無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
肌の凸凹を滑らかにしよう 3 / 毛穴の開き 編
毛穴を閉じる鍵は、コラーゲン

肌の凸凹を滑らかにしたい人は、自分の顔を鏡でよ~く見て、実際に触ってみてください。 そして、凸凹の原因をよく見極めて下さい。 にきび痕ですか? 肌の乾燥ですか? それとも毛穴ですか?

肌の凸凹の原因は1つではないため、それぞれの原因にあった対策をしなければ、滑らかなツルツルお肌はなかなか手に入らないのです。

『肌の凸凹を滑らかにしよう』シリーズの3つめのお話は、毛穴の開きが原因の凸凹です。 凸凹が気にならなくても、開いた毛穴を閉じさせたい人も必見です。

気になる毛穴の黒ずみを無くすには? でもお話しましたが、毛穴の入り口付近は、コラーゲンに押される形で閉じています。 もちろん筋肉(毛立筋)もありますが、筋肉があるのは、毛穴の真ん中辺り。 ですから、入り口付近のコラーゲンが減ってしまうと、筋肉がある真ん中から下は毛穴が閉じていても、開いてしまっているように見えるのです。

コラーゲンが減少するのは、紫外線、それもUVA波が皮膚の奥の真皮層にある過酸化水素に当たり、そこで一重項酸素という活性酸素ができることが原因です。 一重項酸素は、細胞膜を酷く酸化させるほどの力はありませんが、コラーゲン等のタンパク質を壊す力を持っています。

毛穴の開きが目立つ場所は、鼻の近くです。 実はこの部分は、顔の中では特に紫外線の影響を受けやすい場所なのです。 なぜなら、直接当たる紫外線だけでなく、鼻に当たった紫外線が反射したものも当たってしまうため、他の部分よりも多くの紫外線が当たってしまうのです。

さらに、この部分は皮脂の分泌も盛んで、塗った日焼け止めが取れやすいということもあります。 このような理由から、鼻の近くは特に紫外線の影響を受けやすく、コラーゲンが減少しやすい場所なのです。

減ってしまったコラーゲンを増やすには、これ以上コラーゲンが減らないようにする必要があります。 まずは紫外線を防ぐため、日焼け止めを利用しましょう。 毛穴の開きが気になる鼻の近くは2度塗りをするようにしましょう。 そして、体の中から紫外線の影響を小さくするため、セレンを摂りましょう。

その上で、コラーゲンを作り出してくれる繊維芽細胞を増やし、コラーゲンを分泌しやすい細胞膜にしてやるために、亜鉛とα-リノレン酸を積極的に摂りましょう。

毛穴の開きが原因の凸凹は、体の内と外から紫外線の影響を避け、繊維芽細胞を増やすことで解決します。 コラーゲンを増やすには少し時間がかかりますが、それでも条件さえ整えれば、毛穴の開きは必ずなくなります。 夏に比べると、まだ紫外線量の少ない今がチャンスです

シリーズ最後は、角栓が原因の凸凹の話です。 肌の凸凹を滑らかにしよう 4 に続きます。


~今日のポイント~
 毛穴の開きが原因の肌の凹凸は、紫外線の影響を体の内(セレン)と外(日焼け止め)から小さくしましょう。 それと同時にコラーゲンを増やすため、繊維芽細胞を元気にさせる亜鉛とα-リノレン酸を摂りましょう。


参考文献
 あたらしい皮膚科学
 活性酸素・フリーラジカルのすべて

サイト内関連情報
 くすみや肌の凹凸を無くしたい
 体の内と外から紫外線を防ぐ
 気になる毛穴の黒ずみを無くすには?
 にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』
 冬は美白の季節
 プリプリお肌の味方は コラーゲン
 美肌と活性酸素 2
 美肌と活性酸素 1


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:もっと綺麗になるために・・・♪ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/28 06:01】 | 毛穴 | トラックバック(0) | コメント(3) |
肌の凸凹を滑らかにしよう 2 / 乾燥肌 編
肌の悪循環スパイラルを断ち切る 

肌の凸凹を滑らかにしよう 1 / にきび痕 編 で、肌が凸凹になる原因は1つではないという話をしました。 原因が違うということは、それぞれの改善方法も違ってきますね。

今回は、乾燥肌が原因でできる凸凹について。 手で肌を触ってみて、細かいざらざらがある人は、乾燥肌が原因の凸凹です。

肌の乾燥は、みなさんよくご存知のように、表面が皮脂で覆われていないことが原因です。 
覆われていないということは、表面で皮脂が増えないということですね。

これは、角質が凸凹しているせいで皮脂が行き渡りにくくなっていることに原因があります。 皮脂で覆われていなければ、その部分は角質が剥がれやすくなってしまいます。 すると部分的に角質の剥がれ方に差が出てしまい、触るとざらざら感じるように、凸凹してきます。 

角質の剥がれ方に差ができて凸凹してしまえば、皮脂が分泌されても行き渡りにくくなってしまい、ますます乾燥しやすくなります。 肌の乾燥がなかなか治らない場合は、

角質が凸凹になる→皮脂が行き渡りにくい→乾燥する→角質が凸凹になる…

という、ちょっとした悪循環スパイラルに陥ってしまっています。 ですから、どこかでこれを断ち切る必要があります。 どこで断ち切るのが良いかというと、『凸凹になる』を改善するのが、無理がなくていいのです。

でもここでスクラブ洗顔を登場させてしまえば、さらに凸凹の原因ができてしまいます。 スクラブ洗顔は即効性があるため、すぐにでも使いたくなる気持ちは充分わかりますが、少し我慢してください。

一番いいのは、角質と角質をつなぎとめてくれる『セラミド』が増える肌になることです。

保湿成分「セラミド」が増える肌になる でもお話しましたが、角質層に十分な量のセラミドがあれば、角質の剥がれ方に大きな差がでることはありません。 必要な部分が剥がれることはなく、不必要な部分は剥がれやすくなるというような、本当に都合のいい肌になってくれます。 そして、角質が滑らかになれば、皮脂が充分に行き渡り、肌が滑らかになります

そして嬉しいことに、角質が滑らかだと皮脂が移動しやすいので、分泌された皮脂がすぐに表面に出てしまい、毛穴に詰まることが減ってきます。 嫌な毛穴の角栓も予防できるのです。

セラミドを作る細胞を育てるには、亜鉛とα-リノレン酸が必要でしたね。 これらを積極的に摂ってセラミドを増やし、角質と角質をくっつけ、乾燥肌をツルツルに滑らか肌にしましょう! 

次は、毛穴の開きが原因の肌の凸凹の話です。 肌の凸凹を滑らかにしよう 3 に続きます。


~今日のポイント~
 乾燥肌が原因の肌の凸凹は、角質と角質をつなぎとめてくれる『セラミド』が増える肌にするため、亜鉛とα-リノレン酸を充分摂りましょう。


肌が乾燥するけど角栓ができて悩んでる方はいませんか? それは、本当なら乾燥している部分に届くはずだった皮脂が、肌の凸凹のせいで上手く届かず、毛穴にたまり、角栓の元になっているのです。

いつもいつも同じような栄養素の話ばっかりで、本当に??と思う方もおいでるかもしれません。 でも、肌の細胞に本当に必要な栄養というのは、共通しているんです(もちろん、体の全ての細胞も同じです)。 共通の栄養とは、細胞が分裂・成長していくのに必要だけど、自分で作り出すことができないもののことです。 これを『必須栄養素』といいます。 本当の意味での『原料』ですね。 原料がなければ、ストップしてしまう機能が増えてくるので、色々なトラブルが起こってくるのは当然です。

細胞が分裂、成長していくためには、糖質やタンパク質、その他の栄養素も当然必要ですが、現在の食生活では極端なダイエットをしない限り、不足することはあまりないのです。 しかし、残念なことに亜鉛とα-リノレン酸は不足しやすいものになっています。 亜鉛もα-リノレン酸も、普通の食品には含有量が少ないからです。 しかしこの2つは、必須栄養素です。 特にα-リノレン酸を多く含むしそ油を試してみてください。 摂り続けて1週間程度たつと、お風呂に入った時の肌の感じに違いが出ます。 びっくりするほど肌が水をはじくようになるんです! 私が初めて試した時の、あの感動をみなさんにも味わって欲しいです。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 5訂増補 食品成



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/27 05:55】 | 乾燥肌 | トラックバック(0) | コメント(0) |
肌の凸凹を滑らかにしよう 1 / にきび痕 編
にきびは『予防』に徹する

くすみや肌の凹凸を無くしたい で、肌の凸凹を無くすために角質を取ることは、逆効果になるというお話をしました。 では、『肌の凸凹』を治したい人はどうすればいいのでしょうか?

まずは、肌の凸凹の原因を探ってみましょう。
 ・にきび痕による凸凹
 ・肌の乾燥による凸凹
 ・毛穴の開きによる凸凹
 ・毛穴に角栓ができることによる凸凹   など
こうやって見ると、肌が凸凹になる原因は、1つではありません。 原因が違うということは、それぞれの改善方法も違ってくるということになります。

今回は、にきび痕による凸凹について。 凸凹になるにきび痕ができるのはにきび痕を防ぐには? でお話しした通り、にきびができた場所の陥没が原因です。
にきび痕のでき方

にきび痕の陥没は、酷い炎症によってコラーゲン組織が壊れてしまうことで起こります。 この絵のように、薄い緑色の部分にできたにきび痕は、自然に治ることもありますが、炎症が酷くなって濃い緑の部分にまで発展してしまうと、かなりの量のコラーゲンが壊れてしまうため、なかなか治りません。

しかし、コラーゲンを増やす方法はちゃんとあります。 気になる毛穴の黒ずみを無くすには? の最後にも書きましたが、コラーゲンを作っているのは繊維芽細胞という細胞です。 この細胞は、コラーゲンの少ない場所を見つけては細胞分裂をして数を増やし、コラーゲンを作り始めるのです。

時間はかかりますが、繊維芽細胞が増えるための条件さえ整えてあげれば、必ずにきび痕は治ります。 繊維芽細胞が増えるためには、細胞分裂の基本の栄養素である亜鉛とα-リノレン酸が必要です。 そしてさらに繊維芽細胞がコラーゲンを作りやすくするために必要な栄養素は、プリプリお肌の味方は コラーゲン を読んでくださいね。

一度コラーゲンの構造が壊れてしまうと、元の状態に戻るには時間がかかってしまうので、肌をなめらかにするためには、『にきびを作らない』、『できても早く治す』習慣を作ることが大切です。

『にきびを作らない』ためには、肌を清潔にすることよりも大切な生活習慣が3つあります。
 ・睡眠のリズムを安定させる(ホルモンのバランスを整える)
 ・毛穴をふさぐ異常な角質を作らせない(洗顔はぬるま湯洗顔にする)
 ・初期のにきびを早く治すため、免疫力を高める(体を冷やさない)


にきびを予防する習慣を身に付けることで、これ以上にきび痕ができるのを防ぎ、あとは繊維芽細胞にコラーゲンをたっぷり作ってもらえる肌を作りましょう! 肌の凸凹を滑らかにしよう 2 に続きます。


~今日のポイント~
 にきび痕が原因の肌の凸凹は、繊維芽細胞を増やすために亜鉛とα-リノレン酸を充分摂って、コラーゲンを作ってもらいましょう。 そしてにきびを予防する習慣を身に付け、これいじょうにきび痕を増やさないようにしましょう。


絵の緑の部分は、コラーゲンを含む真皮層です。 この層には、コラーゲンのゆるい部分(薄い緑)と、密な部分(濃い緑)があります。 ゆるい部分は、水分が豊富なため、繊維芽細胞が集まりやすいため、自然に治ることも多いのです。

しかし、濃い部分では、コラーゲンがとても密に詰まっているため、なかなか繊維芽細胞が集まりにくいのです。 ですから酷い炎症になったにきびの痕は、治りが悪くなってしまいます。

睡眠のリズムが不安定になると、ホルモンの分泌量が変動します。 そうすると、皮脂の分泌に関わるホルモンの量も変動してしまい、皮脂の分泌量も変動して、毛穴に溜まりやすくなる場合があります。 

また、ターンオーバーのリズムが狂うこともあるため、充分成長できないままに角質が作られ、毛穴をふさぐ原因にもなります。


参考文献
 あたらしい皮膚科学
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/26 06:42】 | にきび・にきび痕 | トラックバック(0) | コメント(2) |
アンケート結果 / ガン予防とアンチエイジングの大事な関係
毎週日曜日はよもやま話をしていたのですが、今回はお休みして、右側サイドバーに設置してあったアンケート結果の御報告をさせていただきますね。

今回のテーマは『あなたが知りたいもの、教えてください』でしたが、質問項目をきちんと絞れていなかったので、答えやすいものではありませんでした。 それでもこうして投票してくださった方がいらっしゃったので、嬉しく思っています。 本当にありがとうございました!
アンケート結果070225

