無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
素肌のための栄養講座 9 『アミノ酸とタンパク質』
9月も半ばになって、涼しくなってきましたね。
今年はすんなり秋が来てくれて嬉しいです。

非公開コメントを頂いたのですが、メールアドレスがなく、お返事ができませんでしたので、こちらで簡単に答えさせていただきますね。

まず、このブログに出てくる"肌"とは、全身の肌のことです。
顔だけでなく、頭皮や手のひら、ひざやひじもそうですし、背中やおなか、足の裏なんかも当てはまります。
そして、実は内臓の一部にも、肌と同じタイプの細胞がたくさん存在しています。
ですので、食事を改善して美肌を作ることは、全身を健康にすることにもつながります。

毛を剃れば剃るほど太く(長く)なることについてです。
長くなることについては分かりませんが、剃った後生えてくる毛が太いように見えるのは、理由があります。
毛というのは、毛根の部分は太く、肌から出ている末端になるほど細くなる構造をとっています。
毛を剃ると、肌の表面に出ている一番根元の部分でカットされることになります。
その部分は、一番末端の部分と比べると太いので、その後毛が伸びると、太い毛が出てくることになるからです。
(言葉だけで説明すると、分かりにくいですね)
ちなみに、抜くとこういうことにはなりません。
でも、抜くと肌に負担がかかるので、剃る方がいいと思います。

「10代のうちから化粧してたら大人になって肌が荒れる」というのは、本当です。
大人からお化粧を始めても、肌は荒れます。
毎日お化粧をして、きちんとクレンジングをしているのは、一見肌によさそうですが、実は肌にとって負担になることです。
1日の負担は小さくても、それが毎日積み重なると、数年後、数十年後には目に見えて差が出ます。

10代は、成長期のため、肌が再生する力がとても強い時期です。
そのため、肌は荒れにくいのですが、成長期が過ぎて大人になると、10代の時期よりも肌の再生する力が低下するため、徐々に負担が積み重なってきます。

とはいっても、皮脂の分泌量や、女性ホルモンの量などの個人差がありますので、お化粧をしてもそれほど肌が荒れない人もいれば、すぐに荒れる人もいます。
本当ですとはいったものの、全ての人に当てはまるとは限らないようです。

私個人としては、年齢に関わらず、体にとって必要な栄養を毎日摂り、美肌によくないもの(たばこや夜更かし、石鹸・スクラブ洗顔など)を避け、適度な運動をして体温を36.5℃程度に維持すること、疲れたら休息することの方が、美肌にとって大切なことだと思います。
家庭科、化学、生物、物理の勉強に、驚くようなヒントが隠れています。
是非、色んな勉強をして、見つけていってくださいね!

それでは、今日も『素肌のための栄養塾』です。


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 ☆素肌のための栄養講座  『アミノ酸とタンパク質』
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

9回目の『素肌のための栄養講座』です。
今までビタミンやミネラルの話をよくしてきましたので、
今回は、アミノ酸とタンパク質のお話をしたいと思います。

まず、アミノ酸やタンパク質これらがどんなものであるか、
簡単に説明しますね。

 アミノ酸    (アミノ酸)
 ペプチド    (アミノ酸)-(アミノ酸)-…(1~300個程度のアミノ酸) 
 タンパク質  (アミノ酸)-(アミノ酸)-(アミノ酸)-…(300個以上のアミノ酸)  


 ペプチドとは?
   2~300個のアミノ酸が『ペプチド結合( - の部分)』で繋がったもの
 タンパク質とは?
   300個以上のアミノ酸が『ペプチド結合( - の部分)』で繋がったもの

このように決まっています。

食品の中には、様々な種類のペプチドやタンパク質が
含まれています。
しかし私たちの体では、ペプチドはともかく、
タンパク質をそのまま使うことはできません。
そのため、私たちの体がタンパク質を利用するためには、
まずは以下のようにしてタンパク質をアミノ酸にまで分解します。

