無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
高SPFの日焼け止めは必要? 2
前回からかなり時間が空いてしまいました。 楽しみにしてくださっていた方には、本当に申し訳ありませんでした。 「高SPFの日焼け止めは必要? 1の続きです。 今回は、タイミングに合わせた日焼け止めクリームの選択方法についてです。

近年、オゾン層の破壊が進んだことで、地表に届く紫外線の量が増加しています。 オゾン層破壊の科学アセスメント:2006によると、南北両半球の中高緯度地域では、1990 年以降の紫外線B波の量は、オゾン量の多かった1970 年代に比べて、最大で6~7%増加したと推測されています。 日本でも、オゾンの減少による紫外線B波の量の増加が見られているようです。 とはいうものの、2002年から2006年の間で、オゾン量にこそ変化は見られませんでしたが、オゾンの破壊は変化していませんでした。 オゾン破壊を進める環境物質の規制効果は出てきているようです。 そのため、10~20年くらい経てば、オゾンも少しずつ回復し、紫外線量が減ってくるかもしれませんね。 でもそれまでは、十分な紫外線対策が必要です。

紫外線対策として真っ先に考えるのが、日焼け止めクリームです。 でも実は、高SPFの日焼け止めは必要? 1 でもお話ししたように、日焼け止めクリームは、UVインデックスに合わせて日陰や長袖シャツ・帽子などを組み合わせることが前提のものです。 

紫外線保健指導マニュアル(2006)」によると、使用シーンに合わせた日焼け止めクリームの選び方は、次のようになっています。

使用シーンに合わせたサンスクリーンの選び方(SPF とPA)
使用シーンに合わせた日焼け止めの選び方

環境省「紫外線保健指導マニュアル-2006年版-」より
(SPAやPAについては、こちらを参考にしてくださいね)

こうやって見てみると、炎天下(午前10時~午後2時)のレジャーや、リゾート地でのマリンスポーツ以外であれば、SPF30以下、PA++のもので十分カバーでき、高SPFの日焼け止めを使わなくても十分なのです。 SPF30以下、PA++の日焼け止めとは、通常は酸化チタンや酸化亜鉛のみを使った日焼け止めで、紫外線吸収剤は入っていません(入っている場合があるかもしれませんので、必ず確認してくださいね!)。

UVインデックスに合わせて、日陰や長袖シャツ・帽子などを利用し、「使用シーンに合わせたサンスクリーンの選び方」にそって適切な日焼け止めを利用すれば、日焼けは恐れるに足りず!なのです。

日焼け止めが肌へのダメージを増やす?」でもお話ししたように、紫外線吸収剤の入った日焼け止めは、角質の薄い人ほど内部へと拡散してしまい、逆に何も塗らないよりも紫外線の影響を受けやすい状態になってしまう可能性があることも分かっています。 トラブルの元がいっていない日焼け止めクリームで十分だというのは、嬉しいことですね。

これに加えて是非実践していただきたいのが、食べる日焼け止めです。 紫外線の影響を、肌の内側から小さくすることで、より肌へのダメージを小さくすることができると考えられます。 日中外に出る日は必ず、朝からβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEセレンα-リノレン酸を摂るようにしましょう。 
(参考)紫外線対策に役立つ、肌にいい食べ物 / 7~8月編
『食べる』日焼け止め

高SPFの日焼け止めクリームが必要な時

あまりいいイメージのない高SPFの日焼け止めクリームですが、どうしても必要な時があります。 それは、


炎天下(午前10時~午後2時)のレジャーやリゾート地でのマリンスポーツをする時、さらに旅行などで日本よりも南の国へ行く時です。 

炎天下のレジャーやリゾート地でのマリンスポーツは、紫外線をさえぎってくれるものが少ない上に、山であれば高度が1000 m上がると紫外線量は10~12%増加しますし、水辺であれば紫外線が水に反射して25%ほど増加することが分かっています。 また、ハワイ、タイやマレーシア、シンガポール、香港、上海など、日本よりも南の国では、紫外線はかなり強くなります。 北半球の紫外線は、緯度が低いほど強くなります。 海外に旅行に行く場合は、必ず緯度を確認しましょう! 南半球でも同様に、緯度が低いほど紫外線は強いのですが、特にオーストラリアの上空は、オゾン層が薄い部分(オゾーンホール)があるため、年中紫外線が強くなっています。 オーストラリアが夏の時期に遊びに行く場合は(もちろん、お仕事の場合でも、です!)注意が必要です。

どんな場合でも、紫外線の強い時間帯に外に出ないようにすることが一番です

でも、折角遊びに来ているのに、外に出ないわけにはいきません! そんな時は、肌荒れ覚悟で高SPFの日焼け止めクリームを利用しましょう。 そしてこの場合でも、できるだけ肌を露出しないようにしましょう。 長袖のシャツを羽織る、帽子をかぶる、サングラスをかけるようにしましょう。 緯度が低い地域ほど、真上から紫外線が降り注ぐので、つばの広い帽子が有効です。 そして、日陰をうまく利用しましょう。 日陰は、紫外線を完全には遮断してくれるものではありませんが、直接日光に当たる場合よりも50%も紫外線量が減ることが分かっています。 海外でも、日本と同じUVインデックスがある地域があります。 出発前に、何時頃はどんな対策をすればいいか、調べておくといいですね。

そして、どんな場合でも、昼間外に出る場合は、朝からβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEセレンα-リノレン酸を摂るようにしましょう。 紫外線の影響を、肌の内側から小さくすることで、より肌へのダメージを小さくすることができると考えられます。 海外で十分な食事がとれない場合は、これらのサプリメントを持っていきましょう。 折角の海外ですから、十分な紫外線対策をとって、安心して遊んできてくださいね!


~今日のポイント~
 紫外線対策は、UVインデックスに合わせて日陰や長袖シャツ・帽子などを組み合わせるようにしましょう。 その上で、日本国内でいる時は、SPF30以下、PA++程度の日焼け止めクリームを利用し、日本よりも南の国に行く場合は、肌荒れ覚悟で高SPFの日焼け止めクリームを利用するようにしましょう。 そして、どちらの場合も、朝からしっかりβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンE、セレン、α-リノレン酸を摂るようにしましょう。


参考サイト
 環境省「紫外線保健指導マニュアル(2006)」
 気象庁「UVインデックス
 オゾン層破壊の科学アセスメント:2006
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/21 07:34】 | 紫外線対策 | コメント(2) |
<<「ナノテク」入りの日焼け止めに注意! | ホーム | 高SPFの日焼け止めは必要? 1>>
コメント
私も高SPFの日焼け止めは必要ないと思っています
それよりも食べる日焼け止め それに冷房対策
何しろ紫外線にあたっているより冷房環境で肌が乾燥し
紫外線の刺激に耐えられないようにしている。
この問題も食べる日焼け止めで解決できますよね
【2008/06/22 19:40】 URL | 今生 #-[ 編集]
>今生さん
ご無沙汰しております。
今生さんと同じ考えであることが分かって、とても嬉しいです。

基本的に、多くのことは食事で改善できると考えております。
今生さんがこうやって後押しして下さると、勇気が出ます。
ありがとうございます。
【2008/06/23 22:01】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。