あえて『化粧品情報』とは書かなかったのですが、この結果を見ると、美容に関する『栄養情報』や『スキンケア方法』、『生活習慣』などを知りたい方は多いかもしれないと感じました。 でも、残念ながら質問が悪かったため、具体的にどんな情報を知りたいのかということが解りませんでした。

ですから、これらについて、もっと具体的に皆さんが知りたいことについて、教えていただきたいと思います。 質問項目以外にも知りたいことや、どの程度詳しく知りたいのかという御意見がありましたら、是非コメント欄に書いてくださいね。 アンケートの結果を反映していきたいと思っています。

また、思った以上にガン予防について興味をもたれている方がいることもわかりました。 なぜここでガン予防について触れたかというと、実はガン予防は、究極のアンチエイジングになるからです。

???と思われたでしょうか? 一見何の関係もないような『ガン予防』と『アンチエイジング』ですが、実は大きく関わっているのです。

簡単に言うと、ガンは細胞が持つ遺伝子が、何らかの原因でできた『遺伝子の傷』をちゃんと治すことができず、それが固定されてしまうことでできた『遺伝子変異』が原因の病気です。 

ですから、本当の意味でのガン予防とは、『遺伝子の傷』を防ぎ、『傷』の段階で遺伝子を治すこと。 『遺伝子変異』を起こさないための食事方法や生活習慣です。

遺伝子異常を起こしやすい物質の1つは、紫外線です。 ということは、肌は常に遺伝子変異の危険にさらされているということになります。 残念ながら、一度起こってしまった遺伝子変異が元に戻ることは、細胞の機能上、ほとんどありません。 例えガンにはならなくても、遺伝子異常によって肌の機能が落ちてしまえば、それが本当の意味での『老化』となってしまうのです。 

『ガン予防』をすることは、このようにアンチエイジングにも大きく関わっているのです。

現在、ガン予防に関するサイトを準備しています。 そちらとこのブログで、ガン予防と美容の関わりについても考え、どちらにも良いことを提案していきたいと思っています。

現在の科学的な知見を元にすれば、『ガン予防』にも『美容』にも効果的な方法というものは、ある程度解ってきています。 皆さんが望む情報を提供していきたいと思っていますので、アンケート、是非ご協力くださいね!



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/25 07:52】 | アンケート結果 | トラックバック(0) | コメント(2) |
肌のくすみをやっつける 2
活性酸素の害から細胞膜を守る

肌のくすみをやっつける 1 で、くすみの原因には2種類あることをお話しました。
 ① 血液循環が悪い
 ② 肌の細胞の細胞膜が酸化する

今回は、②について詳しくお話していきます。

体が温まって血液の流れがよくなっても改善しないくすみは、実は肌の細胞の細胞膜の酸化が原因です。 細胞膜は何からできているかご存知ですか? 意外かもしれませんが、実は脂質からできています

ダイエットの敵といわれている、あの脂質です。 摂りすぎると肥満につながるといわれていますが、必要な脂質もあるのです

脂質にはいくつか種類があるのですが、細胞膜を作っているのは、脂肪酸、その中でも不飽和脂肪酸という脂質です。 この脂質が酸化することが、くすみの原因になるのです。

例えば、天ぷら油の成分は脂肪酸です。 加熱したり、鍋の中で放置したりすることでどんどん酸化して変色していきますね。 同じように細胞膜の脂肪酸が変色すると、肌の色はくすんだ色に変わります。 これがくすみの正体です。

しかし、直接空気に触れるのは角質の一番外側の部分ですね。 角質が一番外側にたどり着いてから剥がれ落ちるまでは数日しかないため、この間に酸化しても目でみてわかるほどではありません。

問題は、肌の内側で細胞膜が酸化してしまうことにあるのです。 そうなると、肌の表面にたどり着いた時には既に細胞膜の色が変色しているのです。

肌の内側で細胞膜を酸化させるものは、実は活性酸素です。 紫外線に当たることで発生する活性酸素、ヒドロキシラジカルは、細胞膜にある脂肪酸を『過酸化』といって、ひどく酸化させてしまいます。 それも1個や2個ではなく、細胞膜の脂肪酸の多くを一瞬にして過酸化させてしまう強力な力をもっています。

過酸化してしまった脂質は、とてもタチが悪くなります。 茶褐色に変色するだけでなく、普通の油のようなさらさら感はなく、粘りが出てくるため、細胞膜の柔らかさが失われ、細胞内の老廃物やコラーゲンなどの分泌も悪くなってしまいます。

肌の過酸化を防ぐためには、紫外線を防ぐことと、ヒドロキシラジカルを作らせないことが一番です。 そのためには、セレンを充分摂り、できてしまったヒドロキシラジカルを分解するためビタミンE、Cを積極的に摂りましょう。

そして、睡眠中に分泌される『メラトニン』というホルモンは、活性酸素をやっつける力があるとお話しましたが、さらに過酸化してしまった脂肪酸を元に戻す力も持っています。 睡眠のリズムを安定させることでも、肌のくすみは改善できるのです。


~今日のポイント~
 肌のくすみの原因のもう1つは、細胞膜の『過酸化』。 細胞膜の『過酸化』を防ぐには、紫外線を防ぎ、セレン、ビタミンE、Cを充分摂り、睡眠のリズムを安定させてメラトニンを分泌させましょう。


脂質には種類があって、大きく分けると脂肪酸とコレステロールに分かれます。 そして、脂肪酸はさらに、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。

不飽和脂肪酸という脂肪酸は、細胞膜に柔らかさを作ってくれる、とても重要な脂肪酸です。 良質な細胞膜を作るために最もよい脂肪酸は、α-リノレン酸やDHA、EPAなどの脂肪酸です。 ですから、しそ油や青身の魚を食べることは、肌にとって、とてもいいことなのです。

しかし、これらの脂質は体の中では過酸化されやすいため、セレンやビタミンE、ビタミンCを積極的に摂る必要があります

飽和脂肪酸や過酸化脂肪酸は、細胞膜を硬くしてしまいます。 また、摂りすぎると蓄積されるものですから、肌やダイエットのためにはできるだけ控えた方がいいでしょう。

参考文献
 脂質の科学
 5訂増補 食品成分表2006
 活性酸素・フリーラジカルのすべて



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/24 10:59】 | くすみ・目の下のクマ | トラックバック(0) | コメント(0) |
肌のくすみをやっつける 1
角質が薄くなると、『くすみ』やすくなる 

くすみや肌の凹凸を無くしたい で、肌のくすみや凸凹を無くすために角質を取ることは、逆効果になるというお話をしました。 では、どうすれば『くすみ』や『凸凹』はなくなるのでしょうか? まずはくすみの原因から探っていきます。

肌の『くすみ』には2種類あります。
 ① 角質層が薄いため、血液循環が悪いのが見えやすい
 ② 肌の細胞の細胞膜の酸化


まずは、あなたのくすみの原因がどちらなのかを突き止める必要があります。 調べるのは簡単です。 お風呂から出た後、ほてりが冷めても体はまだ温かい状態で、顔色がくすんでいるかどうかを見てください。

体が温まっている状態でくすみがなければ、①が原因です。 毛細血管が通っているのは、実は基底細胞の下の部分です。 ですから、角質が薄くなると血管が見えやすくなります。

この場合のくすみの本来の原因は、血液循環が悪いということですが、角質に充分な厚みがあれば、くすんで見えることはあまりありません。 ですから、日ごろから体を冷やさないようにするのと同時に、角質に厚みを与えてあげる必要があります。

角質に厚みを作るには、まずはそれを削ってしまう石鹸洗顔、スクラブ洗顔をやめることが大切です。 肌の汚れは、ぬるま湯洗顔で充分落とす事ができます。 そして、良質な角質を作るには、基底細胞が細胞分裂して充分成長するために亜鉛やα-リノレン酸が必要です。

角質、それも良質な角質が増えるということは、肌の細胞が充分に成長してきた証拠ですから、くすみの改善以外にもとてもたくさんの利点があります。
 ・セラミドが増えるため、保水力がアップし、乾燥肌の改善に→仕組みを知る
 ・細菌や化学物質を肌の中に入らせないための皮膚バリア機能が上がる→仕組みを知る
 ・紫外線を跳ね返す力がアップするため、メラノサイトに届く紫外線の量が減り、しみやそばかすができにくくなる→仕組みを知る
 ・紫外線の影響を受けにくくなるため、コラーゲンが壊れにくくなる→仕組みを知る
 ・自然に剥がれやすい角質になるため、凸凹になりにくくなる


悪者にされがちな角質は、本当は肌の細胞がどれだけ充分に成長できているかを知る、重要な手がかりになっているのです。 角質に充分な厚みがあって美しければ、角質の下にある細胞はどれもとても元気で活発だということがわかります。 

ということはこの逆の場合、角質が薄く、くすんでいる場合は、その下の細胞も同じ状態だということです。 それが、体が温まって血液循環がよくなっている状態なのにまだくすんでいる②の状態です。 

角質のくろずみは、肌の細胞膜が酸化によってくすんでしまったのが原因です。 いくら大切な角質でも、酸化して色がくすんでしまったら、ちょっと嫌ですよね。 こうならないためには、酸化した細胞膜を元に戻す必要があります。 肌のくすみをやっつける 2に続きます。


~今日のポイント~
 くすみの原因の1つは、血液循環の悪さと角質層の薄さです。 改善させるには、体を冷やさないようにして、良質な角質を増やすことで角質層に厚みを持たせることが重要です


亜鉛は、全ての細胞が分裂する時と、成長するためにタンパク質を作る時に、絶対に必要な栄養素です。 最近、『味覚障害は亜鉛不足が原因』とよく言われるようになっていますが、角質が薄くなる等の肌のトラブルもの亜鉛不足の1つの症状です。 角質が薄くなっている時は、食事+αの亜鉛が必要な状態になっているので、サプリメントで少し補ってあげるといいですね。

α-リノレン酸は、脂質の働き 1でもお話したように、体を作るほとんどの細胞の細胞膜を作る原料です。 角質を増やすために基底細胞が細胞分裂をする時、細胞膜も一緒に増えるのですが、α-リノレン酸が足りないと質の落ちる細胞膜になってしまいます。 良質な細胞を作りたい時は、亜鉛とセットで摂ってくださいね。 α-リノレン酸は、緑黄色野菜や大豆や大豆製品、豆腐や豆乳などに含まれていますが、必須脂肪酸なのに極端に摂れていない脂肪酸です。

しそ油やえごま油という油には、特に多く含まれているので、これらを毎日積極的に摂り入れると十分摂れるようになります。 加熱すると酸化しやすい油なんで、できるだけ生で食べてください。 いくら肌に必要なものでも、酸化したものに効果はありません。 ドレッシングに使ったり、出来上がった焼き飯に混ぜたり、ラーメンや味噌汁に数滴垂らしても美味しいです。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版
 5訂増補 食品成分表2006



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/23 05:54】 | くすみ・目の下のクマ | トラックバック(0) | コメント(2) |
くすみや肌の凹凸を無くしたい
角質を取らないで!

スクラブ洗顔をすると、角質が取れて肌の凹凸が滑らかになり、顔色も明るくなって、見た目がとてもきれいになります。 でも、実は角質が無くなることは、肌にとっては負担になることなのです。

肌の細胞は、基底細胞という、表皮の一番奥にある細胞が細胞分裂することで作られます。 健康な肌では、新しく細胞が生まれると、約28日かけて成長し、最後に垢となって脱落します。 これを肌のターンオーバーといいます。 

この基底細胞が細胞分裂を調節する時の基準の1つに、角質の厚みがあります。 基底細胞の上に乗っている細胞の『重み』を感じて、角質がたくさんあるかどうかを判断します。

普通、角質は、肌の表面に近づいてくる過程で、しっかりとくっついていたものが少しずつ剥がれやすくなっていき、最も外側にたどり着いた段階でゆるやかに剥がれるようになっています。 しかしスクラブ洗顔すると、まだしっかりとくっついている角質も取れてしまいます。

そうなると、基底細胞は上に乗っている細胞が急に軽くなったことで、『危険が迫っている!』と判断し、細胞分裂のスピードを速めます。 それと同時に、角質を増やすため、他の細胞に『早く角質細胞になるように』と指令を送り、肌のターンオーバーを速めてしまうのです。

普段よりも早いペースで成長するので、肌の細胞は、充分に成長できない未熟な細胞になってしまいます。 スクラブ洗顔をすると、一時的に肌が滑らかになって、とてもきれいなのですが、長い目で見ると、肌のターンオーバーのリズムが狂い、充分成長できない細胞が増えていきます

スクラブ洗顔を毎日してはいけないと言われていますが、その理由は、角質が取れることで刺激に敏感になってしまうということもありますが、肌のターンオーバーのリズムが狂うことを避けるためもあるのです。 しかし、1度リズムが崩れてしまうと、それを正常に戻すには、1つの新しい細胞が死んで垢として剥がれていくまでに約28日かかるため、単純に考えても1ヶ月、実際には2~3ヶ月近くかかります。

