無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
素肌のための栄養講座 12 『美容の大敵、亜鉛不足』
素肌のための栄養講座も、今回で終了です。
といっても、重要な栄養素がこれだけだという訳ではありません。

これまで、素肌のための栄養講座でお話してきた栄養素は、主に必須栄養素でした。
実は、この必須栄養素は、美肌を作るために最も重要なものです。
今後は、メルマガで紹介することができなかったビタミンE、カルシウム、食物繊維などについて、ブログの記事で紹介していきたいと思います。

そして、必須栄養素の次に重要なのが、脂質の摂り方です。
脂質については、2回目の講座で少し触れましたが、非常に重要なことですので、近いうちにもう一度詳しくお話したいと思います。

これら2点をきちんと抑えることで、肌の状態はかなり変化すると考えられます。
まずは、この2点に注意することをお勧めします。

そしてさらにステップアップする場合に知っていただきたいものが、たとえば、植物性食品に含まれているファイトケミカルや、発酵食品に含まれている特殊な栄養素などです。
これらは、人間の体の通常の代謝に必須ではありませんが、体の持つ機能を高めてくれる作用を持つものがあります。
たとえば、肌が再生する力を高める、紫外線の影響を受けにくくする、乾燥から肌を守るなどです。

美肌作りのためには、こういった特別なものが注目されやすいのですが、実はこれらの効果は、必須栄養素の効果に比べると、小さなものです。
ですので、これらについては先の2点をお話した上で、ご紹介したいと思います。

人間の体を車にたとえると、ガソリンに当たるものが、必須栄養素。
そして、エンジンオイルなどの、様々なオイルに当たるのが、脂質の摂り方。
さらに、ガソリンの添加剤に当たるものが、ファイトケミカルなどです。

車は、ガソリンやエンジンオイルなどのオイルがなければ、いくら添加物を使っても十分なパフォーマンスを発揮することはできません。
しかし、ガソリンやエンジンオイルなどが十分ある状態で、ガソリンの添加剤を利用すると、車のパフォーマンスはアップします。

これを人間の体、特に肌に置き換えて考えると、こうなります。
肌は、必須栄養素や脂質の摂り方が不十分な状態でファイトケミカルなどを多く摂っても、十分な機能を持つことができず、美しくなることは難しいものです。
しかし、必須栄養素や脂質の摂り方が十分な状態で、さらにファイトケミカルなどを摂ると、肌はさらに美しくなると考えられます。

重要なのは、必須栄養素を十分摂り、脂質の摂り方を改善することです。
そしてその上で、効果をアップさせる食品を摂ることが良いと考えられます。
長く引きずってしまって非常に申し訳ありませんが、とても重要なことですので、追ってお話していきたいと思います。

それでは、最後の『素肌のための栄養講座』です。
続きを読む>>

スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【2008/09/29 19:52】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(12) |
乳がんと美肌の関係
ブログを持っている友人が、書籍の紹介をしてくれたので、紹介させていただきますね。

 のぴょさま ⇒ ひとり言inほえほえWORLD
 Kanonママさま ⇒ kanonママ*blog
 
ありがとうございました!
もし、ブログで書籍を紹介して下さった方は、ご一報くださいね。
こういう形でこちらからリンクさせていただきます。

昨日、地元の書店に行って来ました。
東京や大阪などの都会と違ってこちらは少々(?)田舎ですので、発売日を少し過ぎてやっと、書籍が書店に並びました。
並んでいる著書を見て、嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
苦労して書いた本が書店に並ぶって、こんなに嬉しいことだったのですね。
並ぶだけでなく、多くの方に手に取ってもらえると、もっと嬉しいです。
そして、乳がんや乳がんの再発を防ぐために、著書の内容を毎日の生活に取り入れていただければ、著者冥利に尽きるというものです。

