無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
今年のトラブルを 来年の紫外線対策に生かす
朝晩が冷え込むようになってきましたね。 今年は残暑が厳しかったからか、秋が来ずに冬が来そうです。 季節感が無くなっていくのが寂しいですね。

かなり間が空いてしまいましたが、夏のトラブルを解消するシリーズ、やっと完結です。

今年のトラブルを 来年の紫外線対策に生かす

秋の肌のトラブルを詳しく見ていくと、トラブルの大きな原因は、「6~8月に浴びた紫外線」「紫外線防御に重要な栄養素の不足」「日焼け後の肌に必要なケアや栄養素の不足」にほぼ集約できてしまいます。

私はこの夏、3回ほど日中、日焼け止めを塗らずに屋外プールに遊びに行きました。 紫外線が一番強い時間帯に2~3時間しっかり遊んだので、当然、酷く日焼けをしました。 肩や背中、太ももに水着の跡がくっきりできてしまい、さすがに後悔しました。

でも、日ごろから日焼け予防のためにビタミンCを多く摂り、紫外線防御に重要な栄養素を朝しっかり摂り、日焼け後は肌を充分冷やし、日焼け後の肌に必要な栄養素を充分摂ったためか、今ではすっかり肌の色も戻っています。 まだ薄っすらと肩に水着の跡がありますが、できたすぐの頃に比べると無いのも同然です。 シミやシワも増えていません。 最後に酷く日焼けをしたのが8月半ばだったので、2ヶ月でほぼ元に戻るんですから、充分ですね。

日差しの強い時期でも、食事のコントロールその後のスキンケアで、肌はちゃんと元に戻るということが自分の体で試してわかったので、来年はもっと夏の遊びを楽しもうと思います。

この夏、あなたに不足していた栄養素

もし、今の時期に、夏のダメージがほぼ回復していない場合は、やはり夏の対策に穴があったと考えられます。 秋の肌トラブルを分類すると、以下のようになります。

CHECK 1
CHECK 2
トラブル名 乾燥肌
原因
(対策)
強い日差しを長時間浴びたこと、日焼け後の栄養不足
ターンオーバーが活発になる食事をする→表面にある角質が剥がれ、元気な角質が出てくるのを待つ→角質や皮脂を奪い取らないスキンケアに変える
必要なもの α-リノレン酸、亜鉛、葉酸ビタミンB12ビタミンB1ビタミンB2スクラブ洗顔厳禁、ぬるま湯洗顔、できるだけファンデーションを塗るのをやめ、マイルドなクレンジングで落とせる程度のお化粧にする
CHECK 3
CHECK 4
CHECK 5
CHECK 6
トラブル名 『メラノサイト』の働きが活性化
原因
(対策)
強い紫外線に当たりすぎた、頻回に日焼けをした、日焼け後のケアが不十分
良質な角質を育てる→肌への負担が小さい日焼け止めを利用する→食べる日焼け止めのβ-カロチン、ビタミンE、ビタミンCを摂る→シミがなくなるまで、体の内と外から紫外線の影響を小さくし続ける
必要なもの カロチン類、特にβ-カロチンセレン、ビタミンE、ビタミンC、α-リノレン酸ぬるま湯洗顔日焼け後、肌をしっかり冷やす
CHECK 7
CHECK 8
CHECK 9
CHECK 10
CHECK 11
トラブル名 一重項酸素によるコラーゲンの破壊
原因
(対策)
紫外線A波の影響を防げていなかった
コラーゲンを食べる ~部品を摂る~→ビタミンCを摂る ~部品を作る~→α-リノレン酸やセレンを摂る ~部品を出す~→秋の紫外線を防ぐ
必要なもの カロチン類、特にβ-カロチンセレン、コラーゲン、ビタミンC、α-リノレン酸ぬるま湯洗顔
CHECK 12 トラブル名 ヒドロキシラジカルによる膜の過酸化
原因
(対策)
紫外線B波の影響を防げていなかった
過酸化した脂肪酸を取り除く→細胞膜の脂肪酸を入れ替える→秋の紫外線を防ぐ→睡眠のリズムを安定させる
必要なもの セレンα-リノレン酸充分な睡眠ぬるま湯洗顔


