無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
素肌のための栄養講座 8 『ビタミンDと美肌の関係』
9月になりましたが、蒸暑い日が続きますね。
朝夕は冷えるのですが。
こういう時期は、体調を崩しやすいので、皆さんどうぞご自愛くださいね。

さて、お待たせしている『素肌のための栄養塾』の8回目です。
今回のお話は、『ビタミンDと美肌の関係』です。

近年、紫外線の肌への影響が注目されるようになったことで、多くの女性は日焼けを避ける傾向にあります。
このことは、ビタミンDの合成量を低下させる大きな原因になるのではないかと考えられます。
実は、美肌のためには、ビタミンDも重要です。
でも、ビタミンDのために紫外線に当たるのは、トラブルの元。
ビタミンDは、食事で補うことが最もよいと考えられます。
お勧めは、1日100グラムのお魚を、できれば毎日食べることです。
これからの季節、秋刀魚や鮭など、お魚がおいしい季節になりますね。
牛や豚のお肉を控え、積極的にお魚を食べることでビタミンDを多く摂るようにしましょう。

ビタミンDは、近年、がんとの関連性が非常に強いことが分かってきたビタミンです。
これまで、β-カロチンやビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化物質が、がんの予防に重要と考えられていましたが、研究が進んだことで、これらのビタミンを多く摂ってもがんを予防することは難しいことが分かってきました。
その一方で、ビタミンDの効果がかなり大きいことが分かってきたのです。

特に乳がんとビタミンDについては、9月下旬に発売予定の著書に書きましたので、興味のある方は是非読んでくださいね。
乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル

それでは今日も、『素肌のための栄養塾』です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 ☆素肌のための栄養講座 8 『ビタミンDと美肌の関係』
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

8回目の『素肌のための栄養講座』です。
これまで色々な種類の栄養素の話をしてきました。

脂肪酸、抗酸化物質、ビタミンB群、
セレン、ビタミンC、ビタミンA

これらは、体の中で働くメインの機能によって、
こんな風に分けることもできます。

細胞膜になる   → 脂肪酸
エネルギーを作る → ビタミンB群
酸化の害を小さくする → 抗酸化物質、ビタミンC、セレン
信号物質になる  → ビタミンA

そして、今回のテーマであるビタミンDは
「信号物質」に分類されます。

ビタミンDとビタミンAは、
同じような用途に使われる場合が多いのです。

勘のいい方は、この記事を読んで、
もしかして?と思ったかもしれませんね。
紫外線の利点って何?

そう、ビタミンDとビタミンAは、
細胞分裂を起こす時の信号物質となっているのです。

一般的なビタミンDの認識は、
 ・日光に当たることで、体の中で作ることができる
 ・骨の形成に重要
だと思います。

もちろん、その通りです。

ビタミンDは、骨の形成に重要といわれていますね。
どう重要なのか?というと、

骨は、コラーゲンの骨格に、カルシウムをくっつけ、
カルシウムコーティングすることで作られています。
ですから、骨を作る時にカルシウムがたくさん必要になります。

この、カルシウムの吸収量をアップさせるためのホルモンが、
ビタミンDから作られるのです。

ビタミンDは、ホルモンの原料になっているんです。
α-リノレン酸などの脂肪酸と一緒ですね。
 →α-リノレン酸は、きれいと元気の味方

さらに、ビタミンDは、ビタミンAと同じように
細胞同士がコミュニケーションをとる時などの
信号物質として働いています。

ホルモンの原料や信号物質ということで、
それほど多くは必要としません。

食品成分表でも、1日の推奨摂取量は、
5マイクログラムと、とても少ないものです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    !! 重  要 !!
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


この、1日5マイクログラムという量は、
日光に当たらなくても弊害が出ない量とされています。
では、本当に日光に当たらないと考えて、
毎日これだけの量を摂れているかどうか、考えてみましょう。

ビタミンDは、きのこ類に多く含まれています。
干ししいたけ 16.8マイクログラム 
きくらげ 435マイクログラム

ぱっと見、多く入っているように見えますが、
これらは100グラム当たりの量です。

きのこを100グラム食べるって、大変なことです。
例えば、干ししいたけ1個は、3グラム程度。
ですから、2個食べても1マイクログラムしかビタミンDが摂れません。
これでは必要量には足りませんね~。

さらに、いくらきくらげに多いといっても
毎日なんて、とてもじゃないけど食べられません!
きのこ類から必要量を摂るのは、とても大変なことです。

そこでお勧めなのは、魚介類です。
ビタミンDは、特に鮭やにしんに多く含まれています。
ですから、毎日お魚を食べている人は、不足の心配は特にないでしょうね。
でも、皆さん、毎日お魚食べてますか?