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)
(2008/09/20)
大藪 友利子

商品詳細を見る


乳がんの特徴について、少し説明しますね。
乳がんは、女性ホルモンのエストロゲンによって成長が促進されるがんです。
ですので、エストロゲンの分泌が盛んな35歳くらいから、乳がんになる女性が増え始めることが分かっています。
年齢を重ねるごとに発生率が上昇する通常のがんと違って、50~59歳でピークを迎え、エストロゲンの分泌量の低下と共に減少します。
仕事に家庭に忙しい、「病気になんかになっている暇なんてないわ!」という世代で発生率が高いというのが大きな特徴です。
(忙しい女性が乳がんになりやすい、という訳ではありませんよ!)

エストロゲンは、女性にとって非常に重要なホルモンです。
肌を瑞々しく保ったり、コラーゲンを増やしたりと美肌作りに関わっているだけでなく、妊娠や出産のためにも欠かせないホルモンです。
そんな重要なホルモンが、乳がんの成長を促進するというのですから、いいホルモンなのか、悪いホルモンなのか分からないように感じられます。

しかし、断言しておきます。
悪いのは、エストロゲンではありません。

エストロゲンは、『乳がんの成長を促進する作用を持つだけで、乳がんを発生させるものではない』 ということです。
ちょっと分かりにくいので説明しますね。

先ず、がんになるためには、2種類の要素が必要です。
『がんを発生させるもの(イニシエーター、変異原)』『がんの成長を促進するもの(プロモーター)』です。

『がんを発生させるもの』は、細胞が持つ遺伝子を変化させることでがん化させるものです。
一方、『がんの成長を促進するもの』は、遺伝子を変化させことでがん化させる作用はありませんが、活発に細胞分裂を起こすようにすることで、がんがどんどん増えていくようにするものです。

『がんを発生させるもの』を多く取っていると、がんになる危険性は上昇します。
加えて、『がんの成長を促進するもの』が体内にたくさんあれば、さらに危険が増します。
一方、『がんを発生させるもの』を避けていれば、『がんの成長を促進するもの』が体内にたくさんあっても、がんになる危険性はそれほど上昇しません。

これを乳がんに置き換えてみると、『乳がんを発生させるもの』を多く取ることに加えて、『がんの成長を促進するもの』であるエストロゲンが体内にたくさんあれば、乳がんになる危険が増します。
一方、『乳がんを発生させるもの』を避けていれば、エストロゲンが体内にたくさんあっても、乳がんになる危険性はそれほど上昇しません。
(完全に危険性がゼロにならないのは、まだ分かっていない『乳がんを発生させるもの』を、知らずに取り込んでいる可能性ががあるからです)
ということは、エストロゲンが悪いのではなく、『乳がんを発生させるもの』が悪いということになります。

実は、『乳がんを発生させるもの』は、毎日飲んだり、食べたり、吸ったりするものの中に入っています。
そういうものを飲んだり、食べたり、吸ったりしていると、乳がんが発生しやすくなるため、エストロゲンの分泌量の多い世代の女性は、乳がんが早く成長してしまう危険性が高くなる、ということです。
なんとなく想像できる方もいるかと思いますが、『乳がんを発生させるもの』は、お酒や肉類(特にハムやベーコンなどの加工肉)、たばこなどに含まれています。
(お酒については、まだはっきりとはしていません)

これらは、このブログでいうところの『美肌の敵』ですね。
『乳がんを発生させるもの』は、『美肌の敵』でもあるのです。
(逆は成り立たないものもあります)

ということは、美肌作りをするためには、乳がんにならないための生活をすることが重要だということです。
書籍には、お酒、肉類、たばこを合わせた13項目と乳がん検診について、まとめてあります。
美肌作りの一環として、乳がんにならないための生活について知っていただければ幸いです。

