無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
素肌のための栄養講座  『ビタミンCを効率よく摂る』
今日も、素肌のための栄養講座の前に、少しだけ9月末に発売予定の本『乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル』の話をさせていただきますね。

乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル

欧米では既に広まりつつある、乳がんを予防するための食事やライフスタイルですが、なぜ日本ではそれを取り入れることができないのでしょうか。
その理由は、欧米人と日本人とは、人種が違うし、これまで長い年月をかけてできた食習慣や生活習慣が違うということがあります。
欧米人で効果があるから日本人でも効果があるはず!と、すぐには考えることはできないのです。

たとえば、ある化粧品がとてもよかったと感じる人がいれば、そうれない人もいます。
化粧品1つとっても、同じ日本人の間で合う人と合わない人がいるのですから、人種や食習慣・生活習慣の異なる人では、色々なものの合う・合わないが違っているでしょうね。
その辺りの考え方が、難しかったです。


それでは今日も、素肌のための栄養講座です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 ☆素肌のための栄養講座  『ビタミンCを効率よく摂る』
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

六回目の『素肌のための栄養講座』です。
前回の講義から2週間も空いてしまってすみませんでした。
本当はゴールデンウィーク前に知ってもらえればよかった内容ですが、
これからは日焼けする機会がどんどん増えるので(!)大丈夫!
いつでも実践していただけます。

ビタミンCは、前回お話ししたセレンの次に、
体の内からの紫外線対策に重要なビタミンです。

体の中で、活性酸素を消去する大きな力を持つのは、ビタミンEですが、
多く摂ると弊害が出る、脂溶性ビタミンでしたね。
サプリメントの成分に注意!

ビタミンEを1日400IU(約260 mg)摂り続けることで、
肺がんや心疾患が発生しやすくなることもわかっています。
この量は、厚生労働省が定める、日本人成人女性の摂取上限量の約1/3です。
ビタミンEは、予想以上に過剰がよくないようです。

ですから、お医者様に処方していただく場合以外では、
過剰にならないよう、サプリメントの利用はやめた方がよさそうですね。

ということで、美肌のためには、ビタミンEを過剰に摂るのではなく、
過剰に摂っても問題のないビタミンCを摂る方が断然いいのです。

ビタミンCの効果を高めるためには、
『こまめに摂る』ことが大切だと、何度もお話ししてきました。
 →紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
 →食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 1

ビタミンCは、一度にたくさん(100 mgくらい)摂っても、
排泄されてしまい、効果の期待ができなくなってしまいます。
むしろ、一度にたくさん摂れば摂るほど、排泄効率が上がってしまうので、
たくさん摂れば摂るほど効果が薄まるという悲しい結果になってしまうものです。

朝食で、ビタミンCを多く含む食品を食べた後、紫外線に当たっている間は、
こまめにビタミンCを摂り続けるようにしましょう。
私は、外出中は、お菓子のハイレモンを、1時間に1つずつ食べています。

ところでビタミンCは、ビタミンEと共同で働く紫外線予防効果だけでなく、
黒いメラニン色素を退色させ、シミやそばかすを薄くする美白効果もあります。

 →シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2

では次に、美白目的でビタミンCを摂る場合のお話をします。

ご存知の方は多くいらっしゃると思いますが、『ビタミンCパック』という、
佐伯チヅさんが提案されているシミ取り方法があります。
これは、ビタミンCを多く含む化粧水をしみこませたコットンを肌に乗せ、
ラップをして蒸発を防ぎ長時間ビタミンCを与え続けることで、
メラニン色素を還元させ、退色させるという方法です。

この方法の優れたところは、
『ビタミンCを常に肌に与え続ける』ということです。

ここから大切なことを言いますよ!!
しっかり覚えてください!

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
顔に塗るのも食事で食べるのも、同じ原理
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

実は、ビタミンCパックによって
肌に常にビタミンCをしみこませ続けることと、
食事によってこまめに摂ることは、同じことです。

肌の表面から染み込ませるのと、血液を介して届けることは、
経路が違うだけで、結局は同じことなんです。


肌に染み込ませる場合は、
ビタミンCパックをした『場所』にしか効果はありません。

しかし、食事によってこまめに摂ると、
血液を介して体中に行き渡らせることができるため、
肌すべてをビタミンCパックすることができます。

ビタミンCを『こまめ』に摂ることは、はっきりいって面倒で大変です。
でも、きになるシミを消すために、まずは試してみませんか?

☆お勧めの方法 1☆
朝食、昼食でビタミンCをたっぷり摂り、
食間で、ビタミンCを100 mg前後含むサプリメントやキャンディーを食べる


私は、外出中のかばんの中に、いつもハイレモンを忍ばせています。
そして、思いついた時(できれば1時間おき)に1つだけ口に入れています。

ポイントは1つだけ!