角質は、肌の汚れではないのです。 水分を保ち、肌の奥に細菌や化学物質が入り込ませないためのバリアの働きをする、大切な部分です(乾燥肌を防ぐ洗顔方法)。 凸凹しているから、くすんでいるからと、取ってしまうのは、肌にとっては大きな負担になるのです。

肌の凸凹やくすみは、別の原因があります。 ですからその原因を取り除く必要があります。 この原因については、次にお話しますね。


~今日のポイント~
 角質がなくなると、ターンオーバーのリズムが狂いやすくなります。 凸凹やくすみが気になっても、角質を取らないようにしましょう。


角質の下にある顆粒細胞の層には、神経末端があるため、角質が薄くなると刺激を感じやすくなります。

未熟なまま顆粒細胞になった細胞が、死んで角質細胞になるため、セラミド分泌も減ります。 そうなると、充分に周囲の細胞とくっつけない角質細胞が増えるため、角質が剥がれやすくなり、また肌の表面が凸凹になったり、肌が乾燥しやすくなったりするのです。

また、毛穴周辺は特殊な構造(平たんではなく、下に窪んだ構造になっている)をしているため、毛穴の入り口付近の窪んだ構造を守るために角質が厚くなりやすくなっています。 そこでターンオーバーのリズムが崩れると、入り口付近の角質が厚くなるため、皮脂が溜まりやすくなり、角栓やにきびの原因になってしまいます。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/22 07:07】 | 肌のトラブル | トラックバック(0) | コメント(3) |
体の内と外から紫外線を防ぐ
紫外線の季節がやってきた

外はまだ寒いのですが、紫外線の季節は迫ってきています。 そろそろ本格的な紫外線対策を取った方がいいのです。

http://www.shiseido.co.jp/uv-info/html/quiz_a09.htm

(表の出典:資生堂HP 紫外線情報
紫外線量は、季節によって差があります。 年間の紫外線量は、12月、1月が最も低いため、この季節は美白の季節と呼べるのですが、紫外線の害が少ないのはこの2ヶ月くらい。 なんと2月から、少しずつ紫外線量が増加していくのです。 3月には、最も少ない12月に比べて2倍以上! ということは、そろそろ本格的に今年の紫外線対策を始めた方がよさそうですね。

http://www.shiseido.co.jp/uv-info/html/quiz_a06.htm

(表の出典:資生堂HP 紫外線情報
紫外線は、地域によっても降り注ぐ量が違うのを御存知ですか? 実は、紫外線量は、緯度が低いほど(南にいくほど)、標高が高くなるほどに多くなるんです。 例えば沖縄と横浜は、標高はほとんど同じですが緯度の低い沖縄の方が年間紫外線量は倍近く沖縄が多く、同じ緯度でも標高の違う松本と横浜では、松本の方がやはり倍近く年間紫外線量が多いのです。 
*旭川と横浜では、旭川が緯度が高いが、紫外線量に差がない。旭川に梅雨がないことが影響していると思われます

地域によってもこんなにも差があったのです。 緯度の低い地域、標高の高い地域に住んでいる方はしっかり対策を取らないと、より紫外線の影響を受けやすくなってしまうんですね。

1日の間でも、降り注ぐ紫外線の量は違っていて、太陽が最も高くなる時間帯の午前10時から午後2時の間が最も紫外線量の多い時間帯です。 ですから、この時間帯は外出しないというのも1つの手です。 そして、外出する時は帽子をかぶり、必ず日焼け止めを利用するようにしたほうがいいでしょう。 紫外線量が多くなる時期には日焼け止めは有効です。 

紫外線の影響は、肌の細胞の中でできる過酸化水素の量によっても大きくなります。 ですから、降り注ぐ紫外線から避けると同時に、過酸化水素をやっつけるセレンや、できてしまったヒドロキシラジカルや一重項酸素をやっつけるビタミンE、C、β-カロチンを同時に摂る必要があります美肌と活性酸素 1にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』)。 

さらに、角質層の下にある顆粒細胞には、紫外線を跳ね返す力がありました。 ですから、亜鉛やα-リノレン酸を摂って、この細胞を充分成長させてやる必要もあります。 顆粒細胞が充分成長すると、セラミドも増えるので乾燥肌の改善にもなって、一石二鳥ですね。

こうやって、体の外からと内から、同時に紫外線対策をすることで、紫外線の影響を最小限に留めて、美しい肌を保ちましょう。


~今日のポイント~
 紫外線量は3月から増え始めます。 まだ寒いからと安心せずに、紫外線対策を始めていきましょう。 紫外線を防ぐだけでなく、体の内の紫外線対策『セレン、ビタミンE、C、β-カロチン、亜鉛、α-リノレン酸』も忘れずに!


日焼け止めの効果を表すSPFは、紫外線B波(UVB)を防ぐ指標で、『SPF50+』が、日本化粧品工業連合会の統一基準で定められた上限値になっています。 UV-Bは、肌の表面に強く作用します。 そして肌表面でヒドロキシラジカルを作り、シミ・ソバカスや乾燥の原因にもなります

PAは、紫外線A波(UVA)を防ぐ指標で、『PA+++』が最大です。 決まった基準はなく、どの程度防止できるかという目安でしかありません。 UV-Aは、強い作用を起こさないかわりに、肌の奥まで届き、コラーゲンを壊す一重項酸素を作ります。

参考文献
 資生堂 紫外線情報
  http://www.shiseido.co.jp/uv-info/html/index.htm
活性酸素・フリーラジカルのすべて



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/21 05:22】 | 紫外線対策 | トラックバック(0) | コメント(0) |
乾燥肌を防ぐ洗顔方法
石鹸洗顔はやめましょう

肌の乾燥を防ぐ秘訣は、『体温アップ』『顆粒細胞を十分に成長させ、セラミドをたくさん作らせること』とお話しました。 今度は、こうやって十分皮脂やセラミドを作った後に、皮脂を保つための方法についてお話します。

せっかく分泌した皮脂だけでなく、セラミドまで失ってしまう一番の原因は何だと思いますか? 実は、石鹸洗顔なのです。 石鹸だけでなく、洗顔フォームも含みますよ。

肌のためには『汚れをきれいに取り除くことが重要』とよく言われていますが、皆さん『肌の汚れ』の正体をご存知でしょうか? メイクは当然肌にとっては汚れですが、実は、皆さんが肌の汚れと考えているものの中には、汚れではないものもあるのです。

メイクを別とすると、肌の汚れは、
・垢
・ほこり
・汗による塩分
・空気中の微粒子
・角質
だと考えられています。 それぞれを細かく見てみましょう。

は、角質層から剥がれた一番表面にある角質のことです。 これは既に剥がれてしまっているので、触れるだけで剥がれてしまいます。 

ほこりは、室内では衣類の繊維片(綿埃)やダニなどの死骸、室外にある砂埃は、大きな粒子なので、水で流せばすぐに取れてしまいます。 室内・室外共に多くあるのは、人間や動物の毛や垢に多く含まれている『ケラチン』という、角質細胞が多く含む水溶性のタンパク質です。 ほこりは、大きな粒子や水に溶けるものですから、水で簡単に落ちるものなのです。
 
はもともと水に溶けていたものですから、それに溶けていた塩分などは、水で流れますね。

空気中の微粒子に含まれている油性は、皮脂に溶け込む性質があって厄介なのですが、角質層の厚さが充分あれば、体の中に入り込むことはまずありません。 皮脂は、水分を含む角質にはじかれるため、皮膚の奥に染み込むことはありません。 皮脂に溶け込んだ微量なものを取り除くために石鹸洗顔をすれば、一緒に角質も削ってしまいます。 角質が薄くなる方が、有害なものが入りやすくなることになるのです。

肌にある角質は、このような肌にくっついてくる有害なものが体の中に入らないようにするためのバリアなので、実は汚れではありません。 『汚れ』となる角質は、既に剥がれてしまった『垢』ですから、触るだけで剥がれない角質は、まだ汚れではありません。

角質と角質をくっつけ、水分を保っているのはセラミドでしたね。 角質が無くなると、セラミドも無くなってしまうのです。 ですから、今ある角質を無理にはがすということは、セラミドもはがしていることになり、角質にある水分が減る原因になってしまいます。

『肌の汚れ』の性質を正確に見てみると、肌の汚れを落とすためには石鹸や洗顔フォームは必要ないのです。 そして、余分な皮脂を少し落とすためには、体温より少し高い40度前後のぬるま湯を使うのが一番いいのです。

こうやって、折角分泌した皮脂を必要以上に落とさないようにすれば、肌の乾燥は大幅に減ってきます。 今日の洗顔から、石鹸や洗顔フォームの使用を止めてみませんか。


~今日のポイント~
 乾燥肌を治すためには、分泌した皮脂を大切にするためにぬるま湯洗顔をしましょう。


空気中の微粒子とは、自動車の排気ガスなどに含まれるディーゼル微粒子や、油性の微粒子などです。 タバコ等の煙にも含まれています。 これらを皮脂につけないようにする、これらに近づかないようにする方が、洗顔よりも肌に優しいのです。

皮脂の主な成分であるパルミチン酸という脂肪酸は、融点が63℃と高いため、ぬるま湯洗顔で取れることはありませんが、オレイン酸やパルミトレイン酸という脂肪酸は、融点が16.3℃、0.5℃なので、この温度で洗えば充分取ることができます。 パルミチン酸は、溶けていない状態で皮膚にあるため、油性の微粒子がくっつきにくくなっています。 オレイン酸やパルミトレイン酸は、溶けている状態なので、こちらのほうに油性微粒子がくっつきます。 ですから、40度程度のぬるま湯で洗えば、油性の微粒子が溶けている皮脂のみを落とすことができるのです。

パルミチン酸を落とすためには石鹸などが必要ですが、この皮脂には有害物はほとんど溶け込んでいないので、落とす必要はないのです。

参考文献
あたらしい皮膚科学
脂質の科学
東京都健康安全研究センター 環境保健部環境衛生研究科 室内を汚染している化学物質
 http://www.tokyo-eiken.go.jp/kankyo/indoorair/S1.html



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/20 05:56】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(0) |
よもやま話~美容とビタミン~
ビタミンは壊れやすく、酵素は壊れにくい

毎週日曜日は、研究室での実験と、実生活がリンクした時のことを書いていきます。 
今週は、「美容のためにはビタミンを毎日摂る必要がある」理由についてです。

私のやっている実験では、使わない日はないというくらい、酵素をよく使っています。 酵素は生き物の体の中で色々な働きをするタンパク質で、膨大な種類があり、『① 特定の物質とくっつく、② 働くための最適温度がある、③ 働くための最適pHがある』という共通の性質があることを、以前のよもやま話でお話しました。

それ以外にさらにもう1つの共通点があります。 それは、『酵素はタンパク質でできているため、簡単には壊れない』ということです。 酵素は壊れやすいイメージがありますが、実はビタミンよりもよっぽど壊れにくいものなのです。

酵素が壊れる条件は、最適温度よりも高い温度、酸やアルカリ、タンパク質分解酵素などの作用を受けることです。 実験では、酵素の反応を止めるために、温度をかけたり、硫酸などの酸を使ったりすることで酵素を壊します。 酵素は、こうやって手を加えなければ、なかなか壊れないのです。

体の中では発熱時やよっぽど体が冷えた時以外は、ほぼ一定の温度で、酵素が働きやすいpHに調整されています。 タンパク質分解酵素は、消化器官や肝臓、細胞の中のリソソームなどの、タンパク質の分解を行う決まった場所にあり、そこにあるタンパク質だけを壊す仕組みになっています。 ですから、体の中の酵素は、作られた後は必要がなくなるまで壊れることはないのです。 

そして酵素は、基質がある限り、働くことができるという特徴があるため、壊されるまでは何度でも使うことができます。

一方、ビタミンは、1回力を発揮すると構造が変わってしまうため、すぐに使えなくなってしまいます。 使えなくなれば壊されてしまうので、どんどん減っていきます。

これらのことから、私達が摂る栄養素には、たまには忘れてもいいものと、毎日摂った方がいいものがあるということになります。

酵素の原料となるタンパク質や金属は、たまに食事で摂れなくても、今ある酵素を壊さなければ、しばらくは使い続けることができるため、機能を保つことができます

一方、ビタミンは、使われることによってどんどん壊されるものなので、毎日摂り続けなければならなりません。 そして食事によって摂れなければ、ビタミンが関わっている機能はすぐに低下することになるのです。

美しい肌を保つために重要な酵素といえば、過酸化水素をやっつけてくれるグルタチオンペルオキシターゼですが、これも簡単に分解されるものではないため、1日タンパク質やセレンが不足したくらいではすぐに力が落ちるわけではありません。 しかし、ビタミンEやビタミンC、β-カロチンは、使えば使うほどにどんどん分解されていくものなので、補充し続ける必要があるのです。

つまり、肌の機能を保つためにも、ビタミンは毎日摂り続ける必要があるということです。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/02/18 11:58】 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
アンチエイジングの鍵 / 老化の科学
年齢は体をどう変える?

ここ数年、アンチエイジングが流行っていますが、エイジングとは、老化とは、一体どういうものでしょうか?