…と、宣伝ばかりになってしまいました。
すみません。

乳がんにも関連のあるエストロゲンについては、素肌のための栄養塾(次回が最終回です)をアップした後、記事にしたいと思います。
興味のある方は、また覗いてみてくださいね。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/24 07:46】 | 乳がん | コメント(2) |
素肌のための栄養講座 11 『鉄の不足と過剰に注意!』
昨日・今日と、台風13号が日本列島付近を横切って行ってます。
かなりゆっくりしたスピードで進んでいるので、明日、関東付近を通過するようです。
関東から東北にお住まいの方は、十分気をつけてくださいね。

ところで、ソフィーナのHPで、面白いものを見つけました。
正面を向いた姿勢で一人で撮った写真を使った、若顔度チェックです。

このサイトで紹介している「若顔マスクの発見」は、なかなか興味深かったです。
なるほどーと思いました。
たるみ、シワ、頬の毛穴の開きなどを解消させると、かなり若顔になるということですね。
これらのトラブルは全て、コラーゲンの減少が関係しているトラブルです。
夏の紫外線の影響でコラーゲンが減少すると、若顔マスクを脱いだ状態になってしまうことになります。
トラブルはファンデーションで隠してしまうというのも手の1つですが、根本的に解決させるには、やはり、コラーゲンを増やすために重要な食品や栄養素を十分摂ることが大切なのではないかと思います。
ずっと若顔マスクを付けていられるためにも、コラーゲンが増える体を維持したいものですね。

それでは今日も、素肌のための栄養塾です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/19 22:23】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(2) |
素肌のための栄養講座 10 『炭水化物と糖』
今日、9月20日発売予定の著書『乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル』の実物が届きました。
自分の仕事がこうやって本という形になるって、本当に幸せなことです。
ちょっと紹介しますね。

CIMG0027 のコピー CIMG0032 のコピー
CIMG0036 のコピー CIMG0034 のコピー

乳がんリスク低下のためには14項目、再発リスク低下のためには15項目、そしてコラムは全部で15個あります。
こんな感じで、グラフや表を多様して、しっかり書いた本です。

引用した文献は、全て信頼性をきちんと評価して、信頼度の高い情報からAA、A+、A…などと明記してますし、乳がんや再発リスクを低下させるために実践すべきかどうかを、「推奨」、「条件つき推奨」などと、分かりやすく紹介しています。
総文献数は、282件、研究に参加した女性は総勢317万人という、非常に多くの女性の貴重な調査結果が元になっています。
さらに、NPO法人 乳房健康研究会が推奨する乳房の自己触診法も掲載しています。
食事とライフスタイルを改善し、定期的に乳がん検診や自己触診を行っていれば、乳がんはそれほど怖いものではありません。
もちろん、それは他のがんも同じです。

基本的には乳がんのための本ですが、乳がん以外のがんの予防にとっても重要なことを織り交ぜて書いています。
ですので、乳がんが気になる方、乳がんの再発が気になる方だけでなく、様々な種類のがんが気になる方、再発が気になる方のお役に立ちたいと思っています。
興味のある方は、是非読んでみてくださいね。
発売は9月20日ですので、現在はamazonなどのオンライン書店や全国の書店で予約受付中です。

そして、もし、ブログなどで紹介していただけるのでしたら、紹介ページへこちらからリンクを張らせていただきますね。
紹介してくださった方は、ご一報ください!
喜んでリンクさせていただきます。
レビューなどを書いて頂ければ、さらに喜びます。
どうぞよろしくお願いしますね。

それでは今日も、素肌のための栄養講座です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/17 20:51】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(4) |
夜更かししてもメラトニンを分泌させるためには?
素肌のための栄養講座 9 『アミノ酸とタンパク質』へのコメントで、昼夜逆転生活を続けていても、睡眠時に分泌されるホルモン・メラトニンなどが十分分泌されるのですか?という質問を頂きました。
残念ながら夜勤をしている女性の研究は、ほとんどの場合3交代勤務の看護師さんが対象ですので、完全に昼夜逆転生活を送っている方の研究は無いに等しいかもしれません。
もし、参考になりそうなものが見つかった場合は、こちらで紹介しますね。

