無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
肌と相性のいい油とは?
肌には、つけてもいい油、つけない方がいい油があるのを御存知ですか?

メイク以外の肌の汚れは、ぬるま湯洗顔で十分落とすことができると、乾燥肌を防ぐ洗顔方法 でお話しました。 ところが、ぬるま湯洗顔後、数時間経っても、どうしてもカサカサしてくる場合があります。 その時は、少量の乳液やクリームを気になる部分にだけつけましょう。

その前に、知っていただきたいことがあります!

ファンデーションは、ぬるま湯洗顔では落とす事ができないので、クレンジングをしますね。 でも、乳液やクリームを落とすことを考える人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

乳液やクリームにも油分が含まれているため、実は、ファンデーションと同じように、塗った後は落とすことを考えなければいけないのです。

肌に何かをつける時は、必ず『落とすこと』も考えてつけましょう。

化粧水などの水溶性のものは、基本的にぬるま湯洗顔で取れますが、クリームや乳液には、ファンデーションよりも少ないとはいえ、油分が含まれているので、油の種類によっては石鹸などを使って落とさなければいけないのです。 きちんと落としていなければ、毛穴に余分な油が溜まり、角栓やにきびができる原因になってしまいます

でも、石鹸洗顔をすると、余分な油だけでなく、角質まで取ってしまうことになるため、肌の乾燥の原因になってしまいます。

ではどうすればいいでしょうか? それには、できるだけ『落ちやすい油』を使うことです。 
落ちやすい油とは、
 ・融点(個体が液体になる温度)が30℃以下の脂肪酸
 ・酸化しにくい飽和脂肪酸、または1価の不飽和脂肪酸

逆に、落ちにくい油とは、
 ・融点が30℃以上の脂肪酸
 ・酸化した脂肪酸

です。

油にはとてもたくさんの種類がありますが、化粧品や食品に含まれている一般的な油について簡単に分類してみました。 

落ちやすい油 落ちにくい油
脂肪酸 融点 脂肪酸 融点
オレイン酸 14.0℃ ステアリン酸 69.6℃
パルミトレイン酸 0.5℃ ラウリン酸 44.2℃
      ミリスチン酸 53.9℃
      パルミチン酸 63.1℃
      アラキジン酸 76.5℃


これを見ると、肌に負担にならない油というのは、オレイン酸やパルミトレイン酸だということがわかります。 これらの油は、皮脂の主な成分です。 体はちゃんと、肌に負担にならない油を知っていて、それを分泌してるんですね!

一方、落ちにくい油ですが、実はこれらは乳液やクリームによく入っている油です。 融点が高いということは、常温で固体ですからクリーム状に保ちやすいという利点があります。 このような油を使うことで、クリームや乳液に独特のとろみを持たせている場合もあります。 一度お持ちの化粧品の成分をチェックしてみてください。

また、酸化した油も落ちにくい油になってしまいます。 古い乳液やクリームが残っているともったいないのですが、肌の負担になるためできるだけ使わないようにしましょう。

落ちにくい油を使うと、石鹸洗顔をしなければ毛穴に溜まる原因になります。 しかし、石鹸洗顔は肌に負担をかけてしまうため、肌に乳液やクリームを塗る時は、これらの油が少ないものを利用し、ぬるま湯洗顔だけでも汚れが落ちるようにしていきましょう。

~今日のポイント~
 肌に乳液やクリームを塗るときは、落ちやすい油が多く入っているものを利用しましょう。 肌に負担の少ない油は、オレイン酸や、パルミトレイン酸です。


なぜ基準が30℃かというと、肌の表面、特に顔の表面は、30℃前後です。 ですから、融点が30度以上の油を肌に塗ると、肌と接している間は固まった状態になっています。

液体の油をぬるま湯にたらすと、さーーっと広がります。 でも、個体の油をぬるま湯につけても、なかなか油が浮いてきません。 肌についている油も同じことで、液体の状態で肌についている油は、ぬるま湯洗顔をすることですぐに剥がれていきますが、個体の場合はなかなか取れません。 熱湯をかければ固体の油も溶けて広がりますが、肌に熱湯なんてかけれません!

取れなければ、肌には溜まる一方ですよね。 ですから本当は、肌には融点が30℃以上の油はつけるべきではないのです。

最もいいのは、乳化剤の入っている乳液やクリームではなく、オレイン酸を多く含むオリーブ油、パルミトレイン酸とオレイン酸を多く含むマカデミアナッツ油などです。 でも、油そのものは酸化しやすいので、暗くて涼しい場所で保管して、早めに使いきるようにしてくださいね。 酸化した油は落ちにくくなります! 

参考文献
 脂質の科学
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/07 06:17】 | 美容の原則 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<肌と相性のいい油は、食べても肌にいい? | ホーム | 肌のターンオーバー 2 / 変化する肌の細胞を育てよう>>
コメント
はじめまして。
敏感肌のため、このブログの内容を数ヶ月に渡って参考にさせて頂いております。
ぬるま湯洗顔、その後は何もつけない方法を行っているのですが、
冬場になり、乾燥が激しくなってきています。

オリーブオイルが良いとのことですが、スクワランオイルも良いのでしょうか?
オリーブオイルのおすすめのメーカーがありましたが、教えてください。
よろしくお願い致します。
【2008/12/25 16:28】 URL | ACO #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/02 23:57】 | #[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/61-e7ee92c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。