無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
紫外線対策 2/ 弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
体の内からも、紫外線の影響を防ぐ

紫外線対策 1/ 一年中で一番紫外線が強いのは、いつ? で、1年を通して一番紫外線量が多いのは夏至の日。 夏至の日を、1年中で一番手厚い紫外線対策の日にし、それまでの間は肌の調子に合わせて、少しずつ対策を変えていくという話をしました。

弱い日焼け止めでは、不安ですか?

日焼け止めを使って肌を紫外線から守るのは大切なことですが、日焼け止めにはたくさんの油分や金属が入っているため、クレンジングをしなければ落とす事ができません。 強力な日焼け止めは落ちにくいものなので、外からの紫外線の予防を重視すると、肌の負担は増えてしまいます。

でも、弱い日焼け止めを使うと、紫外線を十分防げなくなってしまうので、どうすればいいのでしょうか?

秘密の方法は、活性酸素を作らせない、体の内からの紫外線対策

紫外線を防いで美肌になりたい、美白をしたいと考えている人は、是非、美肌と活性酸素 1 と、にんじんの『β-カロチン』と『肌のプリプリ感』 をじっくり読んでみてください。 実は、紫外線の害とは、『紫外線が肌に当たる』ことで起こるのではなく、肌の中にある過酸化水素に紫外線が当たることで発生する『活性酸素』なのです。

ですから、体の内で発生する活性酸素をブロックできれば、それほど強力な日焼け止めを使わなくても大丈夫になってくるのです!

体の中で起こる紫外線の影響は、セレンを含む酵素・グルタチオンペルオキシダーゼの働き不足が主な原因

活性酸素をブロックするためには、元となる過酸化水素を分解することが大切です。 グルタチオンペルオキシダーゼという酵素は、過酸化水素を分解する力を持っています。 ですから、この酵素の力を高めるために、セレンを摂るということが重要なのです。

朝からセレンを摂る

体の内から紫外線の影響を小さくするためには、紫外線が降り注ぎ始める時間帯、特に朝が肝心です。 美しい肌のためには、朝食で必ずセレンを含む食品、またはサプリメントを摂りましょう。

外で過ごす時間が長い人は、朝からセレンに加えてビタミンE、C、β-カロチンを摂る

日中ほとんど室内で過ごす人は、今の時期はまだ大丈夫です。 でも、外で過ごす時間が長い人は、朝からビタミンE、C、β-カロチンを摂って、できてしまった活性酸素をいつでもやっつけられる状態にしておきましょう!

こまめにビタミンCを摂る

酵素と違ってビタミン類は、一度使われるとどんどん壊れていくものです(よもやま話~美容とビタミン~ 参照)。 ですが、ビタミンEは、ビタミンCによって何度でも復活させることができるビタミンです。 ですから、ビタミンEをたくさん摂るよりは、ビタミンCをこまめに摂った方がいいのです。 

ビタミンCは、一度にたくさん摂っても排出されてしまうものなので、こまめに摂りましょう。 昼食や、おやつに少量のくだものを食べるというのはいいですね。

こうやって、体の内から活性酸素ができにくい環境を作ることで、弱い日焼け止めを使っても十分効果を持たせることができるようになります。 肌の負担を極力減らすためにも、体の内と外からの紫外線予防は、セットで考えてくださいね!


~今日のポイント~
紫外線を防ぐには、肌の負担を極力減らすため、弱めの日焼け止めを利用しましょう。 そして、朝からセレン、ビタミンE、C、β-カロチン、昼にはビタミンCを追加して、体の内と外から紫外線を防ぎましょう!


セレンは酵素の一部として働くミネラルですから、朝のみでも大丈夫です。 でも、ビタミン類は使われるとどんどん壊されてしまうものなので、昼食でも摂ることで、日中の紫外線の影響を最小限にしていきましょう!

ビタミンEは、脂溶性ビタミンといって、油に溶けやすいビタミンです。 ビタミンCのような水溶性ビタミンと違って、排出されにくいものなので、ビタミンEをたくさん摂るよりは、ビタミンCをこまめに摂ることでビタミンEを助ける方が体に負担がかかりにくくなります。

β-カロチンも、ビタミンEと同様に脂溶性ビタミンです。 排出されにくいものなので、朝食で摂る程度に留めておきましょう。


参考文献
 活性酸素・フリーラジカルのすべて
 細胞機能と代謝マップ I
 5訂増補 食品成分表2006
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/10 12:06】 | 紫外線対策 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<素肌のための栄養塾 | ホーム | 紫外線対策 1/ 一年中で一番紫外線が強いのは、いつ?>>
コメント
はじめまして。
昨日こちらのブログを知り、内容の濃さに
思わず読みふけってしまいました。

三度の食事よりお菓子が好き!
という食生活を改めた途端、
肌のトラブルが少なくなり、
あらためて食事の大切さを感じているところです。

昨日早速、しそ油を購入、石鹸洗顔を
止めてみました。
しそ油は加熱に弱い?ということなので、
サラダにかけて食べてみましたが、
1日どれくらい摂るのがいいのでしょうか?

これからも参考にさせていただきます。
【2007/03/10 15:33】 URL | terry #ShpRWwbE[ 編集]
>terryさん
はじめまして!
じっくり読んでくださってありがとうございます~。
こういう声が聞けると本当に嬉しいです♪

食事は、皆さん頭では大切だと分かっていても、なかなか改善できないものです。
でも、それを思い切って変えてみること、肌はそれを裏切らないんです。

しそ油は、加熱だけは避けてくださいね。
でも、すぐに食べてしまえる暖かいものなら大丈夫です。
味噌汁やラーメンにたらすと、びっくりするくらいおいしいんですよ!
私は納豆に混ぜてよく食べます。
しょうゆと油を混ぜただけのドレッシングもおいしいです。

量は、できれば1日大匙1杯程度を、毎日食べてくださいね。
最初のうちはできるだけ朝昼晩の3回に分けて食べて、効果が出てからしばらく経てば(2~3週間)、朝晩、夜のみとかでも大丈夫になってきます。

大匙2杯くらいまでは大丈夫ですが、その場合は、ほかの食事で油(動物・植物含めて)を極力控えてくださいね!
油の摂りすぎは、カロリーオーバーの元ですから。
【2007/03/11 07:16】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/64-f7ce0d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。