看護婦さんを対象とした研究の中で参考になりそうな研究は、以下の2つです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

北海道大学の研究グループが、夜勤を含む不規則勤務の看護師を対象に行った研究によると、
不規則勤務を行っていても、夜間勤務中(約8時間)に十分な光(2500ルクス)を浴び、睡眠時に光を全く浴びなければ(0ルクス)、メラトニンは十分分泌されるようです。
ナイター野球場の照明が2500ルクスですので、かなり明るい光を浴びながら夜勤を行ったことになります。
(ちなみに、晴天の日向の照度は約10万ルクスです)

『3.2交代制勤務における深部体温と血中メラトニンリズム(シミュレーション実験) 』
臨床体温研究会(2002)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

メラトニンが十分分泌されなければ、プロラクチンというホルモンの分泌量が減少するという研究結果があります。
プロラクチンは、主に母乳の分泌に関わるホルモンですが、構造が成長ホルモンに似ているため、
様々な生理活性を持つことが分かっています。
測定した中では、プロラクチン以外のホルモンには影響はなかったものの、生理痛が強いといった影響が見られました。

『勤労者女性(看護師)における準・深夜や不規則な夜間労働が月経、血中メラトニンLH、FSH、プロラクチン、E2、およびプロゲステロン濃度に及ぼす影響 』
第111回近畿産科婦人科学会学術集会(2004)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これらのことから、昼夜逆転の生活を送っている場合の対策としては、夜中であっても起きている時間はできるだけ明るい光を浴び、眠る時は部屋全体を真っ暗にして、光を遮断した状態で眠ることが重要と考えられます。

食事については意識していらっしゃるようですが、特に気をつけていただきたいのは、ビタミンDです。
ビタミンDは、日光に当たることで体内で合成することができるビタミンです。
昼夜逆転生活では、日光に当たる機会が少ないと考えられますので、ビタミンD不足になる可能性があります。
不足しないよう、できるだけ毎日お魚を食べることをお勧めします。
どうしても食べることができない場合は、1日400IU程度のビタミンDサプリメントを摂ることをお勧めします。

素肌のための栄養講座 8 『ビタミンDと美肌の関係』

あとは、既にご存知かもしれませんが、喫煙は睡眠の質を低下させることが分かっています。
もし喫煙されているのであれば、禁煙をお勧めします。
可能であれば、受動喫煙も避けた方がよいですね。

喫煙者は良質な睡眠時間が少ない

飲酒も同様です。
適度な飲酒は緊張をほぐし、眠気をもたらすといわれています。
しかし、アルコールによって得られる催眠作用は一時的なもので、逆にレム睡眠が減るため睡眠の後半で眠りが浅くなり、睡眠の質を落とすことが分かっています。

適度な飲酒とは、1日にアルコール量にして20グラム程度の飲酒です。
500 mlの缶ビール1本程度です。

糖尿病ネットワーク


~今日のポイント~
昼夜逆転の生活を送る場合は、たとえ夜中であっても、起きている時間帯は十分な光を浴び、眠る時は真っ暗な状態にして眠ることが重要です。 また、ビタミンDが不足しないよう、魚介類を食べる、禁煙し、飲酒量を適切にすることが大切です。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/16 20:56】 | ホルモン | コメント(2) |
素肌のための栄養講座 9 『アミノ酸とタンパク質』
9月も半ばになって、涼しくなってきましたね。
今年はすんなり秋が来てくれて嬉しいです。

非公開コメントを頂いたのですが、メールアドレスがなく、お返事ができませんでしたので、こちらで簡単に答えさせていただきますね。

まず、このブログに出てくる"肌"とは、全身の肌のことです。
顔だけでなく、頭皮や手のひら、ひざやひじもそうですし、背中やおなか、足の裏なんかも当てはまります。
そして、実は内臓の一部にも、肌と同じタイプの細胞がたくさん存在しています。
ですので、食事を改善して美肌を作ることは、全身を健康にすることにもつながります。

