無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
日焼け止めが肌へのダメージを増やす?
2008年の紫外線対策、始めます! で、今年の紫外線対策のテーマは、「できるだけ日焼け止めクリーム*を塗らない」ことだというお話をしました。
普通なら、夏は日焼け止めクリームを塗ることはむしろ推奨されるべきことです。
でも、日焼け止めクリームを利用することは、肌にとって害になることもあるんです。

以前も少し触れたことがありますが、特に紫外線吸収剤の入った高SPFの日焼け止めクリームは、問題が多いことが分かっています。
一般に、紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する時に何らかの化学反応が起こるため、肌のトラブルの原因になりやすいと考えられています。
このことに加えて、紫外線吸収剤の入った日焼け止めクリームは、肌に何も塗らない場合よりも紫外線の害が大きくなる場合があることが分かってきています。

少し前に発表された文献ですが、興味深いものがありましたので紹介しますね。

- -<研究>- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
2006年にカリフォルニア大学の研究グループが日焼け止めの効果を調べた研究です。
利用された日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤であるオクトクリレン(octocrylene)、メトキシケイ酸オクチル(octylmethoxycinnamate)、ベンゾフェノン-3 (benzophenone-3)を含むものでした。

この研究では、ヒトの皮膚に見立てた表皮細胞(たぶん、顆粒細胞か有棘細胞)に、上記の日焼け止めクリームを塗ったものと何も塗らないものを用意し、これらに紫外線を当てて表皮細胞が受けるダメージの度合いを調べています。
ダメージの度合いは、肌に紫外線が当たることで発生することが分かっているROSという活性酸素の量が多いか(ダメージが大きくなる)、少ないか(ダメージが小さくなる)で判断しています。

①日焼け止めクリームを塗ったすぐの時点では、何も塗らないものよりも日焼け止めクリームを塗ったものの方が、ROSの発生量はかなり少なくなっていました。
②日焼け止めクリームを塗って20分後では、何も塗らないものよりもROSの発生量は少ないものの、塗ってすぐの時点よりも増加していました。
③日焼け止めクリームを塗って60分後では、何も塗らないものよりもROSの発生量が多くなっていました。

Sunscreen enhancement of UV-induced reactive oxygen species in the skin. Free Radic Biol Med. 2006 Oct 15;41(8):1205-12. Epub 2006 Jul 6.

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

びっくりする話ですよね!
これは、紫外線吸収剤がたった 1時間で、顆粒細胞や有棘細胞の表面から内部へ拡散するということです。
そしてこのことによって紫外線吸収剤入りの日焼け止めを塗るよりも、何も塗らない方がよいということになるのですから。

ただし、これは人間の肌を使った研究ではなく、ヒトの皮膚に見立てた表皮細胞を使った研究です。
多分、使われた表皮細胞は、顆粒細胞か有棘細胞ではないかと思います。
ということは、角質を除いた肌で行った研究ということになります。

私達の肌は、表面が角質で守られていますから、紫外線吸収剤が簡単に角質より下の顆粒細胞や有棘細胞のところへ染み込むことは少ないと考えられます。
ですから、この研究結果をそのまま鵜呑みにするのはちょっとオーバーではないかと思います。

でも、角質ケアを念入りにしている人や、肌が乾燥している人、肌が荒れている人、肌がつねに赤味を帯びて、少しのことで刺激を感じる人などは、通常よりも角質が薄くなっています。角質が薄くなっている状態では、研究が行われた状況とよく似てくるため、日焼け止めクリームに入っている紫外線吸収剤が顆粒細胞や有棘細胞のところへ染み込んでしまうことは十分予想できます。
日焼け止めを塗ったすぐはよくても、時間が経つと何も塗らない方が肌のダメージが小さくいだなんて、考えたくないですよね。

1時間以内に塗りなおしをすればよいのでは?と考えられますが、毎回しっかりクレンジングをしなければ少しずつ日焼け止めが残ってしまい、肌がダメージを受けることになります。
また、クレンジングの回数を増やすことは、肌バリアを壊し、肌トラブルの原因になってしまいます。
これらのことを考えると、紫外線吸収剤の入った日焼け止めは、利用しないことが得策ですね。
できるだけ、紫外線吸収剤の入っていないものを選んで利用するようにしましょう。
選定方法は、こちらをどうぞ。

とはいうものの、紫外線吸収剤の入った高SPFの日焼け止めでなければ不安だという方はいらっしゃるかと思います。
そこで次回は、本当に高SPFの日焼け止めが必要なのか?ということについてお話ししたいと思います。
興味のある方は、続けて読んでくださいね。


~今日のポイント~
 紫外線吸収剤の入った日焼け止めクリームは、肌へのダメージやクレンジングの面から、利用しないことが得策です。
 できるだけ、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めクリームを利用するようにしましょう。



参考
 Sunscreen enhancement of UV-induced reactive oxygen species in the skin. Free Radic Biol Med. 2006 Oct 15;41(8):1205-12. Epub 2006 Jul 6.
 化粧品・外用薬研究者のための皮膚科学 / 文光堂


*ブログでは「日焼け止めクリーム」と書いていますが、肌に直接つける日焼け止め全般のことです。日焼け止めスプレーなら大丈夫!ってことはありません!!
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/05/27 06:25】 | 紫外線対策 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<高SPFの日焼け止めは必要? 1 | ホーム | 2008年の紫外線対策、始めます!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/168-cc89b8a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。