 1.噛むことで小さなタンパク質にする
 2.胃で、さらに小さなタンパク質や、ペプチドに分解する
 3.小腸で、小さなタンパク質やペプチドを、アミノ酸に分解する


こうして、小腸でアミノ酸を吸収し、肝臓へと運んでいます。

肝臓へ運ばれたアミノ酸は、一部を肝臓で貯蔵し、
残りは『アルブミン』というタンパク質に作り変え、
血液中に放出されます。

そして、血液を介して全身にアルブミンが運ばれます。
細胞は、このアルブミンを受け取って、
必要なタンパク質を作っています。

ということは、アルブミンは、
細胞に必要なアミノ酸を全て含んでいることになります。

ところで、アミノ酸は、全部で20種類あります。
この20種類を全て食事から摂らなければならないのか?というと、
そうではありません。
ヒトは、いくつかの種類のアミノ酸は、糖や他のアミノ酸からから作り出すことができます。

 体の中で作ることができるものを、『非必須アミノ酸』、
 
 体の中で作ることができない、
 できても量が少ないものを、『必須アミノ酸』


といいます。
必須アミノ酸は、体の中で作ることができないのですから、
毎日摂り続けなければなりません。

生物によって、必須アミノ酸にはいくらか違いがありますが、
ヒトにとっての必須アミノ酸は、全部で9種類です。
 イソロイシン
 ロイシン
 リジン
 メチオニン
 フェニルアラニン
 スレオニン
 トリプトファン
 バリン
 ヒスチジン


これだけのアミノ酸は、毎日きちんと摂らないと、
十分な量のアルブミンが作れなくなってしまいます。
アルブミンが作れなければ、血液中のアルブミンが減少し、
細胞へ届く量も減ってしまいます。

すると、必然的に肌の細胞に届くアルブミンが減ってしまい、
コラーゲンのような、肌にとって重要な必要なタンパク質を
作り出すことができなくなってしまいます!

ですから、肌のためには、
必須アミノ酸は必ず毎日摂るようにしなければならないのです!

ところが、この必須アミノ酸、
食物によってかなり偏りがあることが分かっています。

動物性の食品と、植物性の食品では、
必須アミノ酸の含有量(バランス)が大きく異なっているのです。

動物性の食品(肉や魚、鳥など)は、割とバランスよく必須アミノ酸が含まれていますが、
植物性の食品は、スレオニンやメチオニン、リジンなどが少なくなっています。

そのため、植物性の食品に偏った食事を摂っていると、
アルブミンが作れなくなってしまい、
肌の細胞が、重要なタンパク質を作れなくなってしまうのです!

植物性の食品は、動物性の食品、特に肉と比べて脂肪分が少ないことから、
ダイエット目的で植物性の食品のみを食べている方はいませんか?
植物性の食品に偏った食事をしていると、
必須アミノ酸が不足しやすくなっています。
ダイエットをすると肌の張りが減ってくるというのは、
これも原因の1つと考えられます。
(他にもいくつか原因はあります)

そのため、必須アミノ酸を充分摂るには、
植物性の食品だけでなく、動物性の食品もとって、
バランスよく食事をする必要があるのです。

ただ、動物性の食品は、それほど多くは必要ありません。
なぜなら、植物性の食品で不足しているアミノ酸の量は、
それほど多いものではないからです。

タンパク質の量で考えると、

植物性の食品のタンパク質 6割
動物性の食品のタンパク質 4割

この程度で充分です。

私たちの体に必要なタンパク質は、
1日あたり女性で50グラム以上、男性で60グラム以上です。

このことから、

 1日に必要なタンパク質 50グラム(女性)
  植物性の食品のタンパク質 50×0.6=30グラム以上
  動物性の食品のタンパク質 50×0.4=20グラム以上

