無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
アンケート結果 2 / 甘いものが無性に欲しい時は、クロム不足?
アンケート結果の続きです。 今回は、『体が必要な栄養素を欲する時の欲求』について。 脳の話が出てきて少し難しいのですが、肌だけでなくダイエットにも関わることなので、がんばって読んでくださいね!

無性に欲しくなるもの 不足している可能性のある栄養素 欲求の種類
 おせんべいなどの、塩味のおかし          味覚の記憶による欲求
 その他(コーヒー、牡蠣)         
 おまんじゅうやモナカなどの、和風の甘いおかし クロム 体が必要な栄養素を欲する時の欲求
 白ご飯
 甘い果物
 すっぱい果物 ククエン酸
 ケーキやチョコレートなどの、洋風の甘いおかし 多価不飽和脂肪酸
 揚げ物などの、油っぽいもの
 お肉


『味覚の記憶』と違って、必要な栄養素が不足していることを脳が感知すると、それは生命維持に関わるため、早急に改善しなければならないので強く『食べたい』という気持ちを起こさせます。 これはかなり強い欲求になり、『我慢ができない!』状態になってしまいます。

ところで脳は、体に不足している栄養素を摂り入れるために、摂食欲求を出すのですが、その栄養素をイメージとしか表現できず、具体的に示すことができないのです。 『連想』をすることで、欲求を起こすのです。

脳の中には血液中のグルコース濃度を監視している、グルコース化学センサーがあります。 このセンサーで血液中のグルコース濃度を監視し、減少した時は『グルコースを補給するように!』という摂食欲求を出します。 でも、この指令も、イメージでしか出せないのです。

グルコース → 甘いもの → 果物、お菓子

といったように、具体的な栄養素ではなく、抽象的な、連想ゲームのようにして欲求を示します。 それも、過去に食べた食品の味の記憶から連想していくので、人によって欲しいものは変わってきます。

グルコース濃度が減少するのは、長期間絶食した時、運動をした時、疲れやストレスが強い時などです。 

さらに、インスリンというホルモンの効きが悪くなっている場合もあります。 この場合は、クロムの不足が考えられます。 血液中のインスリン濃度が減少すると、細胞がグルコースを取り込めなくなってきます。 そうすると、細胞は、『エネルギー不足になってるよ~』という信号を出すのですが、インスリンは、グルコースを肝臓や脂肪組織で蓄積させる働きももっているため、細胞があまり取り込めないままグルコースがさらにが減ってしまい、仕方なしに脳が摂食指令を出します。

インスリンが少なくなると、肝臓や脂肪組織での蓄えを分解してエネルギー源として使うようになるのですが、細胞内へのグルコースの取り込みが悪くなると、インスリンがそれ以上減らなくなるため、脂肪をエネルギーに変えるための切り替えが悪くなり、グルコース濃度が更に減る原因になってしまいます。

これを改善させるには、クロムという微量金属が必要です。 クロムは、インスリンの働きを助ける微量金属です。 ですから、どうしても甘いものが欲しい!やめられない!という人は、クロムが不足している可能性があります。

クロムは穀物の殻に多く含まれている微量金属で、日ごろから精白米を食べている人は、不足しがちになります。 間食で甘いものが止められない人、心当たりはありませんか?

グルコースが直接欠乏しているとはあまり考えられないことです。 なぜなら、2日以上絶食中の人や、マラソンランナー以外は、肝臓にグルコースが蓄積されているため欠乏しません。 

ですから、グルコースの減少が直接の原因ではなく、グルコースの取り込みを調節しているインスリンの効きが落ちることが根本の原因だと考えられます。 ですから、間食がどうしてもやめられない人は、クロムを摂るようにしてみましょう。

ただ、食後でも甘いものが欲しくなるのは、血液中のグルコース濃度が充分上がっていないことや、習慣も考えられます。 食べるのが早かったり、消化に少し時間のかかる炭水化物を多く食べた場合は、なかなか血中濃度があがらず、満腹中枢への刺激が伝わりにくくなって満腹感を得るのに時間がかかるようになります。 

こういう状態だと、食後に甘いものが食べたくなる場合があります。 この場合は、しっかり噛むことでゆっくり食べる、炭水化物の消化を助けるために酢の物を1品加えるなどの工夫が必要です。

インスリンの効きが悪くなると、当然、肌の細胞にも影響が出てきます。 肌の細胞は、ターンオーバーをすることでどんどん入れ替わっています。 細胞が分裂して成長する時にはたくさんのエネルギーが必要です。 

強い摂食欲求が出て甘いものを食べてしまうと、エネルギーは供給できていいのですが、カロリーオーバーになってしまいます。 ダイエットのためにも、できれば避けたいことです。 間食をして体重が増えてしまえば、それがストレスになり、肌の調子にも影響してくるかもしれませんね。

次は、脂肪酸についてです。 続きます。


参考文献
よくわかる生理学の基礎 / メディカル・サイエンス・インターナショナル


サイト内関連情報
 美容とダイエットの味方、クロム(クロミウム)
 美肌の敵 3 / ストレスの影響から肌を守る
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:ダイエット!ダイエット!ダイエット! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/03/26 06:41】 | アンケート結果 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<アンケート結果 3 / ケーキや油もの、お肉が無性に欲しい時は、何の不足? | ホーム | アンケート結果 / あなたの体に不足している栄養素>>
コメント
初めまして!いつも楽しみに見させていただいています(*´艸`)
今回のお話はとても勉強になりました。
と、いうのも彼氏が毎日夕食後、異常な位お菓子を食べていて、見ていてとても心配していたんです。
ただ食べたいだけじゃなく、身体的に何か理由があるはず...とは思っていても難しすぎて分からず...そんな毎日でした。
それが今回のお話で回答されていて、とても嬉しかったです。
今晩からお酢料理を作ります!クロムも摂れるようにご飯を考えてみます(*´艸`)
ほんとにありがとうございました!
いきなり長々と申し訳ございません(>_<;)
【2007/03/26 12:00】 URL | aya #-[ 編集]
とてもためになる記事、ありがとうございました。
ちまたでは、あれが効く、これが体によいというあまり信用できない、売ることを目的にした情報ばかりがあふれていて、(捏造などはその功罪)健康ものには、そうとう食傷気味だったのです。
本当に必要なものは、シンプルなことなのですね。今日から実践してみます。
【2007/03/26 14:15】 URL | 紅音 #-[ 編集]
>ayaさん
はじめまして。
いつも読んでくださってありがとうございます!

食後におやつを食べてしまうという話、よく聞きます。
見てる方は心配になりますよね。。

酢の物、ちりめんじゃこをお酢に浸したものを野菜に和えるだけでも立派な酢の物になりますよ。
お酢は、できるだけ醸造酢でないものを使ったほうが、味もマイルドになって美味しいですよ。
特に米酢がお勧めです。
ちょっと高いのですが、千鳥酢は美味しいですよ。

クロムは、発芽玄米などを白米と混ぜるだけでも摂れるようになってきます。
玄米だけにすると、食べ過ぎてしまう場合があるので、白米と混ぜるくらいがちょうどいいですよ。
色々試してみてくださいね!
【2007/03/28 05:29】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
>紅音さん
はじめまして。
そういっていただけて、本当に嬉しいです!

世の中には色々なサプリや健康食品が溢れていますが、そう、本当に必要なのはシンプルなもの、基本の栄養素なんです。
過去にも色々書いていますので、是非生活に役立ててくださいね!
【2007/03/28 05:32】 URL | ゆりこ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバックURL
http://cellnutrient.blog88.fc2.com/tb.php/78-9bbe4977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。