無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
「ナノテク」化粧品に注意!
前回お話した「ナノテク」のことが気になったので、珍しく続けて更新しています。

前回は、「ナノテク(ナノテクノロジー、ナノ技術)」を利用した日焼け止めは、紫外線吸収剤が入っていないものでも安全性に問題があるというお話をしました。 これまで日焼け止めに使われていた酸化チタンや酸化亜鉛は、マイクロサイズ(10-6 m:10のマイナス6乗メートル)で、人体にとってはほぼ無害であることが確認されています。 ところが、同じ酸化チタンや酸化亜鉛であっても、ナノサイズ(10-9 m:10のマイナス9乗メートル)にすると、安全性に関する研究が行われていないため、何らかのトラブルが起こる可能性があるのです。 ナノテク製品(ナノマテリアル)については、日本では厚生労働省などが調査を行っているようですが、はっきりとしたことは分かっていませんので、安全性が確認されるまでは避けた方がよさそうですね。

ところで、このナノテク、元々は半導体や医療の分野で発展した技術ですが、最も一般に普及しているのは、どうも化粧品のようです。 日焼け止め以外にも、ナノテクを使った化粧品には、こんなものがあります。


■無機成分のナノサイズ化、ナノ加工(日焼け止め、ファンデーション(リキッド、パウダー共に)、制汗剤など)
ナノサイズ粒子(ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛、白金(プラチナ)、銀、アルミニウム塩など)
発色や分散性、消臭効果などの向上

前回お話しした、ナノサイズの酸化チタンや酸化亜鉛などの無機成分は、体の中で分解されないものです。 ですから、肌から体の中に入ると、体内(特に、解毒を行う肝臓)に蓄積する可能性があります。 肝臓に蓄積された金属は、胆汁と一緒に排泄されることもありますが、排泄されることが分かっているのはマイクロサイズの金属であって、ナノサイズの金属がどの程度排泄されるかは、分かっていません。

また、スプレータイプの制汗剤などに含まれているナノサイズの金属は、肌からだけでなく、スプレーを含んだ空気を吸い込むことで、肺から体の中に入ってしまうことになります。 肌からよりもかなり多くのナノサイズの金属が、体の中に入ることになります。 私はスプレータイプの制汗剤を使っていましたが、さすがに気持ちが悪いので使うのをやめました。

ナノコーティング(厚さナノメートルのコーティング(シリコンなど)を表面に塗布)
着色粉末の発色や分散性の向上、変臭の抑制

ナノコーティングは、今のところそれほど問題がなさそうです。 コーティング剤は、人体に対して反応性の低いシリコンなどですから。 問題は、コーティング剤やその厚みではなく、コーティングした粒子の大きさでしょう。 白金ナノコロイドのような、ナノサイズ化した白金をナノコーティングしたものは、避けておいた方がよさそうです。

ナノ分子(ナノサイズの分子)
活性酸素除去能などの機能をもつナノ分子(フラーレンなど)を配合

フラーレンなどのナノ分子も、安全性の確認はされていませんが、化粧品として販売されています。 商品として既に販売されていれば、安全だと思いますよね。 でも、前回もお話ししましたが、化粧品は、安全性(発がん性や催奇性などの有害性を長期的に調べること)に関する試験を、医薬品ほど厳密に行わずに商品化できてしまいます。 安全性が定かではなくても、商品化されてしまうのです。 そのため、フラーレンなどのナノ分子が入った化粧品を使うのは、安全性がはっきりとしてからにしたほうがよさそうですね。

■美容成分のナノサイズ化、ナノ加工(乳液、クリーム、美容液など)
高圧乳化技術によるナノ加工(高い圧力をかけることで、乳化分子をナノサイズに加工)
べたつきが小さく、使用感が向上。 乳化分子が超微細なので、溶液が透明に近い。

皆さんご存知のように、水と油は、本来、混ざり合わないものです。 これらを混ぜるためには、水に混ざる性質と、油に混ざる性質の両方を合わせ持つ(両親媒質といいます)物質、一般に乳化剤や界面活性剤と呼ばれるものを利用する必要があります。 そして、水と油の間に乳化剤や界面活性剤を挟み込むことで、「乳化(水と油が混ざり合うこと)」させます。

高圧乳化技術は、乳化剤や界面活性剤などによって乳化したものに高い圧力をかけることで、乳化した粒子の大きさをナノサイズ化するための技術です。 これまではマイクロサイズが限界だったのですが、ナノテクによって乳液の粒子までナノサイズになっています。

マイクロサイズの乳液粒子だと肌につけるとべとべとしていたものが、ナノサイズ化によってさっぱりとした使用感になり、化粧水感覚で乳液やクリーム、美容液などが使えるようになっています。 ところが、ナノサイズ化したことで肌の奥にまで乳化剤や界面活性剤を含んだ粒子が入り込むようになるため、肌バリアが壊れやすくなってしまうのです。 肌バリアが壊れると、乾燥肌や、いわゆる敏感肌などの肌のトラブルが起こりやすくなります

