無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
美肌の敵 1 / タバコとタバコの煙を避ける
喫煙者だけでなく、周囲の人も注意!

美肌作りの鉄則 で、肌を美しくした人は、『『いいもの』をたくさん摂って、『悪いもの』を遠ざける』ことが大切だとお話しました。 これまで肌に『いいもの』についてはたくさんお話してきましたので、たまには『悪いもの』の話もします。

喫煙はどう肌と関わっているのでしょうか?

美肌作りの鉄則 でもお話しましたが、タバコの害は、

物質名 肌への悪影響 参照ページ
ニコチン ・血流を悪くするため、肌の細胞に栄養が届きにくくなり、細胞分裂や成長しにくくなる
・依存性があるので、タバコがやめにくくなる
美肌と活性酸素 1
活性酸素 ・消去するためにビタミンCを多く使うため(1本につき、25 mgのビタミンCが使われます)、コラーゲンを作るのに必要なビタミンCが減る
・細胞膜が過酸化し、肌の色がくすみがちになり、コラーゲンなどが分泌しにくくなる
・メラノサイトが活性化しやすくなり、しみやそばかすができやすくなったり、色が黒くなったりする
ビタミンCは何に効く? 2 美容編
発ガン物質 ・ガンには至らなくても、DNAが壊れるため、修復に時間がかかるようになり、ターンオーバーがゆっくりになる 美肌と活性酸素 2
肌のターンオーバー 1 / 新しい細胞をどんどん作ろう


などです。 簡単に説明してこのくらいですが、これだけでも肌にとってはかなり悪影響があると考えられます。 もちろん、ここには書いたもの以外にも、まだまだありますよ。

タバコを吸うことで発生する活性酸素の量はかなり多く、吸う時に発生するだけでなく、実は体の中でタバコに含まれる化学物質などを分解する時に、かなりの量が発生します。 

主に発生する活性酸素は、
 吸う時…スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル
 分解する時…スーパーオキシド、過酸化水素

タバコを吸わなくても、煙を吸うだけで体の中で活性酸素が発生します! 

タバコの煙の中にも、多くの化学物質が入っています。 ですから、それらを吸って、体の中で化学物質を分解する時に、活性酸素が発生します。 人が吸った煙を吸うだけで活性酸素が発生するんですから、タバコだけでなく、煙も避けた方がいいでしょう。

大量に発生した活性酸素を消去するために使われる、ビタミンC

ビタミンCは、ビタミンEと一緒に活性酸素をどんどんやっつけるビタミンでしたね。 ビタミンCは、活性酸素を消去し終わったビタミンEを復活させるために使われます。 ですから、ビタミンEの量は、活性酸素の量には関係しませんが、ビタミンCは、活性酸素が多ければ多いほど、どんどん使われていくということになります。

ビタミンCは、タバコ1本吸うごとに、25 mg失われるといわれています。 ということは、タバコを1日に1箱吸う人は、1日に500 mgものビタミンCが、タバコのためだけに使われていきます。 タバコを吸わない人は、通常1日に100 mgのビタミンCを必要としているので、1日に1箱吸う人は、最低でも600 mgのビタミンCが必要です。

1日に1箱吸っている喫煙者の皆さん、1日600 mg以上のビタミンCをこまめに摂っていますか? 

最近はサプリメントなどで一度に摂るのは簡単にできますが、1度に摂っても排出されてしまうので、こまめに摂らなければ効果を発揮させることはできません。 タバコを吸うことは、慢性的なビタミンC不足を招きます。 これではコラーゲンも作れませんね。。

微量金属があるから、大丈夫??!

セレンや銅、鉄、マンガン、亜鉛は、活性酸素を消去してくれる優秀な微量金属でしたね! これをたくさん摂れば問題ないのでは?と思われるかと思います。 しかし、美容に欠かせない微量金属 でもお話しましたが、微量金属の摂れる量には上限があります

タバコを吸うことによって、どれだけの微量金属を必要とするかというデーターはありませんが、上限値があるということは、これらを含む酵素の働きにも上限があるということになります。 ですから、許容量を超えて喫煙している人は、もはや活性酸素を消去する手段を持たないということになります。

活性酸素が発生する原因は、タバコ以外にもたくさんありました。 紫外線、ストレスが代表的なものでしたね。 多忙で睡眠時間が安定しない人は、活性酸素を消してくれるメラトニンの分泌が少なくなります。 ストレスの多い人がタバコを吸う場合も多いので、そういう人は、タバコの害は2倍にも3倍にもなります。 

肌を美しくしたい人は、美肌作りの鉄則に従って、タバコをやめることをお勧めします。 いくら肌にいいビタミンや微量金属をたくさん摂っても、それを超える量の活性酸素を発生させてしまうタバコを吸っていては、肌を美しくするのは難しい話です。 肌かタバコか、愛するならどちらかにしましょう。


~今日のポイント~
 タバコは紫外線の次に大きな肌の敵です。 敵をやっつけるためにも今日から減煙し、最終的には禁煙しましょう。
 タバコを吸わない人は、極力たばこの煙を吸わないようにしましょう。 身近に喫煙者がいる場合は、ビタミンCとセレンを充分摂りましょう。