老化とは、生物学的には生物の個体に起こる時間的変化の1つと考えられています。では、時間的変化によって老化が起こるのなら、細胞の遺伝子の中にちゃんと老化のプログラムがあるはずです。

でも、現在の段階で、生まれてからある時間が経つと動き出し、細胞を老化させるための特定の物質は、まだ見つかっていません。 見つかっていないということは、『研究が不十分』ということも考えられますが、『無い』ということも考えられます。

細胞のDNAには『テロメア』という構造があります。 このテロメアが老化に関係しているとも言われていますが、テロメアはあくまで細胞分裂の回数を決めるカウンターなので、これが原因で体が老化することはありません。

では老化とは、一体何で、どこからくるのでしょうか?

老化による肌の変化として代表的な、しわやたるみについて考えてみましょう。 しわやたるみは、肌の奥にある真皮のコラーゲンが減ってしまうことで肌を支えることができず、表皮が落ち窪んでくる状態です。
 ↓
では、コラーゲンが減るのはなぜでしょうか? 今あるコラーゲンが壊れてしまうスピードのほうが、新しくコラーゲンを作るスピードよりも早い場合、全体としてコラーゲンが減ってきます。
 ↓
コラーゲンが壊れるのはどうしてでしょうか? 紫外線の影響によって発生する一重項酸素によってコラーゲンが壊れるからです。
 ↓
コラーゲンを作るスピードが遅くなるのはなぜでしょうか? コラーゲンの原料が足りない、もしくは、細胞膜が酸化することで、コラーゲンを外に出すことができない状態にあることが考えられます。
 ↓
では、細胞膜は、なぜ酸化するのでしょうか? 紫外線の影響を受けて過酸化水素からヒドロキシラジカルが発生し、細胞膜が酸化されるからです。
 ↓
ヒドロキシラジカルが発生するのはなぜでしょうか? 紫外線を避けていないからです。 そして、過酸化水素を消すことができないからです。
 ↓
なぜ酸化水素を消すことができないのでしょうか? グルタチオンペルオキシターゼという、過酸化水素を分解する酵素の力が弱いからです。
 ↓
なぜこの酵素の力が弱いのでしょうか? 酵素の原料が足りないからかもしれません。


こうやって老化をどんどん分解していくと、最終的には紫外線を避けることができていなかったこと、なんらかの原料が不足していることに結びつきます。 原料の不足がなぜ起こるかというと、原料となる栄養素が食事によって摂れていないことで起こります。

つまり、肌の老化は、必要な栄養素が充分量摂れていないことと、紫外線の影響を避けれていないことが原因とも考えられるのです。 皆さんが美容に関心を持ち始めたのはいつ頃でしょうか? 生まれてから美容に関心を持つまでの長い間、紫外線を避け、体に必要な栄養素を充分量摂れていたでしょうか? 紫外線を浴び続けていたり、摂れていないものが1つでもある状態が長い間積み重なると、こうやって見た目の変化として現れてくるのです。

老化が体のシステムとして必ず起こるものだったら、男女の差が出てくる第2次成長期がほとんどの人に同じ時期に起こり、必ず完了するのと同じように、皆同じ時期に老化が始まり、必ず完了するはずです。 でも実際には年齢よりもずっとずっと若く見え続ける人もいるし、そうでない人もいます。 このことからも、老化は、体のシステムとして必ず起こるものではないとも考えられます。

もしも肌の老化が、紫外線の影響と、体に必要な栄養素の慢性的な不足が原因だとすれば、紫外線を防ぎ、不足していた栄養さえ充分摂り続けることができればいつからでも若返ることは可能になるということになります。 何歳から始めてもアンチエイジングは可能、そういう体に人間はなっているのかもしれません。 なんて夢のあることでしょう! 紫外線を避け、必要な栄養素さえ摂れば、いつからでも必ず若返ることは可能になるのではないでしょうか。 試してみる価値があるとは思いませんか?


~今日のポイント~
 老化しない体になるには、紫外線を避け、体に必要な栄養素を必要量摂り続けるということが重要です。

テロメアは、DNAの両端にあって、遺伝子を保護する役目をもっています。 細胞分裂をするごとに少しずつ短くなっていき、テロメアがなくなると細胞分裂ができなくなるということがわかっています。 この状態を『細胞老化』といいますが、これと細胞自身の機能が低下してくることに関係はありません。

癌細胞のテロメアは、一旦短くなっても再び伸びることができるため、再現無く細胞分裂ができますが、正常な細胞にとっては、細胞分裂の回数を数えるカウンターだと考えられています。

参考文献
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/17 06:37】 | 美容の原則 | トラックバック(0) | コメント(0) |
保湿成分「セラミド」が増える肌になる
肌の保湿の鍵は、セラミド

肌の保湿成分として、最近よく『セラミド』が化粧品の中に入っているのを見るようになりました。 あまり聞きなれない名前ですが、どこでどんな働きをしている成分なのでしょうか?

セラミドは、表皮にある角質細胞を繋ぎとめる「接着剤」のような働きをしています。 そして、肌の奥からにじんでくる水分と混ざり合って乳液状になり、角質細胞の周りに水分を保ってくれているのです。 角質に水分が豊富にあると、しっとりとしたなめらかな肌に見えて、本当にきれいですね。

ではこのセラミド、一体どこから分泌されるのでしょうか?

シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2 で簡単にお話しましたが、大きく分けると表皮は4層の細胞層からできています。 一番下にあるのが『基底細胞』で、分裂をする細胞の集まりです。 その上が『有棘(ゆうしょう)細胞』で、下の基底細胞と、上の『顆粒細胞』を支える役割をしています。 『顆粒細胞』は、紫外線を跳ね返す力があるとお話しましたね。 そして一番上にあるのが『角質細胞』です。

顆粒細胞が死ぬと角質細胞になるのですが、実は、顆粒細胞が死ぬ間際に、今まで細胞の中に蓄えていたセラミドを分泌するのです。

顆粒細胞が充分に成長できず、セラミドの蓄えが少なければ、角質細胞を繋ぎとめるのに必要な量を分泌できないため角質が剥がれやすくなります。 角質が剥がれやすいと、肌が凸凹してくるため、今度は皮脂がうまく行き渡らず、肌が乾燥する原因になるのです。

さらに、角質が薄くなってしまうと、角質細胞の層の下の顆粒細胞の層には神経末端が存在しているため、ちょっとしたことで刺激を受けやすくなります。 敏感肌ですね。 乾燥肌と敏感肌が同時に起こりやすいのは、セラミドが減ってきているのが原因です。

肌にとってとてもためになるセラミドを作ってくれるのは、顆粒細胞です。 ですから、顆粒細胞を充分に成長させるのは、とても大きな美肌効果があるのです! 

顆粒細胞を充分に成長させるには、亜鉛とα-リノレン酸が必要です。 細胞が成長する時は、たくさんの種類や量のタンパク質を作るのですが、実は亜鉛は、細胞がどのタンパク質を作る時にも絶対に必要なミネラルなのです。 ですから、亜鉛が不足している状態では、細胞は正常に成長できないと考えてください。

そしてα-リノレン酸は、良質な細胞膜を作るために必須の脂肪酸です。 体の中では作ることができない必須脂肪酸で、他の脂肪酸と違う、特殊な構造をしているため、細胞膜に柔らかさを与えてくれます。 セラミドを分泌する時、細胞膜が柔らかいほどたくさん分泌することができます。 

最近肌が乾燥しがちだな~と思う方は、この2種類の栄養素が体の中で減っているのかもしれません。 肌のトラブルの原因は、『年齢』ではなく、『肌に必要な栄養不足』だと思ってくださいね!


~今日のポイント~
 顆粒細胞は、紫外線を撥ね返し、保湿に重要なセラミドを分泌してくれる大切な細胞です。 充分成長させるために、亜鉛とα-リノレン酸を充分摂りましょう。


皮脂腺の皮脂は、角質層細胞の隙間にあるセラミドと混ざり合うことで、乾燥や異物の侵入を防げる強力な皮膚バリアを作り出すことができるのですが、セラミドが少ないと混ざりにくくなります。 皮膚の上からセラミドを塗りこんでも、細胞の隙間は目に見えないくらい小さいし、何層にもなっているので、上手く全ての隙間に浸透させるのは難しいです。 角質細胞の下にある顆粒細胞に分泌してもらうのが、一番簡単そうですね。 セラミドを食べると効果がありそうですが、セラミドは脂質なので、毎日の食事で充分摂れていますし、脂質は糖質から作ることができます。

細胞が充分に成長するために必要な栄養素というのは、体中の全ての細胞に共通していて、特に亜鉛とα-リノレン酸です。 もちろん他にもビタミンやミネラルなども重要ですが、『細胞の成長』という面で見ると、この2種類の栄養素がダントツに重要です。 どちらも私達の体では作り出すことができない必須栄養素なので、毎日摂りましょう。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版 
 細胞機能と代謝マップ I



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/16 06:50】 | 乾燥肌 | トラックバック(0) | コメント(3) |
貧血予防の美容効果
貧血予防や解消には、ビタミンB12と葉酸も必要

女性は貧血になりやすい傾向があるのですが、自覚できる症状がない人も含めると、1/3~半数の人が貧血だと言われています。 この貧血が、美容に大きくかかわっていること、ご存知ですか?

貧血は、血液中のヘモグロビンという、鉄を含む赤い色素の量が一定量以下の場合を言います。 ヘモグロビンは、体中に酸素を運ぶ働きをしているので、貧血になると、体中に届く酸素の量が少なくなってしまうのです。

そうすると、もちろん肌にも影響してきます。 酸素は全ての細胞が活発に活動する時に必要な物質なので、これが少なくなると、当然肌の細胞も元気不足になってしまい、活動がゆっくりになってきます
 ・肌の細胞のターンオーバーがゆっくりに
 ・肌荒れが治りにくくなる
 ・コラーゲンがなかなか増えなくなる

など、肌の全ての機能が落ちてきてしまうのです。

ですから、きれいになりたい人は、貧血を予防し続ける必要があるのです。 貧血予防には、鉄が一番と言われています。 最近の鉄剤は、ビタミンCが一緒に入っていますね。 鉄は、とても吸収の悪いミネラルなのですが、ビタミンCと一緒に摂ると、ビタミンCが鉄を還元してくれるので吸収率が上がります。

さらに、貧血予防には、ビタミンB12と葉酸が必要なのです。 実は、ビタミンB12と葉酸がなければヘモグロビンを作れないのです。 ですから、鉄だけがあっても、これらのビタミンがなければ貧血になってしまいます。

葉酸は、腸内細菌が元気であれば作ってくれますので、摂れている場合が多いのですが、ビタミンB12は、少し特殊なビタミンです。 ビタミンB12は、動物性の食品(卵・魚・肉)全般に含まれていますが、植物性食品では藻類(海草)にしか含まれていないビタミンです。
野菜や果物には、一切含まれていないので、動物性食品を避け、野菜や果物メインの食事の方は、不足しやすいビタミンです。

お肉は脂質が多いからと、避けている人は多いと思いますが、動物性の食品もある程度は必要なのです。 さらに、お肉の脂肪ではない部分に含まれているミオグロビンという赤い色素は、ヘモグロビンの仲間なので鉄を含んでいます。 このミオグロビンは、とても吸収率が良いため、貧血予防にお肉、それも赤身の部分を食べることは、鉄やビタミンB12を摂るにはとてもいいのです。

肌の細胞には温度も重要ですが、酸素も当然重要ですね。 貧血だと顔色も白くなってしまい、元気がない印象になってしまいます。 肌に重要なものは、毎日欠かさず食べれるように、野菜はもちろん、動物性の食品も毎日摂って、貧血知らずの健康美人になりましょう。


~今日のポイント~
 貧血は、肌の細胞を元気不足にする原因。 貧血予防には、鉄、葉酸、ビタミンB12を毎日摂りましょう。


ヘモグロビンは、赤血球の膜にあるタンパク質で、鉄を含んでいます。 鉄の部分に酸素をくっつけ、血液の流れにのって体中をまわることで酸素を運んでいます。 貧血は、ヘモグロビンの量が少なくなった状態のことをいい、男性12 g/dl(1 dl(デシリットル)中に12 g鉄の量があるということ)、女性では10 g/dl以下になると、『貧血』と言われます。 

しかし、ヘモグロビンが多い場合でも、『潜在性鉄欠乏状態』といって、貧血症状はでませんが体の中の鉄が減っていく状態にある場合があります。 この状態が続くと、いつかは貧血になってしまうので、貧血にならないように予防をしていくことが大切です。

参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 よぼういがく協会
  http://www.aogiri.org/data/data_hinketu.html



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/15 06:41】 | 美容の原則 | トラックバック(0) | コメント(4) |
乾燥に負けない肌になる
肌に、『皮脂のコーティング』を作ろう

『てかり』や『にきび』の原因と言われて嫌がられている皮脂ですが、とても重要な働きをしています。 

元気な肌は、常に皮脂を分泌しています。 皮脂は、肌の表面をコーティングすることで、水分が逃げるのを防いでいます。 また、肌を弱酸性に保ち、細菌の侵入を防いでいるのも、実は皮脂なのです。

