているかを知るためのいい機会と思って、今回も是非投票してくださいね! 締め切りは今晩です! 結果は明日、お知らせします


☆☆メルマガ・『素肌のための栄養塾』入塾者募集中!!☆☆

このサイトの総まとめとして、メルマガ・素肌のための栄養塾を開講することになりました! 詳しくは、こちらのページをご覧ください。

☆☆メルマガ第一号を読んでみる☆☆

こんな感じのメールが、毎週(?)届く予定です。 公開するのはこの第一号のみですが、メルマガ購読者さま限定で、バックナンバーを公開します。 今晩発行予定の第3号以降で、IDとパスワードをお知らせしますね。 こちらの塾でも皆さんとお会いできること、楽しみにしています!



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/24 10:27】 | 肌の敵 | トラックバック(0) | コメント(0) |
美肌の敵 2 / 紫外線の影響を避ける
体の内と外から紫外線の影響を防ぐ

紫外線が美肌の敵なのは、明らかです

シミやそばかすはもちろん、シワやたるみ、くすみやなかなか治らないにきび痕など、肌のトラブルの多くは、紫外線が当たることで発生する活性酸素が原因です。 ここで、活性酸素について、まとめてみます。

活性酸素の種類 発生源 肌への悪影響 消去物質 参照ページ
酵素 体で作れない抗酸化物質
スーパーオキシド 酸素、代謝産物 特になし SOD(亜鉛-銅、鉄、マンガン) ビタミンE、ビタミンC 動きたくなる季節に必須のミネラル /運動と活性酸素
過酸化水素 スーパーオキシド、代謝産物 特になし グルタチオンペルオキシダーゼ(セレン)、カタラーゼ     美肌と活性酸素 1
一重項酸素 過酸化水素+UV A コラーゲンなどのタンパク質破壊     β-カロチン、ビタミンE、ビタミンC にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』
ヒドロキシラジカル 過酸化水素+UV B、鉄などの金属 タンパク質破壊、細胞膜の過酸化、DNAの損傷     ビタミンE、ビタミンC 美肌と活性酸素 1


赤字で現した物質が、それぞれの活性酸素を消去する時に、メインになって働く物質です。 こうやって見てみると、紫外線が当たることでできる、肌にとって害になる活性酸素である一重項酸素やヒドロキシラジカルの発生は、未然に絶つことができるようになっています。

スーパーオキシドや過酸化水素は、呼吸や代謝によってたくさん発生するものですが、私達は、それぞれを個別に消去するための強力な酵素を持っています。 これらの酵素は、他のどんな抗酸化物質よりも強力で、さらに材料さえあれば、必要な時に必要なだけ作ることができるものです。

ですから、これらの酵素が充分に働くことができるように、亜鉛、銅、鉄、マンガン、セレンを毎日必要量摂ることは、紫外線の影響を小さくするためにはとても大切なことです(これらの微量金属には、摂取量の上限値があります!必ず、美容に欠かせない微量金属 を読んでくださいね!) 

しかし、紫外線が当たることで発生してしまう、肌にとって悪い活性酸素を消去する酵素は残念ながら持っていません。 ですから、これらを消去するためには毎日食事によってビタミンE、C、β-カロチンを摂ることが大切です。

紫外線を避ける

紫外線を避けるためには、
・弱めの日焼け止めを利用する(紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
・肌の角質を削らない
・顆粒細胞を充分成長させる(シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2
・黒い色・濃い色の日傘や衣類を利用する(美肌作りの鉄則
・紫外線の強い時間帯10-14時は外出を控える(体の内と外から紫外線を防ぐ

体の中で作れる酵素や食事によって摂ったビタミン等の抗酸化物質が充分に働き、紫外線をうまく避けることができさえすれば、肌にダメージを与える活性酸素の多くは、発生を防ぐことができます。 美肌の敵は、防いだも同然ですね!


~今日のポイント~
 紫外線を避けるには、体の内と外から。 どちらか一方だけでは、効果は半減です。


参考文献
 活性酸素・フリーラジカルのすべて / 丸善株式会社


☆☆右側サイドバーで、アンケートを実施しています!!☆☆

今回のアンケートは、『無性に食べたくなるものを教えてください!』です。 体は、不足している栄養素が欲しくなるように、脳に働きかけています。 ですから、食べたくなるものを詳しく調べることで、あなたの体に何が不足しているかがわかってきます。 栄養素の不足が肌のトラブルとどう関わっているかを知るためのいい機会と思って、今回も是非投票してくださいね! 3月25日の結果を楽しみにしていてくださいね!


☆☆メルマガ・『素肌のための栄養塾』入塾者募集中!!☆☆

このサイトの総まとめとして、メルマガ・素肌のための栄養塾を開講することになりました! 詳しくは、こちらのページをご覧ください。

☆☆メルマガ第一号を読んでみる☆☆

こんな感じのメールが、毎週(?)届く予定です。 公開するのはこの第一号のみですが、メルマガ購読者さま限定で、バックナンバーを公開します。 第3号以降で、IDとパスワードをお知らせしますね。 こちらの塾でも皆さんとお会いできること、楽しみにしています!



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/23 05:02】 | 肌の敵 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。