FC2ブログ

無料カウンター
2008年夏の紫外線対策
紫外線のことを知り、効果的に防ぐことで、この夏は紫外線による肌のトラブルを最低限にしましょう!
STEP 1  去年のトラブルを 今年の紫外線対策に生かす
STEP 2  年中で一番紫外線が強いのは、いつ?
STEP 3  『塗る』だけでは、紫外線は防げません 食事によっても紫外線を防ぐ
STEP 4  いつ、どんな対策が必要?
STEP 5  日焼け止めを選ぶ時の注意点
 STEP 6  弱い日焼け止めの効果を高める秘密の方法
STEP 7  昼間に受けた紫外線の影響を、次の日に持ち越さないためには?
STEP 8  週末のお出かけに備えて、予定している日焼けを予防する方法
STEP 9  日焼け後のケアの4つのポイント
■ 美容の鉄則 編■ 美肌に欠かせない栄養素 編
 ・肌のお手本を持つことで、きれいになる
 ・いいものをたくさん摂って、悪いものを遠ざける
 ・口から入るものを重要視する
 ・化粧品の考え方
 ・スキンケアの基本は、食事と洗顔
 ・紫外線の影響を、可能な限り小さくする
 ・日焼け止めは『塗る』より『食べる』
 ・日焼けした肌を回復させる
 ・効率よくデトックスする
 ・美容における『個人差』
 ・『こうなりたい!』ではなく、『なってしまった!』と思い込む
 ・体温を36.5℃に保つ
 ・美肌作りに食事が重要な理由
 ・油の摂り方を変える
 ・ビタミンA
 ・β-カロチン
 ・ビタミンB1、B2
 ・ビタミンB6
 ・葉酸
 ・ビタミンB12
 ・ビタミンC
 ・ビタミンD
 ・ビタミンE
炭水化物・糖
タンパク質・アミノ酸
・脂質
α-リノレン酸
亜鉛
クロム
セレン
・カルシウム

・食物繊維
■ 肌の仕組み 編■ 肌にいい食べ物 編
 ・表皮の構造
 ・皮膚バリア
 ・ターンオーバー
 ・セラミド
 ・唇(粘膜)
・真皮の構造
コラーゲン
・毛穴の構造
・皮脂の分泌
・汗
 ・栄養価が高い野菜や果物の選び方
 ・ビタミンE、C、β-カロチンが豊富な野菜
 ・食べたほうがいい油、控えた方がいい油
 ・にきびとにんにく
 ・ミネラルや微量金属
■ スキンケア 編 ■ 美肌の敵 編
 ・ぬるま湯洗顔のススメ
 ・角質を削ってはいけない理由
 ・肌と相性のいい油
 ・日焼け止めの選び方
 ・肌に優しいメイク
マイルドクレンジング
・ディープクレンジング
エクササイズやマッサージの注意点
フェイスニング
 ・タバコとタバコの煙
 ・紫外線
 ・ストレス
 ・お酒の飲みすぎ
 ・活性酸素 
・疲れ
・食べすぎ
・炎症
・肌に合わない化粧品
・加工食品の摂りすぎ
■ 肌のトラブルシューティング 編■ 肌に関わる体調変化 編
 ・乾燥肌
 ・敏感肌
 ・シミ・そばかす
 ・にきび予防
 ・にきびの改善
 ・花粉症皮膚炎
 ・アレルギー症状 
肌の凸凹
  にきび痕乾燥
  毛穴の開き角栓
たるみ
くすみ
皮脂の分泌過剰
 ・貧血
 ・睡眠(メラトニン)不足
 ・甘いものが止められない
 ・脂っこいものが止められない
 ・便秘
 ・生理
 ・運動不足
素肌のための栄養講座 9 『アミノ酸とタンパク質』
9月も半ばになって、涼しくなってきましたね。
今年はすんなり秋が来てくれて嬉しいです。

非公開コメントを頂いたのですが、メールアドレスがなく、お返事ができませんでしたので、こちらで簡単に答えさせていただきますね。

まず、このブログに出てくる"肌"とは、全身の肌のことです。
顔だけでなく、頭皮や手のひら、ひざやひじもそうですし、背中やおなか、足の裏なんかも当てはまります。
そして、実は内臓の一部にも、肌と同じタイプの細胞がたくさん存在しています。
ですので、食事を改善して美肌を作ることは、全身を健康にすることにもつながります。

毛を剃れば剃るほど太く(長く)なることについてです。
長くなることについては分かりませんが、剃った後生えてくる毛が太いように見えるのは、理由があります。
毛というのは、毛根の部分は太く、肌から出ている末端になるほど細くなる構造をとっています。
毛を剃ると、肌の表面に出ている一番根元の部分でカットされることになります。
その部分は、一番末端の部分と比べると太いので、その後毛が伸びると、太い毛が出てくることになるからです。
(言葉だけで説明すると、分かりにくいですね)
ちなみに、抜くとこういうことにはなりません。
でも、抜くと肌に負担がかかるので、剃る方がいいと思います。

「10代のうちから化粧してたら大人になって肌が荒れる」というのは、本当です。
大人からお化粧を始めても、肌は荒れます。
毎日お化粧をして、きちんとクレンジングをしているのは、一見肌によさそうですが、実は肌にとって負担になることです。
1日の負担は小さくても、それが毎日積み重なると、数年後、数十年後には目に見えて差が出ます。

