無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
肌に優しいクレンジング(動画あり)
動画で『クレイクレンジングの作り方&使い方』を紹介

前回の日記で、You Tubeを利用する話を書いたら、早速コメントやメッセージをいただきました。 皆さん、ありがとうございました! 記念すべき第1号は、音声が小さくて、肝心のクレイを混ぜている部分が見えにくくなってしまいました。 すみません。 動画を撮るって、難しいですね。 近いうちに撮り直しをしようと思っています。

どんな日焼け止めが正解? で、日焼け止めを利用する時のポイントを書きました。 日焼け止めは、紫外線吸収剤の入っていないものを選ぶようにしましょう。 これに加えて、「落ちにくい」と表記されていないものを選ぶようにしましょう。 塗るだけではなく、肌のためには「落とす」ことも考えることが大切です。

日焼け止めのクレンジング

この2点を守っていても、日焼け止めを利用した後は、できるだけクレンジングをすることをお勧めします。 といっても、市販のクレンジングを利用すると、皮脂や角質が取れすぎてしまうため、肌には負担がかかります。 そこでお勧めしたいのが、クレイとオイルを使ったクレンジングです。



クレイって?

クレイとは、粘土のことで、とても粒子の小さな、ケイ素を含む鉱物です。 水田の底に溜まっている土も、粘土質の土ですね。 陶芸では水田の粘土が利用されますが、化粧用のクレイは、汚染の少ない粘土質の土を乾燥・粉砕して使う場合や、粘土鉱物を粉砕して使われています。 粘土質の土を乾燥させたものや、長い年月をかけて、様々な化学変化を起こしながらできた粘土鉱物は、目に見えない穴がたくさん開いています(穴の大きさは、粘土に含まれる金属の種類によって変わってきます)。

もともと小さな穴の開いているものなので、細かく粉砕して作ったクレイの表面にも、当然、目に見えない穴がたくさん開いています(多孔質といいます)。 多孔質のものは、表面にある穴に水や油分が入り込みやすいため、いわゆる界面活性剤のような、油を水に『溶かす』ものではなく、油分を『吸着』させる力を持つことになります。 このような性質を持っているため、肌にあまり負担をかけずに日焼け止めなどを吸着させて取り除くことができます。 とはいうものの、いくら負担がかかりにくいとはいえ、1日に何度も使うと、肌の負担になります。

クレイは、含まれている金属や穴の大きさによって、吸着しやすいものや吸着力が変わってくるため、種類がたくさんあります。 どれがいいかわからない場合は、色の薄いもの、ホワイトカオリン、モンモリオナイト、ガスールなどがお勧めです。 『生活の木』のような、手作り化粧品の材料を取り扱っているお店などで手に入れることができます。 ちなみに私は、『生活の木』のガスールを使っています。


クレイクレンジングの作り方

乾いた手にクレイを適量取って、少量のオイルを加えます。 お勧めは、ろう成分が多く、油分を乳化しやすいホホバオイルです。 加えるオイルを増やすと、どんどんクレイがマイルドになるので、肌が敏感な方や初めて使うクレイには少し多めに入れるといいでしょうね。 でも、多く入れすぎるとクレイの吸着力が弱くなってしまうので、1回で6~7滴くらいにしましょう。

オイルを足した後、お好みでエッセンシャルオイルを加えると、香りがよくなって気持ちよさが増します。 私はガスールだけの匂いが好きなので、普段は加えていません。 たまに、ラベンダーやローズマリーのエッセンシャルオイルを加えて、香りを楽しんでいます。

水を加えて練りこむ

次に、水を加えて、ダマがなくなるまで練りこんでいきます。 水の変わりにフローラルウォーターを加えてもいいですね(動画では、エッセンシャルウォーターやアロマウォーターといっています。 間違いです)。

クレイクレンジングの使い方

全体的にドロっとした感じになると、肌に塗り付けます。 動画では少し厚く塗っているので、もう少し薄くてもいいですね。 日焼け止めや軽いメイクを落とす場合は、軽くマッサージしてください。 強くこすると刺激になるので、できるだけやさしくマッサージしてくださいね。 もちろん、マッサージをせずに2~3分放置してパックとして利用してもいいでしょう。 どちらの場合も、目や口には入らないように十分気をつけ、入ってしまった場合は、よく洗い流してくださいね。

