無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「ナノテク」化粧品に注意!
前回お話した「ナノテク」のことが気になったので、珍しく続けて更新しています。

前回は、「ナノテク(ナノテクノロジー、ナノ技術)」を利用した日焼け止めは、紫外線吸収剤が入っていないものでも安全性に問題があるというお話をしました。 これまで日焼け止めに使われていた酸化チタンや酸化亜鉛は、マイクロサイズ(10-6 m:10のマイナス6乗メートル)で、人体にとってはほぼ無害であることが確認されています。 ところが、同じ酸化チタンや酸化亜鉛であっても、ナノサイズ(10-9 m:10のマイナス9乗メートル)にすると、安全性に関する研究が行われていないため、何らかのトラブルが起こる可能性があるのです。 ナノテク製品(ナノマテリアル)については、日本では厚生労働省などが調査を行っているようですが、はっきりとしたことは分かっていませんので、安全性が確認されるまでは避けた方がよさそうですね。

ところで、このナノテク、元々は半導体や医療の分野で発展した技術ですが、最も一般に普及しているのは、どうも化粧品のようです。 日焼け止め以外にも、ナノテクを使った化粧品には、こんなものがあります。
続きを読む>>

スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/27 22:40】 | スキンケア | コメント(7) |
「ナノテク」入りの日焼け止めに注意!
前回、紫外線対策としては、UVインデックスに合わせて日陰や長袖シャツ・帽子などを利用した上で、紫外線吸収剤の入っていない、SPF30、PA++程度の日焼け止めを利用することをお勧めしました。 SPF30、PA++程度の日焼け止めとは、酸化チタンや酸化亜鉛といった、紫外線散乱剤のみを使ったものです。

ところが最近、SPF30以下、SA++程度の、通常SPFの日焼け止めであっても、問題があるものが増えているようです。 その問題とは、既にご存知の方も多いかと思いますが、日焼け止めに使われている酸化チタンや酸化亜鉛などの紫外線散乱剤の中には、粒子径の非常に小さいものが増えているということです。

「ナノテク(ナノテクノロジー、ナノ技術)」という言葉を聞いたことがある方はいらっしゃると思います。 ナノテクとは、物質をナノ(10-9 m:10のマイナス9乗)サイズに加工する、新しい技術のことです。 これまでの物質加工の技術では、マイクロ(10-6 m:10のマイナス6乗)サイズにするのが精一杯でした。 それが、科学技術の進歩で、1000分の1の大きさに加工することができるようになったのです。 …といっても、ナノもマイクロも、目に見えるサイズではないので、ピンときませんね。 文部科学省のナノテクノロジー・ネットワークのHPに、子供向けにナノテクの説明をしたページがあります。 その中にある「ナノメートルってどれくらい?」を見ると、ナノやマイクロをイメージしやすくなります。
ナノテクKIDSへようこそ!!

現在、ナノテクは、主に半導体や材料化学、さらに医療の分野で活躍している技術です。 科学を愛するものとしては、技術が進歩し、それによって生活が豊かになることは、非常に喜ばしいことだと思っています。 しかし、その技術が化粧品にも利用されるとなると、少しとまどってしまいます。 というのも化粧品は、安全性(発がん性や催奇性などの有害性を長期的に調べること)に関する試験を、医薬品ほど厳密に行わずに商品化できてしまうからです。

化粧品にナノテクを利用する場合の利点と欠点

たとえば、ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛の場合の利点としては、「日焼け止めに混ぜて肌に塗ると、粒子径が小さいので分散しやすく、白浮きしにくい」点があります。 酸化チタンや酸化亜鉛のみの日焼け止めは、肌に塗ると白浮きしやすいという欠点がありましたから、これはかなり大きな利点です。

一方、欠点としては、ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛は、「人体に対して安全かどうかが、全く分かっていない」ということです。 ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛は、ほとんど無害であるかもしれませんが、もしかしたらとんでもなく有害なものである可能性もある、ということです。

同じ物質でも、ナノサイズとマイクロサイズでは、性質が異なる

酸化チタンや酸化亜鉛は、人体に対してほぼ無害であることが分かっています。 でも、これは従来の、マイクロサイズの酸化チタンや酸化亜鉛の話です。 実は、多くの種類の金属は、マイクロサイズのものがナノサイズになると、その物質が持つ性質が大きく変わることが分かっています。 また、性質だけでなく、作用が強くなることも分かっています。