皮脂のコーティングが充分あれば、水分が逃げることが少なくなるので、ツルツルで、しっとりとした肌になります。 そして、赤にきびもできにくくなります。 意外な話ですが、皮脂の分泌が減ってコーティングが薄くなると雑菌が肌の奥に侵入しやすくなるため、肌の奥にできる赤にきびができやすくなるのです。 冬に赤にきびが多いのは、寒さで肌の免疫力が落ちているのも原因ですが、皮脂の分泌が悪いというのも1つの原因です。

乾燥肌をツルツルにするには、皮脂コーティングをするのが一番。 クリームだといつも塗ってあげなければいけないのですが、皮脂腺が活発に活動していれば、必要な時にいつも皮脂を分泌してくれます。 手間要らずでいいですね。

皮脂を主に分泌するのは毛穴の表面近くにある『皮脂腺』という器官です。 しかし、1月21日のよもやま話 でもお話したように、温度が低いと酵素の働きが悪くなるため、その影響を受けて皮脂の分泌が悪くなってしまいます。 そうなると充分な量を分泌できなくなるため、皮脂のコーティングが薄くなり、乾燥してしまうのです。

さらに、温度が低いと皮脂腺の細胞の成長スピードが遅くなったり、充分に成長できなくなったりします。 皮脂腺の細胞は、充分成長して初めて皮脂を作って分泌することができるようになるので、ますます皮脂の分泌が悪くなってしまいますね。

顔は、常に直接空気に触れる場所なので、体の中で一番冷えやすい場所です。 できることなら外出する時は、保温のために顔がすっぽり隠れるくらいのマスクをしたいものですが、そういう訳にはいきません。。

でも、体の中が暖かければ、その熱が顔にもちゃんと伝わるので、顔も温かくなります。 最近はかなり暖かくなってきましたが、まだまだ薄着は禁物! 外出する時は暖かい格好をしましょう。

化粧品売り場のカウンターでは、肌の状態を調べてくれるのですが、その時、皮膚温度を測ってくれる場合があります。 肌の温度が高ければ、皮脂腺の活動も活発になっているので乾燥もなく、肌の調子はいいはずです。 機会があれば、皮膚温度も測ってもらってくださいね。 

私はこの週末に測ってもらったのですが、32℃でした。 冬も乾燥知らずの肌です。


~今日のポイント~
体の冷えは、乾燥肌の元。 体はいつも温めておきましょう。


皮脂腺の細胞は、充分成長すると中に皮脂を貯めこみ始めます。 そして中が皮脂でいっぱいになったら、はじけて死ぬことで皮脂を分泌します。 充分成長できていない細胞が未熟なままで皮脂を作ると、多すぎたり少なすぎたりと加減ができず、また質の悪い皮脂を作ってしまう場合もあります。 皮脂腺の細胞が充分に成長できていなければ、皮脂の質も悪くなってしまうのです。

良質な皮脂は酸化しにくいのですが、未熟な細胞が作った皮脂は、質が悪いために酸化しやすい場合があります。 皮脂が酸化しやすくなると、酸性度が高くなるため皮膚バリアの機能が落ち、細菌に侵入を許してしまうようになります。 毛穴を詰まらせる原因になり、にきび、特に赤にきびができやすくなってしまいます。 

皮脂腺の細胞が充分に成長するには、亜鉛やα-リノレン酸が必要です。 体の保温と一緒に食べると効果的です。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 Kanebo SKIN CRE LINE UP



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/14 05:40】 | 乾燥肌 | トラックバック(0) | コメント(2) |
気になる毛穴の黒ずみを無くすには?
いつの間にかできてしまった、鼻の頭や頬にある毛穴の黒ずみ。 一度できると治りにくいのは皆さんよ~く御存知だと思いますが、なぜでしょうか。

毛穴の黒ずみは、
 ・毛穴の皮脂が酸化して黒く見える
 ・毛穴が開いているため、光の当たり具合によっては黒く見える
のが原因です。

元々、毛穴は皮脂を分泌する皮脂腺を持つ器官なので、常に皮脂があります。 皮脂があるので、その部分が空気に触れて酸化し、黒くなるのも、言ってみれば当然なのです。 でも実は、本来、毛穴はちゃんと閉じているものなので、中の皮脂が酸化することは無いのです。 ですから、皮脂が黒くなるということは、中の皮脂が空気に触れる状態になっているので、毛穴が開いているのです。

どちらの毛穴の黒ずみも、程度は違うものの、毛穴が開いているのが原因なんですね。

毛穴はどうやって閉じているかというと、筋肉によって閉じたり開いたりするのではなく、実はコラーゲンによって左右から支えられているだけなのです。 でも、お風呂に入って温まったら毛穴が開いたり、寒いところにいくと毛穴が閉じたりしますね。 それは毛立筋という筋肉が、毛穴の真ん中辺りにあって、それが温度刺激によって動くからです。 

筋肉が動くと、その周囲にあるコラーゲンも一緒に動くので、閉じたり開いたりします。 しかし、毛立筋は毛穴の真ん中辺りにある筋肉なので、毛穴の位置口付近を閉じさせているのは真皮層にあるコラーゲンです。 
正常な毛穴
緩んだ毛穴

左:正常な毛穴 右:開いた毛穴

毛穴の収斂化粧品はたくさんありますが、どれを試しても毛穴がなくならないと悩んでいる人は多いと思います。 収斂化粧品を使ってもなくならない場合は、コラーゲンが減ってきている証拠なのです。

コラーゲンを減らしてしまうのはにんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』 でもお話しましたが、紫外線に当たることで出来てしまう『一重項酸素』という活性酸素でした。 

鼻の頭や頬は、皮脂分泌が活発なので日焼け止めが取れやすく、塗りなおしを忘れてしまえば紫外線の影響を受けやすい部分です。 美肌と活性酸素 1 でもお話したように、体の中の過酸化水素を充分消す事ができなければ、紫外線が当たることで皮膚の真皮では一重項酸素が発生し、それがコラーゲンを壊してしまいます。 

毛穴は、筋肉ではなくコラーゲンによって支えられているものなので、コラーゲンが減ってくるとだんだん支えられなくなって開いてきます。 ですから、毛穴を目立たなくしたい、毛穴をなくしたい場合は、コラーゲンを増やしてあげなければならないのですね。 プリプリお肌の味方は コラーゲン に書いていますので、是非参考にしてください。


~今日のポイント~
 毛穴の開きは、紫外線の影響で周囲のコラーゲンが減ったことが原因。 コラーゲンを増やすための食生活を心がけ、セレンやビタミンE、C、βカロチンを摂ると同時に紫外線を防ぎましょう。


コラーゲンを作るのは、真皮に存在している繊維芽細胞という細胞です。 この細胞は、移動する力を持っているため、コラーゲンの隙間をゆっくりと移動します。 そして、コラーゲンが少ない場所を見つけると、細胞分裂をして細胞の数を増やし、コラーゲンを作り始めるのです。 

でも、繊維芽細胞はコラーゲンが少ないところに移動することはできないので、コラーゲンが少ない状態、しわやたるみの多い状態だとなかなか増えることはできません。 でも、細胞分裂に必要な、亜鉛やα-リノレン酸を毎日きちんと摂ることで、繊維芽細胞が増えることができれば、少しずつですがコラーゲンの量は増えていきます。 時間はかかりますけど、必ず毛穴の開きは治りますので、食事に気を配りましょう。

参考文献
 あたらしい皮膚科学
 活性酸素・フリーラジカルのすべて



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/13 06:59】 | 毛穴 | トラックバック(0) | コメント(2) |
ストレスが原因の肌トラブルを防ぐ
ストレスと活性酸素の関係

ストレスが多い人は肌のトラブルが起こりやすいとよく言われています。 では、『ストレス』と『肌のトラブル』はどう関係しているのでしょうか? シミ・そばかす、にきび痕を消したい 1 でも少し触れましたが、もう少し詳しく書いていきます。 ホルモンの話になるので、複雑なのですが、頑張って読んでくださいね。

私達の体は、ストレスを受けると、緊張し、血流が悪くなります。 それを緩和させるため、『副腎皮質ホルモン』というホルモンが分泌されます。 とても重要なホルモンなのですが、実はこの副腎皮質ホルモンが作られる時と分解される時には、過酸化水素がたくさん発生するのです。 

発生した過酸化水素はもちろん、セレンを含むグルタチオンペルオキシターゼで速やかに分解されるのですが美容と活性酸素 1)、副腎皮質ホルモンが出る前は、血流が悪いため体温が低くなり、酵素の働きも悪くなっています。 もちろん例外なく、 グルタチオンペルオキシターゼの力も落ちるので、この状態で 紫外線に当たると、悪い活性酸素であるヒドロキシラジカルや一重項酸素が発生してしまうのです。

ヒドロキシラジカルができれば、皮膚の細胞の細胞膜が酸化したり、核の中のDNAが傷つき修復に時間がかかるようになるため皮膚のターンオーバーがゆっくりになったりします。 またヒドロキシラジカルを感知したメラニン色素は色を黒くして被害を食い止め、メラノサイトが黒いメラニン色素を作ることで、皮膚を守ろうとします。 ストレスは、こうやって肌に現れてくるのです。

つまり、ストレスを受けることで体の中に過酸化水素ができ、紫外線に当たることで肌のトラブルが起こるのです。 それだけでなく、血流が悪くなっているため体温が下がり、免疫力が低下するため、にきびも治りにくくなります

ですから、ストレスをうまく解消・発散できない場合は、肌を守るために、セレンやビタミンC、Eを積極的に摂り、紫外線を避けるように心がけることが、重要なんですね。


~今日のポイント~
 ストレスの多い人は、肌の健康のためにも、セレンやビタミンC、Eを積極的に摂り、紫外線を避ける工夫をしましょう。



副腎皮質ホルモンは、緊張した体をほぐすため、心臓の拍動回数を増やすことで血流を増やすなど、他にもストレスの影響を小さくする働きがあります。 

よく皮膚科で処方される軟膏に入っているステロイドホルモンも、このホルモンの1種です。 軟膏は基本的に塗った部分でしか効果はないので、全身に影響を与えることは先ずありません。 しかし、塗った部分ではホルモンを分解する時に過酸化水素ができるため、紫外線に当たるとシミになることがあります。 このようなシミを防ぐため、ステロイドホルモンの入った軟膏を塗った時は、紫外線に当たらないようにしましょう。

参考文献
 細胞機能と代謝マップ I
 よくわかる生理学の基礎




ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/12 10:01】 | 肌のトラブル | トラックバック(0) | コメント(0) |
よもやま話 ~科学データーと口コミを上手く使う~
毎週日曜日は、研究室での実験と、実生活がリンクした時のことを書いていきます。 
今週は、『科学データー』と『口コミ』についてです。

お昼の休憩時間は、コーヒーを飲みながら科学系の雑誌を読むことが多いです。 先日、いつものようにコーヒーを飲みながらnature medicineを読んでいたら、こんなコラムが載っていました。 

カフェインの評判
 DNA損傷応答の阻害剤として働くカフェインと癌との関係が調べられた

カフェインを多く摂っていると、発ガンリスクが高まるとか。 コーヒーを飲みながら読む記事としては、非常に辛いものがありました。

でも、問題はカフェインの濃度だと思っています。 濃度が低ければ影響も小さくなるので、1日1~2杯程度のコーヒーなら大丈夫ではないかと思っています。 私はコーヒーが好きだからこういう風に考えるのですが、しかしカフェインの研究者はやはり飲むべきではないと言うでしょう。

同じ科学のデーターでも、解釈によっては意見が分かれてしまうことがあります。 こういうことは、どんなデーターにでもあります。 こういう場合はどうすればいいでしょうか?


