無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
日焼けした肌を回復させる
日焼け後のケアの4つのポイント

7月末から、ほぼ隔週で屋外プールに行っています。 先週末も、流れるプールや波のプールを楽しんできました。 そのため、少し日焼けをして、肌の色がワントーン黒くなりました。 肌のためには日焼けは禁物ですが、暑い夏はプールや海で遊びたいですね。

今の季節はとにかく紫外線が強いので、日中泳ぎに行くと、時間帯を気にし食事で紫外線の影響を小さくしてくれる栄養素をしっかりと摂り、日焼け止めを塗っても、間違いなく日焼けをします。 ということで、今回は日焼け後のケアについてお話しします。

先ずは、当日の朝食!

日中、外に出るときには絶対に外して欲しくないのが、朝食でしっかりβ-カロチン、ビタミンE、ビタミンCセレンを摂ることです。 ちなみに、先週の日曜、プールに行く前に私が食べた朝食がコレです。
CA310860.jpg

にんじんとオクラの玉子とじ、古代米入りのご飯、グレープフルーツジュース、しそ油、セレン、ビタミンB1、ビタミンB2のサプリメント

かなりしっかり食べ、日焼け止めもしっかり塗って、プールに行きました。

日焼け後に大切な、4つのケア

体の内側と外側から紫外線対策をしていきましたが、やはり日差しがとても強かったからか、夕方から肩、首、胸、背中が赤くなり、ヒリヒリするようになってきました。 これはサンバーンといって、紫外線B波が肌に当たることで起こる日焼けのことです。

① サンバーンは、「火傷」をした状態なので、
丁寧に、しっかり、冷やすことが大切です。


でも、いきなり氷や保冷剤で冷やすことはよくありません。 先ずは水で濡らした柔らかいタオルで赤くなった場所を冷やします。 それもこすらずに、トントンと軽く押さえつけるか、タオルを広げて載せるなどします。 しばらく濡れタオルで冷やした後、氷や保冷剤をタオル越しに当てることで、さらに冷やしていきます。 とにかく、丁寧に肌を冷やすようにしましょう。

日焼けの程度が大きければ、次の日までヒリヒリと痛む場合があるので、最低でも日焼けをした時間くらいは肌を冷やすようにしたいです。 私の場合は、3時間遊んだので、両肩と背中に濡れタオルをしばらく冷やした後、3時間程度、タオルの上に保冷剤を乗せて過ごしました。

② 肌への刺激は最低限に!

日焼けによって肌はやけどをしているので、熱いお風呂は避け、ぬるめのシャワーにした方がいいです。 できるだけ刺激を与えない方がいいので、タオルを使って石鹸で顔や体を洗うのは止め、軽く汗を流す程度にしておきましょう。

そして、顔や体を拭く時は、柔らかいタオルを押し付けるようにして水分を拭き取るようにしましょう。 とにかく刺激を避けるために、肌の刺激にならない柔らかいパジャマを着て、肌がヒリヒリと痒くても、こすらないようにしましょう。

日焼け後の肌には、水以外のものを肌につけるのはよくありません。 日焼け後の肌は、肌バリアが壊れているため、化粧水や乳液、美容液をつけることは刺激になりやすく、雑菌が入りやすいからです。 どうしても保湿をしたい場合は、こまめに濡れタオルを肌に当てるようにしましょう。 保湿だけでなく、肌を冷やす効果もあるため、お勧めです。

③ こまめな水分摂取を心がける

日焼け後の肌は、とても乾燥します。 これも肌バリアが壊れているため、普段よりも水分の蒸発量が増えるからです。 気づかないうちに体の中の水分がどんどん出ていく状態になっているので、こまめにお水を飲むようにしましょう。 

④ 眠っている間に、肌の修復を全力で行う!

強い紫外線を長い時間受けることで、肌の表面の細胞は火傷によってかなり死んでしまいます。 そのため、死んだ細胞を補うために、普段よりも細胞分裂を盛んに起こし、痛んだ肌を修復しようとします。 ところがこの時に、肌の奥に充分な栄養が届かなければ、細胞分裂がうまく行かず、数週間後、肌がボロボロになってしまいます。

肌の栄養は、化粧水や美容液ではなく、食事です。

日焼け後の肌荒れを防ぐためには、日焼けをした日の晩御飯が特に重要です。 新しい元気な肌の細胞をたくさん作るためには、亜鉛やα-リノレン酸が必要です(肌のターンオーバー 1/ 新しい細胞をどんどん作ろう)。 さらに、日中、日焼けによってβ-カロチンが普段よりも多く使われたため、ビタミンAが不足しがちになります。 ビタミンAの不足すると、肌が荒れやすくなるため、晩御飯でもしっかりβ-カロチンやビタミンAを摂るようにしましょう。 そして、いつもより早く眠ることで、充分な睡眠をとることも大切です。

眠っている間に、日焼けした肌では、死んだ細胞の処理や、新しい細胞をたくさん作り出すことが活発に行われます。 活発な活動は、たくさんの老廃物を作り出すため、できれば次の日の朝食は抜いた方がいいですね。 