毛を剃れば剃るほど太く(長く)なることについてです。
長くなることについては分かりませんが、剃った後生えてくる毛が太いように見えるのは、理由があります。
毛というのは、毛根の部分は太く、肌から出ている末端になるほど細くなる構造をとっています。
毛を剃ると、肌の表面に出ている一番根元の部分でカットされることになります。
その部分は、一番末端の部分と比べると太いので、その後毛が伸びると、太い毛が出てくることになるからです。
(言葉だけで説明すると、分かりにくいですね)
ちなみに、抜くとこういうことにはなりません。
でも、抜くと肌に負担がかかるので、剃る方がいいと思います。

「10代のうちから化粧してたら大人になって肌が荒れる」というのは、本当です。
大人からお化粧を始めても、肌は荒れます。
毎日お化粧をして、きちんとクレンジングをしているのは、一見肌によさそうですが、実は肌にとって負担になることです。
1日の負担は小さくても、それが毎日積み重なると、数年後、数十年後には目に見えて差が出ます。

10代は、成長期のため、肌が再生する力がとても強い時期です。
そのため、肌は荒れにくいのですが、成長期が過ぎて大人になると、10代の時期よりも肌の再生する力が低下するため、徐々に負担が積み重なってきます。

とはいっても、皮脂の分泌量や、女性ホルモンの量などの個人差がありますので、お化粧をしてもそれほど肌が荒れない人もいれば、すぐに荒れる人もいます。
本当ですとはいったものの、全ての人に当てはまるとは限らないようです。

私個人としては、年齢に関わらず、体にとって必要な栄養を毎日摂り、美肌によくないもの(たばこや夜更かし、石鹸・スクラブ洗顔など)を避け、適度な運動をして体温を36.5℃程度に維持すること、疲れたら休息することの方が、美肌にとって大切なことだと思います。
家庭科、化学、生物、物理の勉強に、驚くようなヒントが隠れています。
是非、色んな勉強をして、見つけていってくださいね!

それでは、今日も『素肌のための栄養塾』です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/12 08:40】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(5) |
素肌のための栄養講座 8 『ビタミンDと美肌の関係』
9月になりましたが、蒸暑い日が続きますね。
朝夕は冷えるのですが。
こういう時期は、体調を崩しやすいので、皆さんどうぞご自愛くださいね。

さて、お待たせしている『素肌のための栄養塾』の8回目です。
今回のお話は、『ビタミンDと美肌の関係』です。

近年、紫外線の肌への影響が注目されるようになったことで、多くの女性は日焼けを避ける傾向にあります。
このことは、ビタミンDの合成量を低下させる大きな原因になるのではないかと考えられます。
実は、美肌のためには、ビタミンDも重要です。
でも、ビタミンDのために紫外線に当たるのは、トラブルの元。
ビタミンDは、食事で補うことが最もよいと考えられます。
お勧めは、1日100グラムのお魚を、できれば毎日食べることです。
これからの季節、秋刀魚や鮭など、お魚がおいしい季節になりますね。
牛や豚のお肉を控え、積極的にお魚を食べることでビタミンDを多く摂るようにしましょう。

ビタミンDは、近年、がんとの関連性が非常に強いことが分かってきたビタミンです。
これまで、β-カロチンやビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化物質が、がんの予防に重要と考えられていましたが、研究が進んだことで、これらのビタミンを多く摂ってもがんを予防することは難しいことが分かってきました。
その一方で、ビタミンDの効果がかなり大きいことが分かってきたのです。

特に乳がんとビタミンDについては、9月下旬に発売予定の著書に書きましたので、興味のある方は是非読んでくださいね。
乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル

それでは今日も、『素肌のための栄養塾』です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/09 09:00】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(0) |
| ホーム |
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。