カフェインの発ガン作用の一面だけを見ても結論が出ない時は、疫学研究の結果などの全体を見るのです。 愛知県のがんセンター 田島疫学部長のグループが、コーヒーとガンの関連の疫学研究をし、約7万人の調査結果から、コーヒーを飲むことでガンになるのではなく、コーヒーに含まれているある種の抗酸化物質が、大腸がんなどのガンを予防することができるということが解ったようです。 

このように、コーヒーの中のカフェインのある一面だけを見れば発ガンリスクが高まるのですが、全体で見ると逆になってしまうことは、よくあることです。

これは美容に関しても言えることです。 サプリメントや化粧品の効果がいいと言われていても、それは研究者によっても賛否両論になるのです。 ですから、その効用がわかっているけれど、本当にいいかどうかがわからない場合は、疫学的な調査結果を調べたり、本当に使っている人の意見を聞くのが一番です。 いわゆる、『口コミ』ですね。 当然メーカーとは利害関係のない人達の話を聞くことが重要です。 こうすることで、それが本当にいいものなのかどうかがわかってきます。 

最近はインターネット等で不特定多数の人に効果を尋ねることができますね。 そういう手段を利用して、広く効果を聞くことはとてもいいことです。 細かい点を見ても判断ができない場合は、全体から見てみることで、それが本当にいいものかどうかが解ってくるんですね。

--------------------------------

カフェインとDNAの修復について

核の中にあるDNAが傷ついた時、それを直すためにDNAの修復が始まります。 修復中は、細胞分裂が始まらないようにする信号が出続けるのですが(修復中に分裂が始まったら大変ですからね!)、この信号となるタンパク質にカフェインがくっつくことで、信号が働かなくなり、細胞分裂が起こってしまうことがあるのです。 細胞分裂が起こってしまうと、DNAに傷を持つ細胞ができるため、ガン化の原因になると考えられています。

--------------------------------

参考文献
 nature medicine
(英語雑誌ですが、日本語のタイトルと要約があるため、目を通しやすい雑誌です。)
 J-MICC Study 日本多施設コーホート研究
  http://www.jmicc.com/index.html
 固形ガンの疫学 大腸がんのリスクファクター
  http://epi.ncc.go.jp/ronbun/inoue.pdf



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/02/11 06:56】 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(4) |
美容にいい、栄養価の高い野菜や果物の選び方
2つのポイント、教えます 

野菜のビタミンはどこへいった? 1  で、同じ旬の野菜でも、10年前と比較するとビタミンCや野菜や果物が持つ『匂い』や『色』が少なくなっているということをお話しました。 ビタミンCは、肌を美しく保つためには欠かせないビタミンですし、『匂い』や『色』の成分は、免疫細胞を元気にしたり、抗酸化作用を持つなど、とても美容にいいものでしたね。 ですから、野菜や果物のビタミンやミネラルが減ってしまうことは、美容にとっても一大事なのです。

しかし、こうやって野菜や果物の栄養成分を『数値』で見ると、栄養価は減ってしまっているように見えるのですが、実は現代の野菜や果物でも、昔と変わらない高い栄養価を持つものはあるのです。 栄養価の高い野菜や果物を食べることができれば、お肌だけでなく、体の中から健康できれいになれます。 ではどうやって栄養価の高いものを選べばいいのでしょうか?

そのポイントは2つ。
 ① 『匂い』や『色』の濃いものを選ぶ
 ② 傷のないものを選ぶ


野菜や果物の『匂い』や『色』は、美容にいい成分そのものですから、とても重要な目印です。 これらの強いものを食べると、野菜や果物の力をまるごと使えるようになりますね。

スーパーに行った時は、色を見て、匂いをかいでみてください。 色と匂いを手がかりにすれば、同じ場所にある野菜の中でも、より栄養価の高いものを選ぶことができます。 

また、傷がないものを選ぶのも大切です。 食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 1 でもお話しましたが、空気に触れると特にビタミンCは酸化→分解してしまい、どんどん減ってしまうのです。

傷があれば、そこから空気に触れて栄養素が酸化してしまい、壊れるきっかけができてしまいます。 『形がきれい』ではなく、ヒビなどの入っていない『傷がない』ものを選んでくださいね。 この2点、是非今晩のお買い物で役立ててください!

さらに欲を言えば、無農薬、減農薬のものを選んでいただきたいです。 でも、農薬を使っているものと使っていないものを隣に並べて比べてみると、『匂い』や『色』に違いがあるものがあります。 往々にして、農薬を使っているのもの『匂い』や『色』は、薄い場合があります。 ですから、『匂い』や『色』の強いものを選ぶと、自然と農薬を使っていないものを選んでしまうことになるのです。

この2つのポイントを知っていると、旬の野菜や果物を選ぶ時も、旬ではない時期の野菜や果物を選ぶ時も、より栄養価の高いものを選ぶことができます。

野菜の栄養価が低いからと、サプリメントに頼らざるを得ない現代ですが、ポイントを知ることで、より栄養価の高い野菜を選ぶ事ができます。 体に必要な栄養は食事で摂るのが最もいいということは、皆さんご存知の通りです。 たくさんある野菜の中から、美味しくて栄養価の高いものを選んで食べることで、体の中からきれいになりましょう。

~今日のポイント~
 野菜や果物は、より色の濃いもの、より匂いの強いものを、そして傷のないものを選ぶようにしましょう。


最近は、塩分を除いて濃縮した海水や、海草の粉末を土に混ぜて野菜を育てている農家がよく見られます。 海にはミネラルが豊富にあるので、海水や海草の粉末を土に混ぜると、ミネラルが豊富な土になるのです。 土の中のミネラルの重要性に気づいて、こういう努力をしてくれる農家で作られた野菜は、『匂い』や『色』も強く、当然とても美味しいものになっています。

参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 農薬の基礎知識
  http://www.maff.go.jp/nouyaku/kisoindex.htm
 農林水産省 食品のかしこい選び方
  http://www.maff.go.jp/syohi_anzen/fs/select.html



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/10 15:46】 | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(2) |
にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』
野菜の『色』パワーを味方につけよう!

野菜の『色』の成分は、主に抗酸化物質の働きをしていると、野菜のビタミンはどこへいった? 2 でお話しました。 抗酸化物質は、体の中にできた活性酸素をやっつけてくくれる、美容にとっても嬉しい存在です。 シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2 でもお話したように、肌の悩みの原因は、活性酸素であることが多いのです。

野菜の『色』の成分である『β-カロチン』は、にんじんやかぼちゃに多く含まれているビタミンです。 このビタミンが体の中でビタミンAになるというのは昔から言われていたのですが、β-カロチン単独でも重要な効果があることがわかってきました。

実は、肌で発生しやすい悪い活性酸素は2種類あって、1つは『ヒドロキシラジカル』という名前のものでした。 美肌と活性酸素 2 を読んでみてくださいね。

これとは別に、実は『一重項酸素』といって、やはり過酸化水素に紫外線が当たることでできる活性酸素があるのです。 一重項酸素は、ヒドロキシラジカルに比べると力は弱いのですが、タンパク質を壊す力を持っています

紫外線には3種類あるという話を冬は美白の季節 の最後で簡単にしましたが、実は、一重項酸素をより多く発生させる紫外線は、UVAなのです。 UVAは、肌の奥の方にまで届くので、そこにある過酸化水素と反応してしまうと、一重項酸素ができます。 一重項酸素は、タンパク質を壊す力を持っているので、そこにあるタンパク質、コラーゲンを壊してしまい、シワやたるみが起こってしまうのです!

この一重項酸素をやっつけてくれる特定の物質は残念ながらありませんが、β-カロチンは、一重項酸素をやっつける力の強いビタミンです。 オレンジ色の色素で、加熱しても壊れにくいので、色々な料理に使えますし、油に溶けやすいビタミンなので体によく吸収されます。

一重項酸素をやっつける力を持っているのは、他にはトマトに含まれている『リコピン』です。 夏にはトマト、冬にはにんじんをたくさん食べることは、プリプリお肌を保つのに重要なんですね。

『色んな種類の野菜を食べなさい』とよく言われますが、これは野菜が持つ抗酸化力を摂り入れるという面からも、とてもいいことなのです。 野菜の色素の多くは抗酸化物質で、それぞれ微妙に働きやパワーが違うのです。 ですから、色の濃い野菜を色んな種類食べることは、多くの種類の抗酸化物質の力を体に取り込めるようになるのです。 野菜の色パワーも、侮れませんね。


~今日のポイント~
 にんじんのβ-カロチンは、肌の奥で発生する一重項酸素をやっつけるので、肌のプリプリ感が保てるようになります。
 β-カロチンの量は野菜の色でわかるので、オレンジの濃いものを選ぶようにしましょう。


一重項酸素をやっつけてくれる特定の物質はありませんので、一重項酸素をやっつけるための様々な抗酸化物質が宣伝・販売されています。 科学的に充分研究されたものなら、それらは効果があるでしょう。 しかし、βカロチンは、その中で『最もコストパフォーマンスの高い』一重項酸素をやっつけてくれる栄養素です。 手に入りやすく、安価な『にんじん』に大量に含まれていて、さらに調理によって壊れにくく、吸収もいいビタミンなんですから。 美容にお金をかけれる人にも、そうでない人にも嬉しい栄養素なのです。

でも、やっつけてくれる特定の物質がないということは、やはり一重項酸素を作らせないことが一番いいのです。 ですから、紫外線を防ぐことが一番ですね。 そして次に大切なのが、過酸化水素を効率よくやっつけることなのです。 

参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 細胞機能と代謝マップ I
 Linetsky M. et al Quantitation of the singlet oxygen produced by UVA irradiation of human lens proteins (1997) *アブストのみ 



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/09 06:43】 | ビタミン | トラックバック(0) | コメント(0) |
『にきび』と『にんにく』  
野菜の『匂い』パワーを味方につけよう!

今週はずっと野菜の栄養素の話が続いていたので、久々に美容の話です。

野菜のビタミンはどこへいった? 2 で、野菜の『匂い』や『色』の話をしました。 これが実は、美容に重要なことだったのです。 まずは、『匂い』、それもにんにくの臭いの元のアリシンです。 

にんにくやねぎなどに多く含まれているアリシンには、免疫細胞を元気付ける力があります。  そして、免疫細胞が元気になることは、肌には、とてもいいことなのです。 

にきび痕を防ぐには? で、にきび痕を防ぐのに最もいい方法は、にきびを早く治すことだとお話しました。 にきびを早く治すには、免疫細胞の働きが重要になってくるので、体温を上げるというのが最も手っ取り早い方法です。 でも実は、にんにくのアリシンを摂ることでも免疫細胞が元気になり、にきびを早く治す効果が高まるのです。

私は、にきびができた時、体を冷やさないように気をつけるのと一緒に、密かににんにくを食べます。 スライスしてしばらく置いたニンニク1かけらを、オリーブオイルでじっくり炒めて食べています。 にきびが赤くなって、嫌な感じになってきた時にこれを食べると、不思議と芯が出来るほど酷くはならないのです。 そしてもちろん痕はほとんどできませんし、できても1ヶ月程度で消えてしまいます。

おまけですが、免疫細胞を元気にしてくれるので、にきびだけでなく風邪を引いた時にも効果があります。 そして、実は体の中でこっそりとできたガン細胞や、ガン細胞の種をやっつけるための特殊な免疫細胞も元気にしてくれるのです。 アリシンは、にきびや風邪、はたまたガンにも効果があるのです。 野菜の『匂い』成分は、侮れないのです。

さらに、にんにくは、美肌に重要なミネラルであるセレンを含む食品なのです。 美肌と活性酸素 1 やシミ・そばかす、にきび痕を消したい 2 でお話したように、セレンは、紫外線の影響を小さくするために重要なミネラルです。

にんにくには、他にもビタミンB1、ビタミンB6、亜鉛や銅も多く含む野菜です。  にんにくのビタミンB1は、アリシンと一緒に摂ることで吸収力がアップすると言われています。

野菜の『匂い』成分はもちろん、野菜を食べると、1種類の栄養素だけでなく、色々な栄養素を同時に摂り入れることができます。 サプリメントや野菜エキスもいいのですが、丸ごと食べることでより大きな効果がある野菜。 色んな種類のものを、体調に合わせて食べて行ければいいですね。

にきびにとってもいいにんにく、でも、にんにくばっかりではダメですよ。 油の摂りすぎは、炎症が強くなることもあります。 にきび痕を防ぐには? を読んでから、1回のにきびで1かけら程度のにんにくを試してみてくださいね。

~今日のポイント~
 にんにくの匂いの元の『アリシン』は、免疫細胞を元気にしてくれるので、にきびが悪化しにくくなります。
 匂いの元を引き出す調理方法で、アリシンを効果的に摂りましょう。


アリシンは、にんにくの細胞の中で、アイリンという名前の物質で存在しています。 にんにくを切ることで、細胞の中にあるアイリンが細胞の外にあるアリシンを作るための酵素、アリシナーゼと出会いアリシンに変わり、匂いが出るのです。 そしてこの匂いの成分、アリシンが免疫細胞を元気にしてくれるのです。

にんにくは、細かく切るほど、切って時間が経つほど匂いがきつくなりますよね。 これは、どんどんアリシンができている証拠です。 

にんにくを切ったにした後、しばらく放置することで十分にんにくのアリシンを引き出した後、低温でゆっくりと加熱してあげればより効果が高くなります。

ゆっくり加熱してあげると、アリシンがたくさんくっついて、アホエンという物質(笑える名前ですね)になり、匂いがなくなります。 このアホエンは、アリシンよりも強い効果を持っているので、匂いも無いし、一石二鳥です。

にんにくは刺激が強そうですが、胃腸に負担がかかりやすいのはアイリンです。 ですから、にんにくを切った後、しばらく置いてやって、アリシンに変えることができれば、刺激は少なくなります。 そしてさらに刺激が少ないのは、アホエンです。 

参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 Wikipedia (English) http://en.wikipedia.org/wiki/Allicin



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/08 05:06】 | にきび・にきび痕 | トラックバック(0) | コメント(0) |
野菜のビタミンはどこへいった? 2
野菜のビタミン不足とミネラル不足は同時に起こる 

野菜のビタミンはどこへいった? 1 で、同じ旬の野菜でも、10年前と比較するとビタミンCが減少しているということをお話しました。 では、なぜ同じ旬の時期なのに、ビタミンCだけを見ても栄養価が下がってしまっているのでしょうか?

