無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
皮脂の分泌をコントロールしよう 1
キーワードは、男性ホルモンと温度

もうすぐ7月ですね。 日増しに暑くなってきています。 暑くなると嫌になるのが、皮脂です。 冬場は寒さのせいで皮脂がうまく分泌されず、乾燥肌の原因になっていましたが、夏場は分泌過剰になるのが困りものですね。 朝起きると顔がベトベト、昼間もちょっと汗をかくとすぐドロドロ…といった感じになってしまうのが悩みの種です。

「嫌な皮脂過剰をやっつけるために、先ずはしっかり洗顔!!」と言われる場合が多いのですが、その前に、まずは皮脂分泌について知りましょう。

皮脂分泌は、何がコントロールするの?

皮脂は、毛穴にある皮脂腺で作られ分泌されます。 皮脂を分泌するのだから、皮脂腺はいつも皮脂で溢れている状態なのかというと、そうではありません。 皮脂は、脂腺細胞という皮脂腺付近にある細胞の中で作られ、細胞内に皮脂をたくさん溜め込みながら皮脂腺の出口に集まってきます。そして出口付近で、皮脂でパンパンになった脂腺細胞が弾けることで始めて、中の皮脂が分泌されます。

この脂腺細胞の成長・分泌をコントロールしているのが、アンドロゲンという男性ホルモンです。 女性に男性ホルモンがあることが疑問でしょうけど、実は男性ホルモンは、女性ホルモンの原料になっているため、女性にも少量は分泌されています。

ということは、このホルモンをうまくコントロールできれば、
皮脂分泌もかなりコントロールできるということです。


アンドロゲンは、さらに上位のホルモン、CRH(コルチコリベリン)やACTH(副腎皮質刺激ホルモン)によって分泌量が調節されています。 実は、CRHやACTHなどのホルモンは、昼夜の影響を受けるホルモンです。 起きている昼に増え、眠っている夜には減少します。 ですから、夜に充分寝ることで、ある程度皮脂分泌をコントロールすることができるのです。

CRH → ACTH → アンドロゲン →→→ 皮脂分泌


夜、暑くて寝苦しいからと遅くまで起きていると、皮脂の分泌は盛んになってしまいます。 しっかり眠ることは皮脂分泌を過剰にしないためにも重要ですね。

でも、朝起きると皮脂でドロドロの時、ありませんか?

皮脂の合成や分泌は、ホルモンの作用も受けますが、温度にも影響を受けます。 これは体のどの機能にも言えることですが、温度が上がると機能が活発になります。 ですから、眠っている間の気温が高くなると、必然的に皮脂分泌も盛んになります。

夜眠っている間の皮脂は、ほこりやお化粧などの影響を受けていないため、ベトベトして見えますが、実はさらさらの状態です。 ですから、朝の洗顔には、石鹸や洗顔フォームは必要ありません。 先ず、ぬるま湯でしっかり行い、その後冷水で数回洗って冷やしてあげると、皮脂分泌が少し抑制されて丁度良くなります。 さらに、タオルで包んだ氷や保冷剤などで、鼻と頬の辺りが少しひんやりする程度に冷やすと、より効果が出ます。

朝起きて顔がべたべたするからと、石鹸や洗顔フォームを使うと皮脂が取れすぎてしまい、取れた皮脂を補うために午前中の皮脂分泌が盛んになってしまいます。 昼間はホルモンの影響でただでさえ皮脂分泌が増えるのですから、極力過剰な分泌は防ぎたいですよね。 少し皮脂を残した状態で冷やしてあげることがポイントです。

長くなってきたので、次に続きますね。 次は、昼間の皮脂対策です。


~今日のポイント~
 皮脂分泌は、男性ホルモンと温度に影響を受けるため、これらを上手くコントロールするようにしましょう。 夜しっかり眠り、朝のぬるま湯洗顔後、軽く冷やしてあげると効果的です。


参考文献
 にきび最前線 / メディカルレビュー社
 よくわかる生理学の基礎 / メディカル・サイエンス・インターナショナル
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版 / ニュートンプレス


スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:キレイなお姉さんに! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/06/29 06:20】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(2) |
「夜の紫外線対策」を少し修正
久しぶりの更新になってしまいました。 書きたいことはたくさんあるのですが、プライベートでまで書きたくないなぁ。。。と思ってしまうほど書類の作成が続いていたため、しばらくお休みしていました。 でも、この書類作成、ひと段落着いたのではなく、実は始まったばかりなんです。。 しばらくはのんびり更新になってしまいそうですが、クレンジングや夏に重要な栄養素、スキンケアの話は必ずしたいと思っているので、興味のある方は気長に待っててくださいね。