そして、日焼け後しばらくは、シミの発生を防ぐために、ビタミンCをこまめに摂ることを心がけましょう。 また、ターンオーバーを活発に起こすことで、日焼けして黒くなった肌が元に戻りやすくなります(肌のターンオーバー 1/ 新しい細胞をどんどん作ろう)。

肌のためには日焼けをしないことが一番です。 でも、だからといって夏の楽しみを我慢するのはなんだかもったいないと、私は思っています。 夏を充分楽しむためには、日ごろからビタミンCをこまめに摂ることで日焼けの予防をし、朝食に気を配り、充分遊んだ後は、丁寧に肌を冷やし、食事に気をつけることで、日焼けを気にせずに夏を楽しんでもらいたいと思います。


~今日のポイント~
 日焼け後のケアで大切なのは、焼けた肌を冷やすこと、刺激を避けること、水分を充分摂ること、眠っている間に肌を修復することです。 夏を満喫するためにも、丁寧なケアを心がけるようにしましょう。


参考文献
 あたらしい皮膚科学 / 清水宏
 化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学 / 宮地良樹
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/08/07 19:50】 | 紫外線対策 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<You Tube | ホーム | 紫外線対策に役立つ、肌にいい食べ物 / 7~8月編>>
コメント
はじめまして。
いつも参考にさせていただいております。

私も先日プールに行きまして、しっかり日焼をしてしまいました・・・顔だけは帽子でがっちりガードをしていたおかげか、大丈夫だったようですが。
この時期は子供とプールへ行くことが多いので、今回の記事は大変参考になりました。
ありがとうございます。

日焼止めですが、ゆりこさんはプールの時はどのような日焼け止めを使っているのでしょうか?
参考にお聞かせ頂けると、大変有難いです。

はじめてなのに、ずうずうしく質問などして申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

*朝食、とても美味しそうですね^-^
古代米大好きです。
こちらを見てから、私もしそ油を摂るようになりました。セレンも摂りたいのですが、普通のドラッグストアでは売ってないようなので、いまだ買っていません・・・ネットで注文したほうが早そうですね^^;
【2007/08/09 14:59】 URL | cherry #r13xZNus[ 編集]
ゆりこさんちの朝食をみてあれ~て感じでした
なぜかというと我家の夕食とよくにています
あと冷奴がつくくらいかな、ご馳走になります
それから体の中から考えている日焼け対策は
バッチリですね。これでしたらシミなんて恐くない
そんな感じがしました
【2007/08/11 08:19】 URL | 今生 #-[ 編集]
>cherryさん
はじめまして。
いつも覗いて下さってありがとうございます。
最近めっきり更新ペースが落ちてしまって、申し訳ありません~。

私も、実は子供を連れてのプールです。
子供は昼間に行きたがるし、なかなか帰るといわないので、ついつい長居して日焼けしてしまいますよね。。
私が今使っているのは、ニベアのベビー用日焼け止めです。
『塗る』日焼け止めの効果 でも書きましたが、できるだけ紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを利用することをお勧めします。
入っているか入っていないかの目安は、SPFが25、SA+以下のものですが、一応成分をチェックした方がいいでしょうね。

日焼け止めは、以前自作をしたのですが、さすがにプールや海では落ちやすいため、市販のものがいいかなぁと思って使っています。

セレンは、ドラッグストアでは売っていませんね。。
ネットだと手に入ります。
単品だととても安いものなので、できれば単品で、1粒100マイクログラムのものを購入することをお勧めしますよ。
【2007/08/11 14:06】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>今生さん
うちは、朝食を食べる時はとにかくしっかり食べるのです。
確かに、これに冷奴とお味噌汁がつくと、晩御飯ですね~。
ちなみにうちの晩御飯は、魚と野菜、味噌汁に雑穀入りのご飯です。
最近、味噌汁にゼラチンを入れるようにしているのですが、これ、凄いですよ!!
肌がプリプリになってきます。

今年の春、夏は、朝から充分β-カロチン、ビタミンE、Cを摂るように意識していたので、肌の調子が今までと全然違っています。
やはり肌のためには食事が大切なんだなぁと感じています。
【2007/08/11 14:10】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
日焼け後はお水が一番なんですね。いやー、知らないとは恐ろしいもので。。。v-12
あとは良質の栄養素と睡眠ですか。朝食を抜くというのも少し意外ですが、実感として分かる気がします。参考になりますー。
【2007/08/31 00:14】 URL | うさる #Q5DewaHA[ 編集]
>うさるさん
はじめまして。
できればいろいろ入っていないものの方がいいです。
日焼け後の肌は、いいものだけでなく、悪いものも通しやすくなっていますから。
肌はいいものか悪いものかの判断ができませんから。
水道水が気になるのなら、ミネラルウォーターでもいいでしょうね。

一番は良質の栄養と睡眠ですね。
必要な栄養をしっかり摂った上で、体の回復力を信じることが大切です。
参考になれば嬉しいです。
【2007/08/31 22:34】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/137-0bed7d6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。