ということになります。

食品の重量で考えると、食品中に含まれているタンパク質の量は、
食品成分表をざっと見た感じで、以下のようになっています。

 植物性の食品 100グラム中に、タンパク質は5グラム程度
 動物性の食品 100グラム中に、タンパク質は15グラム程度

食品によってまちまちですが、
平均してこの程度のタンパク質を含んでいるため、
重さで考えると、

 植物性の食品 30÷5×100=600グラム 
 動物性の食品 20÷15×100=133グラム 

    植:動= 4.5 : 1

くらいがちょうどいいということですね。
お皿の数であれば、

 ご飯    1膳
 味噌汁   1杯
 野菜の副菜 2皿
 肉か魚   1皿

この組み合わせが、必須アミノ酸のバランスが最もよいと考えられます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    しかし、これでは少し問題がある場合があるのです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


それは、美肌にとって、最も大きな問題となる、
コラーゲンを合成する場合です。

コラーゲンは、主に
グリシン、プロリン、ハイドロキシプロリン
というアミノ酸でできています。

これらのアミノ酸は、体の中で充分な量合成できるアミノ酸(非必須アミノ酸)です。
ですから、食事によって必須アミノ酸が摂れていれば、
コラーゲンは、間違いなく作り出せるはずなのです。

しかし、食事のバランスをよくしても、
肌のコラーゲンが増える『実感』を感じることは、少ないと思います。

それには、アミノ酸の問題だけではなく、
α-リノレン酸やセレンの不足も考えられます。
 →表皮にも真皮にも嬉しいコラーゲンを増やそう!

さらに、紫外線などの影響が大きく、コラーゲンを合成するスピードよりも
破壊されるスピードが速いということも考えられます。
 →肌のたるみを改善する

でも、これ以外にも原因があるのです。
それは、コラーゲンを作るために必要な、アミノ酸、

ハイドロキシプロリン

が、充分作れていないことにあるのではないかと考えられます。

ハイドロキシプロリンは、
ビタミンCを使って、プロリンというアミノ酸を加工することで
作ることができます。

ところが、ビタミンCは、こまめに摂り続けなければならないものです。
昼間はできても、夜、眠っている間は、
いくら頑張っても難しいものです。
*寝る前に多く摂ると、尿路結石の原因になる可能性があるので、
お勧めできません


ビタミンCは、摂れる限界があるのです。

ということは、限りあるビタミンCを
できるだけ効率よく使うためには、
やはり『コラーゲンを摂る』ことが大切ではないかと考えられるのです。

皆さん、コラーゲンが何に多く含まれているか、ご存知ですか?
よく知らない方は、こちらを読んでくださいね。
 →エクササイズやマッサージを考える 2

ただ、食事だけで摂るには、
かなりの量の肉や魚を食べなければなりません。
でも、食べ過ぎは、別の問題を引き起こしてしまうので、
お勧めできません!

そのため、コラーゲンを単独で摂ることは、
肌にコラーゲンを増やすためには良いことです。

最近では、ドリンクや粉末など、
様々なコラーゲンが販売されていますので、
それらを摂ることもよいでしょう。

でも、それでは高いなぁという方や、
ドリンクなどに含まれている添加物が気になる方、
ちょっと試してみたいなぁと思っている方には、
もっと安価なものがいいですね。

そういう方にお勧めなのが、

『ゼラチン』

です。
そう、ゼリーを作る時に使う、あのゼラチンです。
(商品名で、ゼライスともいいますね)

実は、ゼラチンは、豚のコラーゲンの抽出物なのです。
コラーゲンそのものということです。

コラーゲンはタンパク質ですので、加熱しようがしまいが、
食事として体の中に入ると、
胃や腸で分解されて、アミノ酸の状態で吸収されます。
そのため、どんな形でも、
コラーゲンでありさえすればいいのです!

ゼラチンは、とても安価ですが、充分効果が期待できます。
味噌汁やスープなどに溶かして飲んでしまうのが一番簡単です。
私が家で使う時は、1人2~5グラムくらいの量を味噌汁に溶かし、
しそ油をティースプーン1杯垂らして食べています。
(お鍋に残った時は、片づけが面倒ですが…)

この夏、2ヶ月間、毎日続けました。
首のシワがかなり薄くなったのには、心底驚きました。
私はもう、ゼラチンを手放せません!

