FC2ブログ

無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
アンケート結果 / 冬に起こる肌トラブルの、一番大きな原因は?
日曜日は隔週で、『よもやま話』と右側サイドバーに設置してあるアンケートの結果報告をしています。 今週は、『アンケート結果』です。

今回のテーマは、「あなたが気になる『肌トラブル』を教えて!」でした。 2週間の間で17名の方にお答えいただけて嬉しく思っています。 答えてくださった皆さん、ありがとうございました!

アンケート


この結果を大きく分けると、冬に起こる肌のトラブルは、2つの原因に分かれます。

冬の寒さによる冷えにきび痕、にきび、乾燥、目の下のくま

紫外線の影響しみ・そばかす、法令線(口周りの深いしわ)、毛穴の開き、小じわ

肌の乾燥は、肌の細胞が充分に成長できないことが原因ですが、これには亜鉛やα-リノレン酸不足に加えて、肌の深部温度の低下もあります。 温度が下がってしまえば、どれだけ栄養を摂っていても、細胞の隅々に行き渡ることが難しくなってきます。

にきびは、皮脂でいっぱいになった毛穴で起こる、にきびの原因菌の増殖が原因ですが、これをやっつけるのが免疫細胞です。 実は、免疫細胞は温度に敏感で、体温が下がると元気が無くなってしまうのです! 冬にできるにきびやにきび痕は、寒さで免疫細胞の働きが落ちているのが主な原因です。

やはり冬は体を冷やさないようにすることが大切ですね。 冬の薄着は美容の大敵です。

一方、しみ・そばかすやシワ、毛穴の開きは、主に夏場の紫外線の影響です。 しみ・そばかすは、ビタミンE、Cの不足、シワや毛穴の開きは、β-カロチンが不足していたのでしょう。 ということは、日焼け止めの塗り忘れもあるかもしれませんが、夏場の野菜やくだものの不足が原因とも考えられます。

でも、夏のトラブルが冬まで続くということは、不思議な話です。 夏場、真っ黒に日焼けした子供も、冬になれば色白に戻りますね。 これと一緒で、元気な肌は、夏場に受けた紫外線の影響をちゃんと修復することができるのです。

冬になっても夏の影響が抜けきらない最も大きな原因は、長期的なセレン不足や睡眠リズムの不安定さが考えられます。

肌の奥で細胞膜の柔らかさを奪う要素は、実は紫外線以外にもあります。 それを元に戻すのが、セレンを含む酵素や、睡眠中に分泌されるメラトニンというホルモンです。 これらの働きが悪いと、徐々にコラーゲンが分泌できなくなってきます。

本来なら、紫外線の影響が小さくなる冬には、コラーゲンが壊れる速度よりも、分泌する速度のほうが速くなるため、夏の影響はどんどん修復されていくはずなのです。 しかし、長期的なセレンとメラトニンの不足によって、コラーゲンが分泌できない細胞が増えてしまえば、分泌する速度よりも、壊れる速度の方が速くなってしまいます。 

これが、シワや毛穴の開きが回復できなくなる理由です。 昔できた凸凹のにきび痕がなかなか消えない理由も同じです。

ということで、冬のトラブルは、冬の寒さと、夏の紫外線の影響が回復できないことが大きな原因となります。 ですから、体を冷やさないように気を配ること、継続したセレンとメラトニンの不足を避けることが大切です。

次回のアンケートは、『無性に食べたくなるものを教えてください!』です。 体は、不足している栄養素が欲しくなるように、脳に働きかけています。 ですから、食べたくなるものを詳しく調べることで、あなたの体に何が不足しているかがわかってきます。 栄養素の不足が肌のトラブルとどう関わっているかを知るためのいい機会と思って、今回も是非投票してくださいね! 2週間後の結果を楽しみにしていてください!
スポンサーサイト






ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/11 15:38】 | アンケート結果 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<紫外線対策 3/ 24時間、昼も夜も紫外線対策 (修正) | ホーム | 素肌のための栄養塾>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/66-5508f0e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する