最後に、水やぬるま湯をかけてクレイを柔らかくしてから、きれいに落とします。 クレイが落ちるには、少し時間がかかるので、焦らずにゆっくり落としてくださいね。 最後に柔らかいタオルを押し当てるようにして水分を除くと終了です。

クレイでのクレンジングは、必要以上に皮脂を取らないので、その後、化粧水も、乳液もクリームも必要ありません。 クレンジング後、2~3時間経っても、どうしてもつっぱる場合は、気になる場所にだけ少しのオイルを付けるようにしてくださいね(肌に付けるオイルは、肌と相性のいい油とは? を参考にしてください)。

面倒なイメージのあるクレイクレンジングですが、クレイとオイルと水さえあれば、すぐにできるクレンジングです。 泡立てる必要も、念入りなマッサージも必要ないので、お勧めです。


~今日のポイント~
 日焼け止めのクレンジングには、クレイを使ったクレイクレンジングがお勧めです。


参考文献
 日本粘土学界 粘土基礎講座I 4.粘土の特性と利用
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/08/15 11:40】 | スキンケア | トラックバック(0) | コメント(10) |
<<クレイクレンジングについて補足 | ホーム | You Tube>>
コメント
ゆりこさんの記事は根拠と理論がある上に、「大人の実験」みたいですごく楽しくなります。

 念のため、実験というのは、試しにしてみるという意味ではなく、私にとって「ワクワクするもの」の代名詞です♪
【2007/08/15 16:08】 URL | orange #-[ 編集]
ゆりこさん またまた食べる日焼け止めの記事を
リンクさせてもらいました。今回は夏の肌の
スキンケアポイントということで紫外線の害から
守る栄養素の話としてリンクさせてもらいました
いつもお断りもなく勝手にいたしましてごめんなさい
これからもよろしくお願いします
【2007/08/17 15:16】 URL | 今生 #-[ 編集]
はじめまして。
とても参考になる記事ばかりで、いつも更新を楽しみにしていました!
さて、今回の「クレンジング」ですが、ちょっと質問があります。
普段の私は、手作りUV乳液に手作りファンデーションと、簡単なメイクなのですが、今までは市販のクレンジング剤を使い、その後、石鹸で洗い流していました。
ちょっと洗いすぎだと思い、ゆりこさんのレシピの「クレイクレンジング」をつくり早速使ってみたところ、ファンデが落ちていないんです(泣)。
洗い流して、白いタオルで拭いてみると、ファンデの残りがタオルについちゃって...。
でも、洗いすぎもよくないし、このクレイクレンジングは気にいったので使っていきたいんですが、
何かいいアドバイスありますか?
初めてのコメントでいきなり質問してしまい、失礼かと思いますが、宜しくお願いします。
【2007/08/17 15:37】 URL | tisa #-[ 編集]
>orangeさん
お久しぶりです。
お褒めいただいて嬉しいです♪
どんなテーマでも、実験はとても楽しいものですから。
私も実験と聞くと、わくわく♪します。
【2007/08/17 20:56】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>今生さん
文中リンクありがとうございます。
食べる日焼け止め、気に入っていただけたようで、とても嬉しいです。

スキンケアのポイントは食事だということをもっとアピールしていきたいのですが、なかなか今生さんのようにテーマに沿ったお話がかけません。
いつもうまく紹介していただいて、ありがとうございます!
【2007/08/17 21:02】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>tisaさん
はじめまして!
いつも覗いてくださってありがとうございます。

クレイクレンジング、早速試してくださったんですね!
ありがとうございます。
せっかく試してくださったのに、うまくいかなくてすみません。

ファンデが残ってしまったとのこと。
もしよろしければ、ファンデに使った材料を教えていただけますか?
何でよく落ちるかを調べてみたいです。
タルク分が多い場合、クレイクレンジングに加えたオイルが多いと落ちにくいかもしれません。
その場合は、クレイの量を増やした方がいいかもしれませんね。

あと、タオルで押し付けただけで、タオルにファンデがついたのでしょうか?それとも、強くこするとタオルについたのでしょうか?