ところで、今回は、以前書いたもので表現が悪かった部分が見つかったので、修正の意味も込めての更新です。

紫外線対策 3 / 24時間、昼も夜も紫外線対策

実は、とある質問掲示板で、夜の紫外線に関する質問の回答の参照サイトとしてこのページがリンクされていました。 質問は、「夜でも紫外線が降り注ぎますか?」というものでしたが、その回答で、「夜でも紫外線が降り注ぐようですよ。詳しくはこちらをどうぞ~」といった感じで参照されていました。

この記事は、「夜の紫外線まで防がなければならない」ということを言っているのではなく、「昼間に受けた紫外線の影響を小さくするため、夜にできる対策(=メラトニンを分泌させる)をしましょう」ということが言いたくて書いたものです。

夜も紫外線は降り注ぎます。 私は詳しくなかったのですが、その他の回答を見せていただくと、太陽が沈んでも太陽の光が月に反射して紫外線が降り注ぐそうです。 確かに、月は恒星ではないので自分で発光することはありません。 月の光は太陽光線の反射光になるため、間接的に紫外線を発することになるんですね。

ということは、夜にも日焼け止めが必要なの??

たしかに夜にもこうやって紫外線は降り注ぎますが、昼間と比べるとその量は相当少なくなっています。 「ゼロ」ではありませんが、昼間の量と比べると「ない」のと同じくらいです。 問題は、紫外線が「ある」か「ない」か、ではなく、量が「多い」か「少ない」か、です。 ですから、「多い」昼間には十分な対策が必要ですけど、「少ない」夜には必要ありません。

月の光の紫外線を防がなければならないのではなく、「昼間に受けたダメージを修復することが、夜にするべき紫外線対策なんですよ~」と言いたかったのですが、私の言葉足らずでした。 誤解を与えてしまって申し訳ありませんでした。

夜は、昼間に受けた紫外線の影響を
修復するための大切な時間


昼間に受けた紫外線の影響を修復するのが、夜、真っ暗な部屋で眠った時に分泌される『メラトニン』というホルモンです。 このホルモンは、睡眠ホルモンであると同時に、強力な抗酸化物質です。

特に、ペルオキシラジカルといって、ヒドロキシラジカルによって細胞膜にある不飽和脂肪酸が過酸化する時に発生する活性酸素を消去してくれます。 メラトニンは、細胞膜の過酸化を防いでくれる、ビタミンEと同じような働きをする重要な抗酸化物質です。

紫外線の影響を修復してくれるということで、解りやすいように「夜の紫外線対策」という表現をしましたが、夜出歩く時にも日焼け止めをしっかり塗って、ビタミン類を摂り、日傘や帽子が必要だというわけではありません。 夜は、出歩くよりも、しっかり眠ってメラトニンを分泌させるのが一番ですね。


~今日のポイント~
 昼間の紫外線の影響を修復するために、夜は真っ暗な部屋で眠ることで、充分メラトニンを分泌させましょう。


ペルオキシラジカルは、ヒドロキシラジカルが細胞膜を構成している不飽和脂肪酸と反応してできる活性酸素です。 この活性酸素は、細胞膜上の多くの脂肪酸と連続して反応するため、細胞膜の劣化を進めます。 昼間はビタミンEとCでやっつけ、食事によってこれらの補給ができない夜はメラトニンでやっつけるというのが、効率のいい方法です。

参考文献
 気象庁 紫外線に関する基礎知識
 気象庁 紫外線情報分布図
    地域ごとの紫外線の予想分布図があります。お出かけ時の対策の参考になります。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/06/21 04:23】 | 紫外線対策 | トラックバック(0) | コメント(4) |
自家製日焼け止めの効果は? 2
食べる日焼け止めと組み合わせることで、強い日差しを浴びても日焼けを防ぐことができました。 自家製日焼け止めも、それなりに効果があったみたいで嬉しかったです(自家製日焼け止めの効果は? 1)。

ところで、この自作の日焼け止めですが、
どうやって落としたと思いますか?


今回、日焼け止めクリームを自分で作ったのは、市販のものは「落ちない」ように作ってあるので、洗顔にクレンジング剤や石鹸が必要だということが気に入らなかったからです。 ですから、使う油について少しは考えたつもりでした

夜、疲れてホテルに帰ってきたのですが、ちゃんと落とさないと実験の意味がない! ということで、早く寝たいのを我慢して、先ずはぬるま湯洗顔をしました。 普段よりも少し温度を高めにして20回ほど洗顔をし、柔らかいタオルを押し付けるようにして水分を除くと、肌についたものは充分取れた感じがしました。

...でも、鏡をよくみると、鼻の頭と唇のすぐ上の毛穴に、白いものが残っていました。 肌表面のものは取れたとみたいでしたが、毛穴に入り込んだものは残ってしまったみたいです。

さすがにそれは嫌なので、部屋の電子レンジで蒸しタオルを作り、軽く毛穴を開いた後、ホホバオイルをなじませ、ティッシュオフ(こすらずに、押し付けるだけです)を数回し、もう一度ぬるま湯洗顔をしっかりしました。 これでほとんど取れましたが、やはり少し残っていました。

毛穴に残った酸化亜鉛や酸化チタンはどうする?

