無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
効率のいいデトックス 1
汗をかくことが、デトックスの基本

久しぶりの更新です。 あっという間に7月も中旬になってしまいました。 梅雨明けはまだ先のようですが、毎日暑いですね。 もっと暑くなれば当然、とてもたくさんの汗をかきます。

最近は、この「汗」に「デトックス」効果があるということで、注目されています。 デトックスとは、「解毒をする」という意味で、体の外に老廃物や毒素を排出することを言います。

デトックスというと、汗、というようなイメージができつつあるのですが、実は体が持っているデトックスの機構は多岐に渡っています。 まず、細胞単位では、細胞が活動した後の老廃物の排出、例えば、運動後に筋繊維(これも細胞からできています)内でできた乳酸を排出することもデトックスです。 また、細胞にとって毒となるような薬剤などを排出することもデトックスです。 次に臓器単位では、肝臓や腎臓が、細胞から排出された老廃物や毒物、血液中にある薬剤や毒物を解毒することも、デトックスです。 さらに、肝臓や腎臓で解毒したものを、便、尿、汗として体の外に排泄することもデトックスです。 このように、デトックスは汗だけではなく、色々な過程があるのです。

ということは、細胞、肝臓や腎臓、そして便、尿、汗の排泄、
全ての力を高めることが、本当の意味でのデトックスになります。


では、デトックスがうまく行かないとどうなるのでしょうか? まず、細胞単位のデトックスがうまく行かなくなると、細胞内に老廃物が溜まることで徐々に機能が低下し、最悪、死んでしまいます。 これが肌で起こると、肌の細胞が充分に成長する前に死んで角質化してしまうため、未熟ではがれにくい角質が増え、肌の表面がざらざらし、硬くなってしまいます。 さらに、成長が不十分なため、充分な量のセラミドが作れなくなることで保湿力が低下し、肌が乾燥します。 このように、肌の細胞のデトックス機能が低下すると、肌の美しさが低下してしまうのです。

肌の細胞のデトックス

では、どうすれば肌の細胞のデトックスができるようになるのでしょうか? 肌の細胞のデトックスには、栄養素の取り込みと同じように、温度が関係しています。 温度=体温ということで、体温を上げることが一番のデトックスになるのです。

こまめな体温測定を、習慣にしましょう

肌の細胞が充分デトックスを行える体温があります。 それは、36.5℃です。 36.5℃以上の体温があれば、細胞は充分なデトックスができるようになります。 夏場は体温が高めだと思い込んでいる方も多いと思いますが、体を冷やす機会がけっこうあるため、案外低いのです。 夏場はクーラーの効いた部屋で過ごすことが増えますね。 さらに、冷たい飲み物や食べ物を食べ、涼しすぎる服装で過ごすことでも体温は下がります。 なんか冷えるなぁ…と感じる時は、大抵体温が下がっています。

そこで、汗をかくことが重要になってきます。 汗はデトックスとしての働きだけでなく、体温上昇の目安にもなります。 ですから、汗をかいている状態とは、肌の細胞がデトックスできる体温に達しているというサインになるのです。

肌の細胞が充分デトックスできるように、こまめな体温測定を習慣にしましょう。 体温を測定して、36.5℃以下になっていたら体を動かして汗をかくようにしましょう。 筋肉運動は、もっとも効率よく体温を上昇させます。 体を動かすことが、肌の機能を高め、肌を美しくするのです。

体温ともう1つ、細胞単位のデトックスにとって大切なことがあります。 これについては、長くなってしまったので、次に書きますね。


~今日のポイント~
 デトックスには、細胞単位と臓器単位、そして便、尿、汗による排泄も含めた、いくつかの過程があります。 全部の機能をうまく高めるための基本は、36.5℃以上の体温を維持するために汗をかくことにあります。


参考文献
 The CELL 細胞の分子生物学 第4版 / Newton press
 よくわかる生理学の基礎 / メディカル・サイエンス・インターナショナル
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/07/13 06:34】 | デトックス | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<効率のいいデトックス 2 | ホーム | 皮脂の分泌をコントロールしよう 2>>
コメント
【酸塩基平衡】

こんにちは、ゆりこさん。
初めまして。

近々、「雪塩ハンドCare」コース
というのを当マッサージ店で取り入れようと思い
検索していると、ココにたどり着きました。

とても的確な説明で、助かっています。
(もちろん、オススメクリックしましたよ)

このデトックスですが、
以前生理学の先生に習ったとき、
「酸塩基平衡」の説明の中で
呼吸(CO2)による排出効果もある。

と聞きました。これも当てはまりますか?
中国医学でも、【腎-肺】の関連は重要視
されています。

こんなところでも東洋-西洋のコラボ
があるんですね。v-12

こんな私です。よろしくお願いします。
また、遊びに来ますね~v-221
【2007/11/13 10:12】 URL | TAI4KI #oZYqY5zM[ 編集]
>TAI4KIさん
はじめまして、お返事が遅くてすみません!

血液の酸塩基平衡のことでしょうか?
血液中の二酸化炭素を呼気で排出することは、おっしゃる通り、デトックスの1つです。
しかし、これは脳でかなり厳密にコントロールされているものなので、基本的に自分の意思でどうこうできるものではありません。
(ゆっくり深く呼吸する、とかでのコントロールはある程度可能らしいですね)
自分の意思で充分コントロールできるものではないので、ここでのデトックスには加えませんでした。

腎臓での血液の酸塩基平衡の調節は、ミネラル類を排泄することで行っています。
同じ血液の酸塩基平衡の調節でも、その機構は異なっています。
そのため、これらが関連しているかどうかについてはわかりません。
中国医学は全く勉強したことがありませんので。。

不勉強ですのでよくわかりませんが、肺・腎だけでなく、肝も皮膚も、排泄器官としての働きを持っているため、どこかでは関連しているんでしょうね!

しばらく更新が滞るかもしれませんが、よろしければまた覗いてくださいね!
【2007/11/14 07:02】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/132-d0292d72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。