無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
素肌のための栄養講座 4 『エネルギーに関わるビタミンの大切さ』
日中の日差しがかなり和らいできましたね。
朝晩も、少々冷え込むようになってきました。
ここ数年、残暑がとても厳しかったので、なんだか変な感じです。

今日も、素肌のための栄養塾の内容ですが、その前にちょっと興味深い話がありましたので、お知らせしておきますね。
気象庁から8月20日に、『2008年7月のオゾン層と紫外線』が発表されています。
この報告書によると、今年7月の紫外線量(日最大UV インデックスの月平均値)は、東海・北陸・近畿・中国・四国・九州の広い範囲で、1997~2007 年の月別累年平均値より20%以上多かったとか。
(北海道の一部では、例年通りだったようです)
日本のほとんどの地域では、例年よりもかなり紫外線が強かったということですね。

今年は紫外線が強いなぁとは思っていましたが、例年の20%増しだったとは、びっくりする話です。
こんなに紫外線が強くなってしまったら、やはり『紫外線の強い時間帯は外に出ない』ことが、最も重要な紫外線対策になってきます。
皆さんは、効果的に紫外線を避けることはできましたか??
これからでもまだ遅くはありませんので、日中はできるだけ紫外線に当たらないよう、日陰や日傘・帽子・長袖シャツ・手袋・サングラスなどを利用すること、そして、紫外線に当たる場合は、朝からしっかりβ-カロチンやビタミンE、ビタミンC、セレン、α-リノレン酸などを摂ることをお勧めします。

[補足]
今年の紫外線量が例年より多かったのは、今年は空梅雨で、7月にしては晴天が多かったということも影響しているようです。
1日あたりの紫外線量が20%増しだったというわけではありません。
誤解を招いてしまい、申し訳ありませんでした。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 ☆素肌のための栄養講座  『エネルギーに関わるビタミンの大切さ』
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

四回目の栄養講座の始まりです。

ブログでは、『ビタミンB群』の働きについて、
シリーズでお話ししました。

既に内容をお読みの方は、
ビタミンB群は、エネルギー、タンパク質、核酸の合成に
『欠かすことができない存在』だということを
ご理解いただいていると思います。
まだの方は、先ずこちらを読んでくださいね。

 →ビタミンB群 1 / ダイエットの味方は、どのビタミン??
 →ビタミンB群 2 / ビタミンC、Eに次ぐ、美肌ビタミン
 →ビタミンB群 3 / 肌のターンオーバーと貧血予防に欠かせないビタミン

簡単にダイエットや美肌、ターンオーバーと結びつけていますが、
どれも複雑に関係しあっているビタミンです。

ところで皆さん、『アミノ酸の桶』をご存知でしょうか?
タンパク質の元になるアミノ酸、特に必須アミノ酸は、
全種類をバランスよく摂取しないと効率よく使うことができません。

これと同じで、実はビタミンB群も、
『ビタミンB群の桶』になっているのです。

アミノ酸と違って、種類ごとに必要な量というのは違っているのですが、
全てのビタミンが必要量を満たしていなければ、
うまく働くことができないのです。

今回のテーマは、『エネルギーに関わるビタミンの大切さ』です。
体が機能するためには『エネルギー』は欠くことのできないものです。
多くの方は、エネルギーの元である『エネルギー源』に注目していますが、
それよりも大切なのは、エネルギーを生み出すために働く
『ビタミン』なのです。

昔はもっとビタミンB群が取り上げられていたのですが、
活性酸素と、がんを含む多くの疾病との関係が明らかになって以来、
抗酸化物質の存在が、大きく取り上げられるようになってきました。

確かに抗酸化物質はとても重要で、
特に紫外線の影響を大きく受けやすい肌に関しては、
欠かすことができない重要な存在です。

でも、考えてみてください!
私達の体を構成している約60兆もの細胞が活動する時には、
必ずエネルギーが必要です。
ですから、エネルギーを作り出すシステムこそが、
生物の体にとって最も重要なものになってくるのです。

話が壮大になってきましたので、ちょっと元に戻します。
とにかく、エネルギーは体にとって、とても大切なものなのです。

肌で考えてみましょう。
健康で美しい肌は、肌の奥にある基底細胞が細胞分裂をすることで生まれます。
この細胞分裂が起こる時には、とてもたくさんのエネルギーを必要とします。
分裂した後、細胞の中の環境を整える時にも、
分裂中に生じた老廃物を排出する時にも、
細胞が成長していくときに必要な物質を作り出す時にも、
成長過程で生じた老廃物を排出する時にも、
とにかくたくさんのエネルギーを必要とします。

この時にエネルギーが作れなければ、どうなるでしょう?
どこかで止まったり、ゆっくりになってしまったりすることになり、
ターンオーバーが遅れるようになるでしょうね。

そうすると、荒れた肌は治りにくくなり、
角質が薄くなることで刺激を受けやすくなり、
紫外線の影響を受けやすくなるため、シミやそばかすが増え、
コラーゲンが減少することで、肌はたるんできます。

肌の多くのトラブルが早く治るか否かは、
基底細胞で起こる細胞分裂のスピードにかかっています。
ということは、
『エネルギーを常に作り出せる状態』
でなければならないのです。

それでは、次はエネルギーに関わるビタミンの話です。
皆さん、ちゃんと覚えていますか??
念のためこちらに挙げますが、すぐに出てこなかった人は、
もう一度復習してくださいね!
 →ビタミンB群 1 / ダイエットの味方は、どのビタミン??

