FC2ブログ

無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
にきび痕を防ぐには?
にきび痕ができる前に、にきびを治す


肌のトラブルで嫌なものの1つが、にきび。 冬場にできることは少ないけれど、でも冬にできたにきびは治りにくく、痕になる場合が多いのです。 にきびは、皮膚の毛穴に皮脂などが詰まり(白にきび)、そこに細菌感染して赤く腫れたり、膿んだりした状態(赤にきび)のことです。 

そして、にきびが治った後、にきび痕ができるのは、

① にきびができた部分が陥没して凹凸ができ、光の当たり加減によっては黒く見える
② にきびができた部分にメラニン色素が沈着してシミのようになる

のが原因です。 ①の場合は、炎症が長引き、表皮の奥にある真皮にまで炎症が及んだため、コラーゲン繊維の構造が壊れ、凸凹になってしまった状態。 ②の場合は、周りの細胞を炎症の悪影響から守るため、メラノサイトの働きが活発になり、メラニン色素がたくさん出来てしまった状態。 ②は、シミと同じですね。

どちらも炎症が長引くことが原因なので、早く治れば、コラーゲン繊維芽壊れるほど酷い炎症にはならないし、メラニン色素が出来る量も減ります。 ですから、にきび痕を防ぐには、早く治すのが一番

にきびを早く治すのに一番良いのは、① 免疫力アップ。 これは体を温めることが一番手っ取り早い方法です。 

にきびの原因菌であるアクネ菌をやっつけるのは、体の中の免疫細胞です。 免疫細胞の働きを活発にするには、体温を上げてやることが一番いい方法なのです。 

そして、免疫細胞の働きをサポートするため、ビタミンCを普段より多めに摂りましょう。 ビタミンCは何に効く? 3 も読んでみてくださいね。

また、炎症を過剰なものにしないため、② 動物性脂肪を減らし、α-リノレン酸を摂ることです。 α-リノレン酸と炎症の仕組みは、アレルギー症状は食事で改善 を読んでくださいね。

そして最後に、③ にきびには触らないようにしましょう。 触ることで、手についているアクネ菌をさらにくっつけてしまい、炎症が酷くなってしまいます。 できるだけ触らないようにしましょう。

この3点に気をつけて、にきびを早く治すことができれば、嫌なにきび痕ができにくくなります。 にきび痕が怖くなくなれば、にきびができても憂鬱にはなりませんよね♪


~今日のポイント~
 にきびを早く治すには、免疫力アップとα-リノレン酸。そして、できたにきびには触らない!


 免疫力をアップさせるには、体温を上げるのが一番いい方法です。 さらに、免疫細胞の力を助けるために、ビタミンCを多めに摂りましょう。

体温を上げるには、とにかく体を冷やさないこと。 冷えは禁物です! 体温アップに一番効果があるのが、1日5分でいいので、何か筋トレをしましょう。 筋肉を使うと、体温が上がりやすくなります。 筋力アップはダイエット効果もあるので、軽い気持ちで筋トレをやってみましょう!

 α-リノレン酸は、大豆や大豆製品、豆腐や豆乳などに多く含まれていますし、しそ油やえごま油という油に特に多く含まれています。加熱すると酸化しやすい油なんで、ドレッシングに使ったり、出来上がった焼き飯に混ぜたり、ラーメンや味噌汁に数滴垂らしても美味しいです。


参考文献
 あたらしい皮膚科学
スポンサーサイト






ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/01/20 12:08】 | にきび・にきび痕 | トラックバック(0) | コメント(5) |
<<よもやま話  ~酵素を使った実験と、体を温めることの重要性がリンク~ | ホーム | 手あれを治すには?>>
コメント
こんにちわ♪
ランキングからお邪魔しました★
とても為になるサイトですね!
わかりやすくって勉強になります♪
これからもちょくちょくお伺いさせていただきますね。
更新頑張ってください☆楽しみにしています。(^ー^* )
応援ポチ★
【2007/01/22 14:00】 URL | エイジレス美人の作り方★NANA #p/XbNk7.[ 編集]
>NANAさん
はじめまして。
わかりやすいと言っていただけてとても嬉しいです!
解りやすく表現できるように心を砕いていますでで。
これからも色んなお話を書いていきたいと思いますので、覗いて見てくださいね。
【2007/01/23 05:36】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
はじめてカキコします。
ばななと申します。
私もランキングを見てお邪魔しちゃいました。
タメになる情報ゲットでうれしいです。
数年前からたびたびできる大きなニキビに悩まされていたんですよ~。
原因はストレスだと思っていました。
一度、できると治るのに何ヶ月もかかるってもうた~いへんっ
毎晩、薬塗って寝てたのにぃ~
体を冷やさないコトが大事なんですね!?
たしか・・・エステでも同じコト言われました~!!
セルライトも冷えが危険だって!!
少しでも運動して体を温めるよう心がけます。
またちょくちょく遊びにきますv-238
【2007/02/02 18:49】 URL | ばなな #-[ 編集]
>ばななさん
はじめまして。
実はストレスは、体を冷やしてしまうんです。
近いうちに、このお話もアップ予定です。
是非読んでくださいね♪

…ですから、できたにきびがなかなか治らない原因の1つにストレスもあります。
ストレス→体温が下がる→にきびが治りにくい
となるのです。

ストレスを無くすことができなくても、体を温めることはできますね。
にきびを早く治すには、体を温めるのが一番です。
是非やってみてくださいね。
【2007/02/03 07:26】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
タバコを吸うとニキビが治りにくいのですか?
【2008/05/05 21:40】 URL | 坂本 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/11-63de2697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する