10代は、成長期のため、肌が再生する力がとても強い時期です。
そのため、肌は荒れにくいのですが、成長期が過ぎて大人になると、10代の時期よりも肌の再生する力が低下するため、徐々に負担が積み重なってきます。

とはいっても、皮脂の分泌量や、女性ホルモンの量などの個人差がありますので、お化粧をしてもそれほど肌が荒れない人もいれば、すぐに荒れる人もいます。
本当ですとはいったものの、全ての人に当てはまるとは限らないようです。

私個人としては、年齢に関わらず、体にとって必要な栄養を毎日摂り、美肌によくないもの(たばこや夜更かし、石鹸・スクラブ洗顔など)を避け、適度な運動をして体温を36.5℃程度に維持すること、疲れたら休息することの方が、美肌にとって大切なことだと思います。
家庭科、化学、生物、物理の勉強に、驚くようなヒントが隠れています。
是非、色んな勉強をして、見つけていってくださいね!

それでは、今日も『素肌のための栄養塾』です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/12 08:40】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(5) |
素肌のための栄養講座 8 『ビタミンDと美肌の関係』
9月になりましたが、蒸暑い日が続きますね。
朝夕は冷えるのですが。
こういう時期は、体調を崩しやすいので、皆さんどうぞご自愛くださいね。

さて、お待たせしている『素肌のための栄養塾』の8回目です。
今回のお話は、『ビタミンDと美肌の関係』です。

近年、紫外線の肌への影響が注目されるようになったことで、多くの女性は日焼けを避ける傾向にあります。
このことは、ビタミンDの合成量を低下させる大きな原因になるのではないかと考えられます。
実は、美肌のためには、ビタミンDも重要です。
でも、ビタミンDのために紫外線に当たるのは、トラブルの元。
ビタミンDは、食事で補うことが最もよいと考えられます。
お勧めは、1日100グラムのお魚を、できれば毎日食べることです。
これからの季節、秋刀魚や鮭など、お魚がおいしい季節になりますね。
牛や豚のお肉を控え、積極的にお魚を食べることでビタミンDを多く摂るようにしましょう。

ビタミンDは、近年、がんとの関連性が非常に強いことが分かってきたビタミンです。
これまで、β-カロチンやビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化物質が、がんの予防に重要と考えられていましたが、研究が進んだことで、これらのビタミンを多く摂ってもがんを予防することは難しいことが分かってきました。
その一方で、ビタミンDの効果がかなり大きいことが分かってきたのです。

特に乳がんとビタミンDについては、9月下旬に発売予定の著書に書きましたので、興味のある方は是非読んでくださいね。
乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル

それでは今日も、『素肌のための栄養塾』です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:美容・健康・アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/09/09 09:00】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(0) |
素肌のための栄養講座  『ビタミンCを効率よく摂る』
今日も、素肌のための栄養講座の前に、少しだけ9月末に発売予定の本『乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル』の話をさせていただきますね。

乳がんからあなたを守る 食事とライフスタイル

欧米では既に広まりつつある、乳がんを予防するための食事やライフスタイルですが、なぜ日本ではそれを取り入れることができないのでしょうか。
その理由は、欧米人と日本人とは、人種が違うし、これまで長い年月をかけてできた食習慣や生活習慣が違うということがあります。
欧米人で効果があるから日本人でも効果があるはず!と、すぐには考えることはできないのです。

たとえば、ある化粧品がとてもよかったと感じる人がいれば、そうれない人もいます。
化粧品1つとっても、同じ日本人の間で合う人と合わない人がいるのですから、人種や食習慣・生活習慣の異なる人では、色々なものの合う・合わないが違っているでしょうね。
その辺りの考え方が、難しかったです。


それでは今日も、素肌のための栄養講座です。
続きを読む>>


ランキングに参加しています。
この内容が、解りやすい!、面白い!と感じた方は、是非1クリックお願いします♪
にほんブログ村 美容ブログへ
ありがとうございます♪
皆さんの応援が、美肌研究への熱意に繋がります。


☆著書のご案内☆

乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro)乳がんからあなたを守る食事とライフスタイル (mag2libro) 2008/09/20 発売
大藪 友利子
商品詳細を見る

乳がんや乳がんの再発リスクを低下させるための、エビデンス(科学的根拠)に基づいた食事やライフスタイルを提案しています。 タバコを吸うと、どのくらいリスクが上がる? ビタミンDや穀類の食物繊維は、どのくらいリスクを下げる? 図や表を使って、丁寧に説明してます。

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/08/26 07:26】 | 素肌のための栄養塾 | コメント(4) |
前のページ | ホーム | 次のページ
最近の記事
きれいと元気と食べ物


『きれい』と『元気』の源になる『細胞』に必要な栄養素やケアの方法について、科学的観点から、できるだけわかりやすくお話していきます。

プロフィール

ゆりこ

Author:ゆりこ
化粧品に頼らない、食事重視のスキンケアを研究中です。もう少し詳しいプロフィール

肌のしくみを知ろう

 肌を美しくするためには、「肌のしくみ」を知ることが大切です。肌のしくみを知れば、肌がなにをして欲しいのか、なにをして欲しくないのかが解ってきます。
 特に、スキンケアを考える時には、表皮のしくみと肌バリアのしくみを知ることが重要です。

1. 表皮のしくみ
表皮
2. 肌バリアのしくみ
皮膚バリアon

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する