その理由はいくつかありますが、『栄養価の数値が、旬以外の時期に作られた野菜も含んだ栄養価の平均になっている』ということも考えられます。

10年前は、今ほど1年を通して同じ野菜を作っていなかったため、旬の時期以外といっても、前後1ヶ月程度のズレでしたが、最近は農業技術が進歩して、旬の時期の前後3ヶ月くらいは野菜を収穫することができるようになりました。 ですから栄養価の数値には、旬以外の時期の野菜が半分近く入っているのです。 そのせいで、見かけ上野菜の栄養価が下がってしまったように見えるのですね。

しかし、計算上のことだけではないように思えます。 なぜなら、スーパーで見る野菜や果物も、家庭菜園で作ったという頂き物の野菜の中にも、なぜか他と比べて『匂い』の少ないもの、『色』の薄いものがあるからです。

実は、野菜や果物の『匂い』や『色』には、ミネラルが大きく関わっているのです。

野菜や果物の『匂い』とミネラルの関係
野菜・果物 栄養素 含まれているミネラル合成・分解に関係するミネラル
にんにく、ねぎ、たまねぎ アリシン イオウ 調べていません
レモン リモネン
(モノテルペン)
- マグネシウム、マンガン
フキ、ヨモギ、春菊 セスキテルペン類 - マグネシウム、マンガン

細胞機能と代謝マップ I

野菜や果物の『色』とミネラルの関係
野菜・果物 栄養素 含まれている
ミネラル
合成・分解に関係する物質
ミネラル ビタミン
ほうれん草、小松菜 クロロフィル マグネシウム マグネシウム、
鉄、亜鉛
ビタミンB6
にんじん、トマト βカロチン、リコピン
(カロテノイド系色素)
- マグネシウム、
マンガン
-
ブルーベリー、シソ 赤紫 アントシアニン
(ポリフェノール系色素)
- ビタミンC

細胞機能と代謝マップ I


このように、野菜や果物の『匂い』や『色』には、様々なミネラルが関わっています。 ここでは簡単なものしか調べていませんが、植物が『匂い』や『色』を作るには、他にも色々なミネラルが関係しています。 さらに『色』に関しては、ビタミンも関わっているので、ビタミンが減少しているということは、色が薄くなるということにつながります。

植物の『匂い』や『色』がどんな働きをしているかというと、『匂い』の成分は、植物同士のコミュニケーションに利用しているものも多いのですが、昆虫を誘ったり遠ざけたりと、野菜自身の体を守るためにも使われています。 アリシンは害虫駆除や抗菌作用、モノテルペン、セスキテルペンなどは抗菌作用や抗炎症作用から成長促進といった、植物の免疫的な働きやホルモンの働きをしています。

また、『色』の成分は、日光からエネルギーを作り出したり、野菜自身が紫外線から身を守る働きをしています。 前者はクロロフィル、後者は、カロテノイド系色素やポリフェノール系色素などの抗酸化機能ですね。 

『匂い』や『色』の成分が減少すれば、植物はエネルギーを作ることも、体を守るための物質を作る事も困難になります。 そうすると、害虫や病気の菌にやられやすくなったり、成長するために必要なものを作れなくなったり、悪循環に陥ります。

野菜や果物の『匂い』や『色』は、それらの健康さや栄養価の高さを表す重要なバロメーターだったのです。 野菜や果物を選ぶ時は、是非、匂いや色の濃いものを選ぶようにしましょう。 匂いや色の強いものは、ミネラルはもちろん、ビタミンも多く含まれているはずです。

こうやって見ると、ビタミンの減少は、どうやら野菜や果物のミネラルの減少にも関係しているようですね。 それでは次に、野菜のミネラル減少について、お話していきます。

~今日のポイント~
 野菜の『匂い』や『色』は、栄養価の高さを表すバロメーター。 
栄養価の高い野菜や果物を選ぶ時は、できるだけ、『匂い』の強いもの、『色』の濃いものを選ぶようにしましょう。


参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 細胞機能と代謝マップ I
 キリヤ化学HP(http://www.kiriya-chem.co.jp/tennen/tennen.html)



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/07 06:45】 | ビタミン | トラックバック(0) | コメント(2) |
野菜のビタミンはどこへいった? 1
10年前と今 

食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 2 で、野菜に含まれているビタミンCの話を少ししました。 旬の野菜はご存知のように、とても栄養価の高い食材です。 ところで、10年前にピーマンとトマトの栄養素が減ってしまったことで、緑黄色から淡色野菜に変わりました。 では、その他の野菜についてはどうなっているでしょうか? ビタミンCについて、10年前のものと比較してみます。

野菜・果物 1食で食べる
めやす量(g)
ビタミンC
含有量(mg)
減少率
(%)
4訂(約10年前) 5訂(現在)
春のイチゴ 5粒(85 g) 68 mg 53 mg 22%
冬のほうれん草 3株(90 g) 59 mg 54 mg 8%
冬のブロッコリー 1/4株(37 g) 59 mg 45 mg 23%
キャベツ 中くらいの葉2枚(100 g) 44 mg 41 mg 7%
5訂:5訂増補 食品成分表2006、4訂:食品成分表 93年

ものによっては、かなり減っているようです。 1日に必要なビタミンCの量は、100 mgと言われています。 約10年前の野菜や果物だと旬のものを1日3回食べれば、加熱調理をしていても必要量のビタミンCを摂ることができていたのですが、現代では同じメニューを食べてもそれができなくなってしまっているのです。 さらに、現代では喫煙やストレスなどによって、より多くのビタミンCを必要とするため、必要量をカバーすることは難しい状態になってしまっています。 残念な話です。

旬の野菜や果物がいいのは当然です。 ですが、このように現代の野菜や果物では、いくら旬のものを食べたとしても、充分な栄養素を摂りこむことが難しい状態になってしまっているのです。

それでは、栄養価が減っているのだから、食べる量を増やせばいいのでしょうか? そうすると、野菜や果物ばかりを食べるようになってしまい、他の栄養素が摂りにくくなってしまいます。 また、野菜をたくさん食べるためにしょうゆやドレッシングを使うことで、塩分過多になることも考えられます。 果物には糖分が多く含まれていますので、カロリー過多になりそうですね。 食品自体の栄養価が下がってきているので、栄養価を取るか、カロリーオーバーになるか、難しい選択です。

さらに、食品の栄養価ばかりを考えていると、主婦の方は献立を組み立て、食事を作ることばかりに専念しなければならなくなってしまいます。 そうなると、『作る楽しみ』や『食べる楽しみ』などが二の次になりはしないでしょうか。

と、ここまでお話して、少しおかしい点がありました。 同じ旬の時期に収穫されているのに、なぜ10年前と現代では、こうも栄養価が違うのでしょうか? この話は次に続きます。

~今日のポイント~
 野菜や果物の栄養価は、旬のものでも10年前と比較して少なくなっていることを知りましょう。


参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 食品成分表 93年(4訂)



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/06 16:39】 | ビタミン | トラックバック(0) | コメント(2) |
食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 2 
ビタミンCをサプリで摂ると、尿が黄色くなる?

食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 1 では、食品に含まれているビタミンCも、サプリメントに含まれているビタミンCも同じだという話をしました。 どちらも同じものですから、サプリも野菜と同じように冷蔵庫で保存して、早く食べることが大切ですね。

今回は、『野菜で食べるとおしっこが黄色くならないけれど、ビタミン剤で飲むと、黄色くなる』についてです。 この話、よく聞く話ですね。

ビタミンCは、黄色い色をしています。 ですから黄色い尿は、ビタミンCの色です。 ヒトでは80 mg以上を一度に摂ると、血液中のビタミンC濃度を下げるため、尿中への排泄が始まります。 どんな栄養素にでも言えることですが、いくら体にいいものでも、多すぎると害がになるので排出されます。 

実は、食事のみで1食80 mgのビタミンCを摂るのは、意識しない限りは難しいのです。

野菜・果物 1食で食べる
めやす量(g)
ビタミンC
含有量
調理による損失
茹でる(40%減) 蒸す(20%減)
春のイチゴ 5粒(85 g) 53 mg - -
冬のほうれん草 3株(90 g) 54 mg 32 mg 43 mg
冬のブロッコリー 1/4株(37 g) 45 mg 27 mg 36 mg
キャベツ 中くらいの葉2枚(100 g) 41 mg 25 mg 33 mg
5訂増補 食品成分表2006より

「茹でる」ことで、その40%が失われると言われていますので(ちなみに「蒸す」と、20%の損失ですみます。 野菜は、蒸す方がビタミンCの損失は小さいのです!)、この表のように、旬の野菜を食べてもなかなか1食で80 mg以上を摂ることは難しいのです。 もちろんこれ以上食べればいい話ですが、そうするとお腹がいっぱいになってしまって、他の食品が食べれなってしまいます。 1食でブロッコリー1/4株以上は、結構多いと思います。 だから、野菜をたくさん食べても排出されるだけの量はなかなか摂れないのです。

ですが、食事に加えてビタミンCのサプリメントを飲むと、サプリメントには1回量に50 mg以上入っているものが多いため、1食で80 mgを超えることがあるので、排泄が始まり、尿が黄色くなります。

加えて、野菜などの食品は、すぐに腸に移って吸収されるわけではありません。 食べたものは、胃でしばらく溜まり、少しずつ消化・吸収されます。 ですから、食事として一度にたくさんのビタミンCを摂ったとしても、時間をかけて少しずつ吸収されるし、元々吸収のよい類の栄養素ではないので、血液中のビタミンCの濃度が一気にあがることはあまりありません。 ですから、排出されにくいのです。 

一方、サプリメントのビタミンCは、消化を受けないためすぐに吸収が始まり、血液中の濃度がすぐに上がるため、排出されてしまうのです。

サプリからでも、食品に含まれるものと同じようにちゃんと吸収されます。 現に尿の色が黄色くなるのですから。 ただ、吸収されても、このような理由からすぐに排出されるだけなのです。 体は、食品に含まれるビタミンCとサプリメントに含まれるビタミンCを判別しているわけではありません。

排泄開始ラインを超える量を一度に摂らなければ、ビタミンCは排泄されることがありません。 ですからこのライン以下の量をこまめに摂り続けることで、体の中のビタミンCの量を一定にすることができます。 そうすると、肌だけでなく、体の中の様々な場所で起こる悪い活性酸素の影響も食い止めることができます。 悪い活性酸素をやっつける以外にも、ビタミンCは体の中で色々な働きをしています。 

体の中のビタミンCの濃度を高い状態で保つ利点はたくさんあります。 排泄されずに効率よくビタミンCを取り続けるには、1回80 mgを上限に、1日に何度も摂ることが重要です。

~今日のポイント~
 ビタミンCは、一度にたくさん摂るのではなく、1回80 mgを上限に、小分けにして何度も摂りましょう。
 野菜は、『茹でる』より『蒸す』方が、ビタミンCの損失は小さいです。


ビタミンCを食事で摂るのなら、朝から必ず野菜や果物を食べましょう。 特に、旬の野菜やくだものにたくさん含まれています。 空が明るいうちは、必ずビタミンCを摂るようにすれば、紫外線によってできる悪い活性酸素の害を防ぐ事ができます。 できれば3食全てで野菜や果物を食べましょう。 そして、それができない場合は、少しのビタミンCをサプリメントで補いましょう。

参考文献
 5訂増補 食品栄養成分表2006
 細胞機能と代謝マップ I
 食品成分表 93年



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/05 10:18】 | ビタミン | トラックバック(0) | コメント(0) |
よもやま話  ~酵素が働くために必要な、第4の条件・ミネラル~
毎週日曜日は、研究室での実験と、実生活がリンクした時のことを書いていきます。 
今週は、「酵素」と「ミネラル」についてです。

学生の頃、酵素を用いた実験をしていたと、1/21のよもやま話でお話しました。 酵素には、とてもたくさんの種類があり、体の中の多くの機能を支える大事な物質で、① 特定の物質とくっつく、② 働くための最適温度がある、③ 働くための最適pHがある、ということは、お話したとおりです。

しかし、この3つの条件を満たしていたのに、酵素活性が低く出てしまった時がありました。 その時は、何度測定しても、酵素活性は低いまま。

今度は一体何を間違ったのだろう?と、原因を探しました。 その結果、あるものを忘れていたのです。 そのあるものとは、この酵素が働くために必要なミネラルだったのです。 ミネラルとは、ある種の金属のことです。

実は、酵素には、金属酵素といって、金属を含むものがあるのです。 酵素ではありませんが、血液中に含まれているヘモグロビンは、鉄を含んでいます。 それと同じように、酵素にも、特定の金属を含むものがあるのです。

金属酵素のように、酵素の中に金属を含んでいるものもありますが、中には金属を持たないけれど、特定の金属と一緒に働くものもあります。 私が使っていたのは、後者の方で、酵素活性を測定するための液の中に、この酵素が働くのに必要な金属を入れるのを忘れてしまっていたのでした。

すぐに液を作り直し、金属を含む液を用いて酵素活性を測定したところ、すぐに普段どおりの活性になりました。

ここ数年、食品に入っているミネラルが注目されています。 ミネラルは、このように、酵素が働く時に不可欠な場合が多いからです。 私が実験を失敗したように、ミネラルが体で不足すると、たとえ酵素活性を高めるための3つの条件を満たしていても、ミネラルを必要とする酵素は働けないのです。

とても重要なミネラル、皆さんの体調不良や肌のトラブルには、ミネラル不足が関係しているのではないでしょうか?