こうやって見てみると、日焼け止めを塗る、塗らないよりも、食事で必要な栄養素が必要なだけ摂れていたか、いなかったかということと、日焼け後の食事やスキンケア、生活が重要だということがわかります。 もちろん、日焼け止めを塗ることも大切です。 肌に直接当たる紫外線の絶対量を少なくするということは、非常に良いことです。 でも、それよりも大切なのは、やはり日々の食事です。

今年、これらのトラブルがあった人は、来年のトラブル防止のために自分に不足していた栄養を知り、来年の日焼け予防のために生かしていただきたいものです。 肌は、ターンオーバーという素晴らしい再生する力を持っていますから、必ず回復します。 しかし、肌への刺激がずっと続けば、肌が持つ再生する力だけではカバーしきれず、肌は衰え、老化していきます。

美しい肌
  肌が持つ再生する力 > 肌への刺激
老化する肌
  肌が持つ再生する力 < 肌への刺激

肌の老化を防ぎ、肌を美しく保ち続けるためには、『どこか』で刺激を無くさなければなりません。 刺激を小さくするものの1つが、必要な栄養素を充分摂る食事です。 その『どこか』が、来年の夏に訪れますように!


~今日のポイント~
 今年の肌トラブルの原因を解明し、来年の紫外線対策に生かそう!


参考文献
 あたらしい皮膚科学 / 清水宏


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/10/18 05:42】 | 夏の肌トラブルを改善 | トラックバック(0) | コメント(5) |
夏に疲れた肌を回復させよう 2
乾燥肌を 改善

夏に疲れた肌を回復させよう 1 の『9月の肌チェック』で、 ① 乾燥肌(CHECK1、 2)にチェックがついた方は、乾燥肌になっている可能性があります。 9月に起こる乾燥肌の主な原因は紫外線ですが、クーラーの当たりすぎ、冷たい食べものの摂りすぎ、肌をさっぱりとさせるために洗顔のしすぎ、さらに、細胞分裂に必要な栄養素の不足が考えられます。

日焼けが原因の乾燥肌

日焼けが原因で起こる乾燥肌は、強い日差しに当たりすぎたことと、日焼け後の栄養が不十分だったために起こるトラブルです。 強い紫外線が肌に当たると、肌の表面に近い顆粒細胞が多く死ぬことになります。 顆粒細胞は、成長過程でたくさんのセラミドを溜め込んだ後、死んで角質細胞になる時にセラミドを放出するため、肌は一時的にみずみずしくなります。 日焼け後の肌って、凄くきれいですよね。 これは、紫外線の影響で顆粒細胞が死ぬことで、セラミドたっぷりの肌になるからです。

表面はとてもきれいになる一方で、肌の奥では、大量に死んだ細胞を補うため、基底細胞が大急ぎで細胞分裂をします。 ところがこの時に、細胞分裂に必要な栄養素が不足していると、栄養不足で元気のない細胞が大量に増えることになります。

そして約20日後には、元気のない顆粒細胞が表面に上がってきます。 そのため、これらの顆粒細胞が死んで角質細胞へと変化する時には、充分な量のセラミドを放出することができず、セラミドの少ない乾燥しやすい肌になってしまいます。

強い日差しを長時間浴びたことと、日焼け後に栄養不足になったことが、その後の乾燥肌の原因になってしまうのです!

乾燥肌を、どう改善する?