もし、強くこすってついた場合は、すすぎの回数を増やしてみてください。
ファンデーションはきちんと落とさないと肌の負担になるので、十分すすぐことは重要です。
水やぬるま湯洗顔だけなら、5分以上洗顔し続けるのではない限り、洗いすぎることにはなりません。
回数でいうと、30~40回くらいかな。

ちなみに、私はクリニークのリキッドファンデーションを落とす時にクレイクレンジングをしたのですが、きれいに落ちました。
なんで大丈夫と思ったのですが、うまく落ちない時もあるみたいですね。
もしかしたら水が少ないor「練り」が少ないというのもあるのかもしれません。
クレイの吸着力は、よく練ることも大切です。
(この点、あとで本文に追記しておきますね)

もし、タオルで押し付けただけでファンデがつく場合は、
①クレイクレンジングの前に、ホホバオイルなどを縫って軽くマッサージし、ファンデを浮かせる
②ティッシュオフする(こすらず、押し付けるだけ)
を1~2回した後、クレイクレンジングをしていただければ、落ちると思います。
ちょっと手間ですが、もしよろしければ試してみてくださいね。

ホホバオイル→クレイクレンジングの話は近いうちにしようと思っていたので(現在動画を撮っているところです)、少し待っててくださいね。
【2007/08/17 21:23】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
ゆりこさん、ご丁寧にお答えいただきありがとうございます。
ゆりこさんはリキッドファンデでもキレイに落ちたということなので、多分、私のクレンジングの仕方やすすぎ不足だったのかと思われます。
タオルについたのは、強く押し付けてみたところファンデがつきました。
あと、私は毛穴が大きいため、クレンジング後に鏡でお肌を凝視すると、なんとなくファンデが毛穴に残ってるようなのです。
それと、ファンデの材料を書いておきますね!
(このレシピは手作りコスメ素材のお店のものです)
プレストファンデーション30g分
・セリサイト15g
・タルク3g
・超微粒子酸化チタン2g
・酸化亜鉛2g
・シルクパウダー0.5g
・パールパウダー0.5g
・ホホバオイル1g
・ベンガラ1.3g
・黄酸化鉄5g
・黒酸化鉄0.5g
以上をすり鉢で混ぜて、小さめの金皿に押し入れて普通のファンデーションのようにスポンジで塗っています。
それから、クレンジングのレシピで、ゆりこさんのレシピと同じようなものを見つけたのですが、
そのレシピでは、液体石鹸を混ぜていました。
石鹸を混ぜると落ちが良くなるような気がしてよさそうなのですが、ゆりこさんはどう思われますか?
長々とすいません!またお忙しいと思われますので、お返事はいつでもけっこうです。宜しくお願いします。
【2007/08/17 22:39】 URL | tisa #-[ 編集]
>tisaさん
ファンデの内容、ありがとうございます。
それほど特殊なものは入っていないようなので、クレイクレンジングで大丈夫じゃないかな、と思います。
すすぎをしっかりしても取れなければ、先にホホバオイルなどで軽く落としてからの方がいいかもしれませんね。

確かに毛穴が大きい場合、ファンデが残りやすくなります。
毛穴については、いくつか記事がありますので、参考にしてみてくださいね。

クレイに石鹸を、、というか、石鹸にクレイを混ぜると、よく落ちます。
石鹸の界面活性作用とクレイの吸着性がありますので。

(混ぜたものの相性によっては、クレイの吸着性が石鹸の作用を弱める場合もあります。これは、混ぜてみないと分からないことです。)

基本、マイルドさを求めるなら、クレイのみで、もっと落としたい場合は、石鹸を混ぜるといいでしょうね。
【2007/08/21 06:50】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
ゆりこさん ありがとうございます。

クレイをしっかり練ってすすぐ回数も増やしたところファンデは落ちているようでした!!
クレイに石鹸を入れる(石鹸にクレイを入れる)とよく落ちるとのことなので、しっかりメイクをした時などは石鹸を混ぜようかと思っています。

今まで自家製ファンデーションを使っていたため、クレンジング(ファンデを落とすもの)はどれを使ったらよいのかずっと悩んでいましたが、これで一気に解決されました。ほんとうにありがとうございます。

毛穴についても、亜鉛・αリノレン酸・コラーゲン摂取を心がけています。

これからもきれいになる情報を楽しみにしています!頑張ってください!

【2007/08/21 10:18】 URL | tisa #-[ 編集]
>tisaさん
うまく落ちたみたいでよかったです。
tisaさんの言うとおり、しっかり塗った時のクレンジングと、使い分けるようにすればいいと思います。

紫外線が徐々に弱くなってきているので、これからの食事次第で毛穴はかなり改善してくると思います。
毎日しっかり食べてくださいね!
【2007/08/24 06:35】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/140-99a03b5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。