無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
素肌のための栄養講座 5 『紫外線と、セレニウム』
今日は、素肌のための栄養講座の前に、ちょっとお知らせをします。
実は、9月末に、著書が発売されることになりました。
本業の方の書籍で、「乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル」という題です。

乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル

乳がんは、乳房という、女性にとって非常にデリケートな部分に発生するがんです。
日本では、30代から増え始め、40代後半をピークに70歳くらいまでの女性に多くなっています。
日本人女性が最もかかりやすいがんだと言われていて、2002年の段階で、年間4万人以上の女性が乳がんになっていることが分かっています。
そして残念なことに、予防する方法はなく、乳がん検診によって早期発見をすることで、死亡リスクを下げることしか方法はないと言われています。

ところが欧米では、乳がん検診だけでなく、適切な乳がん予防のための食事やライフスタイルが、きちんと提案されているのです。
私は、がんと食事やライフスタイルに関する文献調査を仕事にしていて、色々と文献を読むうちに、びっくりしてしまいました。
じゃぁ、それをどうすれば日本でも取り入れることができるのか?このことがきっかけとなって、作成することになったのが、9月末に発売予定の書籍「乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル」です。
詳しいことについては、これから少しずつお話させていただきますね。

ということで、やっと本題の「素肌のための栄養講座」です。
今回は、ご要望が一番大きかったセレンのお話です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 ☆素肌のための栄養講座  『紫外線と、セレニウム』
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

5回目の『素肌のための栄養講座』です。
ブログでは、『紫外線対策』について、お話しています。
既に内容をお読みの方は、
美肌のためには、可能な限り紫外線を避けた方がいいということを
ご理解いただいていると思います。
予習がまだの方は、先ずこちらを読んでくださいね。
 →紫外線と黒い色
 →4~5月上旬の紫外線対策

同じようなことを繰り返しますが、紫外線を『避ける』ということは、
美肌作りにはとても重要なことです。

元気な肌にたくさん発生する過酸化水素に紫外線があたると、
ヒドロキシラジカルや一重項酸素といった、反応性の高い活性酸素が発生します。

これらの活性酸素のうち、特にヒドロキシラジカルは、
肌の奥にある基底細胞のDNAを壊す強い力を持っています。
いったんDNAが壊れてしまえば、修復には時間がかかりますし、
重要な部分のDNAが壊れてしまえば、最悪の場合、皮膚がんになってしまいます。

皮膚がんは、日本ではそれほど多くはありませんが、
赤道付近や、オゾンホールのあるオーストラリアなどに住む人に
多く発生するがんです。
(国立がんセンターの調査では、30年前と比べると、
日本人(特に男性)でも増えてきているようです)

でも、アフリカやアメリカの一部では、赤道直下なのに
皮膚がんの発生率が低い地域があります。
その理由は、その地域に住む人の多くが、
肌に黒いメラニン色素をたくさん持っているからです。

人の肌にある黒い色素は、皆さんご存知のメラニン色素です。
黒は紫外線を吸収する色なので、
黒いメラニン色素が、肌にたくさんあるということは、
天然の日焼け止めを持っているのと同じことです。

皮膚がんになりにくい人は、
肌に黒いメラニン色素をたくさん持っています。
紫外線の強い、熱帯地域で住んでいる人は、
生まれながらに紫外線を防ぐために必要な力が備わっているんですね!

一方、私達日本人の肌は、基本的に黄色がかった白です。
熱帯に比べると、黒いメラニンをそれほど必要としない
地域に住んでいます。

しかし、オゾン層の破壊が進んだ現在では、
毎日降り注ぐ紫外線の量も増えてきているので、
多少肌の色が多少黒くなった方が、
皮膚がんにならないためにはいいのかもしれませんね。

でも、女性にとっては、肌の色は白い方が嬉しいものです。
『色白は七難隠す』ともいいますから、やはり白い方がいいでしょう。

しかし、鏡を見ると、肌の色だけでなく、
そこに映ったたくさんのシミやそばかすに
げんなりしてしまうのが、現実かもしれません。

でも大丈夫!
紫外線の影響さえきちんと防ぐことができれば、
日本に住んでいる限り、肌は黒いメラニンを必要としなくなります。
日本よりもはるかに紫外線の強い、赤道直下の国で住むのなら
厳しいかもしれませんが、そうでないのなら、大丈夫です。

紫外線の影響を小さくするために一番大切なことは、
体の内と外から紫外線を防ぐことでしたね。
しつこいくらいに何度も何度も繰り返します。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
紫外線の影響を小さくするための方法

体の外側
  →紫外線に直接当たるのを避ける
体の内側
  →セレン、ビタミンE、ビタミンC、β-カロチンなどを摂る

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


体の外側から紫外線を避けるポイントは、こちらです。

 →4~5月上旬の紫外線対策
 →紫外線と黒い色

肌への影響を小さくするためには、
体の外から紫外線を防ぐだけでは、足りません。
必ず、体の内から紫外線を防ぐことも一緒にするべきです。

体の内側から紫外線の影響を小さくするのは、
セレン、ビタミンE、ビタミンC、β-カロチンのような
微量金属とビタミンでしたね。
すぐに出てきましたか?
すぐに出てこなかった人は、こちらで復習してくださいね。

 →紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
 →美肌と活性酸素 1
 →美肌と活性酸素 2
 →にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』


!ここからがポイントです!