では、既に乾燥してしまっている肌をつるつるにするには、どうすればいいでしょうか? 原因が日焼けの場合も、クーラーなどが原因の場合も、改善方法は同じです。

それは、① 肌の奥で元気な肌の細胞が生まれるように、ターンオーバーが活発になる食事をする、② 今、表面にある角質が剥がれ、元気な角質が出てくるのを待つことです。 

① ターンオーバーが活発になる食事をする

先ずは、肌の奥で元気な細胞がたくさん生まれるように、細胞分裂に必要な栄養素を食事で充分摂りましょう。 最も重要なのは、細胞膜の原料となる『α-リノレン酸』と、正常な細胞分裂を行うために欠かせない『亜鉛』です。 さらに、核酸を作るために必要な『葉酸』と『ビタミンB12』、細胞が分裂する時のエネルギーを合成するために『ビタミンB1』、『ビタミンB2』が必要です。

<お勧めの食品>
麦ご飯や雑穀米(ビタミンB1、B2、亜鉛)、しそ油(α-リノレン酸)、緑色の葉の野菜や緑色の豆類(葉酸)、肉や魚、藻類(海草)(ビタミンB12)
 *亜鉛は、食事に加えてサプリメントでも摂ることをお勧めします。
 *葉酸は、サプリメントでは摂らないようにしてくださいね。 必ず、食品から摂るようにしてください。

秋はお魚が美味しい季節です。 できるだけ、肉よりお魚をたくさん食べていただきたいです。 特に、秋刀魚やサバが美味しいのでお勧めです(魚の皮にはコラーゲンがたっぷり含まれているので、残さないようにしてくださいね!)。 魚の油は、良質の皮脂ともなるため、乾燥肌の改善にはもってこい!です。

② 表面にある角質が剥がれ、元気な角質が出てくるのを待つ

といっても、スクラブ洗顔などで急激に剥がすことは厳禁!です。 スクラブ洗顔などで急激に角質を剥がしてしまうと、見た目や手触りはきれいですが、減った角質を補うために、成長しきれていない(セラミドを充分溜め込んでいない)顆粒細胞が死んで角質になるため、やはりセラミドの少ない角質となってしまいます。

③ 角質や皮脂を奪い取らないスキンケアに変える

乾燥肌を改善させるためには、自然に今ある角質が剥がれるのを待つ必要があります。 そのためには、スクラブはもちろん、石鹸や洗顔フォームの利用を止め、ぬるま湯洗顔のみに切り替えましょう。

さらに、角質が剥がれないよう、皮脂を分泌させ、肌バリアを復活させることが大切です。 そのため、洗顔後は、化粧水や乳液の利用を止めましょう。 ぬるま湯洗顔後、2時間経っても肌が乾燥する場合は、少量のオリーブオイル(化粧用)をピンポイントで肌に塗るようにしましょう。

クレンジングも、角質や皮脂を奪うことになります。 できるだけファンデーションを塗るのをやめ、マイルドなクレンジングで落とせる程度のお化粧にしましょう。

食事とスキンケアを改善することで、1~2ヶ月もすれば乾燥知らずな肌に生まれ変わります。 冬までに、すべすべの肌を手に入れましょう!


~今日のポイント~
 9月の乾燥肌を改善させるためには、① ターンオーバーが活発になる食事をする、② 表面にある細胞が剥がれ、元気な細胞が出てくるのを待つ ことが大切です。


参考文献
 5訂増補 食品成分表2007 / 女子栄養大学出版部
 あたらしい皮膚科学 / 清水宏
 The CELL 細胞の分子生物学第4版 / Newton Press



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【2007/10/03 06:59】 | 夏の肌トラブルを改善 | トラックバック(0) | コメント(2) |
肌の奥に コラーゲンを増やす
夏に疲れた肌を回復させよう 4

夏に疲れた肌を回復させよう 1 の『9月の肌チェック』で、 ③ 一重項酸素によるコラーゲンの破壊(CHECK 7~11)にチェックがついた方は、紫外線が肌に当たることによって発生する一重項酸素という活性酸素の影響が大きく、真皮層にあるコラーゲンが破壊されてしまった可能性があります。

一重項酸素は、どうやってできる?