ナノカプセルの利用(リン脂質などで作られた微粒子カプセルに有効成分を配合)
有効成分を肌の奥まで浸透させる

ナノカプセルは、乳化剤や界面活性剤と油を混ぜて作ったナノサイズのカプセルの中に有効成分を閉じ込め、肌の奥に成分を届けるものです。 これも肌によくないようなイメージがありますが、ナノカプセルを作る時に用いる乳化剤や界面活性剤は、多くの場合、卵黄や大豆由来の「レシチン」という、作用の弱い乳化剤を使います。 レシチンは、私達の肌にも含まれる成分ですので、基本的に肌バリアを壊す作用はなく、肌トラブルの原因にはならないと考えられていますし、食品や外用としての安全性も、ほぼ確認されています。

ただし、ナノカプセルの中に添加物が入っている場合は、添加物が肌の奥に入りやすくなってしまうので問題です。 カプセルの中身の確認ができていれば、レシチンナノカプセル(リポソーム)については、大きな問題はないと考えられています。
レシチン
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail53.html

これらのナノテク化粧品の中で一番困ったものは、ナノサイズ化した乳液やクリームに入った、これまたナノサイズ化された酸化チタンや酸化亜鉛です(なんだかややこしいですね)。 ナノサイズ化した乳液やクリームに含まれている乳化剤や界面活性剤の作用によって、ナノサイズ化された酸化チタンや酸化亜鉛が体の中に入り込みやすくなってしまうからです! もし、乳化した粒子の大きさや金属粒子の大きさがナノサイズとうたっている化粧品があれば、それは利用しないようにしましょう。

こうやって見てみると、ナノテクを使っていない化粧品を探す方が大変そうですね。 化粧品は、人によっては毎日使うものですから、安全性の確認ができていないナノテクを利用した化粧品は、避けた方がよいのではないかと思います。 しかし、非常に残念なことに、現在、化粧品には粒子サイズの表示義務がありません。 成分表示を見ても、どの商品がナノテクを利用したものなのか、消費者が判断できないのです。 乳化粒子や金属粒子の粒子径の表示義務を課すなど、なんらかの対策を取ってもらいたいものです。

前回、今回でナノテクについて色々調べてみた感想として、私個人としては、これまで以上に乳液やクリーム、美容液、ファンデーション(リキッド、パウダー共に)は、使わない方がいいと思うようになりました。 皆さんはどうですか?


~今日のポイント~
 肌のトラブルを回避するだけでなく、自分自身の安全のためにも、ナノテクを利用した化粧品は、利用しないようにしましょう。


参考サイト
 国立健康・影響研究所 「健康食品」の安全性・有効性情報
 NPO法人 市民科学研究室 ナノテクリスク勉強会
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/06/27 22:40】 | スキンケア | コメント(7) |
<<食事で美肌を作るためには? | ホーム | 「ナノテク」入りの日焼け止めに注意!>>
コメント
ゆりこさん ナノテク反対の一人です

皮膚は本来排泄器官であることから考えて私は
浸透させる美容法は反対しております
排泄機能を高めてあげるスキンケアこそ美肌
づくりに役立つ商品だとおもっています
【2008/06/30 00:06】 URL | 今生 #-[ 編集]
>今生さん
おはようございます。
おっしゃる通り、肌に何かを浸透させるというのは、本来の働きとは逆ですね。
今生さんの今回の授業の「汗」が、スキンケアの鍵になるのではないかと思いました。
【2008/06/30 04:06】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
いつも勉強になります♪こちらのblogを見て、セレンやえごま油も摂取するようにしているのですが、朝食の時のメニューで、えごま油が摂れない時があるのですが、そういう時は、おおさじ一杯をそのまま摂取してもよいのでしょうか?やはり食品と一緒にとらないと意味ないのでしょうか?
【2008/07/05 13:53】 URL | 裕美 #-[ 編集]
>裕美さん
参考にしていただけて幸いです。
えごま油は、そのまま飲んでも問題ありませんよ。
もちろん食事と一緒に摂るのがいいのですが、この場合の「一緒」というのは、「混ぜる」ことではありません。

私も、メニューによっては、食後に大さじ1杯飲むこともあります。
味や油そのものを飲むことに抵抗がなければ、問題ありませんよ。
【2008/07/05 23:29】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/07/14 13:05】 | #[ 編集]
ネイルサロン大阪で探すならサロンサーチ大阪というサイトを運営しております
国松京子と申します。
素敵なブログと思いましてコメントさせていただきました。
【2008/07/21 16:27】 URL | 国松京子 #QqeHpGNM[ 編集]
>国松京子さん

はじめまして、素敵なブログと言っていただき、ありがとうございます。
更新は非常にゆっくりですが、また覗いていただけると嬉しいです。
【2008/08/18 20:52】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。