とても気になったのですが、色々考えた結果、今回作った日焼け止めは、
 ① 少ない量の酸化チタンや酸化亜鉛しか入れていない
 ② これらは肌から吸収されるものでもなく、安定なものなので毛穴で悪さはしない
 ③ 毛穴に入ったものは、皮脂と一緒に分泌されて肌の表面に出てくる

この3点から、ひとまずそのまま寝ることにしました(内心、びくびくでした)。

夜眠っている間は昼間に比べて皮脂の分泌が少ないため、肌の表面が乾燥さえしなければ必ず滑らかに分泌されます。 ですから、やはり肌を乾燥させないためにも、少々毛穴が気になってもクレンジングや石鹸洗顔はしないほうがいい、そう思って、石鹸洗顔したいのを我慢しました。

乾燥を防ぐことで、
肌自身の力による毛穴ケア力がアップ


これが正解でした。
夜寝る前には確かにあった毛穴の白いぶつぶつは、朝になるとほとんどわかりません(鼻の辺りは、普段より脂が出ていました)。 そして、朝のぬるま湯洗顔をしっかりすることで、毛穴に残っていた白いものはなくなってしまいました。

毛穴のケアというものは、肌に塗ったものが負担の小さいもので、その量も少なければ、乾燥さえ防げば肌自身の力でケアできるものなんですね。 皮脂腺が分泌する皮脂は、肌の表面を守るバリアの働きをするためだけでなく、毛穴に溜まった汚れの排泄を助けるためのものでもあるのですから。

結局、毛穴が詰まるのは、
 ① 肌に塗ったものが油に溶けやすいものだった
 ② 肌に塗ったものが毛穴への負担の大きいものだった、または負担が小さくても量が多かった
 ③ 肌が乾燥していた

この3つが原因ですね。

結局旅行中はずっと日焼け止めを初日と同じようにしっかり塗ったのですが、特に肌のトラブルもなく帰って来ました。 自作の日焼け止めの効果も、毛穴の力のこともわかって、有意義な実験旅行でした。

ところで、いつも遊びに来ていただいている今生さんに、「食べる日焼け止めのSPFの数値ができたら面白いですね」というコメントをいただきました。 確かに、これが解ると食事の大切さがはっきり解って便利ですね。 私を含め、多くの人が知りたいことだと思います。 ただ、その測定方法や、判定基準の設定が難しいですね。 私は、とにかく食事によるスキンケアを強く推奨しているので、私が判定すると主観が入ってしまいそうです(笑)。 主観が入るのは科学的ではありませんから。 何かよい方法を考え付いた方は、是非教えてくださいね!

日焼けの程度を調べるには、バナナの皮を用いた面白い実験があります。
ママとサイエンス
推薦2:日焼けを調べよう
小学生がやった実験を少し応用させてもらおうと思っています。 バナナの皮に、SPFの解っている市販の日焼け止めと自作の日焼け止めを、塗る量を揃えて別々の場所に塗ります。 さらに日焼け止めを塗った以外の場所にアルミホイルを巻いた状態で、日光に数時間当てます。 数時間後、バナナの皮の色の変化を比較することで、大体のSPFを調べるという方法です。 正確な実験ではありませんが、大体どの程度紫外線を防ぐ効果があるのかがわかりますね。 簡単で面白い実験なので、自作の日焼け止めでも調べてみたいと思っています。 でも、これであまりにも効果が弱かったら、少し凹みますね...。


旅行から帰ってきて、一番驚いたことは、日焼け止めの効果ではなく、帰宅した夜に飲んだスプーン2杯のしそ油でした。 朝起きると頬がプリプリになっていたのには、本当に驚きました。 旅行中は、一切しそ油を飲まなかったので、不足状態だったんでしょうね。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:コスメ・美容 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/06/10 13:51】 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(6) |
自家製日焼け止めの効果は? 1
旅行から帰ってきました! 汗ばむ陽気の中、たくさん外で遊んだのにはさすがに疲れました。 というのも、今回の旅行のうちの1日は、20年ぶりに(!)ディズニーランドに行ってきたのです。