酸化チタンや酸化亜鉛は、光に当たることで「触媒」としての作用を持つ金属です。 たとえば、酸化チタンの金属片を水の中に入れ、光を当てると、過酸化水素などの活性酸素が発生することが分かっています。 そのため、日焼け止めなどに含まれている酸化チタンや酸化亜鉛が肌から体の中に入ると、体内で活性酸素を発生させる可能性があります。 でも、幸いなことにマイクロサイズの酸化チタンや酸化亜鉛は、サイズが大きいので人体に入り込みにくいものです。 それに、たとえ肌から体の中に入ったとしても、これまでの研究から、問題になるほどの触媒作用は持たないことが分かっています。

ところが、ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛は、サイズが小さいため、肌から体の中に入り込む可能性があるのです。 その上、ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛を含む商品が市場に出回り始めてまだ数年しか経っていませんので、十分な研究が行われておらず、どの程度触媒能が高く、有害性がどの程度なのかは分からないのです。

マイクロサイズやナノサイズの粒子と肌の大きさの関係は、こんな感じです。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/26 23:05】 | 紫外線対策 | コメント(6) |
高SPFの日焼け止めは必要? 2
前回からかなり時間が空いてしまいました。 楽しみにしてくださっていた方には、本当に申し訳ありませんでした。 「高SPFの日焼け止めは必要? 1の続きです。 今回は、タイミングに合わせた日焼け止めクリームの選択方法についてです。

近年、オゾン層の破壊が進んだことで、地表に届く紫外線の量が増加しています。 オゾン層破壊の科学アセスメント:2006によると、南北両半球の中高緯度地域では、1990 年以降の紫外線B波の量は、オゾン量の多かった1970 年代に比べて、最大で6~7%増加したと推測されています。 日本でも、オゾンの減少による紫外線B波の量の増加が見られているようです。 とはいうものの、2002年から2006年の間で、オゾン量にこそ変化は見られませんでしたが、オゾンの破壊は変化していませんでした。 オゾン破壊を進める環境物質の規制効果は出てきているようです。 そのため、10~20年くらい経てば、オゾンも少しずつ回復し、紫外線量が減ってくるかもしれませんね。 でもそれまでは、十分な紫外線対策が必要です。

紫外線対策として真っ先に考えるのが、日焼け止めクリームです。 でも実は、高SPFの日焼け止めは必要? 1 でもお話ししたように、日焼け止めクリームは、UVインデックスに合わせて日陰や長袖シャツ・帽子などを組み合わせることが前提のものです。 

紫外線保健指導マニュアル(2006)」によると、使用シーンに合わせた日焼け止めクリームの選び方は、次のようになっています。

使用シーンに合わせたサンスクリーンの選び方(SPF とPA)
使用シーンに合わせた日焼け止めの選び方

環境省「紫外線保健指導マニュアル-2006年版-」より
(SPAやPAについては、こちらを参考にしてくださいね)

こうやって見てみると、炎天下(午前10時~午後2時)のレジャーや、リゾート地でのマリンスポーツ以外であれば、SPF30以下、PA++のもので十分カバーでき、高SPFの日焼け止めを使わなくても十分なのです。 SPF30以下、PA++の日焼け止めとは、通常は酸化チタンや酸化亜鉛のみを使った日焼け止めで、紫外線吸収剤は入っていません(入っている場合があるかもしれませんので、必ず確認してくださいね!)。

UVインデックスに合わせて、日陰や長袖シャツ・帽子などを利用し、「使用シーンに合わせたサンスクリーンの選び方」にそって適切な日焼け止めを利用すれば、日焼けは恐れるに足りず!なのです。

日焼け止めが肌へのダメージを増やす?」でもお話ししたように、紫外線吸収剤の入った日焼け止めは、角質の薄い人ほど内部へと拡散してしまい、逆に何も塗らないよりも紫外線の影響を受けやすい状態になってしまう可能性があることも分かっています。 トラブルの元がいっていない日焼け止めクリームで十分だというのは、嬉しいことですね。

これに加えて是非実践していただきたいのが、食べる日焼け止めです。 紫外線の影響を、肌の内側から小さくすることで、より肌へのダメージを小さくすることができると考えられます。 日中外に出る日は必ず、朝からβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEセレンα-リノレン酸を摂るようにしましょう。 
(参考)紫外線対策に役立つ、肌にいい食べ物 / 7~8月編
『食べる』日焼け止め

高SPFの日焼け止めクリームが必要な時

あまりいいイメージのない高SPFの日焼け止めクリームですが、どうしても必要な時があります。 それは、
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/21 07:34】 | 紫外線対策 | コメント(2) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。