無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
α-リノレン酸は、きれいと元気の味方
肌にいい油の働き 

食品や化粧品の中には、たくさんの種類の油があります。 その中でも、肌と相性のいい油(肌と相性のいい油とは?)や、食べた方がいい油(肌と相性のいい油は、食べても肌にいい?)があるとお話しました。

食べた方がいい油は、α-リノレン酸という脂肪酸です。 この脂肪酸は、体の中でどんな働きをしていると思いますか? 余分な油はエネルギーとして蓄積されるということ、これは皆さんよくご存知だと思います。 では、余分なもの以外はどんな働きをしているのでしょうか。

細胞膜の構成要素

実は、体の全ての細胞膜は、脂肪酸でできています。 そしてα-リノレン酸は、細胞膜の重要な構成要素で、2つの重要な働きを持っています。

① 柔らかい細胞膜を作る

α-リノレン酸は、融点(個体が液体になる温度)が低く、特殊な構造をしているため、細胞膜に柔らかさを与えてくれます。 細胞膜が柔らかければ、栄養素の取り込みや老廃物の排出もスムーズになります。 肌にある、コラーゲンを作る細胞の細胞膜が柔らかければ、新しいコラーゲンの分泌がスムーズにできるようになり、肌がぷりぷりになってきます。

顔にできる小ジワは、コラーゲンが少なくなってきたことで起こるトラブルの1つです。これは紫外線の影響でコラーゲンが壊れてしまったこともありますが、細胞膜が柔らかさを失いかけていて、コラーゲンの分泌がスムーズにできない状態になっている場合もあります。

② ホルモンの材料になる

細胞膜は、細胞の中と外を隔てる大事な働きをしていますが、脂肪酸のストック置き場として、貯蔵庫の役目もしています。 細胞の中で脂肪酸が必要になった時、細胞膜から取り出して、材料にするのです。 主に、ホルモンの材料として使われています。

ホルモンと簡単にいっても色々種類がありますが、α-リノレン酸は、炎症を抑えるホルモンの材料になります。 ということは、食事で摂ることで、炎症の悪化を防ぐことができます。 にきびの悪化を防ぐだけでなく、花粉症や喘息の症状を和らげる働きもしています。

α-リノレン酸は、体中の細胞に運ばれて細胞膜の柔らかさを保つだけでなく、ホルモンの材料になるなど、重要な働きをしているので、余分なものとして体に蓄えられる機会が少なくなります。 ですから、太りにくい油といえますね。

このように、いいとこだらけのα-リノレン酸ですが、とても酸化しやすいという欠点があります。 ですから加熱は厳禁! 冷蔵庫で保存し、絶対に加熱せずに、生で食べるようにしましょう

また、細胞膜にたどり着いても、ヒドロキシラジカルによって過酸化されやすい脂肪酸です。 せっかく食事で摂っても体の中で過酸化されてしまえば、ホルモンの材料になりませんし、細胞膜を硬くしてしまう原因にもなってしまいます。

ですから、細胞膜の過酸化を防ぎ、α-リノレン酸を有効活用するためにも、日中はセレンやビタミンE、Cを摂り、夜はぐっすり眠ってメラトニンを分泌できるようにしましょう。


~今日のポイント~
 α-リノレン酸は、肌のきれいの味方の必須脂肪酸です。 毎日、加熱せずに摂り、さらに体の中での過酸化を防ぐために、セレンやビタミンE、Cも合わせて摂りましょう。


α-リノレン酸は、大豆や大豆製品、豆腐や豆乳などにも含まれていますが、しそ油やえごま油という油に特に多く含まれています。 加熱すると酸化しやすい油なんで、ドレッシングに使ったり、出来上がった焼き飯に混ぜたり、ラーメンや味噌汁に数滴垂らしても美味しいです。

バターやマーガリンの代わりにパンに塗ることで、脂肪の蓄積を防ぐ効果もあります。 加熱調理をしない油には、是非しそ油を使ってくださいね!

今回の素肌のための栄養塾では、α-リノレン酸について、詳しく勉強します。 興味のある方は、是非こちらを見て、講座申し込みをしてくださいね!

参考文献
 脂質の科学
 よくわかる生理学の基礎


☆☆右側サイドバーで、アンケートを実施しています!!☆☆

 今回のアンケートは、『無性に食べたくなるものを教えてください!』です。 体は、不足している栄養素が欲しくなるように、脳に働きかけています。 ですから、食べたくなるものを詳しく調べることで、あなたの体に何が不足しているかがわかってきます。 栄養素の不足が肌のトラブルとどう関わっているかを知るためのいい機会と思って、今回も是非投票してくださいね! 2週間後の結果を楽しみにしていてください!


☆☆メルマガ・『素肌のための栄養塾』入塾者募集中!!☆☆

 このサイトの総まとめとして、メルマガ・素肌のための栄養塾を開講することになりました! 詳しくは、こちらのページをご覧ください。

☆☆メルマガ第一号を読んでみる☆☆

 こんな感じのメールが、毎週(?)届く予定です。 公開するのはこの第一号のみですが、メルマガ購読者さま限定で、バックナンバーを公開します。 第二号以降で、IDとパスワードをお知らせしますね。 こちらの塾でも皆さんとお会いできること、楽しみにしています!
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/17 13:27】 | 脂質 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<よもやま話~『きれいになりたい』という思いの力に加えるもの~ | ホーム | 動きたくなる季節に必須のミネラル / 運動と活性酸素>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/71-08f4b059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。