開園前から並んで9時きっかりに入園し、乗れる限りのアトラクションに乗って、最後の花火も見てきました。 子供だけでなく、大人にも「夢」や「幸福感」が提供できる仕事って素敵だなぁと感動してしまい、本気で転職したくなりました(笑)。 …転職は無理なことですけど、私は私で多くの人がきれいになって、喜んでもらえるような情報を提供していければと思っているので、これからも色々研究していきたいと思います。

ところで、今回は宣言通り、
自作の日焼け止めを利用してきました


朝の6時半頃、ぬるま湯洗顔をした後、自作の日焼け止めをたっぷり塗り、頬と鼻には2度塗りをしました。 日焼け止めに混ぜた酸化亜鉛や酸化チタンは、しっかり混ざっていたみたいで、ダマになることなく(これは、作る時の混ぜ具合にかなり左右されることです)充分伸びて、白浮きすることはありませんでした(白浮きは、酸化亜鉛や酸化チタンは白い色をしているので、加えた量が多いと起こります)。

この上にパウダー(UVカット効果はありません)を重ねてしっかり押さえ、あとは普段通りのポイントメイクをして終了。手と首にも塗った後、つばの広い帽子(10 cmプリムのラフィアの帽子です)をかぶり、サングラスをかけ、長袖で過ごしました。

午後1時過ぎ、かなり暑かったのと、もともと取れやすいように作ったのもあって、少し崩れてしまいましたが、パウダーで軽く押さえるとすぐに復活しました。 ドロドロにならなかったので良かったです。 結局、遊ぶのに忙しくて面倒だったのもあって、塗り直しはしませんでした。

自作の日焼け止めの効果は...?

結果、肌が赤くなることもなく、今ある薄いシミが濃くなることも、新たにシミが増えることもありませんでした。 とはいっても、新たにシミが増えるのは、もう少し時間が経たないと解らないものなので、今の段階ではなんともいえません。 それでも、この旅行中、これだけ1日中太陽の下にいて全く変化がなかったということから、塗る日焼け止めと、食べる日焼け止めを組み合わせることが、いかに重要なことなのかがよくわかりました。

食べる日焼け止めの効果は凄い!

今回は、日焼け止めの効果が弱いことがわかっているので、旅行に行く1週間ほど前からビタミンCをこまめに摂ることで、予防策を取っていました。 そして当日の朝食では、食べる日焼け止めであるビタミンE、C、β-カロチンを含む食品を食べ、サプリメントでセレンを摂って、準備万端。 さらに、思い出す度に、ポーチに入れたビタミンCのタブレットを口に入れ、こまめに、こまめにビタミンCを補給するようにしていました。

はっきりいって、肌に塗る日焼け止めは手を抜いています。 自作の日焼け止めは、SPFだってきっとかなり弱いものでしょう。 でも、それを利用しても、食べる日焼け止めをきっちりしていれば、充分な効果があるということがわかりました。 ということは、やはり重点を置くべきなのは、食事ですね。 充分な食事なしに 美肌はありえません。 これは私の持論ですが、今回これが再確認できて嬉しいです。

まだまだ書きたいことがあるのですが、長くなったので、日焼け止めを落とすことの話は、次に続きますね。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/06/08 17:00】 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(4) |
日焼け止めを考える。
今日のお天気がイマイチなんで少し心配なんですけど、実は明日から、夏休みの前倒しということで旅行に行ってきます。
お天気が非常に気になるところですが、きっと晴れてくれるだろうと信じて行って来ます。

一般的に、曇りだと紫外線量は約30%減、雨だと約60%減と言われていますね。
ということは、曇りや雨だと、普段通りに日焼け対策さえできていれば、焼ける度合いは少なくなるってことですね~。
普段通りということで、きっちり日焼け止めを塗って帽子をかぶり、朝食を気をつけて、途中でビタミンCを補給しながら遊んでくる予定です。

仕事柄、日中ほとんど外に出る機会がないというのもありますが、実は私、今まで肌に塗る日焼け止めは使っていませんでした。
食事と帽子、手袋、サングラスだけでカバーしてたんです。
でもさすがに今回の旅行は外で過ごす時間が長いので、きちんと塗らないとよくないなと思って、日焼け止めのことを考えるようになりました。
でも、色々探したんですけど、納得いくものがないんですよね。。
紫外線吸収剤の使用や油の成分はもちろんですが、実際に肌に塗ってみると、真っ白くなってしまったり、異常に肌が乾燥したり、ぬるま湯洗顔では落としきれなかったり…。
肌が乾燥するのが一番嫌なことですね~。

とにかく、自分で納得できないものを肌に塗るのは好きではないので、今回、思い切って自分で日焼け止めクリームを作ってみました。
日焼け止めクリームを作るって、難しそうですが、以外に簡単なんですよ。
実験みたいで楽しく作れました。
cream.jpg
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/06/03 15:17】 | 日々のこと | トラックバック(0) | コメント(5) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。