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

☆エネルギーを作り出す時に必要になるビタミンB群☆

ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビオチン、パントテン酸

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


これらのビタミンの中で、意識しなければなかなか摂れないものは、
ビタミンB1、B2でしたね!

講義の最初でお話した、『アミノ酸の桶』を覚えていますか?
ビタミンB群もこれと同じで、全種類をバランスよく摂取しないと
効率よく使うことができません。

ですから、エネルギーを効率よく作れるか否かは、
ビタミンB1、B2の量にかかっているのです!

エネルギーをたくさん必要とする時、
例えば運動をする時は、これらのビタミンだけでもいいでしょう。
さらに、活性酸素を除去するためにビタミンCを摂っておけば、
ビタミンとしては充分ですね!

でも、肌のターンオーバーのためには、エネルギー以外にも、
核酸の合成のために葉酸とビタミンB12が関わっていましたよね?
これら4種類のビタミンを摂っておかなければ、
効率よくターンオーバーを起こすことが難しくなってくるのです。

ところで、ビタミンB群の多くは、腸内細菌から得ることもできます。
腸内細菌が作ってくれるビタミンB群は、
ビタミンB6、葉酸、ビオチンです。
ですから、これらのビタミンは少々食事で不足しても
大丈夫とも考えられますが、
腸内細菌はとにかくデリケートなのです。
食べたものや、ちょっとした体調の変化、ストレスなどで、
簡単に増減してしまいます。

腸内細菌を大切にすることは、とてもいいことですが、
腸内細菌に頼るのは、あまり得策ではないのです。
それに、腸内細菌が作るビタミンの量を、正確に知ることはできません。
言ってみればとても不確かなものなのです。
そんな不確かなものを頼りにするわけにはいけませんよね?
だって、ビタミンB群には、『ビタミンB群の桶』があるんですから!

とにかく1種類でも少ないものがあれば、それに依存してしまうのが
ビタミンB群の辛いところです。
ということで、ビタミンB群を摂る優先順位としては、

1.意識しなければ摂れないもの
   ビタミンB1、B2、ビタミンB12
2.腸内細菌が作るもの
   ビタミンB6、葉酸、ビオチン
3.多くの食品に満遍なく含まれていて、不足の心配があまりないもの
   パントテン酸、ナイアシン

= - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = -
ナイアシンに関しては、少し補足しておきます。
この、『不足の心配がない』というのは、
『穀類を食べている』というのが前提です。

ナイアシンは、穀類には多く含まれていて、
さらにトリプトファンというアミノ酸60 mgから1 mg作ることができます。
ですから、あまり不足はしないと言われているビタミンです。
『穀類を食べている』という前提の元なので、
穀類をあまり食べない人は、不足する可能性があります。
このことは、ちゃんと覚えておいてくださいね!
= - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = - = -


という順番で、摂るべきですね!
それぞれのビタミンを多く含む食品については、こちらを参照してくださいね。
 →肌荒れを治すために / おすすめ朝食メニュー
 →美肌にいい朝食メニュー
 →肌のターンオーバーを積極的に起こす食事 / 今日の晩御飯に是非どうぞ!

…でも、いくら肌や体のためとはいっても、
これだけの種類のビタミンを毎日十分な量摂るのは、はっきりいって大変です。
主婦や一人暮らしの方では、ここまで食事に気を配っていては
嫌になってしまい、続かないでしょう!
そんな時は、やはりサプリメントが簡便です。

ビタミンB群が入っているサプリメントには、多くの種類がありますが、
ビタミンB群の総合サプリメントなのに、
ビタミン以外の成分、例えば野菜の抽出物や高価な食材などの
抽出物を少量加えることで、価格を上げている場合もあります。

また、別のサプリメントを一緒に摂る場合、色々な成分が入っていると
重複する可能性があるので、必ず成分をチェックしましょう。
できればビタミンB群のみが入ったサプリメントを選ぶようにしたいですね。
ちなみに、私が利用しているのは、小林製薬のビタミンB群サプリメントです。
このサプリメントは、ビタミンB群と類縁のビタミンのみなので、
価格が低いものとなっています。
こういう良心的なものが、もっと増えてくれれば嬉しいですね!

こうやって、サプリメントをお勧めしてはいますが、
どんなものでも栄養摂取のメインは食品です。
サプリメントは、
・食品の含有量が少ないため、摂りにくい必須栄養素
・毎日摂ったほうがいいことはわかっているけれど、生活スタイルなどの事情で
食事での摂取が難しい
などの場合に利用するものです。
『サプリメントさえ摂っておけば、食事を摂らなくても大丈夫!』
というものではありませんので、
その辺りのところも、よ~くご理解くださいね!

今回も長くなってしまいましたが、本日の講義はこれで終わります。

次回の講義も是非出席してくださいね!


復習したい方は、こちら
■ビタミンB群の説明
 →ビタミンB群 1 / ダイエットの味方は、どのビタミン??
 →ビタミンB群 2 / ビタミンC、Eに次ぐ、美肌ビタミン
 →ビタミンB群 3 / 肌のターンオーバーと貧血予防に欠かせないビタミン
■ビタミンB群を多く含む食品
 →肌荒れを治すために / おすすめ朝食メニュー
 →美肌にいい朝食メニュー
 →肌のターンオーバーを積極的に起こす食事 / 今日の晩御飯に是非どうぞ!
 →葉酸は肌のターンオーバーにも重要
   
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/08/22 22:24】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(0) |
<<素肌のための栄養講座 5 『紫外線と、セレニウム』 | ホーム | 素肌のための栄養講座 3 『抗酸化物質』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。