キャンディーなどは、吸収が早いため、ビタミンCもすぐに吸収されてしまい、
すぐに排泄が始まります。
でも、ハイレモン1つなら、130 mg程度のビタミンCなので、
排泄も急激に起こらず、多く吸収することができると考えられるのです。

☆お勧めの方法 2☆
朝食、昼食でビタミンCをたっぷり摂り、
タイムリリースのビタミンCサプリメントを1日1~2錠摂る


もう1つお勧めは、ポーリング博士のビタミンCなどの、
タイムリリースのビタミンCサプリメントです。

普通のサプリメントは、吸収がいいためすぐに全量が溶けて吸収されますが、
タイムリリースのものは、少しずつ溶けて吸収されるように作られています。

でも、残念ながら、どのくらいのスピードで
ビタミンCが吸収されるかの記載はないのが残念です。
私が実際に飲んだ感じでは、1錠につき6~7時間くらいは、
追加でビタミンCを摂らなくても問題なさそうな感じでした。

もし、本当に6~7時間効果が続くのであれば、
1時間に約140~160 mg程度のビタミンCが吸収されると考えられるので、
1時間ごとにハイレモンを1つ食べるのと大体同じですね。
こちらは煩わしくもないし、お勧めです。

もちろんサプリメントに頼らずに、食事で摂るのも効果があります。
むしろ、この方が、ビタミンC以外の有用な栄養素を
一緒に摂ることができるのでお勧めです。

食事で摂る場合は、多く摂っても2~3時間かけてゆっくり吸収されるので、
1日5回くらいに分けて、200~300 mgずつ摂れば充分でしょう。
でも、問題は、これだけ量のビタミンCを食事で摂るのは、かなり大変だということです。
ビタミンCの多いくだもの(4月編)

しみを薄くするためには、なぜこんなにたくさんのビタミンCが必要なのか?
というと、体の中には栄養素を使う優先順位があるからです。
優先順位の高さは、当然、生命維持に重要かどうかです。

メラニン色素の還元は、生命に最も関係のないビタミンCの利用方法です。
ですから、体中でビタミンCが不足しなくなって初めて、効果が出るようになります。

言いかえると、メラニン色素を還元できる状態とは、
体に必要なビタミンCを充分摂ることができている状態なのです。
ですから、逆を返すと、このような状態になっていない限りは、
メラニン色素の還元は不可能なんですね。

佐伯チヅさんも、ビタミンCパックは、根気強さが大切とおっしゃっていますね。
パックを根気強くすることと、ビタミンCをこまめに摂る努力をすることは、
同じことなのです。

紫外線予防のためにビタミンCを摂るのは、普通の食事にちょっと気を付ければ
効果はありますが、美白目的でビタミンCを摂るには、
『より効率良く』摂るようにしなければならないんです。

効率よく摂るためには、

『少量をこまめに摂ること』

とにかくこれに尽きます。

最後に、今日から美白を始めるのでしたら、
是非かばんの中には少量のビタミンCサプリかキャンディーを入れておいて、
外出時にちょこちょこと食べるというのがお勧めです。
でも、キャンディーの場合は、くれぐれも食べすぎには注意してくださいね!
折角美白が成功しても、太ってしまうかもしれませんから。。。。


復習したい方は、こちら
 →サプリメントの成分に注意!
 →紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
 →食品に含まれているビタミンCと、サプリメントのビタミンC 1
 →シミ・そばかす、にきび痕を消したい 2
 →ビタミンCの多いくだもの(4月編)


ところで、この記事を書いたのは、去年の5月でした。
この1年間、ほぼ毎日、こまめにビタミンCを摂るということを実践してきたのですが、
20代の時にできて、5年以上取れる気配のなかったくっきりとしたしみが、かなり薄くなってきました。

鏡を見ると、まだ残ってはいるのですが、
写真を撮っても(私は、ファンデーションもコンシーラーも使いません)写らないくらいになりました。
時間はかかりますが、効果はあると感じています。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/08/26 07:26】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(4) |
<<素肌のための栄養講座 7 『ビタミンAは、種類がいっぱい』 | ホーム | 素肌のための栄養講座 5 『紫外線と、セレニウム』>>
コメント
前回はしそ油をとる時間帯の件、詳しく教えていただきありがとうございました☆
早速、しそ油を買って試しています(^^)

ビタミンCはこまめにとることが大切なんですね。
今回も質問なのですが、
食間でサプリメント(飴含め)をとる時は夕食の時間までとるのでしょうか?
 それとも、紫外線の強い時間帯(10時~2時の間)のみでしょうか?
【2008/08/30 18:37】 URL | ちゆ #sHxuQVRw[ 編集]
>ちゆさん

こんにちは。
しそ油、早速試してくださってありがとうございます。

ビタミンCは、こまめに摂ることが大切です。
こまめに摂る場合、日焼け予防が目的でしたら、紫外線に当たる時間帯は、こまめに摂り続けることをお勧めします。
美白目的でしたら、起きている間はこまめに摂り続けることをお勧めします。
目的に合わせて選択するとよいですよ。
【2008/09/02 19:57】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
しそ油、私も摂り始めました。もともと乾燥がひどいのですが、化粧品をやめて、こちらのサイトに忠実にがんばっております♪でもやっぱり、冬が恐いです。。。しっとりお肌に憧れます。
乳がん検査、細胞診もしました。定期的に検診していますが、食事で防げるのなら最高ですね。検査のたびに、不安でどきどき。。。
いやなものです。。。
【2008/09/05 21:51】 URL | もん #-[ 編集]
>もんさん
こんにちは。
サイトを参考にしてくださってありがとうございます。

冬の乾燥は、体を冷やさないようにすることで、かなり改善が可能です。
しそ油とぬるま湯洗顔に加えて、ウォーキングなどの運動を取り入れ、体温が36.5℃を維持できれば、かなり乾燥肌は落ち着くのではないかと思います。

乳がん検診を受診されたのですね。
さぞかし心配だと思います。

乳がんに関する最新の知見では、検診と共に、食事や生活習慣を改善することが重要です。
実は、乳がんリスクを下げるための食事やライフスタイルというものは、美肌作りにとっても重要なものばかりです。
著書共に、ブログを参考にしていただければ幸いです。
【2008/09/06 16:45】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。