一重項酸素は、主に紫外線A波が肌に当たることで発生する活性酸素です。 紫外線にはA波とB波があります。 B波は、A波よりも肌への影響力の強い紫外線ですが、透過度が低く、基底層までしか届かないため、真皮層にダメージを与えることはほとんどありません。 しかし、A波は、影響力は弱いのですが、透過度が高く、基底層よりも奥にある真皮層まで届いてしまうため、そこで一重項酸素を発生させてしまい、コラーゲンを破壊する原因となってしまいます。

ということは、今回、③ 一重項酸素によるコラーゲンの破壊(CHECK 7~11) にチェックがついた方は、紫外線A波の影響を防げていなかったことになります。

紫外線A波は透過度が高く、ガラスを透過するため、室内でいても肌に当たると影響を与えます。 部屋の中でいても日光に当たれば、真皮層のコラーゲンがダメージを受けるということです。

また、体の内からの対策では、一重項酸素を効率よくやっつけるためには、カロチン類、特にβ-カロチンが必要でした。 また、紫外線A波に当たって一重項酸素を発生させる元となる過酸化水素を効率よくやっつけるためには、セレンが必要でした。 これらを朝食で摂っていなければ、昼間の強い紫外線の影響を防ぐことは、難しくなってきます。 心当たりはありませんか?

開いてしまった毛穴、シワ、たるみを根本から改善するには、
コラーゲンを増やすしか方法はありません!


コラーゲンを増やす方法は、表皮にも真皮にも嬉しいコラーゲンを増やそう! で、お話したように、

 ① コラーゲンを食べる ~部品を摂る~
 ② ビタミンCを摂る ~部品を作る~
 ③ α-リノレン酸やセレンを摂る ~部品を出す~


この3つが重要です。 この中で、①のコラーゲンは、肉や魚などの動物性食品に含まれています。 人間はもちろん、動物は、コラーゲンを使って体の構造を保っています。 ですから、動物の肉を食べることは、コラーゲンをそのまま食べていることになります。

特にコラーゲンを多く含むのは、動物の肝臓(動物の種類に関わらず)や、鶏の手羽先です。 さらに、魚の皮にも多く含まれています。 焼き魚などを食べる時、皮を残す人はいませんか? 皮のすぐ下には、コラーゲンがたっぷり含まれています。 絶対に魚の皮は残さないようにしましょう!(でも、あまりにも焦げてしまっている場合は、コゲの部分がよくないため、避けた方がいいです)

そしてコラーゲンに加えて、ビタミンC、α-リノレン酸、セレンも必ず摂るようにしましょう。 これら全てが揃わなければ、コラーゲンを順調に増やすことはできません!

とはいえ、いくらコラーゲンを増やす食事をしても、紫外線の影響を防いでいなければ、コラーゲンが壊れる速度の方が速いため、なかなか改善していきません。

コラーゲンが増える
  コラーゲンを作る速度 > コラーゲンが壊れる速度
コラーゲンが減る
  コラーゲンを作る速度 < コラーゲンが壊れる速度

ぽっかりと開いてしまった毛穴や、たるみ、さらにシワを無くすには、『真皮層にコラーゲンを増やす食事をする』ことと、『9~10月の昼間の紫外線を防ぐ』必要があります。 9~10月の昼間の紫外線は、まだまだ強いので、朝食でβ-カロチンやセレンのような栄養素を充分摂ることが大切です。

コラーゲンが増えるには、時間がかかりますが、1ヶ月も続けることで、かなり肌がふっくらしてくるのを感じるようになってきます。 今年の夏にできたトラブルは、今年中に解消しまうことを目標に、①~③を守りましょう!


~今日のポイント~
 開いてしまった毛穴、シワ、たるみを根本から改善するには、コラーゲンを増やすための食事をし、9~10月の紫外線(特に紫外線A波)を防ぐようにしましょう。


参考文献
 5訂増補 食品成分表2007 / 女子栄養大学出版部
 あたらしい皮膚科学 / 清水宏
 The CELL 細胞の分子生物学第4版 / Newton Press



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/10/03 06:35】 | 夏の肌トラブルを改善 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。