5訂増補 食品成分表2006によると、同じような金属でもミネラルと微量金属、電解質に分けられていて、

ミネラル:マグネシウム、カルシウム、リン
微量金属:クロム、モリブデン、マンガン、鉄、銅、亜鉛、セレン、ヨウ素
電解質:ナトリウム、カリウム


となっています。 しかし、ここには出ていませんが、本当は必要な微量金属、ニッケルやコバルトなどもあります。

皆さん特に微量金属に関しては、ほとんど知らないものばかりではないかと思います。 金属酵素は、この微量金属を持つものが多いため、これらがなければ働くことができない酵素はたくさんあります。

今まで紹介した中にも、
亜鉛 (手あれを治すには?子供の『危険を避けるための力』を高めるには亜鉛と記憶や学習の関係 ナド)
セレン(美肌と活性酸素 1冬は美白の季節シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2 ナド)
クロム(美容とダイエットの味方、クロム(クロミウム)
が出てきました。 体の中で様々重要な働きをしている金属酵素は、これらが無ければ働くことができません。 また、クロムや亜鉛のように、金属単体でも働く場合があるので、不足すると体の中の色々な働きが低下します。

しかし、微量金属は、摂りすぎると体に害になるものがほとんどなので、必要量を理解した上で摂りましょう

参考文献
 5訂増補 食品成分表2006
 細胞機能と代謝マップ I
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:研究者の生活 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2007/02/04 08:13】 | よもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) |
食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 1
野菜とサプリのビタミンC、同じものなの?違うものなの?

ビタミンCは何に効く? 12(美容編)3(免疫編) でお話したとおり、ビタミンCは、体の中でとても重要な働きをしています。 肌にとっても、とてもいい働きをしてくれるので、積極的に摂って欲しい栄養素です。

ではこのビタミンC、食品に入っているものと、サプリメントと、どう違いがあるのでしょうか?

ビタミンC
アスコルビン酸 →酸化→ デヒドロアスコルビン酸
      物質    ←還元←    酸化物質  

食品に入っているビタミンCは、新鮮なものほどアスコルビン酸が多いのですが、日を追うごとに酸化してデヒドロアスコルビン酸に変わり、さらに分解されてしまいます。 切り口が空気に触れていれば、そこからどんどん酸化していきます。 

でも、ビタミンCは、酸化されるだけなら大丈夫です。 ヒトの場合は、分解さえされていなければ、体の中に入ると還元されてアスコルビン酸に変えることができるので(ビタミンCは何に効く? 1)、どちらでもビタミンCの効果としては、変わりはありません。

しかし、ビタミンCの分解は、酸化→分解という順番で起こっていくので、酸化が進むと分解されてしまいます。 分解されては効果が無くなってしまうので、とにかく野菜などは酸化させないようにしましょう。 空気に触れている時間を短くするため、新鮮なうちに食べきってしまうことが大切です。 そして、できるだけカットせずに保存し、カットされたものは早く使いきれるようにしましょう。

もちろんサプリメントも同じで、表示を見てもらえれば解りますが、サプリメントに入っているのはアスコルビン酸です。 食品と同じ成分が入っているので、当然同じように空気に触れて徐々に酸化され、分解されていきます。 サプリメントも食品と同じく、冷蔵庫に保存して、分解しないうちに早く飲んでしまうことが大切です。

食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンCは、同じものです。 同じものですが、食品だとビタミンC以外の様々な栄養素も取り入れることができますが、サプリメントではビタミンCしか補えません。 サプリメントとは、食品の中に含まれている特定の栄養素を補う力しかないのです。

一番いいのは、たくさんの栄養素を一度に摂り込む事ができる食品です。 そして、食事によって摂り切れない栄養素を、サプリメントで補うようにすることです。

…ビタミンCの話から少しそれてしまいましたね。 

食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンCのお話ということで、次は『野菜で食べるとおしっこは黄色くならないけれど、ビタミン剤で飲むとおしっこが黄色くなる』という話について、考えてみたいと思います。 食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 2 に続きます。

~今日のポイント~
 食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンCは、同じもの。 どちらも壊れやすいものなので、新鮮なうちに食べてしまいましょう。 


ビタミンCは、アスコルビン酸とデヒドロアスコルビン酸の総称です。 同じ哺乳類でもネズミは、酸化型のデヒドロアスコルビン酸を体の中で使うことはできませんが、ヒトはどちらも利用することができます。


参考文献
 5訂増補 食品栄養成分表2006
 細胞機能と代謝マップ I



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:ダイエット食品・補助食品・サプリ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/03 07:02】 | ビタミン | トラックバック(0) | コメント(4) |
シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2
紫外線予防には表皮が重要 

シミ・そばかす、にきび痕を消したい 1 で、メラニン色素やメラノサイトは、危険を感じて黒いメラニン色素を作っているということを書きました。 それでは、今度は具体的に危険から避ける方法について書いていきます。

肌は、大きく分けると表皮と真皮という2つの組織からできています。表皮は、
 ・紫外線を跳ね返す
 ・様々な刺激から真皮を守る
 ・水分の蒸発を防ぐ
 ・表皮の最も奥にある部分(基底層といいます)で、表皮の細胞を作るため細胞分裂する
等の働きをしています。

実は、表皮には顆粒細胞といって、細胞の中にガラス質をたくさん含んだ細胞の層があって、紫外線を反射させる力を持っています。 ですから、表皮の細胞が良質で、充分に成長できていれば、紫外線を跳ね返すことができるのです。 

メラノサイトは、この顆粒層より下の部分の基底層にいるため、顆粒細胞が充分に紫外線を反射できれば、紫外線の影響を受けにくくなります。

良質な表皮を育てるためには、基底層の細胞が正しく細胞分裂しなければならないので、α-リノレン酸と亜鉛が重要です。 そして、それと同時に、体の内側から悪い活性酸素の原因になる過酸化水素をやっつけるため、セレンを摂り、できてしまった悪い活性酸素をやっつけるため、ビタミンE、C、βカロチンも合わせて摂りましょう。 

良質な表皮を作ることができれば、紫外線を跳ね返すだけでなく、上記の3つの働きがアップし、敏感肌や乾燥肌の改善にもなります。

また、これだけで心配な場合は、日焼け止めを利用しましょう。 メラニン色素やメラノサイトを刺激しないために、『落ちにくい』ものではなく、『落ちやすい』ものを使用し、落ちたら塗りなおすようにしましょう。

こうやって、肌に降り注ぐ紫外線を防ぎ、食事によって活性酸素をやっつけ、紫外線の影響を防ぐことで、メラニン色素やメラノサイトに、危険がなくなったことを知らせてあげましょう。 しかし、一度活発にメラニン色素を作り始めたメラノサイトは、再び危険が迫った時のために、しばらくの間は活発に活動を続けます。 ですから、その働きが弱まるまでには時間が必要なのです。 その間は、常に体の内と外から紫外線の影響を小さくし続ける必要があります。 

一度メラノサイトが危険を感じてしまえば、安心させてあげるには時間がかかるのです。
黒いメラニン色素を黄色く戻すものに、ビタミンCがあります。 ビタミンCをシミに与え続けると、時間をかければ黄色に戻すことができます。 でも、よく考えてください。 黒いメラニン色素は、細胞を守るための黒い帽子です。 黒いメラニン色素に代わって紫外線を防ぐ行動をせずに、その帽子を剥ぎ取ってしまえば、下にある細胞が壊れてしまうかもしれません(最悪、皮膚ガンです)。

ビタミンCでシミを取ることは可能ですが、こういう理由からお勧めできません。 紫外線の影響から身を守れていない状態だと、折角取れたと思っても、また同じ場所にできる可能性があります。 シミを薄くする、消してしまうためには、体の外と中からメラノサイトを安心させてあげる方法が、最も良い方法なのです。

~今日のポイント~
 できてしまったシミ・そばかす、にきび痕を治すには、メラノサイトを安心させてあげよう。 紫外線を防ぐために、良質な角質層を作り、体の内から過酸化水素をやっつけよう。


表皮の細胞は、上から『角質層』、『顆粒細胞層』、『有棘細胞層』、そして一番下が『基底細胞層』となっています。 細胞分裂をするのは、この中では『基底細胞層』の細胞だけで、この層の細胞以外は分裂しません。

表皮にある強力な防水バリアは、『顆粒細胞層』と『有棘細胞層』が作っています。 ですから、化粧水や美容液などを肌に塗ることで細胞分裂をする『基底細胞層』の細胞に栄養を与えるのは至難の業です。 それよりは、食事によって必要な栄養素を取り入れる方が、よっぽど楽です。 『基底細胞層』の細胞の周りには、毛細血管から染み出た栄養が届きやすいようになっていますから。


参考文献
 あたらしい皮膚科学
 細胞機能と代謝マップ Ⅰ
 



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/02 05:59】 | シミ・そばかす | トラックバック(0) | コメント(2) |
シミ・そばかす、にきび痕を消したい 1
メラニン色素にも色がある 

日焼けしたあと色が黒くなったり、シミやそばかす、にきび痕は、メラニン色素が原因です。 メラニン色素は、皆さんよくご存知の黒い色の色素で、メラノサイトという細胞が作っています

でもこのメラニン色素、実は色んな色があるのを知ってますか? 実は、メラニン色素には、黒と黄色の2種類があります。 日本人の肌のが黄色っぽいのは、主に黄色いメラニン色素が存在しているからです。 

メラニン色素の最も重要な仕事は、紫外線の害の防止です。 美肌と活性酸素 1 、 でも書きましたが、紫外線に当たると肌の細胞に悪い活性酸素が発生し、悪さをたくさんします。 それを防ぐためにあるのがメラニン色素なのです。

メラニン色素は悪者のように言われていますが、実は、肌の細胞の中にできた活性酸素を吸収し、それ以上発生しないようにしています。 夏には黒い日傘が流行りますよね。 黒い色には紫外線を跳ね返す力があります。 ですから、黒いメラニン色素は、肌の細胞を守るための黒い日傘や帽子なのです。 黄色いメラニン色素も、紫外線を跳ね返す力を持っていますが、黒いメラニン色素の方が、その力は強いです。

このメラニン色素、最初から黒い色をしているのではなく、元々は黄色です。 紫外線を浴びると、黄色いメラニン色素が一時的に黒くなり(紫外線を防ごうと、黄色い帽子を黒い帽子に替えるのです)、シミができます。 でもこれは一時的なものなので、肌のターンオーバーによって消えてしまいます。

しかし、さらに紫外線に当たり続けると、黄色いメラニン色素を作っていたメラノサイトが活性酸素の影響を大きくしないため、黄色を黒に変えて行き、作る量も増やしていきます。 こうなると、なかなか消えないシミになってしまうのです。
また、変化するのはメラニン色素だけではありません。 紫外線の刺激によって、メラノサイトも増えます。 増えた状態で紫外線が当たると、黒いメラニン色素を作るものが増えていくので、シミはどんどん大きくなってしまいます。

他にメラニン色素を変化させたり、メラノサイトを増やしたりする働きを持つものは
・ ストレスを感じた時に出る副腎皮質ホルモン
・ 女性ホルモンのエストロゲン
・ 塗り薬や、化粧品、日焼け止めクリームに含まれる金属や薬剤

です。

この2種類のホルモンは、ストレスで多く分泌されたりバランスが狂ったりするので、影響を受けやすくなります。 ストレスはこまめに発散できるようにしたいですね。 メラニン色素は、金属や薬剤を吸収する働きも持っています。 肌のことを考えると、これらを避けるためにも、できれば肌には何も塗らない方がいいのです

シミができるのも、濃くなるのも、大きくなるのも、全てメラニン色素やメラノサイトが危険を感じているからです。 シミは、肌に危険が迫っているという大切なサインです。 すぐに消そうとするのではなく、どこに危険があったのかを考え、生活習慣を改める必要があります。 シミの無い肌というのは、美しいだけでなく、危険を避ける習慣が身についている証拠です。

では、具体的に危険を避けるにはどうすればいいのでしょうか? できてしまったシミは、もう消えないのでしょうか? 『シミ・そばかす、にきび痕を消すために 2』に続きます。


~今日のポイント~
 メラニン色素やメラノサイトは、危険を感じて黒いメラニン色素を作ります。 肌に危険を感じさせないように、紫外線やストレスを上手に避けましょう。 


参考文献
 あたらしい皮膚科学
 細胞機能と代謝マップ Ⅰ



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/01 05:47】 | シミ・そばかす | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。