ビタミンDは、植物には含まれていませんし、
動物性の食品でも、牛・豚・鳥などに含まれる量は少なく、
充分な量を摂れる可能性があるのは、魚くらいです。

でも、毎日魚を食べている人は、少ないでしょうね。
ということは、普段の食生活では、
想像以上にビタミンDが摂れていないんです。

こんな状態で、紫外線の影響を小さくするために
日光を避けていると、当然、ビタミンDは不足してしまいます。

ビタミンDは、細胞分裂の信号物質なので
いくら少しでいいといっても、
不足し続けることは、充分な信号が届かなくなり、
ターンオーバーが遅れ、
肌荒れがなかなか治らない原因になってしまいます。

これではいけません!

ところで、私たちの体の中でビタミンDを作るためには、
紫外線B波に当たる必要があります。
しかし紫外線B波は、ガラスに遮られてしまうので、
いくら日光が入るからといっても、窓を閉めた室内でいては合成できません。

ちなみに、紫外線A波はガラスを透過するため、
室内でいても窓際だと、体の中で一重項酸素が発生し、
シワやたるみの原因になってしまいます。
 →美肌の敵 5 / 活性酸素

体に必要なビタミンDを作るためには、
1日15分程度、紫外線B波に当たるとよいと言われています。
(ちなみに、真夏であれば、2分程度で十分と言われています)
でも、15分程度とはいえ、紫外線の害が気になりますね。
そのジレンマを解消してくれるのが、体の内からの紫外線対策、
「食べる日焼け止め」です。
 →『食べる』日焼け止め

体の内側からする紫外線対策は、本当によくできています。
活性酸素をやっつけることで紫外線の影響を小さくしてくれるため、
ビタミンDが合成でき、さらに肌への影響は小さくなると考えられます。

日焼け止めを塗るのでは、こうはいきません。
体に必要なものを摂るということは、
害を小さくし、利を大きくしてくれます。

ビタミンDが充分摂れるようになると、
様々な信号が充分届くようになり、ビタミンD不足が原因の
ターンオーバーの遅れも順調になってきます。

そして、もう1つの効果が、がんの予防です。

ビタミンDは、細胞分裂の信号だけでなく、
「アポトーシス」といって、傷ついた細胞がきちんと自殺するための
信号にもなることが分かっています。

がんは、傷ついた細胞がきちんと死ぬことができず、
生き残ってしまうことでどんどん傷が蓄積し、発生することが分かっています。
そのため、ビタミンDが不足していると、
がんが発生しやすくなるのではないかと考えられるのです。

がんだけでなく、傷ついた肌の細胞がきちんと死ぬことができなければ、
ターンオーバーが遅れたり、元気のない肌の細胞が増えることで、
トラブルの多い肌になってしまう可能性があります。

肌の細胞は、元気な細胞が生まれるだけでなく、
傷ついた細胞がきちんと死んでくれることも大切なのです。

ビタミンDは、このどちらにも関わっている、
想像以上に重要なビタミンです。
皆さん、自分が十分なビタミンDが摂れているかどうか、
必ず確認してくださいね!

食べる日焼け止めを利用している場合は大きな心配はないと考えられますが、
日焼け止めを利用し、紫外線に当たらないようにしている場合は、注意が必要です。
ビタミンDが不足しないように、
お魚を毎日食べるなり、サプリメントで補うなりするようにしましょう。


復習したい方は、こちら
 →紫外線の利点って何?
 →α-リノレン酸は、きれいと元気の味方
 →美肌の敵 5 / 活性酸素
 →『食べる』日焼け止め
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/09 09:00】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(0) |
<<素肌のための栄養講座 9 『アミノ酸とタンパク質』 | ホーム | 素肌のための栄養講座 7 『ビタミンAは、種類がいっぱい』>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。