これからの季節は、紫外線の影響が小さくなるので、
真皮にコラーゲンを増やすに、もってこいの季節になります。
今から始めれば、効果が高そうですね!

肌にコラーゲンが増え、シワやたるみがなくなるということは、
内臓(特に肝臓)にもコラーゲンが増え、
内臓の機能がアップすることにもなります。

肝臓の機能がアップすれば、解毒力も上がり、
普段から充分なデトックスができる体になります。

コラーゲンが増えるのは、肌だけでなく、体全てにとって
嬉しいことなのですね!

そして、忘れてはいけないことは、

 コラーゲンを増やすためには、
 コラーゲンを摂るだけでは いけません!


ということです。

 毎日必須アミノ酸を充分摂り、
 α-リノレン酸やセレンを摂り、
 ビタミンCを摂り、
 そしてコラーゲンを摂る


こうして初めて、真皮などにコラーゲンが増えることになります。

必須アミノ酸が足りなければ、アルブミンが作れなくなるため、
ハイドロキシプロリンがいくらたくさんあっても、
肌の細胞が作ることができるコラーゲンの量が減ってしまいます。

夏の日焼けで減ってしまった肌の張りを復活させたいと考えているのなら、
長年、気になっているシワやたるみを改善したいのなら、
是非、食事を大幅に改善して、コラーゲンが増える肌を作っていただきたいと思います。


肌の悩みを改善するためには、
1種類の栄養素だけでは足りません。

体は、たった1つの栄養素を増やしたくらいで
劇的な変化がおきるような、単純なものではありません!
(よっぽど不足していた場合は、劇的な変化が起こります)

例えば、コラーゲンを増やしたい場合は、
コラーゲンだけを摂るのではなく、
 毎日必須アミノ酸を充分摂り、
 α-リノレン酸やセレンを摂り、
 ビタミンCを摂る

これを「面倒だなぁ」と思うようでは、肌が根本から変わることは
まずありません。
化粧品やケアなどで肌の表面は変わっても、
体の中はどんどん衰えることになり、
いつかは化粧品やケアをいくら丁寧にやっても、
表面すら変わらなくなってしまいます。

どちらを選択するかは、皆さんにお任せしますが、
私は、何よりも食事を改善することを強くお勧めしたいです。

復習したい方は、こちら
 →表皮にも真皮にも嬉しいコラーゲンを増やそう!
 →肌のたるみを改善する
 →エクササイズやマッサージを考える 2
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/12 08:40】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(5) |
<<夜更かししてもメラトニンを分泌させるためには? | ホーム | 素肌のための栄養講座 8 『ビタミンDと美肌の関係』>>
コメント
ゆりこさん こんにちは 
アミノ酸とタンパク質の話はとてもよくわかりました
今回 私は食のテーマで更新をしましたので本文中にゆりこさんの
ブログを紹介させていただきまいした。またお時間がありましたら
覗いてみてください。ありがとうございました
【2008/09/13 13:15】 URL | 今生 #-[ 編集]
はじめまして。いつも勉強させていただいています。
ところで、私は都合により、夜更かしせざるを得ない状況にいます。朝6時に寝て、昼13時頃起きます。それ以外は食生活やスキンケアには気をつけている(食生活重視で)のですが、こういう場合、(肌、健康のため)他に何か注意すべき点はあるでしょうか。たとえば、長年昼夜逆転の生活を「規則正しく」していれば、朝寝ても、夜寝ているのと同じように肌に良い睡眠物質?がちゃんと分泌されるようになるものでしょうか?
【2008/09/16 15:18】 URL | momonyo #2aAvqIXg[ 編集]
>今生さん
今生さんのブログで紹介してくださって、ありがとうございます!
見せていただきますね!!
【2008/09/16 20:58】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>momonyoさん
はじめまして。
興味深い質問をしていただき、ありがとうございます。
完全昼夜逆転の方を対象とした研究は非常に少ないのですが、いくつか参考になりそうなものがありましたので、記事にしてアップしました。
参考になれば幸いです。
【2008/09/16 20:59】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/09/17 22:59】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。