この中でも、特に重要なのは、セレンです。
やっと今回のテーマが出てきましたね。
今まで何度も、セレンの重要性については、お話ししてきました。

しかし、残念ながら、最新の2008年版食品成分表にも、
それぞれの食品に含まれているセレン量の記載はありません。
どの食品にどのくらい含まれているのか?ということが分からなければ、
体に必要な量が本当に摂れているかどうかは、分かりません。

正確なことはわからないのですが、
シミ・そばかすはもちろん、シワや毛穴の開きがあり、
凸凹にきび痕が治りにくい状態では、不足していると考えた方が自然ですね。
セレンが充分摂れていれば、これらの肌のトラブルは起こりにくくなります。

一般に、魚介類にはセレンが多く含まれているので、
魚介類を多く食べる日本人は、基本的にセレンは不足しないといわれています。
しかし、日本人女性の肌を見ると、やはりシミやそばかす、
シワや毛穴の開きが多く見られます。
凸凹になったにきび痕がなかなか治らないと悩んでいる方も多いです。
ということは、魚を多く食べていても、やはり不足しているのです。

ちゃんと摂っているはずなのに不足することには、理由があるのです。
実は、魚介類のセレンは、水銀の影響を解毒するため、
水銀と結合した状態で存在しています。
ですから、魚介類のセレンを摂っても、
私達の体の中で働いてくれない場合があるのです!

魚介類のセレンを有効に使うため、セレンと水銀を分離してしまうと、
私達の体の中で水銀が悪さをするようになってしまいます。
それでは困ったことになるため、
残念ながら、魚介類のセレンはあまり当てにはならないのです。

日本人女性が1日に必要なセレンの摂取量は25 ug、
摂取上限量は、1日350 ugですから、
1日に100 ugをサプリメントで摂ることをお勧めします。

私は、朝食を食べる時に、
ナウ(Now)社のセレンサプリメントを一緒に摂っています。
こちらのサプリメントは、1錠で100 ug入っていますので、
1日1錠で十分です。

サプリメントがどうしても苦手だという方は、
小エビや小魚などの、食物連鎖の底辺に存在している
魚介類を食べましょう。
食物連鎖の底にいる魚は、水銀の影響が小さいため、
含まれているセレンが働いてくれる可能性が高くなります。

そして、これらに含まれているセレンの効果を発揮させるためには、
できるだけ、食物連鎖の上位に位置している
サメ類、メカジキ、マグロ類
などは、控えた方がいいでしょう。

水銀を多く含む魚介類を摂ると、私達の体の中でも
セレンが水銀を無効化させるために働くので、
活性酸素を消去するために働かなくなる場合があります。

手のひらに乗るくらいの小さな魚には、
水銀の含有量も少なく、たくさんの有効なセレンが含まれていると考えられます。
サプリメントが苦手な方は、朝から小魚を食べるようにしましょう!

ただし、それでもこれらの魚介類にどのくらいの量のセレンが含まれているかは
分かりませんので、サプリメントで確実に補う方がよいと思います。
基本は小魚を毎日食べるようにして、1週間に1~2度程度、サプリで補うのでもいいですね。

そして、紫外線の影響を小さくするため、セレンの次に重要なのが、ビタミンCです。
体の中で、実際に活性酸素を消去する力を持つのは、ビタミンEです。
でも、ビタミンEは、多く摂ると、弊害が出てきます。
ビタミンEは、脂溶性ビタミンなので、
多く摂るとなかなか排出されなくなってしまい、
害が大きくなってしまいます。

その点、ビタミンCは、ビタミンEを復活させる力を持っているので、
ビタミンEではなく、ビタミンCを多く摂ることをお勧めします。

それでは、ビタミンCを効率的に摂る方法について…
と思ったのですが、今回は長くなってしまったので、このお話は来週にしますね。
次回の講義をお楽しみに!


復習したい方は、こちら
 →紫外線と黒い色
 →4~5月上旬の紫外線対策
 →紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
 →美肌と活性酸素 1
 →美肌と活性酸素 2
 →にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/08/25 07:19】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(0) |
<<素肌のための栄養講座  『ビタミンCを効率よく摂る』 | ホーム | 素肌のための栄養講座 4 『エネルギーに関わるビタミンの大切さ』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。