FC2ブログ

無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
美肌と活性酸素 2
肌トラブルの原因は、活性酸素

美肌と活性酸素 1 で、元気な肌の細胞の老廃物・過酸化水素に紫外線が当たると、悪い活性酸素ができてしまい、それが肌の細胞を老化させてしまう原因になるとお話しました。 ですから、悪い活性酸素を作らないためには、『紫外線を避ける』ことと、『過酸化水素をどんどん分解する』ことが重要でした。

でも、紫外線を完璧に避けることは不可能ですよね。 ずっと家に閉じこもっていることもできません。 日焼け止めを塗るのを忘れることもありますし。。 

では、出来てしまった悪い活性酸素をやっつけるには、どうすればいいでしょうか。

悪い活性酸素とは、ヒドロキシラジカルという名前の活性酸素で、最も力の強い活性酸素です。 このヒドロキシラジカルを分解するのも、実はグルタチオンペルオキシターゼという酵素です。 ですから、セレンは活性酸素をやっつけるためには、絶対に外せないミネラルなのです。

しかし、このヒドロキシラジカルは、とても強力な活性酸素なので、この酵素のみで分解するのは難しいので、働きを助けるビタミンが必要になってきます。 それが、ビタミンE、ビタミンC、βカロチンです。 

ヒドロキシラジカルは、セレンを含むグルタチオンペルオキシターゼと、この3種類のビタミンが一緒に働いて、やっと分解できます。 

でも、できればヒドロキシラジカルになる前の、過酸化水素の状態で分解してあげる方が、いいですね。 

なぜなら、ビタミンCは、体の中の色々な反応に関わる重要なビタミンです。 使わなくてもいい時に使ってしまえば、本当に必要なところで使えなくなってしまい、それがトラブルの元になる可能性があります。 ビタミンCをムダ使いしないためにも、セレンを積極的に摂り、紫外線を防ぐことで過酸化水素をやっつけてしまいましょう

さらに、ヒドロキシラジカルと細胞膜が反応することで新たにできる活性酸素をやっつけてくれるのが、睡眠ホルモンで美肌効果 でお話した、睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンです。 メラトニンをたくさん分泌して眠ることは、こんな素敵な効果があるんです。 体は、活性酸素を分解するための、本当に良く出来た機能を持っています。 その力を充分に発揮して、守るだけじゃない、ダメージに対抗できる美肌を手にいれましょう

こうやって見ると、活性酸素類は、肌の細胞にとって100害あって1利無しのように思えますが、でも実はこのヒドロキシラジカルは、ビタミンCは何に効く? 3 免疫編 でもお話ししたように、白血球が、体の中に入ってきた異物をやっつける時に使う、強力な武器なのです。(過酸化水素からヒドロキシラジカルを作るための酵素は、白血球しか持っていません。 ビタミンCは、その酵素のお手伝的役割しか持っていなおので、普通に細胞の中で勝手にヒドロキシラジカルが作られたりはしません。 安心してくださいね!)

一方では害になるけれど、一方では武器にもなる。 体の中でできるものは、本当に面白いですね。


~今日のポイント~
 悪い活性酸素をやっつけるには、やはりセレンが重要。 そして、ビタミンE、ビタミンC、βカロチンの3種類のビタミンも忘れないでね。



ヒドロキシラジカルの悪い働き
1.細胞膜の内側を酷く酸化し、繊維芽細胞のコラーゲン分泌をできなくします。 コラーゲン量が減ってしまうので、肌の弾力性が低下し、たるみやしわができてしまいます。 

2.肌の細胞のDNAを壊します。 細胞は、DNAを直すことに全力を注ぐようになるため、新陳代謝が低下し、肌のトラブルが治りにくくなります。 

これらは細胞の中での話しですが、過酸化水素は細胞膜を簡単に通りぬけることができるので、細胞の外にでた時に紫外線が当たれば、そこでもヒドロキシラジカルが発生します。 

3.メラノサイトというメラニン色素を作り出す細胞が感知するると、メラノサイトは周囲の細胞を守るため、メラニン色素を作り、周囲の細胞にどんどん配っていきます。 こうやって、シミができるのです。 

肌のトラブルの多くや、肌細胞の老化は、細胞が作り出した過酸化水素をちゃんと分解できていなかったことにあるのかもしれませんね。 


参考文献 
 The CELL 細胞の分子生物学
 細胞機能と代謝マップ Ⅰ
 5訂増補 食品成分表2006
 脂質の科学
スポンサーサイト






ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/01/25 06:45】 | 美容の原則 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<美容とダイエットの味方、クロム(クロミウム) | ホーム | 美肌と活性酸素 1>>
コメント
おはようございます♪
にっくき過酸化水素をやっつけろー!ですね♪
セレンをちょっと重要視してみます☆
応援★
【2007/01/25 09:58】 URL | エイジレス美人の作り方★NANA #p/XbNk7.[ 編集]
はじめまして、ブログ村のトラコミュから参りましたッ

最近よく聞くようになったデトックスやアンチエイジングってやっぱり肌や肉体には大切なことですよね・・・
私も20を過ぎてだんだんと考えるようになって来ました。
特に自分はそばかすが多いので肌は大切にしたいものです!
【2007/01/25 16:43】 URL | ふろもん #2Mc82M12[ 編集]
>NANAさん
そーです!過酸化水素の状態でやっつけるのが一番です。
「敵」の場合は、弱いものいじめに限ります(笑)。

いつも応援ありがとうございます♪
私も毎日ぽちっとしに行ってますよ~。
【2007/01/26 06:26】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>ふろもんさん
こちらこそ、はじめまして。

体が持つ機能を十二分に発揮させてあげれば、デトックスもアンチエイジングも可能です。
どっちも、もともと体が持っている機能ですから。

そばかすが出来る原理もしみと良く似ています。
やっぱり紫外線を避けるのが一番ですね。
ふろもんさんも頑張ってくださいね~。
【2007/01/26 06:29】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/16-a4860143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する