タバコはガンの原因だから、と言われても、若い人にはピンときません。 タバコを吸うことで起こってくる発ガンリスクは、5年後、10年後に高まってきます。 ですから、ピンと来ないのは当然ですね。 でも、こうやって長い間、活性酸素の害を消去しきれない体になっていれば、タバコに含まれる発ガン物質の影響以外でもガンになる可能性は高そうですね。

参考文献
 活性酸素・フリーラジカルのすべて
 The Cell 細胞の分子生物学 第4版
 細胞機能と代謝マップ
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/20 06:54】 | 肌の敵 | トラックバック(0) | コメント(7) |
<<美肌の敵 2 / 紫外線の影響を避ける | ホーム | 美容に欠かせない微量金属>>
コメント
はじめまして!
私の職場では愛煙家が多く
タバコを吸わない私はとても
つらいです。
でも
「セレン」(はじめてききました)を摂取してみようとおもいます!!
【2007/03/20 12:43】 URL | sakura #-[ 編集]
先日はシソ油の件、ありがとうございました。
たまにかけるのを忘れるものの、
効果を信じてこれからも続けていこうと思います。

私は日頃からビタミンCとビタミンEのサプリメントを
多めにとっているのですが、
大量に摂ることによる弊害はありますでしょうか?
実は、家族に尿路結石もちがおり、
最近、大量のビタミンCは結石の原因になるという
説を聞き、こまめな摂取を家族にすすめていいものか
悩んでいます。
ちなみにビタミンEは、しもやけの痒みを緩和させるために
(半ばしょうがなく)多めに飲んでいます。

質問ばかりで申し訳ありませんが、
何かアドバイス頂けましたら幸いです。
【2007/03/20 17:16】 URL | terry #ShpRWwbE[ 編集]
>sakuraさん
はじめまして。
愛煙家の方が多い職場は、少し辛いものがありますね。。
タバコの煙は美容にも影響が出るので、ビタミンやセレンを摂ることは大切です。

セレン、聞きなれない名前ですが、とても重要な微量金属です。
是非、毎日摂るようにしてくださいね!
でも、くれぐれも摂りすぎないようにしてくださいね!
【2007/03/23 05:06】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>terryさん
おはようございます。
しそ油、実践していただけて嬉しいです。
嬉しい効果がでますように!

ビタミンCもEも、体に必須な栄養素ですが、摂りすぎはよくありません。
特にビタミンEは、脂溶性ビタミンですので排泄されにくいものです。
ですから、多めに摂ることはお勧めできません。

しもやけの痒みの緩和は、ビタミンEの多めの摂取よりは、亜鉛やしそ油、そして手指や体の加温がいいですよ。

ビタミンCは、水溶性で、体の中に一定量を超えると、排泄されるビタミンです。
ですから、一度に多く摂っても、摂っていないことと同じになり、腎臓に負担をかける分、害になります。
ですから、排泄されない量(1度に70 mg)を、こまめに摂るほうがいいです。

大量のビタミンCは、結石の原因になります。
ですから、1度にたくさん飲むのではなく、70 mgを上限にして、朝、昼、おやつ、夕方などにわけて、こまめに摂ることが大切です。
(寝る前のビタミンは、結石の原因になります。できるだけ、朝、昼、夕方までで、こまめに摂るようにしてくださいね)
こまめな摂取では、排泄されにくくなるため、結石もできにくくなります。
何度も言いますが、一度に摂るのではなく、こまめに摂るようにしてください。

結石の原因は、ビタミンC以外にも、カルシウムや尿酸など、様々です。
でも、共通して言えるのは、クエン酸、マグネシウムを摂ることで、結石を作りにくくすることができます。

クエン酸は、排泄されるビタミンCなどと結合して、柔らかい結石にしてくれますし、マグネシウムはカルシウムの溶解度を上げるため、結石ができにくくなります。

ビタミンCは、かんきつ類から摂ると、クエン酸も一緒に摂れるのでお勧めです。
マグネシウムは、にがりやバナナに多いです。
【2007/03/23 05:23】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
ゆりこさん、詳しい説明ありがとうございます!

ずっと、「ビタミンCは水溶性で排出されるから、沢山飲んでも大丈夫!」
と思い込んでいました。
また、大量のビタミンCは結石の原因になるとのこと、
家族の健康を気遣うつもりが、危うく結石作りに
加担してしまうところでした。

なんでも多め多めに摂る癖を改めて、
適量を必要なタイミングで摂ることを心がけます。
ありがとうございました!
【2007/03/24 14:39】 URL | terry #ShpRWwbE[ 編集]
>terryさん

>結石作りに加担
…すみません、不謹慎ですが、吹き出してしまいました。
結石ができる前でよかったです。

どんなにいい栄養素でも、不足と同じくらい摂りすぎもよくないということを知っていれば、大丈夫ですよ!
【2007/03/25 17:04】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
はじめまして。
最近毛穴の広大化と目頭からしわが出来始めて
必死な思いで対策方法を調べていたところここにただりつきました。
昨日から早速、ぬるま湯洗顔に変え、コラーゲン、セレンン、亜鉛、ビタミン系栄養剤等接種を開始致しました。
ただ私はこの10年間喫煙者です。
それらの栄養源を体から接取したとしても一度出来てしまった毛穴(?今は鼻の周りから頬、生え際まで広がってしまいました)というものはなくならないものなのでしょうか?
今は最初から禁煙とはいかず、減煙から始めてみたのですが。。
【2008/03/25 11:27】 URL | komakoma #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/74-152634e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。